« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

象は守り神

おいらのブログには常連のO氏・・・「俺なんかさ、ゴジラとかマングースの夢しか見ないよ。象の夢なんて最高だよ・・・象は守り神なんだから」

sabanna021126 またまた仕事中・・・夢のお話し。

象の夢はいいのかぁ・・・そういえば昔から縁起のいい初夢に『一、富士  二、鷹  三、象さん』(マイケルのネタみたい)と言われてるな。

おいらが以前見た夢

おいらは象を飼っている・・・家で・・・自分の6畳の部屋で。

飼育とかじゃない・・・ペットとして飼っている・・・それも家族には内緒だ・・・コッソリと見つからないように飼っている。

しかし、いかんせん6畳間・・・象はいったん部屋に入ると身動きができずストレスが募るばかり・・・暴れたりもする。

仕方ない・・・夜中に外へ連れ出し散歩でもさせるか・・・おいらは決断する。

家族に気づかれないように連れ出す・・・近所の人にも見つかったら大変だ。

国道を象連れで歩いていると、向こうの方から大きなかたまりと共に歩いてくる人が。

「象だ!まぎれもなく象をつれている!!」

おいらと同じような人がいたんだ・・・救われたような気分になり話し掛ける。

60才くらいの男性だ・・・おいらたちはすぐに意気投合した。

しかし・・・それ以上に意気投合してしまったのが象たちだ。

「あの・・・お宅の象はオスですか?メスですか?」

『メスですが』

し、しまったぁーーーー!!!うちのはオスだっ!!。

うちのオス象は野生に返ったようにメス象にのっかろうとしている・・・もうすっかりお気に入りだ。

その飼い主であるおじさんも、ほとほと手をやいていたようで、おいらにこう言いだした。

『どうやらお宅の象さんもうちの象を気にいってくれたようだし、よろしかったらお譲りしますが・・・』

「ま、ま、まじですかぁーーーー」

確かに彼女ができれば日頃のストレスも多少は発散されるだろう・・・しかし・・2頭はなぁ・・・と、いったところで目が覚めました。

おいらの夢、象が2頭も出てきたから、良いことも2倍になるといいな♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

恋愛・・・相談

何故かいま、3人の恋愛相談を受けています(なにゆえ今か、そしてなにゆえ集中したのか?)。

おいらは細木数子じゃないっつーの!

「あなたこのままじゃ死ぬわよ」くらいのこと言ったろーか( ̄^ ̄)

ひとりは21才・男子。

友達に紹介されて、メールデート中・・・木曜日に初対面を控えてるってところ。

「どうゆう風に待ち合わせしたらいいっすかね?」だとか「メシはどうゆうところに行けばいいっすかね?」だとか「相手の気持ちを量るにはどうしたらいいっすかね?」だとか「写メさせるにはどうしたらいいですかね?」みたいな単純な質問・・・かわいいね。

ひとつひとつの答えに「そっかぁーー!!」「なるほどぉーーー!!」と感嘆の声をあげてくれます(笑)

ひとつだけ心配なのは、まだ見ぬ相手の顔を白石美帆似と決め付けていること。

「何の根拠があって白石美帆なんだよぉ~」に『文面から伝わってくるんですよね』って。

「そりゃ棄権だからさぁ」のおいらの言葉も意に介さず『間違いないっすから・・・』って。

すごい自信っす・・・木曜日が楽しみっす。

続いてもうひとりは37才・男子。

既婚者でいながら既婚者の47才の彼女がいる。

んで・・・最近その相手が「他の人を見つけなさい」と言ってくるという。

コレ論外・・・勝手にしなさい(-_-)

最後のひとりが35才・女子・バツイチ。

バツなしの彼氏だが、結婚を真剣に考えてくれない・・・そのくせヤキモチばかり妬いてくるって悩み。先日も「俺ってなんなんだろうね?」って言われたんだけど、どうゆう意味なんだろ?って聞いてきた。

「そりゃさ、好きだの愛してるだのって言われて安心したいんじゃないの?」って答えたら「そうなんだぁ・・・そんなの言わなくてもわかって欲しいよねぇ」って。

あほらし。

『あんたたちぃ~地獄に落ちるわよ』

| | コメント (2) | トラックバック (0)

時代は変わったなぁ・・・

AEON 今日、近くで「MAX VALU」というスーパーマーケットがオープンする

この時間になって する っていうのが凄いでしょ?

ひょっとして大都会の東京あたりだと普通なんだろか?

大都会の東京はやっぱりせちがらいのであろうか?

大都会の東京はコンクリートジャングルのあいだに木枯らしが吹いたりするのだろうか?

大都会の東京に行くと街角で芸能人にバッタリ出会えたりするのだろうか?

(って、あーたは英二さんか?!・・・話しそれてるから・・・どんだけ東京行ったことないんだよって言われるから・・・「東京のバカヤロー!!」って話しじゃないから(-_-))

(もとに戻って)今夜・・0時のオープン・・24時間営業だかららしい。

おいら今、オープンに合わせて行ってみたい!って気持ちになってます。

う~ん・・・お祭りっていうか、時間帯で言うと大晦日、近くの神社に初詣でに行こうかな?ってな心境に近い・・・行けば誰かに会えるんじゃないか?って子供の頃に思わなかった?(笑)

スーパー大好きなんだよなぁ・・・「掘り出しものないかなぁ」って。

おいらの宝箱なんよ♪

追記 先ほど奥と娘にオープン行こうぜぇ~って言ったら「開店は昨日だよ」って言われました。『29日0時オープン』めっちゃくちゃまぎらわしいんすけど(-_-)

「お父さん、かっこわりぃ~」言われました( ̄^ ̄) フン

| | コメント (6) | トラックバック (0)

地元(平塚)の名店

『最近、うなぎもちゃんとしたうなぎ屋さんで食べたことないよねぇ・・・・』奥がつぶやく。

聞こえるようにつぶやく。

そこまで言うんなら連れていこうじゃねーか!!

unashingaikan ってなわけで、平塚でうなぎと言えば『うな新』でしょぉ~と言われる『うな新』へ。(←左下に奥が写っちゃってます 笑)

ここのうなぎ・・ふわふわ(ふにゃふにゃ)とせず、歯ごたえがありながらやわらかい。そしてご飯が美味しい・・何よりタレが美味しい。

平塚も広いので、ここより美味しいうなぎ屋さんはあるのかもしれない・・でもおいらが知る限り平塚一はここです。

そして・・・ここほど見た目(外観)のわるい店も他に知りません(笑)

unashintennai 店内も、『保健所の衛生検査、ちゃんと通ってるのかな?』と奥が言うほどに・・・う~ん。

これも老舗ならではか・・・。

『で、いつになったらいただけるのかしら?』と奥が笑い出したのが注文から40分後くらいだったでしょうか・・・ようやく登場。

unagi ←これです。

unagiUp ←さらに倍!(クイズダービーより)みたいな・・・。

おいらボキャブラ不足で、どうやって美味しさを伝えればいいのか・・・美味しいんです。

まあ、新幹線に乗ってまで食べにおいで~とは言わないけれど平塚に来るようなことがあったら是非是非♪

さらに今日・・・会社のK先輩・・・ぶっちゃけ小宮先輩です(笑)

