« それでも、やっぱりヒーロー。 | トップページ | 護衛艦?戦艦? »

反対した人と棄権した人・・・。

今回、郵政民営化法案が参議院で否決され衆議院が解散となった。

おいらってば、参議院で否決されたのに何で衆議院を解散すんの?参議院を解散すりゃあいいじゃん!ってな感じ・・・本当認識不足。

だったらわざわざブログで、そんな難しいことを題材にすんなって言われそうだけど二つだけ疑問に思ったことがあったのと、今日は特に書くこともないのでコレを取り上げてみましょ(笑)

まずひとつめ・・・「今回の法案に反対票を入れた人は次の選挙で自民党の公認をしない」これは政党の方針としてわかります。

でも、「棄権や欠席をした人はおとがめなし」これは何ででしょ?

ある意味、選挙で選ばれて国会に行ってるはずの人がその採決に参加せずに逃げるってのは許しがたいなぁ・・・おいらからすれば堂々と反対した人の方が潔しに見えるんだけど。

ひとむかし前、『ファジー』って言葉が流行ったけど、『あいまい』ってのも上手に生きていくための手段なんだろうか。

ふたつめは、「特定郵便局」というものの存在。

これも勉強不足でおいら郵便局ってのはすべて国でやってるものだと思ってたから、この存在って知らなかったんだよなぁ・・・恥ずかしい。

ま、今回の郵政民営化の話題がなければずっと関心のないまま通り過ぎてたものだったかもしれないけど、これもどうかと思うなぁ。

世襲なんて言葉は歌舞伎の世界くらいしかないのかと思ってたけど、国家公務員の中にもソレがあったなんて・・・うらやましい。

就職難がうたわれて久しいけど、お父さんが特定郵便局の局長をしてればその息子さんは将来国家公務員が保証されてるんでしょ?

どんなに良い立地条件の場所にあっても固定資産税を取られることなく、むしろ国家から「家賃」をいただける。

売り上げがどうであろうと国家公務員の身分は保証され将来も安泰・・・そりゃ特定郵便局の人たちは民営化に反対するわなぁ・・・そしてその人たちを自分の選挙の票としてる政治家たち(郵政族という?)も反対せざるをえないでしょうねぇ。

まだまだ世の中は明るみに出ない、一般の人が納得できないことがいっぱいあるんだろうな。

|

« それでも、やっぱりヒーロー。 | トップページ | 護衛艦?戦艦? »

●ニュースなこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/5382269

この記事へのトラックバック一覧です: 反対した人と棄権した人・・・。:

» 小泉総理の秋まつり [ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版)]
 政治という言葉は「まつりごと」と称されることがある。古くから祭と政は切っても切 [続きを読む]

受信: 2005年8月 9日 (火) 23:39

» 「郵政民営化法案」自民党造反組の追跡 [時評親爺]
早くも「郵政民営化法案」を巡る、自民党造反組の選挙動向が動き出した。以後、棄権・欠席組及び反対投票組の動向に何か変化のあった際にこの記事に随時書き込んでいくことにする。リスト中の氏名赤字が動向に変化のあった議員で、氏名太字は私が個人的に特に注目している議員である。 1.古賀誠元幹事長が賛成転身・公認へ(10日) ニュースソースは10日付毎日新聞からである。以下参考のため引用しておく。 > 一方、衆院採決で棄権した古賀誠元幹事長は前回衆院選と同じ福岡7区から自民党公認で出馬することが ... [続きを読む]

受信: 2005年8月10日 (水) 12:26

« それでも、やっぱりヒーロー。 | トップページ | 護衛艦?戦艦? »