« これも家族愛? | トップページ | いざ、鎌倉 »

夕焼けのドラマ

40年間、自分がいかに鈍感であったか・・・。

生まれてから今日まで、ひょいと足をのばせばいつでも行かれるこの場所でこんなにも美しいドラマが毎日行われていたというのに実際見ることもしなかった。

yuuyake1 鎌倉・稲村ガ崎側の海浜公園から江ノ島方向。

本来であれば、江ノ島の右上に富士山が顔を見せる。

16時前からいよいよドラマが始まる。

yuuyake2 周りを見ると一眼レフカメラと三脚を持った人たちが続々と集まり始める。

年配者が多い。

この一瞬・・・みんなが同じものを見つめている。

yuuyake3 クライマックスの時間を迎える頃、富士山が浮かぶように顔を見せた。

残念ながら写真ではハッキリと姿を見ることができないが、かすかに見える。

yuuyake4 ドラマもいよいよ終焉だ。

気づけば風が強く寒い・・・そんな中でも、下の海岸を見ると恋人達が肩を寄せ合っている。

心が洗われるような1時間のドラマでした・・・美しい。

これからの季節寒いので、目の前にある『サンディッシュ』というレストランでお茶を飲みながら鑑賞するのもいいかも・・・今日も窓側の席はいっぱいでした。

そういえばドラマの途中・・・海上保安庁のヘリコプターでしょうか?

heri バタバタバタと飛んできたと思ったら、おいらたちと江ノ島のあいだで急降下・・・波しぶきをあげ、何かを探してるようだった。

P1000322 しばらく低空飛行を続けたあと、夕焼けの中再び戻っていった。

皆、息をのんでその様子を見ていたが、まるで映画の中のワンシーン・・・めったに見ることのできないものを見れたように思います。

zushi ←おまけ。

由比ガ浜から逗子マリーナ・三浦半島の方角です。

海鳥たちがたくさん群れをつくっていました。

本当にすっきりと晴れ渡れば、房総半島の方まで見える・・・の、かも?(笑)

|

« これも家族愛? | トップページ | いざ、鎌倉 »

◆お出かけのこと」カテゴリの記事

コメント

ひょいっと行ける場所に住んでいるんですね。
いいなあ~^^
私のところからは海が遠い(車で2時間)ので、
なかなかこんな素敵な景色は見られません。
ヘリコプターも見られて、いいなあ。

日が沈むところを見る時って、み~んな息をのんで、
見つめてしまいますね。
そんな妙な一体感が好きだったりします^^;

投稿: littlememo | 2005年10月27日 (木) 01:02

我が家からも海は遠く・・・

そんな素晴らしい景色を誰かに抱きしめられながら見ていたいもんです。

投稿: めぐ | 2005年10月27日 (木) 06:29

>めもさん。
実は・・・ヘリコプターを写真におさめながら「あれ?誰かヘリコプターが好きだって言ってたなぁ・・」と思い出しておりました(笑)
めもさんのブログで以前読んだことがあったっけ。
夕暮れの中、戻っていくヘリはメチャかっこよかったです・・おいらの頭の中では『地獄の黙示録』のテーマが流れっぱなしでした♪
そしてそれを見事に撮ったおいらの腕もたいしたもんです(自画自賛)

投稿: ホッシー | 2005年10月27日 (木) 18:40

何度も画像をクリックしてしまいました(笑)
息をのむほど お美しいお写真ですね。
海も夕焼けも キラキラと眩しい~ 

投稿: Ciccio | 2005年10月27日 (木) 22:28

>めぐさん
誰かに・・・誰でもいいってことですか?
景色の良し悪しにかかわらず、「誰かに」ではなく、「あの人に」の方がよろしいかと存じます。
素直になって言ってみたらいかがですか?・・・あの人に(はい…余計なお世話)

>Ciccioさん
「息をのむほど お美しいお写真・・・」
コメントありがとうございます・・お美しいお写真で舌を噛みそうになっちゃいました。
コーヒーや紅茶なんかもやっぱり「お」をおつけになられるんですか?
「おコーヒーでもいかがですか?」みたいな。
台場もやっぱりお台場・・ですか?(笑)

投稿: ホッシー | 2005年10月28日 (金) 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/6583559

この記事へのトラックバック一覧です: 夕焼けのドラマ:

« これも家族愛? | トップページ | いざ、鎌倉 »