以前、「平塚でいちばん美味い焼肉食わしてやんよ~」とゴチになり、そのあとクラブの2軒はしご・・・お姉ちゃんのお膝でスヤスヤ寝息をたててる先輩を見ながら、おいら今日この人にいくら遣わせたんだ?と思ったくらい振る舞っていただきました。

さすがに一度くらいはゴチ返さないと・・・と思って今日・・・「先輩、ラーメンでも食べに行きましょうよ(セコ(-_-))」

kawagaikan 「んじゃ、川純へギョウザでも食いに行くか」となり、餃子の評判店へ。

ほぉ~こんな近くにあったのかぁ・・・おいら噂には聞いていたけど場所さえも知らなかったです。

kawatennai 店内を見回すと、先日のうな新並み(笑)

メニューは、ほぼ餃子のみ・・餃子の小皿(10個)か、餃子の中皿(16個)か、餃子の大皿(20個)か、ってとこ。それにライスとみそ汁をつける。

gyouza 餃子は・・・これも美味しいんです。

gyouzaUp う~ん・・・うまく伝えきれない(笑)

ただ・・焼き上がりはもう少しパリパリ感があった方がおいらは好き。

小宮先輩・・・いつも通りに【ウーロンハイ】を飲みながら「○○ちゃん(馴染みなのねぇ)、お土産ナマで・・・大皿ね」(おいおい・・・奢りだと思ってお土産まで頼みやがったよぉ~)

「んじゃ、帰るべーか・・・おあいそして~」・・・『先輩・・今日は俺が』

P1000456 「おめえに払わせるわけいかねーべ」と小宮さんが払う・・・

さらに・・・「(お土産)コレ母ちゃんに持ってってやれ・・・おめえが迷惑かけてんからよ」と。

なんだか・・・うれしくてブログのネタにしたくなりました。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

つまらん結果。

P1000410 会社のボウリング大会。

ルールはハンディ戦・・・ほぼ、誰にでも優勝のチャンスはある・・・ハンディ次第で。

毎回順位によって3人の幹事が決まるが、賞品と賞品を受け取れる順位はその幹事さんに一任。

実はおいら・・・前々回、ハンディ90をいただき見事優勝♪

グロス3ゲームで480点・・・ハンディが90だからネットで570点くらいだったか。

すると前回は一気にハンディ0。

「今回は賞品もらえないな~~」と喜ぶ周囲をあざ笑うかのごとくブービー賞をゲット。

なんせ・・・前々回とはうってかわってグロスが310点くらい・・・にハンディ0

そして今回・・・前回ブービー賞のおいらはハンディ99♪

いちやく優勝候補となったわけです。

が・・・神様が許しても社内の人たちは許してくれない。

「このっ 景品どろぼーがっ!」「またハンディ90ももらえるのかよっ?」

ぶつぶつ言う周囲・・結果8位。

7位なら次回幹事・・・10位なら飛び賞ゲットとなるところ、なんとも中途半端。

『つまらん!お前の話はほ~んとにつまらん!!』と大滝秀治ばりのセリフが出てくるくらい平凡な結果にブログのネタにもなりませんでした(したけど・・・)

P1000400 ←ちなみに昨日ブログで紹介した感性豊かなO氏。

サウスポーでさっそうと投げてました。

以上。  ですが・・・なにか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いざ、鎌倉

おいら、辛い(“からい”じゃない“つらい”)事や、切ない事があると鎌倉に行く。

P1000232 そうじゃない時も鎌倉に行く。

鎌倉行くのに理由は、まぁ ない(笑)

たいがい電車・・・北鎌倉の駅で降り江ノ電の何処かの駅までぶらぶらと歩くことが多い。

「さ~て、どこでお茶しようかなぁ・・・どこでお昼にしようかなぁ・・・」と考えながら歩く。

kenchouji鎌倉五山・・・第一位の建長寺

enkakuji第二位の円覚寺

それぞれの三門を見上げながら・・・昔の職人達の仕事ぶりはたいしたもんだなぁ・・・など知ったようなフリをしながら歩く。

・・・いや、今回の目的はそこじゃない。

おいらのブログに度々登場してくださる同僚O氏。

彼は鎌倉に憧れ、さほど離れてない県内の自宅からわざわざアパートを借り鎌倉住人として学生時代を過ごしたという人。

とても感性の優れたところをもつ。

chaya そのO氏が「鎌倉に行くなら、抹茶の美味しい店を教えてあげるよ。本当は隠れ家にしたいから誰にも教えたくなかったんだけどね」と。

『でもさぁ・・・抹茶って苦いんでしょ~』と、おいら。

「いや・・・うちのおふくろはお茶の先生をやってるんだけど、上手な人がたてたお茶は甘くさえ感じるんだよ」と、O氏。

とっておき~を教えてくれるのであれば、是非行きたい♪

車で走っていれば通り過ぎてしまうような小さなお店。

女の人がひとりでお店をきりもりしている。

macchaおいら抹茶を注文する・・・ほどなく出てくる。

kashi この抹茶・・・本当に苦味を感じることもなく美味しい・・・さらに付いてきたお菓子がしっとりと甘すぎず品のいいお味。上手な人がいれた抹茶は甘いんだよ・・・この言葉がわかるような気がした。

やるじゃん・・・O氏・・・されど・・・残念だがすでに隠れ家とは言えないくらい注目を浴びてるようだぞぉ~人影が絶えない・・・人気店っす。

ちなみに・・・この感性豊かな彼が描くブログがココです。

kosuzu さらにぶらぶら散策しながら歩き、お昼は『段葛 こ寿々』の「もりそば」をいただく。

ここのそばがまた美味い。

soba コシもさることながら、食感とのど越しがすっごくいいんです。

おつゆがちょっとしょっぱい気がするんだけど、そばは抜群です!

いい気晴らしになりました。

sutaba そういえば市役所の前で今をときめく『Starbucks Coffee』を見つけました。

古都鎌倉に馴染む景観にしてあるのと、駐車場があるスタバってことで斬新な感じがしました~♪

今回新しい鎌倉発見が4店舗・・・次はそこにランチしに、お茶しに行くんだぁ・・・と、また鎌倉に行く用事を作る・・・いざ、鎌倉は永遠のテーマなり。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

夕焼けのドラマ

40年間、自分がいかに鈍感であったか・・・。

生まれてから今日まで、ひょいと足をのばせばいつでも行かれるこの場所でこんなにも美しいドラマが毎日行われていたというのに実際見ることもしなかった。

yuuyake1 鎌倉・稲村ガ崎側の海浜公園から江ノ島方向。

本来であれば、江ノ島の右上に富士山が顔を見せる。

16時前からいよいよドラマが始まる。

yuuyake2 周りを見ると一眼レフカメラと三脚を持った人たちが続々と集まり始める。

年配者が多い。

この一瞬・・・みんなが同じものを見つめている。

yuuyake3 クライマックスの時間を迎える頃、富士山が浮かぶように顔を見せた。

残念ながら写真ではハッキリと姿を見ることができないが、かすかに見える。

yuuyake4 ドラマもいよいよ終焉だ。

気づけば風が強く寒い・・・そんな中でも、下の海岸を見ると恋人達が肩を寄せ合っている。

心が洗われるような1時間のドラマでした・・・美しい。

これからの季節寒いので、目の前にある『サンディッシュ』というレストランでお茶を飲みながら鑑賞するのもいいかも・・・今日も窓側の席はいっぱいでした。

そういえばドラマの途中・・・海上保安庁のヘリコプターでしょうか?

heri バタバタバタと飛んできたと思ったら、おいらたちと江ノ島のあいだで急降下・・・波しぶきをあげ、何かを探してるようだった。

P1000322 しばらく低空飛行を続けたあと、夕焼けの中再び戻っていった。

皆、息をのんでその様子を見ていたが、まるで映画の中のワンシーン・・・めったに見ることのできないものを見れたように思います。

zushi ←おまけ。

由比ガ浜から逗子マリーナ・三浦半島の方角です。

海鳥たちがたくさん群れをつくっていました。

本当にすっきりと晴れ渡れば、房総半島の方まで見える・・・の、かも?(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

これも家族愛?

