« 影響されやすい人 | トップページ | 「地球も買ってくれる?」・・・『うん。』 »

名店の枝

10 池袋『大勝軒』の山岸一雄さん。

職人!って言葉が似合いそうないい笑顔をおもちです。

のれんわけされた弟子の数も多いようで、我が街平塚にも『湘南大勝軒』というお店がある。

せっかくだから行ってみんべぇーと同僚とダイエーで待ち合わせ(ローカルっぽい 笑)

ra-men ここはもりそば(つけ麺)が有名・・・実は先だってコノもりそばはいただいていたので今回は普通のラーメンを食べてみた。

う~~ん・・・おいらとしては・・・普通。

最近流行のとんこつのようなコッテリとしたタイプではなく、いわゆる醤油ラーメンって感じ。

でも・・・とんこつに慣れきっちゃったのかなぁ・・・コクがないっていうか、インパクトにかけるって印象でした。

nikutake 『肉竹ごはん』というのもいただきました。

メンマに肉を絡めたものがご飯の上にのってる・・・ただ、これも食感があまり好きじゃない・・・ふわふわっとした印象。

味付けは薄味でラーメンと一緒に食べるにはいいのかも。

tukemen やっぱりここはつけ麺をさぁ~っと食すってのがいいかな・・・それも一玉。

一玉100円で(言ってみれば大盛り)量を調整できるんだけど、おいらには二玉は多かった・・・最後飽きた・・・で、残してしまった。

でもスープは甘酸っぱさがちょうどよくておいしかったなぁ。

noren それでも他の人のブログを読んだりすると非常に評判がいい・・・らーめんの味ってのは奥が深いなぁ。

それからこの際、大将である池袋の山岸さんの作ったラーメン(もりそば)も食べてみたいなぁ。

|

« 影響されやすい人 | トップページ | 「地球も買ってくれる?」・・・『うん。』 »

☆食べること」カテゴリの記事

コメント

いつだったか (そんなに前ではない)
【大勝軒】のご主人のドキュメンタリー番組が放送されたことがありました。
一日 厨房に立って ひたすらラーメンを作るそのお姿・・(まさに 職人魂)
しかし その身体に 異変があってからは 厨房にも立てず 弟子に任せての 長い入院生活 
必死に病魔と闘い やがて復帰するものの 長いブランクに 足腰が弱まり 体力が負いつかず
その番組内での 復活はみられませんでした。
その後の近況は わかりませんが。。。
やはり 食べに行くなら ぜひとも山岸さんの味を 一度堪能してみたいですよね。。。

投稿: Ciccio | 2005年10月23日 (日) 02:52

厨房での作業は大変疲れるもので・・
山岸さんの姿は、本当に頑固な職人さんって感じでした。それでも常連さん方がなんとしてでも存続をって動いていた姿を覚えています。

私もほぼ毎日ラーメン食べてます♪

投稿: めぐ | 2005年10月23日 (日) 23:30

自分が子供の頃、ラーメンってのはどんな扱いだっただろうか?
ラーメン屋ってのは、どの程度の地位であったのか?
和食、洋食、中華と料理のジャンルはいろいろありますが、ラーメンも今やひとつのジャンルとなりました。
そしてラーメン屋さんもテレビにもとりあげられる程の憧れの存在となりました。山岸さんたちが、ひたすら、もくもくと頑張った成果だね・・素晴らしいです。

投稿: ホッシー | 2005年10月24日 (月) 00:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/6521964

この記事へのトラックバック一覧です: 名店の枝:

« 影響されやすい人 | トップページ | 「地球も買ってくれる?」・・・『うん。』 »