電車の中でお年寄りが立っていたら席を譲ろう。

自分の父(母)親も、どこかで誰かに譲ってもらってるかもしれない。

街中で子供が困っていたら声をかけよう。

うちの子供も、どこかで誰かに助けられてるかもしれない。

他人妻が愛に飢えていたら愛情を捧げよう。

うちの妻も、どこかで誰かに愛をもらってるかもしれない(-_-)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「地球も買ってくれる?」・・・『うん。』

『今、ハニーハントで2時間待ちしてるから帰りが11時頃になっちゃう』

夜7時前にあった不良娘からの電話です・・・そして11時前、不良娘ご帰宅でした。

なにゆえ家族のなか、彼女だけがディズニーランドに行けたのか?

seiseki ←理由はコレです。

神奈川県は2ステージ制

秋休みを迎えるにあたり、成績表をもらってきました。

これを見た知人が“ご褒美”ということで娘をTDLに連れてってくれたというお話しでした。

おいらもコレを見せられた時、唖然としました。

運動音痴の彼女であるため、体育の4は仕方ないにしてもほぼ完璧。

「ねえねえ・・クレープ買ってくれる?」に『うん』

その後「○○買ってくれる?」と言い続けた(らしい)娘。

「ねえねえ・・地球も買ってくれる?」にまで『うん』と答えたというおいら(笑)

そのくらいビックリしてしまった。

結局おいらからのご褒美は「クレープ」

これが事のほかクラスで波紋を呼んでしまってるようです(笑)

「あの成績のご褒美がクレープ???」とのことらしい。

「うちだったら軽くパソコンくらい買ってもらえんよ」と言う同級生もいたらしく不満顔・・・それが昨日のTDLに繋がったということ。

来月にはおじいちゃん・おばあちゃん主催のご褒美旅行も決定・・・だからいいじゃん・・・クレープで( ̄^ ̄)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

名店の枝

10 池袋『大勝軒』の山岸一雄さん。

職人!って言葉が似合いそうないい笑顔をおもちです。

のれんわけされた弟子の数も多いようで、我が街平塚にも『湘南大勝軒』というお店がある。

せっかくだから行ってみんべぇーと同僚とダイエーで待ち合わせ(ローカルっぽい 笑)

ra-men ここはもりそば(つけ麺)が有名・・・実は先だってコノもりそばはいただいていたので今回は普通のラーメンを食べてみた。

う~~ん・・・おいらとしては・・・普通。

最近流行のとんこつのようなコッテリとしたタイプではなく、いわゆる醤油ラーメンって感じ。

でも・・・とんこつに慣れきっちゃったのかなぁ・・・コクがないっていうか、インパクトにかけるって印象でした。

nikutake 『肉竹ごはん』というのもいただきました。

メンマに肉を絡めたものがご飯の上にのってる・・・ただ、これも食感があまり好きじゃない・・・ふわふわっとした印象。

味付けは薄味でラーメンと一緒に食べるにはいいのかも。

tukemen やっぱりここはつけ麺をさぁ~っと食すってのがいいかな・・・それも一玉。

一玉100円で(言ってみれば大盛り)量を調整できるんだけど、おいらには二玉は多かった・・・最後飽きた・・・で、残してしまった。

でもスープは甘酸っぱさがちょうどよくておいしかったなぁ。

noren それでも他の人のブログを読んだりすると非常に評判がいい・・・らーめんの味ってのは奥が深いなぁ。

それからこの際、大将である池袋の山岸さんの作ったラーメン(もりそば)も食べてみたいなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

影響されやすい人

もうすぐ定年を迎えようかという大先輩Ⅰ氏。

いつもお風呂で一緒になり、ありがたいお話しをいただく(-_-)

この先輩がとてもマスコミの影響を受けやすい。

逆に言えばニュースや新聞をよく見ているのだろうけど、コントロールされやすいというところを考えると少々やばいような気がする。

このところ大盛り上がりだったプロ野球パシフィックリーグのプレーオフ。

第1ステージのロッテ対西武

Ⅰ氏の見解は・・・「短期決戦はわからんよ・・・西武は勝ち方を知ってるから意外に西武が勝っちゃうかもよ」

第一戦ロッテが完勝すると翌日のお風呂では「今年はやっぱりロッテが強いな」

第2ステージのソフトバンク対ロッテ

Ⅰ氏の見解は・・・「やっぱりソフトバンクはキャッチャーの城島の欠場が痛いな・・いればソフトバンクだろうけど今年はロッテだろ」

ロッテ2連勝のあとは「な!言った通りだろ・・・投手力が違うよ・・・ピッチャーがいいもんな」

しかし・・ソフトバンクが2連勝と逆王手をかける「やっぱりソフトバンクは底力があるな・・連敗したあと連勝で一気にいくってのはよくあるからな・・・ソフトバンクだろ」

結局ロッテの優勝で「今年のロッテは交流戦でも優勝したし、強かったよ・・日本シリーズもいっちゃうんじゃねえか?!」

先の衆議院総選挙でも、最初、自民党は分裂選挙で苦しいと報道されると「今回へたすると民主党が過半数を取って政権を握っちまうぞ」

しかし、小泉さんの支持率の上昇、マドンナ旋風で自民党圧勝の予想に「なんだかんだ言ったってやっぱり自民党よ・・・民主党なんてまだまだだよ」

自民党圧勝に「な、言ったとおりだろ?今の小泉さんには誰も勝てねーよ」

こうゆう人がいるから、テレビ局やマスコミをファミリー企業のトップに個人的に持たせるのは危険がつきまとう・・・などと余計な心配をしたりするのである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バックしない車

tms39_poster恒例の 東京モーターショーが間もなく幕張メッセにて開催される。

未来を予感される車が公開され、多くのカーマニアを集める。

「えーーーこんな車が本当に公道を走るの?」と信じられないと思えるものが数年後、実際に街中を走るのだから見ててもワクワクする。

子供二人を抱える主婦でありながらも、自分の車の車高を下げ、改造費を何万円もかけてる“あいつ”も行くんだろうか(笑)

そんな中、おいらがドギモを抜かれた車を教えましょう。

バックや縦列駐車苦手な方・・・必見です。

d0010 まずは日産から発表される【PIVO】

この車・・・バック走行がないんです。

普通、駐車場を利用するには車を停める時もしくは出る時どちらかは必ずバックしなければならない。

しかし・・・この車は停める時普通に前進でスペースに停めたあと、出る時には何と運転席が180度くるっと回転・・・そのまま、また前進で出ていけるんです。

MS2005_14 続いてはトヨタから・・・【Fine-X】

この車は前の車輪と後ろの車輪が別に動く・・・しかも90度までタイヤが切れる

つまり、(道路にあるパーキングとか)縦列駐車をする時、まずは頭を枠内に入れたあと、後ろだけをスライドするように駐車枠内に入れてしまえるのだ。

今やオートマ車が当たり前になり、自動車学校などもオートマ車専用の免許コースがある。

これからの時代・・・このような車限定で購入するのであれば、教習所の授業から縦列駐車や車庫入れ免除・・・なんてことも起こるかもね(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小説の中の主人公みたいに・・・

気候もよくなったし、頬にあたる風も心地いい。

カメラと村上春樹の小説を持って鎌倉にでも出かけよう!

と、朝着がえて外に出たら想定外に強い雨。

やっぱりやめた・・・・さぶいし。

あ・・それと小説片手に街に出る・・・そんなんが似合うタイプじゃないし・・・( ̄^ ̄) フン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

忘れてんか・・・

pinkround 今日は結婚記念日。

この日くらいは!と考えるおいらに対し、忘れてる妻。

ま  いっけど・・・。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

疲れるわぁ・・・

子供が虫垂炎で手術。

しばらくの入院生活・・・毎日の病院通いが日課となりました。

毎日病院に顔を出すようになれば、他のお父さん、お母さんと顔見知りになったりします。

男の子…5才くらいでしょうか・・・お父さんが一生懸命遊んであげています。

おいらも「こんな小さいのに(入院生活)かわいそうにな・・・」と日々思っていました。

何日かが過ぎたある日のこと・・・そのお母さんがぽつぽつとその男の子のことを話しはじめました。

あまりの衝撃的な事実においら返す言葉も失いました。

男の子はもう助からないというのです・・・お母さんの涙においらももらい泣きしました。

それからしばらくしてのこと・・家に一本の電話が・・覚えのない男の人・・しかし『病院の男の子のことで話したいことがある』とのこと・・ファミレスにて待ち合わせしました。

待ち合わせ場所には男の人が二人・・・電話してきた彼が説明をはじめます。

彼の隣りにいるのは入院している男の子の本当のお父さん。

もう助からないという話を聞いて「最後くらい父親として子供の面倒をみたい」というのです。

なんとか母親の方にその旨伝えてもらえないか?との相談でした。

おいら・・・『しかし、再婚されたんでしょうか・・今のお父さんが毎日一生懸命遊んであげてますよ・・・それを今さら・・・ねぇ』

「それは十分承知しています・・だけどコイツ(本当のお父さん)の気持ちも痛いほどわかるんですよ」と電話の彼。

『そりゃ、おいらもわからないわけではないが・・・う~ん・・・』

(どうしたらいいんだろ?)

と、いったあたりで目が覚めました。

おいらこんなリアリティたっぷりの夢を見たりします・・・だから生きてて倍疲れます。

昨日の仕事中、夢の話しなんかをしてて思い出したんで書いてみました(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

豹変・・・裏切り

郵政民営化法案が圧倒的多数で可決された・・・ま、あれだけ小泉党が選挙で圧勝したわけだから、当たり前っちゃー当たり前。

されど・・・マドンナ対決と言われた選挙を接戦とはいえ勝利した野田聖子さん。

自らの信念を貫きとおしたがゆえの厳しい選挙・・・しかし、その潔さを良しとした有権者達が支持をし、刺客とされた自民党候補の佐藤ゆかりさんを抑えたという結果だった。

だのに・・・だ。

いったんは否決されたものをまったくそのまま出してきた自民党の法案に対し、賛成ときたもんだ。

こりゃまずい・・・あなたに投票してくれた人はナゼ自分に入れてくれたのか・・・それを考えにゃあいかん。

選挙参謀はなにを考えているのか・・・まずったなぁ・・・うまくないなぁ。

このままでは、党を除名されたうえに、支持してくれた有権者までもを失うことになる。

ま、実際はこの野田聖子さんだけじゃなく、ポリシーといったものをまったく持ち合わせていない、ただ議員バッジをしてるっておじさん達なんかいっぱいいるんで、彼女だけをとりあげるのもどうかとは思うが・・・。

それにしても・・・選挙前には多少のしおらしさも感じられた新人マドンナ(マドンナっつーのもいかがなものか?)議員の○○○○さん。

「私に質問されるんでしたら、もう少し勉強してきた方がいいんじゃないですか?」で議員生活をスタートし、新人勉強会でも「私が教えてさしあげたい」くらいの発言もあり・・・やぁーーーーな、おんなぁーーーーーーーと思ったのはおいらだけでしょうか(-_-)

現在議員さんで元国際政治学者(だっけ?)の○○○○さんが離婚したってのも大いにわかるような気がしますです(よけいなお世話)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

くたびれもうけ・・・

くたびれもうけ・・・ってのは儲かったんでしょうか?(笑)

んなことはどうでもよいのだけれど・・・昨日はラーメンの日(おいらが勝手に決めている『毎週金曜日はラーメンの日』)

神奈川県No1じゃねーの?と名高い中村屋に向かいました。

場所は大和市・・メンバーはおっさんのおいらと大学生2人(交友関係広いなぁ 笑)

ひとりは『こば』めっちゃくちゃポジティブ・・マジ見習たいくらい・・後ろ向きの発言いっさいナシ!

もうひとりは『みっちゃん』いっつも笑顔・・物心ついてから一度も怒ったことがないらしい・・マジ見習いたいくらい・・でも女の子に対する妥協はいっさいナシ!

7時半にドンキ集合・・中村屋は9時閉店・・なんぼなんでも大和まで1時間ありゃ行くべぇと出発。

カーナビ頼りで地図も調べてない・・・情報は「JUSCO」のそばってだけで十分♪

が・・・途中カーナビが機嫌わるくなり・・・カーナビ頼みは勘頼みに。

「完全に大和を越えてるようだな・・・その辺り左にまがりましょっか?」と左折。

「ひょっとして間に合わないんじゃねーの?あと30分しかねーよ」とおいら。

『なーーに、言っちゃってるんすかぁーーーー!!まだ30分もあるじゃないっすかぁーー』とコバ。

『あ・・467号ですね・・・その道沿いだったような気がしますよ・・へへへ』とみっちゃん。

おいら「右か左か?」

みっちゃん『それはわからないですよね・・・へへへ』

コバ『右っしょーー右行ってみましょーよ!』(体温が高い)

んじゃ右へ・・・しばらく行ってもJUSCOが見えない・・・コンビニで聞くか・・・みっちゃんが笑顔で聞きに行く。

みっちゃん『やっぱりこっちでいいみたいですね・・もう少し行けばJUSCOあるって言ってますよ・・・へへへ』

またしばらく走る・・・しかし・・・ない。

おいおい~もう少しってどれくらいだよぉ~

みっちゃん『もう少しって、人それぞれですからね・・・へへへ』

コバ『だいじょぶですって!間違いないですって!!』

それにしても限度ってもんがあるよ・・・そのコンビニでもう一回聞こうぜ・・・またみっちゃんが聞きに行く。

みっちゃん『へへへ・・・やっぱり逆だったみたいですね・・・戻れって言われました・・・へへへ』

コバ『あははは・・俺、間違ってたみたいっす・・・戻りましょうよ!!』

残り15分・・・約6キロメートル「無理だろ?」に『大丈夫ですって、間にあいますって・・・9時前に並べばいいんすから!!』

ひたすら戻る・・・あっJUSCOが!しかし・・・もう2分前だ・・・終わったな・・・。

コバ『間に合いますって!!JUSCOのところから走れば大丈夫ですって!!』

「車、どうしようか?」

コバ『あっ!車かぁ・・・大丈夫ですって!駐車場あると思いますよ!!』

「え・・停めたことあんの?」

コバ『いや・・・勘っすけど』(また勘かい)

で、中村屋到着も駐車場はなし・・店内お客さんはいるけれども、入れてはもらえませんでした(無念じゃーーー)

みっちゃん『ざんねんでしたね・・・へへへ』

コバ『今度来る時には絶対迷わないで来れますよ!!!』

あくまで怒らないし、あくまでも前向きなわけね・・・おいら救われますですよ。

また今度行こうな・・・コバ、みっちゃん♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

宙ぶらりん・・我がベイスターズ

20051013-00000022-maip-bus_all-view-000 だいたい・・・

←ナニ この人?!

先のライブドア、ニッポン放送買収の時もいたよね。

先日の阪神電鉄・・・ってゆーか、阪神タイガース買収の時は主役。

んで、んで、今度は楽天がらみのTBSですか?

横浜ベイスターズなんか持ってる意味ない・・売っちゃえ!売っちゃえ!って、あーた。

完全にファン無視ね・・・単なるマネーゲーム。

確かにファンド会社となれば、投資してくれた人たちに還元するために必死になるんだろうけど、もうちょっとひっそりとできないものかしら?

ファンド会社なんていっぱいあるのに、何でこの人だけが注目されんの?

株の売買で商売してる人なんて、裏の世界の人じゃないの?

あんまり表に出てくると不愉快だな。

今年のベイスターズも確かに弱かった。

それでも勝率5割に満たないまでも3位・・Aクラスをキープしてくれました。

あの戦力でよく頑張った方だと思います(巨人より上だし♪)

それなのに・・・ベイスターズなんていらない!売っちまえーー!なんて言われて1年間頑張ってきた選手はどう思ってるんだろうか?

ある朝、会社に行ったら倒産してた!そんなことも珍しくない現代では、選手の気持ちなんかどうでもいいか・・・

| | コメント (2) | トラックバック (1)

やっぱりな

おいらの昼食は日々いろいろ。

先日までは土・日が社員食堂…月・木がおにぎりとカップ麺…水・金が愛妻(?)弁当としています。

食堂で食べると200円~300円・・・しかし、いかんせん・・・いかんせん・・・。

毎日、奥の作ってくれるお弁当ってのも飽きる。

ってな、わけで上記のようにしていました。

NEC_0024 この10月からうどん・そばが冷たいものから温かいものへと変わりました。

左記の通り水曜日にカレーうどんとなってます。

こりゃ食べないわけにはいきませんわぁ~~~

奥に言います「あのさぁ、水曜日は愛妻弁当の日だけど、カレーうどんが始まったからおにぎりにしてくれる?うどん食べたいからカレーうどん♪」

『じゃ、明日(水曜日)はおにぎりでいいのね』と火曜日のお話し。

昨日はおにぎりを持って食堂へ・・・ひさびさのカレーうどんをいただきました。

で、夜・・・帰宅し・・いやっ・・ドアを開ける前から不吉な匂い・・ドアを開けてやっぱり!

カレーじゃん・・・まぎれもなくカレーライスの匂いじゃん!!

おいらの食生活はだいたいこんなもんです(-_-)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

折れない心

スポーツの対戦には、まれにミスマッチと言われるものがある。

対戦する前から「○○が勝つ」とわかりきってると思われ、その通り○○の圧勝に終わったりする場合である。

対決というのは5分対5分・・どちらが勝つのかな?とワクワクするのがいちばん興味をひく。

されど、ミスマッチと言われるような対戦は最初からしらけるし、試合中眉間にシワがよるような哀れみさえ感じたりもする。

しかし・・・格闘技の選手というのはどんなにかなわないと思われる相手にも敢然と向かっていく。

殴られても、蹴られても、倒されても、意識があるうちは立ち上がろうとする。

「この一発!この右さえ相手をとらえれば形勢は逆転するはずだ!!」そう思って立ち上がっていくのだろう。

カラダは限界・・・しかし(闘う)本能だけで前に出るんだな・・・心が折れないうちは・・・。

おいらアナウンサーが実況で使う「まだ心は折れていないのか?!」のコメントが大好き。

社会に出ると、とかく心が折れてしまいがちになる。

会社で上司や先輩に「ダメだ!!」と言われれば、それに従わざるをえないし、そうゆうものだと徐々に慣れて(あきらめて)きてしまう。

おいらも折れない心を持ち続けたい・・・そう思いながらもままならない現状、その思いを格闘家たちに託してるのかもしれない。

追記 自民党新人議員の杉村太蔵氏。

とても元気で言いたいことを言い放っていたが、幹事長の武部氏にお小言をいただいてから一気にトーンダウン。

しかし・・・国会初日には以前の彼に戻り「自分らしく!!」と明るさを取り戻していた。

そしてそのあと・・・再びのトーンダウン。

今も彼らしくなくとてもおとなしい(大人になった?)

彼の心は折れてしまったのだろうか?(折れたフリかな?)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夫婦であること・・・

今日は定休日・・・さて、どこに行こうかなぁ・・・などと思ってるところへ母から電話。

『隣りの電気屋にいるから出てきて~』子供の秋休みってこともあり昼食をってことだった。

我が家は現在、同居にむけて家探し中・・それもありお昼ご飯から夕飯までのあいだ付き合った。

それにしても・・・女房とも口を揃えて言うのは我が両親、非常に仲がよい。

親父の方からはそれほど感じることもないが、おふくろは親父が好きなんだなぁと凄く感じる。

しかし・・・実はこの二人、おいらが子供の頃はとても仲がわるかった。

年齢差が10才・・・親父は船に乗り料理を作ってあちこち巡っていた遊び人。

おふくろは高校を出たあと社会経験もほどほどに20才で結婚。

人生経験にはかりしれないほどの差があったのだな。

例えばお休みの日。

親父は県内で開催中の競輪場へ・・おふくろは実家のある静岡へ・・。

おいらは・・どちらかを選択するという生活だった・・それを毎週繰り返す。

父が母を殴った姿も見た・・・母がヒステリックに父をなじってる姿も見た。

母に付いて静岡の実家に戻ると、お決まりのように親類たちに愚痴を言い「別れたい」とも言っていたように記憶する。

「お父さんとお母さんのどちらと暮らしたいか?」と聞かれたこともあったと思う。

それがなぜに・・・今か・・・。

これが夫婦なのかなぁ・・・『今』この時を迎えるために、あのような日々を過ごしてきたのであろうか?

結婚してからどちらかが死ぬまで仲のよいご夫婦ってのも、もちろんあるだろうけど紆余曲折いろいろあっても、(徐々にであるが)仲のよい、いい夫婦になる二人もあるのだな と今日両親を見ててあらためてそう思った。

今は昔にくらべて男女の交友に対する意識がゆるい。加えてネットなどを使い他人とのコミュニケーションがとりやすいこともあり、「夫」が「妻」が悩むことも多いようだけど、いつの日か迎えるその『今』のための二人の歴史であるかもしれない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

赤丸上昇

先日 【おうち(家)ください!】 で書かせてもらってから、「会ってみたくなる」だの「友達になったら楽しそう」だのと、ありがたい言葉をいただいてる我が父。

間違っても本人に伝えるわけにはいきませんですが(調子にのるので)・・・父のエピソード(ありえないでしょーーーって話し)をもう少し。

学生時代のはなし・・・父は電話好き。

家に戻ってくると父が楽しそうに電話中。

おいら気にせず夕飯しながらテレビを観ていました。

「はいはい~じゃあ伝えとくねぇ~」電話をおく父。

「あ~ぁ、1時間近くも話しちゃったよ」

『誰?』

「○○さんだってよ・・・お前、最近つれないらしいじゃん?女の子には優しくしてやんなきゃダメだよ」

って・・・!をいをい!!人の友達とナニ1時間もしゃべってんだよぉ・・・しかも本人帰ってきてんのに何で代わんねーんだよぉ

更には、おいらがスキーで転び手術をした時のおはなし・・・。

『見舞いに来てくれよぉ~~~』来て欲しい人には当然連絡するじゃないですか?

されど、なかには知らせたくない相手もいるわけで・・・

だのにだ・・・父がその人を連れて病室へ・・・ナニやってんだよぉーーー

「昨日、電話くれてさ、入院したの知らなかったって言うから、乗せていこうか?って言ったら行くって言うから連れてきたよ」って。

・・・・「いますか?」って電話に『今いないんですよぉ~』ってなぜに普通に言えねーんだよ。

何で人にかかってきた電話相手としゃべっちゃうんだよぉ~~~

この電話魔・・・もうかれこれ半年くらい前になりますか。

一時期流行った「振り込め詐欺」

おいらの『まさかそんな簡単な手口に引っかかったりしねーべなぁ・・・・』に

「いくら何でもそんなのに引っかかるわけないだろーははは・・・こないだも撃退してやった」

『えっ!かかってきたの?』

「かかってきたよ~『息子さんが交通事故を起こしてしまってですねぇ・・・』って言うからさ『うちには息子なんていないよ!どこにかけてんのっ?!』って言ってやったよ」

ここでおふくろ登場・・・『電話切ったあとに、あんた(おいら)のこと思い出したらしいんだよ

「あっ・・息子いたな」って慌ててたもんね』って。

・・・をいをい・・・思い切り引っかかってんじゃねーか・・・息子の存在を忘れてただけの結果オーライじゃねーか・・・。

そういえば以前知り合いに「親父さん、10万円貸してもらえないか?」と頼まれ『貸したの?』に対し、「3万円に値切ってやったよ・・・」って。

その貸した相手というのが会社もやめ田舎に帰ったという話。

「きっと交通費にでも充てたんだろ」と笑う父・・・「いつかきっと返してくれる」と未だに信じてる。

一度だけその人から電話があり「親父さん、必ず返すからな」と言ってきたそうである。

その電話だけでも救われたんだろうな・・・電話好きだから(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

会話

◆ドンキホーテで見つけた父子の会話img10441339492

男の子は3才くらいだろうか?・・・とても真剣なまなざし。

チュッパチャプスを手に持ち、お父さんを見上げる。

子「これ買わないよ・・・」

父「うんうん・・買わないよ」

          子「これ買わないんだよね・・・」

          父「うんうん・・買わないんだよ」

チュッパチャプスを箱の中に、ぽぉ~んと投げる。

◆我が家の朝の夫婦の会話

u57217 夫「あれ?クツシタないんだけど?」

妻「あ ごめん」・・・・・・・・・・「はい」

夫「さんきゅ・・・あれ・・これ濡れてるじゃん」

妻「濡れてるんじゃないよ・・・湿ってるだけ」

          夫「ちょっとぉ~~~」

          妻「大丈夫・・一度乾いたやつだから・・・・」

なにが大丈夫なんだろうか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

うまいぜベイビー!

渋沢付近にある『なんつッ亭』に行ってきた。

kanban 新店舗になってからは初めて。

(←246沿い この看板が目印だぜベイビー)

夜・・・暗くなってから出かけてもすぐわかる。

ra-men おいらこのラーメンが大好き。

古い店舗の時も行列して食べました。

新店舗になってから足が遠のいたのは品川駅にできた『品達』でも、このなんつっ亭がイチバン人気で2時間待ちと聞いたから・・・怖くなっちゃったんだよねぇ・・・並ぶのが。

ra-menUp 黒く浮かんでるのが「マー油」と言われるもの・・・ニンニクを焦がして作った油のようで動物性ではないらしい?

ヤケドした時につけたりする馬油とはまったく違うよん・・・勘違いしないように(笑)

このマー油がラーメンをまろやかにするんだよねぇ・・・うまいぜベイビー

それから「ぶたまんま」manmaUp

これがみちがえるほど良くなった~♪

正直、旧店舗の時はひどいものだったぁ・・・上に乗ったチャーシューもほどよく味が沁みて、お金払えるものになったよ。

でもやっぱりご飯は最後にスープの中に入れて食べたくなるな(笑)

gyouza ←夫婦円満ぎょうざ

わりと美味しい・・・でも、夫婦円満と名づけなければいけない理由がわからなかった・・・聞きたかったけど忙しそうだし・・・。

tennai 神奈川県、丹沢山麓の田舎町から全国区になった『なんつっ亭』

今や押しも押されぬ有名店だけど、以前からの店の雰囲気はかわらない

元気で明るくて、とても親切。

有名店になると威張ってる店もあるけど、ここはとても気持ちよく出てこれます。

これが何よりうれしいな。

遠くてなかなかいけないよ~という方にはkappu カップ麺まである。

ローソンだったっけなぁ・・・一度だけ買ったことあるんだけど。

今はもう売ってないかもしれない・・・確かな情報じゃなくてごめんなさい。

どうしても食べたいという方・・・渋沢まで来てください・・・おいらがなんつッ亭まで乗せていきます(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

えふわんグランプリinじゃぱん

『オリンピック』『サッカーワールドカップ』と共に世界の三大スポーツの祭典『F1グランプリ』がいよいよ鈴鹿サーキットにやってまいりました。
20051007-00000020-maip-spo-view-000
今年不調であった佐藤琢磨(BARホンダ)も来期のシートを賭けての正念場!

サーキットとの相性もバツグンで期待したいところだね。

しかし・・・時代の流れか・・・バブル崩壊の煽りか・・・未だに明日・あさってのチケットが発売されてる・・・おいらがいちばん夢中になっていた頃(1990年前後)には考えられない事態だな。

1991年の日本GPは中嶋悟Nakajima_1991_01s  が引退するということもあり、大フィーバー。

チケットはハガキによる抽選だったが、100枚送って1枚当
たるかどうか?と言われるほどの激戦だった。

おいらも20枚ほどハガキを書いたが当然落選。

(しかし・・・中嶋さんの勇姿を生で観れるのはコレが最後・・・どうしてもあきらめきれない)

ってなわけで最後の手段・・・下げたくない頭を下げることにした。

HONDA本社にいる従兄弟に泣きついてみた「これからはHONDAの車しか乗らない!スクーターもYAMAHAからHONDAに乗り換えるからぁ~~~」

幸い二輪のモーターレースに関わっていた従兄弟であったのでツテもあった・・・彼の結婚式の仲人がF1を担当している上司であった(余談だが・・・彼の結婚式には、あのアイルトンセナとアランプロスト《当時のマクラーレンホンダのドライバーであった》から祝電が届いたらしい・・・たぶん友人のネタ)

当時は金曜日にフリー走行と予備予選、土曜日に予選、日曜日に決勝だったであろうか?

土曜日にどうしても外せない仕事を抱えていたので、木曜日の夜に前泊、金曜日にフリー走行を観戦しそのまま帰宅、土曜日の夜行で再び鈴鹿へ、日曜日に決勝を観戦し帰ってくるという強行軍でした。

f1_18 それにしても・・・目の前を、音速の貴公子アイルトン・セナが走った時には感動で涙があふれっぱなし(泣いてばかりですみません)

ドライバーになるために生まれてきたセナ(そう思えてならない)・・・そしてサンマリノのコーナーで永遠と輝く星となったセナ。

この人も一生おいらの胸から消えることのないヒーロー。

senna04 F1の実況を担当した古館さんが言ってたけど、「フリー走行のあと夕暮れの中、手をカメラのファインダーのようにしてコーナーに佇んでたセナの姿が忘れられない・・・」

どこに行っても多くのファンに囲まれていたセナ・・・もちろん多くのマスコミにも追いかけまわされてたんだけど、なぜか孤独という言葉が似合ってたなぁ。

中嶋さんがサーキットを去り、ホンダミュージックがサーキットから消え、セナが星となっておいらのF1への熱が冷めました。

おいらはF1が好きだったのではなく、中嶋さんとアイルトン・セナが好きだっただけだったのだろうか・・・。

追記 ヤフオクでこんなものが売ってました・・・どなたか購入されたら見せてください(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

若返り・・・実感

以前こちらのブログでも書かせてもらった「NINTENDOU DS」のB00097D8YO脳を鍛える大人のDSトレーニング

自慢じゃないが今でも続いています。

そして・・・その効果が出てるんじゃないかな?と感じています。

まずは何と言っても本を読むスピードが増したと思う。

学生の頃くらい・・・とまでは、さすがに無理だろうけどいい感じに読めるようになりました。

「あれ?なんだっけ?」と前のページに戻ったりすることがなくなりました。

それから・・・「あれ?言うことわすれちゃったぁ~!」ってのが少なくなってきましたよぉ~

100%じゃありません・・・昨日も一度ありましたから(笑)

このゲームはひとりでもできるけど、できれば家族4人でやることを薦めます。

川島教授にお題を出され、思い出しながら絵を描くというコーナーがあります。

これが4人まで参加でき、4人の絵を見比べるのがメチャクチャ面白いんですわ。

なかなか家族そろって同じものの絵を描くなんてことは、この歳になるとないですからねぇ・・・。

あまり乗り気じゃなかった息子が、ちゃんと絵を描いてあったりするとそれだけで笑えます(笑)

おいらの現在の脳年齢は39歳・・・歳相応だと思うんだけど、いかんせん娘に負けるのがムカツク・・・やつは20歳(ゲームの中では20歳がイチバン良いことになってる)ですから(-_-)

計算20問・・・おいら14秒・・・敵(すでに敵)は13秒

計算100問・・・おいら1分20秒・・・敵は1分19秒

少しだけやつのが早いんです。

しかし決定的に差が出るのが記憶力。

2分間で単語28個を記憶し、3分間でいくつ答えられるか?って問題があります。

おいら良くて11~12個・・・ひどい時は6個なんて事もあります。

対して娘は最高27個・・・だいたい23~24個覚えてるようです。

かなわないって事が本気でむかつくんですわ~( ̄^ ̄)

4774307262 それからゲームよりもっとお手軽バージョンとして『川島隆太教授の脳を鍛える大人の音読ドリル』ってのがあるようです。

同年代のみなさん・・・今からボケ防止。

一緒にやりませんか~♪

虹色の老後を迎えましょうよ~(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ジャイアンツ愛・・・再び

20051005-04025101-jijp-spo-view-001 2年前、V逸の責任を取るかたちで解任された「原辰徳」氏が、2年間の充電期間・評論家生活を高く評価され再び巨人軍の指揮をとることとなった・・・らしい(すげぇ…漢字多い)

う~ん・・・思い出すに2年前、原監督は悔し涙をこらえ(こらえきれなかったっけ?)ファンの前で解任報告をしたはず。

「はえーなぁ・・・・」おいら単純にそう思います。

半官びいきで昔からジャイアンツが大嫌い。

ジャイアンツをとりまく気持ちの悪い大人たちも大嫌い。

しかしながら・・・王さん、堀内さん、原さん、松井秀喜選手・・・この4人はなぜか好き。

子供の頃、王さんにサインをいただいて野球ファンになり、堀内さんに憧れて投手になり、甲子園で活躍する(高校生の)原さんでヒーローを身近に感じたものでした。

そ、まさしく原さんはおいらの年代のヒーローであったなぁ。

縞模様のユニフォームを着た原さんがいた東海大相模は負けるはずがない(実際には優勝することはなかった)そう信じてるおいらの野球少年時代でありました。

遠い記憶であるが、これもジャイアンツの投手となった定岡氏の鹿児島実業との試合・・・延長戦の長い試合となりテレビ中継もなくなりラジオを夢中になって聴いていた・・・そんなこともあった。

勝っても負けても爽やかでありました。

再びジャイアンツのユニフォームを着ることになった原さん。

再び傷つけられることがないように祈ります。

プロ野球はジャイアンツが弱いと盛り上がりません・・・これは事実。

ぜひ来年は低迷する巨人を再建し、2位でフィニッシュされることを望みます。

そして来年こそは我が横浜ベイスターズがチャンピオンフラッグを勝ち取ることを強く望みます(原さんに何も関係ない(-_-))

| | コメント (2) | トラックバック (1)

世にも奇妙な・・・メル友

『世にも奇妙な物語』観ています。

現在のタイトルは「ネカマな男」

失業しメールに依存した男がメル友募集をしても女から一向に相手にされなかったため、自ら女になりすまし女相手にメールをはじめる。

相手は「あやや」に似ているという19才の女子大生・・・の、はず!だった。

数回メール交換をしたところで、直接会いませんか?とあややを誘う。

会った時に「実は男だったんだ~」と言ってもあややなら許してくれるだろうと見込んでのものだった。

・・・ところが・・・その相手・・・「私も会いたい」と言ってきたものの、実は謝らなければいけないと・・・「実はあややにそっくりってのはウソなんです・・それと19才の女子大生というのもウソなんです・・本当は42才なんです・・・それに男なんです」

ま、お互いネカマ同士でメール交換してたというお話し(結果は違うんだけど)なんですが、おいらの友人でこうゆう体験をした人がいます。

ネットで知り合ったメル友さんと5~6回メール交換したところで、もう会いましょうとなった。

おいらは「それはやばいぞ・・いくらなんでも早すぎる」と忠告したのですが舞い上がってる彼は聞く耳をもたない。

spot07a 相手に自分の携帯番号を教え、有楽町での待ち合わせ。

30分ほど待ったが相手は来ない。

どうしたんだろぉ~?と思っているところへ電話が。

声の主は待ち合わせ相手・・・『ごめん・・・“俺”今日やっぱりいけねーや・・・わるいね』と野太い声で。

アホ面さげて待ちくたびれた友人をどこからか見ていたのでしょうか・・・悪質ですねぇ。

ネット犯罪も年々巧妙になってきていて、だまされる人が後をたたない。

女のフリをして貴女に近づいてくる男もいるそうです・・・気をつけましょうね・・・お互いに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

配られたカード

おいら最近は会社の大会くらいでしかやらなくなったマージャンですが、若い頃は夢中になったもんです。

マージャンは配られた14枚の配パイ(マージャンパイが配られること)からスタートし、一枚持ってきては一枚捨てるを繰り返し、決められた通りの3枚1セットを4セット揃えるとあがれるってゲームです。

究極は最初の配パイ段階で4セットが揃ってしまってること・・・コレを…天和(てんほー)といい最高得点がもらえます。

これに限っていえば腕も経験も必要ありません・・・ツキだけですから。

つまりは・・・マージャンにとって配パイというのは、とても重要なんです。

ところが負けはじめると、どんどん配パイが悪くなります。

(ふざけんなよーー何だよこの配パイは!むかつくなぁーーー)

だいたい負けがこんでくる人はこんなことを胸の中でつぶやいています。

しかーーーーし、

かの有名な東大卒の変わりだねプロ麻雀士『井出洋介』さんは言います。

「プロ麻雀士のように数多く対局をこなす人でも、コノ配パイにめぐり会えるのは確率的に一生に一度。そう考えれば、どんなに悪い配パイでも大切に思えます」

おいら・・・足元にも及びません。

今、読んでいる小説の中の主人公は未婚の母のもとに生まれ、貧しくて育てられないという理由からよその夫婦に引取られます。その引取られたうちも段々に夫婦仲が悪くなり、いづらくなって家を出る・・・そんな生い立ちです。

自分の運命を恨み、とてもアウトローな生活をしていきます。

そんな時、更なる厳しい生い立ちをもつ女性にめぐり会います。

その彼女がこう言うんです。

『苦労が顔に出たら惨めやからね。それに悲観してもしょうがない。そら誰でも恵まれた家庭に生まれたいけど、自分では親は選ばれへん。配られたカードで精一杯勝負するしかないやろ。

たしかにあんたもかわいそうやと思うよ。けど、あんたに配られたカードは、そう悪い手やないと思うけどな』

とてもいい言葉だな・・・と思いました。

強い女性ですね。

この言葉をしっかりと噛みしめて強く生きていかなきゃいけないよ・・・我が子たち(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

OYABAKA

宣伝です(笑)

うちのラップ娘がブログを開きました。

中学2年生・・女の子のつぶやきです。

もしよかったら読んであげてくださいませ<(_ _)>

sweets といえば chocolate

追伸

このブログはあくまでも、おいらの娘のブログです。

おいらが中学生の女の子に興味があって、お気に入りにしてるわけではないので、誤解のなきよう・・・(笑)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

気になるニュース

2005年宇宙の旅。

野口さんは宇宙へ行くのに何年かかったんだったかな?

昨日、アメリカの民間人がロシアのロケットで宇宙へ旅立った。

たった6ヶ月の訓練だけだったらしい。

旅行費用は・・・・○泊8日(?)で22億6000万円。

なにそれ?

この人は23億円でも、何も迷わず行ったのだろうか?

22億6000万円ならいいけど、23億はちょっと出せないなぁ・・・などと引くことはあったのだろうか?

「本来なら23億円のところを、今なら4000万円引きの22億6000万円でいいですよぉ~」ってな話はなかったのでしょうか?

本当は22億5000万円でもよかったところを「1000万円くらい上乗せしちまえ」くらいの軽いノリで6000万円になっちゃったんじゃないだろうか?

おいらなら23億円いただいて、「今なら日本に土地34坪・建坪30坪の3LDKの家が一軒付きますよぉ~」ってサービスしたいとこだな( ̄^ ̄)

あ!あと話はぜんぜん違うけど・・・最近、「飽きたから」くらいの簡単な理由でニシキヘビやピラニアやサソリなんぞをポ~んと捨てちゃうひとぉーーーーー!!!!

ほぉーーーーーーんとに、いい加減にしてくださいませ(-_-)

虫とかさぁ・・・爬虫類とか、飼いたかったら海外から輸入したりするんじゃなくて、自分がその国に飼いに行きなよ~~。

生き物にはそれぞれ合った気候、合った地質とかがあるんじゃないの?(わかんないけど)

それからさぁ・・・・ペンギン飼っちゃったりしてる人!

もしよかったら見せてくださいませ<(_ _)><(_ _)>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

でじかめ・・・購入

富士山のご来光の時も、函館山からの夜景を見た時も、いつもいつもおいらの胸ポッケに入っていた友達ともいうべきデジカメのマクロが壊れてしまった。

古いし、200Mだし、バッテリーもたなくなってるし、買い時じゃねーかぁ・・・ぐずぐずグズグズぐずぐず・・・ぶつぶつブツブツぶつぶつ・・・くどくどクドクドくどくど・・・うだうだウダウダうだうだ・・・と寝てる奥の耳元でさえもつぶやき続けて、ようやく買ってよし!の許可をもらった。

会社にて・・・「ねえねえ・・・デジカメってどうやって選べばいいのぉ~~?」

休み時間、同僚たちをひっぱりこんでのデジカメ談義。

なるほどぉ~あゆのパナソニックね!LUMIXね!

さっそく隣りの【○ー○電気】へ。

まずはデジカメコーナーを一周。

image01_f2 (メーカーは決まってる・・・機種もほぼ決まってる・・・《最新型の600万画素FX9》か《ひとつまえの500万画素FX8》か)

また一周。

お店のお兄さんが満面の笑顔でおいらを見ている。

「ねえ、こ『はい?(お兄さん)』れなんだけどさぁ・・・」

ミナまでいう間も与えず、電卓を持って近寄ってくる。

「FX8と9ってどう違うの?」なんとな~く聞いてみる。

『そーですね・・・FX9はですね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(あぁ・・ナンダカ説明してんなぁ・・・このお兄さん今日一日ずっとデジカメの前で同じような説明してたんだろうなぁ・・・あ!研修生って書いてある・・・バイトかなぁ・・・あぁ・・早く終わんないかなぁ・・・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・って、感じですかねぇ』

「へぇ~~そうなんだ(ほぼ聞いてない)」

また一周しはじめる。

『今でしたら○○円くらいお値引きできますよぉ~』

「ふ~ん・・そうなんだぁ」

また一周しはじめる。

『お客様・・メーカーは決められてるんですかね?』

「うん・・決まってるよぉ~買う電気屋さんを決めてないだけ」

『またまたぁ・・・・そんなこと言わないでくださいよぉ』また笑っている。

(FX9の方が6000円高いだけかぁ・・・でもFX8のブルーがいい色だなぁ)

しばらく離れていたお兄さんが再びやってきた。

『お客様。どうもすいません。今日でしたらね、土日用の特別料金でけっこうなんですよ・・ですから先ほどの金額よりも○○円引いてですねぇ・・・・えっとぉ・・・・』

「ねえ」   『あ はい?』

「FX9とFX8だったらどっちがいいと思う?」

『そうですねぇ・・・FX9になってですね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ですから、迷ってるのであれば最新型のFX9の方がよろしいかと』

image03_f2 「そっかぁ・・・んじゃFX8にする・・・ブルーね」

『あ はい かしこまりました・・・ただいま在庫の方調べてまいりますね』

こんなやり取りのあと、おいらは新しいデジカメを手にいれました。

それにしても手ぶれ補正ってのは助かるなぁ・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »