« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

同居はむずかしい?

ichijo 両親との同居に向けて進行中の我が家。

先日もハウスメーカーの営業さんと建築中の建物見学。

(左に写るは、じいちゃん、ばあちゃん、娘)

めんどっちいけど、それはそれでまた楽し♪

しかし・・・同居・・・たかが同居・・・されど・・・。

「何もさぁ・・・いまさら同居なんてすることないじゃん」

と、周りの友人・知人から言われてるらしい母。

みなさん、お嫁さんとの同居でかなり気を遣ってのことだろう。

そんな折、おいらが子供達に尋ねる。

「ねえねえ・・・おじいちゃんとおばあちゃんと同居する理由って何かないかな?」

これに間髪いれず我が息子・・・『理由がいるの?』

多くを語らない息子であるが、言いたいことは家族が一緒に暮らすことに何の理由がいるのか?ってなことらしい。

おいら目からウロコ。

それをそのまま先日おばあちゃんに伝えました・・・少し涙ぐんでいました。

大丈夫と思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

お父ちゃん・・・

高校生Fちゃん、Ⅰちゃん、大学生Mちゃんとの会話。

おいら 『ねえねえ、キミらさぁ、お父さん好き??』

(うちの娘とそうは変わらない年代の子たち・・気になるところだぜぇ。)

まずはⅠちゃん 「私、お母さんよりお父さんの方が好きですよ~」

おいら 『おっ! なんでなんで??!!』

Ⅰ 「お母さんが嫌いだからです」

おいら 『・・・あ、そうなわけね・・・』

(それって敵の敵は味方って論理じゃねえか・・・・)

続いてFちゃん 「う~ん・・好きか嫌いかかぁ・・でもあたし、汚いとは思わないですよ~」

おいら 『なんだよ~お父さんがきれい汚いの対象になるわけねえじゃねえか~~』

Ⅰ、F 「えぇーでも、いるんですよ~お父さんの洗濯物と一緒に洗いたくないとか、お父さんの後のお風呂はイヤだとか~」

(キミら・・・元々はお父さんの方にいたんじゃねえかぁ・・・)

おいら 『Mはさ、お父さん好きだよなぁ・・・よく迎えにきてもらってるしぃ・・歩く時、腕組んじゃったりするの?』

M 「えーーーありえない・・・最後に接触したのは小学校4年生くらいかな」

おいら 『まじでぇ・・・それは一緒にお風呂入ったりしたわけ?』

M 「まっさかぁーーディズニーランドでショーが観れなくて肩車してもらったんです・・・今思えば考えられない」

・・・・う~ん・・・おいら撃沈。

日本全国のお父さん・・・負けないで!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

けっきょく・・・儲からん(笑)

K01 ←第47回 競輪祭決勝 優勝者の小倉竜二選手です。

彼はかっこいいですよ~♪

んなことはどうでもいいんですが・・・。

競輪祭4日間・・・上山(会社の同僚)場外車券場で1700円遣いました(笑)

そして今日決勝、2060円という配当を200円買ってました。

払い戻し4120円・・・上山さんが「いくらいる~?」と言うので『3000円でいいよ~♪』3000円が戻ってきた♪

家に帰って子供達に自慢!

『今日はさ~競輪当たっちゃった~~』

娘「えーーーなんか買ってぇーーーー!」

結局子供達に500円ずつあげて・・・・おいらの手許に2000円。

ぜんぜん儲かってないじゃん( ̄^ ̄)

おいらって・・・こんなもん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天平の炎、春を運ぶ。

omizutori1 千三百年近く、

一度も途絶えることはない。

揺るがず、とらわれず、

人々の幸せを願い、

奈良の都を照らし続ける炎。

omizutori0 紅く染まる夜が明けると、

今年もまた、

新しい春がやってくる

さあ奈良へ。

日本人の原点を発見する悠久の旅へ。

                      JR東海ホームページより)

テレビを観ていて、ついつい引き込まれるコマーシャルが2つある。

ひとつは「東京ディズニーランド・ディズニーシー」。

そしてもうひとつが「JR東海」

『そうだ京都行こう』は、あまりに有名だ。

そのJR東海が今CMしてるのが悠久の都・奈良。

東大寺のお水取りだ。

東大寺・二月堂を真っ赤な炎が彩る華やかな行事・・・この松明から落ちる火の粉を体に浴びると無病息災、一年を過ごせるとのことで毎年多くの人でにぎわっているらしい。

CMにつられたわけじゃないけど、ぜひぜひ観てみたいものである。

hp_toudaiji_mantou1-640 それにしても「やまとのひまじん」さんが撮った写真・・・素敵だなぁ。

hp_toukae_nakamon6-640 拝借した写真を掲載してるホームページこちら

海外に住む友達にJR東海のCMのことを教えてあげたら、とてもいい感想を述べてくれた。

『時代が変わっても同じ景色・・・その時、その時代を過ごした人たちがいろいろな想いを胸に見た景色・・・それを今、自分も見ている・・・そうゆうのに弱いんだ』と。

同じ感性の人と、同じ景色を見ながらゆっくりと時間を過ごせたら素敵だよなぁ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ご主人さま・・・萌ぇ~~

ただいま我が社には宮崎県にある工場から3人が研修に来ている。

そのうちのひとりKu君・・・彼はナウいヤングだ。

「研修も終わりなんだから東京でも行ってくりゃいいじゃん・・九州に戻ったらなかなか行かれないべ?」

『ホッシーさん・・・東京なんてもう“くっさる”程行っちゃいましたよ・・・あたりまえじゃないですか・・・ははは』

人を田舎もん扱いすんなよーってな感じです。meido

そんな彼が最後に行きたいと望んでるのがメイドカフェ

「東京行ってるんだろ?秋葉原で行ってくりゃいいじゃん?!」に

『かんべんしてくださいよー東京って言ったら渋谷とか原宿でしょー。俺、秋葉系にはなれないっすよープライドあるしぃ』らしい。

meidokanban そんな中、な、な、なんと平塚にもそんな店が誕生したというのだ。

メイドカフェ・・・いったいどのくらい一般的に浸透してるんだろうか?

おいらも今回その話題が出て初めて内容を知った。

ウェイトレスさんがメイドのカッコをしてるらしい。

例えば・・・卵焼きを注文してみる・・・するとそのメイドさんが実際焼いてくれる・・・そしてケチャップで文字まで書いてくれるそうだ。

『がんばってつくりました。いっぱい食べてね』みたいな・・・これが上手な子にあたればソコソコ食べれるものを、包丁さえ持ったことのないような子にあたると卵焼きと思えるものじゃない別の何かになって出てくるそうだ・・・しかし、それを非難する声がお客さんからはあがらない・・・これで1000円・・・すばらしい商売だな。

またメイドさんと写真を撮ったりゲームをして楽しんだりもできるそうだ。meidomenyu-

その名も『あっち向いて萌え~』・・・これが3分で500円。

今日も帰り際ロッカーで「ホッシーさんいつ行きますか?」Ku君がシャツをジーンズの中に入れた秋葉系ファッションをして声をかけてくる。

おいらもさぁ・・・500円出して「じゃんけんぽん・・あっち向いて萌えーー」ってやるまでにもう少し心の準備がいるから、ちょっと待っててね・・・と言ってはいるのだが・・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お咎めあり・・・

先週の金曜日から、ずっと鼻の調子がわるい。

土曜日の大雪の日こそお休みだったが、その他今日まで休めない。

しょーーじき、毎日つらいです。

夜も寝れない・・・呼吸ができない・・・しかもノドまでヒリヒリ痛い・・咳も出る。

早めの花粉症なのか?と思っていたが、やっぱり風邪か?

そんなんで今日まで過ごしてきたが、さすがに限界・・・会社終了後病院へ。

かかりつけの内科に行こうと思ったのだが、あまりの鼻の痛さにやっぱり耳鼻科へ。

『蓄膿症(ちくのうしょう)の疑いあり』とのことで鼻のレントゲンまで撮った(初めて)

診断は風邪からくる鼻とノドと肺の炎症・・・そしておいらの鼻は右側の鼻腔が狭く空気が通りにくい・・・結果軽い蓄膿症だということだ。

こちらは薬で治す・・・しかし問題はここから。

おいらのノドはかなり悲鳴をあげているそうだ。

「ケガをしたら、そこには触らないように安静にしますよね?ノドも同じですよ~あなたの炎症かなりひどいです・・・よっておしゃべり禁止」先生の弁。

『先生・・・他の事はどんなことでも我慢します・・・しかしおしゃべりだけは勘弁してください』

「ホッシーさん・・・あなた声がかれてますよね・・・無理して声出してるとポリープができますよ・・・それ覚悟してくださいね」

カナリアに歌をうたうなってくらい酷なんですけど(-_-)

こうなりゃブログとメールで憂さ晴らし・・・こうゆう時ネットって便利だなぁ♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

逢引き・・・

gyuuaigake おいらの好きなメニュー「すき家」の『牛あいがけカレー』

カレーライスと牛丼が合体したようなものです。

おいらすき家に行くといつもこれなんでメニューをいちいち見ません。

今日もお水を持ってきてくれたお姉さんに「いつもの・・・」ってな感じで『牛あいびきカレー』言ってしまいました・・・。

「牛あいがけカレーでよろしいですか?」聞きなおされて「はっ!」としました。

おっさんがひとり来て「牛逢引きカレー」だってさ・・・って女の子ふたりして話してるはずだ・・・「あの色ボケオヤジが!」くらいのこと言ってるはずだ(涙)

食べてるあいだもすっごくバツがわるくて・・・消えたかったです。

なんで間違うにしてもこんなこと言っちまうのか・・・・「おいらのバカ」

| | コメント (5) | トラックバック (0)

春のお客さん

雪・・・一面銀世界。

平塚でこれだけ積もるのは珍しい。

電車のダイヤなどにも影響が出たらしい・・・そんな日、休日。

ラッキーだったかもしれない。

しか~しぃ・・・昨日から鼻の調子がわるい。

苦しいぃ~~1時間おきに目が覚めちゃうくらい鼻が苦しい。

流行には敏感なおいら・・・春、早くも花粉症がお出迎え(>_<)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

すこーし、悲しい物語

今年・・恥ずかしながら年賀状完成が新年8日・・・出したのが9日。

本当、失礼だと思ってます。

中学時代の恩師に対しても当然のこと・・・その返事が先日届きました。

「先日おこなわれた同窓会でお顔を見れず残念でした。しかしご家族みなさんお元気そうで何よりです・・・・」とのことが書かれておりました。

なんたることっ!!

おいら同窓会があったなんて・・・知らなかったんですけど・・・

そういえば1年半くらい前か、同級生だったKさんという女子に出会いました。

K「ほっしーーくーん・・・私・・私・・・Kだよ~」 

おいら『おぉーーーひさびさだなぁー』

K「そういえばさ、こないだの同窓会なんで来なかったのよーー?仕事だったの?」

おいら『(えっ?知らなかったんですけど・・・) あぁ・・・ちょっと忙しくて』

K「今度はおいでよねーー」

おいら『(誘ってくれればねぇー)うん、行くよ』

・・・・こんな会話もしたのを思い出したぞ。

この内容を仕事終了後、お風呂でO氏に話す。

O氏 「俺もさ、そうゆうことあったから気持ちよくわかるよ・・・でもさ、昔から嫌われてたわけじゃないんでしょ?」

おいら 『う~ん・・・どうかなぁ・・・お弁当の時間なんかもさ、友達同士机くっつけて食べたりするじゃん?おいらはさ、いつもひとりで窓の外を見ながら食べてたよ・・・』

O氏 「(・・?!ヘッ」

おいら 『それからさ、修学旅行の班編成・・・仲のいいもん同士で班つくるじゃん?おいらはいつもロッカーの方の片隅で人数が足りなくなったグループが声を掛けてくれるのを待ってたな・・・・』

O氏 「(・・?!ヘッ (・・?!ヘッ」

おいら 『でも・・何がいちばん辛かったって・・・帰りに靴はこうと下駄箱に行った時、靴の中に牛乳が入ってたときがイチバン辛かったかな・・・』

O氏 「ちょ、ちょ、ちょっとぉーーもういいよーーーそれ以上聞けないよー」

おいら『・・・って、信じないでよーーー(笑)』

O氏 「なんだぁーーウソなんだぁーーーどこからがウソなのよーー?」

おいら 『えっとねぇー弁当のあたりから』

O氏 「(・・?!ヘッ んじゃ、同窓会に誘われないのは本当なわけね(-_-)」

| | コメント (10) | トラックバック (0)

The 有頂天ホテル

uchouten2 さっそく観てまいりましたです。

17日はおいらが自慢の映画館・・・シネプレックス平塚が年に一度(?)の休館日。

う~ん、あの映画館が休むって初めての体験かも。maikaru2

maikaru しかたなく・・・隣り町の茅ヶ崎市へ・・・マイカルへ。

maikaru3 おいら最近はキャラメルポップコーンを食べながらの映画鑑賞を楽しみにしてるわけですが、入館していきなりイヤな予感・・・あの甘い香りがしない。

一応カウンターに行ってみる・・・「バター味と塩味になります」一気にテンションさがる。

いいや・・・肝心なのは映画・・・それにしてもシネプレックスは今さらながら我が街の誇りだなぁ~などと一人思ふ。

uchouten3

で、映画『The 有頂天ホテル』・・・・メッチャクチャ楽しいです。

何分かに一度は必ず笑わせるように計算されているみたい。

uchouten4 そして豪華キャストたち・・・そのひとりひとりを三谷さんがとても大切にしてる。

誰ひとりいなくてもダメって感じ・・・俳優さん女優さんたちがとても魅力的だったな。

↑麻生久美子さん・・・おいら知らなかった・・・松たか子さんに引けをとらないくらいの存在感・・・とてもチャーミングでした。

それから堀内敬子さん・・・劇団四季に存在してた人らしいがこの人も印象に残ります。

その他、有名俳優陣たちももちろんの存在感・・・ほんとほんと素敵ですわ。

映画の内容は観てのお楽しみ・・・ただ、「ホテル探偵」とか「筆耕係」とか華やかなホテルの裏側の部分にも脚光をあてた三谷さんのこだわりみたいなのが感じられる。

それから前作「みんなのいえ」を観た人には少しのプレゼントがあります(笑)

最悪の大晦日・・・いえいえ、今回出演者のみなさんと素敵な年越しをさせていただいたような充実感があります・・・今年は2度新年を迎えたようでラッキー。uchouten1

とても幸せになれる映画です

| | コメント (5) | トラックバック (0)

眠気と闘ってた人

本日おいら平塚駅前MNビルで行われた講習会に出席してきました。

会議とか懇談会とか講習会とか・・・大の苦手。

連日の寝不足もたたり、起きてられるのか・・・そればかりが気になってのソレでした。

koushuu ←おいらの席から見えた景色。

平塚駅周辺の建物の向こう側に海。

午前中は伊豆大島までが見える最高の席でした。

しかもいちばん前・・・アリーナ席・・・会社の粋な計らいです♪(←嫌味)

午前中からずっと眠気と闘っていたおいらでしたが、その眠気が一瞬とんだのが、おいらより激しい眠気に襲われてる人を見つけた時。

その様子を忘れないようにレポート用紙に書きとめてきました・・・笑いをこらえながら。

眠さをこらえようとしている人の特徴として、体がよく動く。

背中を反らすような動き・・・のびをしてみたり、イスに座りなおしてみたり、顔の向きを変えてみたり・・・とにかく動く。

さらに・・・眠ってはいけない・・・と、思ってる人は必ず顔に手をあてている。

頬に当ててたり、手のひらにあごを乗せてたり、おでこを乗せてたり。

最悪、目をつぶってしまった時にハッキリと講師から見えないように隠す役割にも使ってるようだ。

そして・・・不覚にも少し目をつぶってしまった時、誰かのイスが動いた音や誰かが机を蹴ってしまった音・・・つまり突発的な音にものすごく素早く反応する。

PKが放たれた時のゴールキーパーの如き反応だ。

しばらく眺めてたが・・・・どうにもこらえきれなくなってきたようだ・・・静かに目を閉じていく。

『いったな・・・』そう思った時、彼の手は静かに机の上に置かれていった。

講師が彼のかたわらに向かいそっと肩を叩き声をかける・・・。

おいら流されたビデオの記憶はほぼありません・・・彼の顔だけが浮かびます。

しかし人間・・・寝てはいけない・・・それでも寝てしまった・・・って時、その人がもつイチバンかわいらしい表情をしているような気がしました(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

百均オトコ。

おじいちゃんが誕生日プレゼントのお返しに子供達へ文房具を買ってあげたいと言うので娘と共に文房具売り場にお付き合い。

ふ~ん・・・今はこんなデッカイ袋みたいなペンケースを使うわけね。

これカッコいいね・・・PUMAとか付いちゃって・・・ってことで息子のなるPはコレに決定。

おいらシャーペンを見てて・・・「へぇ~今のは押さなくても振るだけで芯が出ちゃうんだぁ・・・すげぇな・・・600円もするのかぁ」

娘に「なるPは、こんなシャーペン使うかな?」に『うんうん・・・欲しがると思うよ・・・なるPさんは友達に百均オトコって言われてるから』

「なんだ百均オトコって?」 『文房具が全部百円ショップで買ったものだからだよ』

「まじでぇーーーーーーなんてかわいそうな・・・・・これもおまけに付けてもらおう・・・それから芯もいちばん高いやつにして」

で、家に帰ってなるPに渡す・・・「早くあけてみて~~」

「~~な、そのシャーペンかっこいいべ?」に

『あ・・・これ持ってる』

「なんでよぉ~~これ百円ショップのじゃねえぞぉー」に

『中古だけど友達がくれたんだよ・・・二人・・・だから二本持ってる』

「まじでぇーーーー百円ショップのシャーペンがかわいそうだからってくれたのか?」

『うんうん』  がーーーーーーん。

なぁんか笑えない話しだけど、友達にそこまでしてもらえるんじゃお前も悪いやつじゃないんだべ・・・・。

26日の受験・・・せめて新しいシャーペン使ってくれよ・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

待ってました・・・三谷作品♪

05071301mitaniMTG00119G050712T 三谷幸喜監督作品の「The 有頂天ホテル」が公開された。hotel

おいらVシネマ(?)「12人の優しい日本人」を観て以来の三谷ファン。

奥様に小林聡美さんを選ばれたとこなんぞ、おいらの三谷氏イメージピッタリ・・・完璧です!

彼のいちばん好きなところは間・・・間のうまさ。

そして常に動いているんだろう頭の回転の早さ。

人の良さそうな雰囲気をかもし出し、イヤと言えないように思わせメチャクチャ強引なことを頼む(笑)

謙虚そうでありながら、実は常に自分の思いのまま人をあやつる。

ありあまる才能を持っているんだろうなぁ・・・こんな友達がいたらいいなぁ。

てか・・・おいら、三谷幸喜氏に似た人物を身近に知っていたような・・・仕事中ずっと考えてみる。

頭が良くて・・・気配りが抜群で・・・ウィットにとんだ才能を持ってて・・・人に好かれる。

そうだっ!・・・それって・・・おいらじゃん!!

三谷氏にそっくりなのは、おいらなんじゃん!!!

灯台元暗しだなぁ・・・・おいら、おいらと友達になりたい♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

命について考えた。

今夜テレビに「死にたい」って人が出てた。

命は地球よりも重い・・・人の命に対してとやかく言うのは勇気がいるし、ちょっと怖い。

でもね、生きるために精一杯闘った本田美奈子さんや、生きてた証しを残すために余命を全力で生きた奥山貴宏さんのことを思うに、先ほどテレビで「死にたい理由」を言ってた彼らがとても悲しいし、恥ずかしい。

「(自分の)顔がやだ、声がやだ、言動がやだ・・・・」 「何をやっても認めてもらえない・・・」

こんなんが死にたい理由なのかぁ・・・。

世の中って理不尽なことが多くて、『自分のが彼より絶対○○なのに、××は彼の方を選んだ』 『彼は顔も良くて、頭も良くて、家も良くて・・・自分は顔も良くない、頭も良くない、家も貧しい・・・』こんなんいっぱいあるじゃん。

おいらなんかコンプレックスの固まりで・・・それでも「くっそぉーーー」と思うことはあっても死にたいと思ったことはないな・・・鈍感なんだろうか?

江守さんが番組の最後に言っていた「人間って不公平にできてるな」ってのが耳に残った・・・だって、世の中って不公平でできてんだもん。

奥山さんは番組中、ガンの末期と言われ体力が落ちていく中「牛丼の並みを一杯食べきれた喜び」ってことを言ってた。

人として当たり前にできることを当たり前に生きていると、当たり前が幸せと感じられなくなっいるおいら達だな。

『The 有頂天ホテル』公開の日・・・楽しみだねぇ~♪ってなお気楽なことをブログにしようかと思ってたところ、こんなことを考えさせられた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自由は勝ち取るものだよ(笑)

「ホッシーさんって自由っすよねぇ・・・結婚も悪くないって感じっすねぇ」と言われた。

いやいや・・・キミ、キミ。

ここまで自由になるまでには、いろいろ大変なんだよぉ。

既婚者が、なにゆえ自由になれるのか・・・それは・・・(結婚)相手に愛情と関心をなくさせることだ。

おいらも出会ってから19年、結婚16年・・・紆余曲折あってやっと自由になれたのだ。

そのあたり勘違いされちゃ困るんだなぁ。

愛情も自由もと両方手に入れれるほど世の中甘くない。

どちらかを犠牲にしなくっちゃ♪

ちなみに・・・・自由になってから愛情を別口でゲットしてる人もいるらすぃ。

う~ん・・・世の中ちょっと甘いな・・・と、思わされる話しだな(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

悲しきかな・・・新大人

ここ数年、この時期になると必ずニュースになるのがバカな新成人たち。

20060110-00000007-maip-soci-view-000 昨日も市長のお祝いコメントにチャチを入れ、バカ(ダメ)ぶりを発揮してる子たちが映し出されてました。

確かに真剣にお祝いの言葉を頂戴してる子たちもいるわけで、途中揶揄されてもその子たちに対してコメントし続けてるんであろう市長であるが、バカな子たちに対して何故に『バカ!』と言ってあげないのかな?

やっぱり怖いのかな・・・うらまれたりするのが・・・まさか、有権者になったから?

人って誰もが目立ちたいって気持ちを持ってる・・・とってもよくわかる。

ただ・・・どうしたって、先日の歯を食いしばってタスキをつなげた駅伝の選手達と成人式で大騒ぎした同年代の子たちを比べてしまう。

目立ちたい・・・注目されたい・・・その方法が違いすぎるだろ。

もうマスコミで取り上げるのをやめたらどうかな?

大騒ぎしてテレビに映ってるのを見れば、それよりもっと目立ってやろうと思うのがバカの考えること・・・じゃ、ないだろうか?

う~ん・・・おいらも何だか大人げないな。

新成人のみなさま・・・おめでとうございます。

次世代の子供達があなた達を見ています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

初詣・・・お守り。

今日は初詣に行ってきた。

毎年10日辺りのお参りだが、良いことがないとの理由でここ数年は神社を変えまくっている。

あそこの神様はダメだ・・・あそこの神様ってのも変だと思うが(笑)

で、昨年・・・いよいよ地元の神社へ・・・これが良かったのか、昨年は運気(やや)上昇。

ならばと今年も同じ前鳥神社へ。sakitorishougaku

この前鳥神社・・・実は学問の神様。

これは今の我が家にうってつけ・・・ってか、すがるような想い。

今年・来年と受験が続くので・・・。

sakitori ←我が家の3人。

元を取り返そうと必死で拝む・・・元ってのは当然お賽銭。

いくら入れたっていうんだべ?賽銭箱から落ちてチャリィ~ンなんて音がしてたけれども・・・。

sakitoriomamori 最後に破魔矢とお守りを購入。

生意気になってきた娘はお守りの色にまでこだわる。

「どうでもいい~」「面倒くさい・・・」「帰りたい・・・」の息子はその様子を見つめる(笑)

ところで、このお守り。

昨日両親がバスツアーで成田山と明治神宮参拝に行ってきた。

当然お守りを買ってきてくれたのだが、それを今朝もらってからの初詣。

お守りってあっちこっちのを持っててもいいもんだろうか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

なにゆえ、裸?

娘の誕生日祝いに洋服を買ってくれと頼まれ海老名のビナウォークへ。

そういえば奥の誕生日にも何もしてなかったな・・・と、彼女の洋服もついで。

そういえば、おいらの誕生日にも何もしてなかったな・・・と、おいらの靴もついで。

こうなりゃ、息子にも何か買っていかなきゃ・・・「奴にはユニクロのフリースでいいよ」

u48159 「これ1900円だって・・・かっこいいじゃん、安くて・・・ヤンキースだし・・・松井だし・・・(イミフメイ)」

奥『M(サイズ)しかないよ・・あの子肩幅あるからなぁ』

おいら「んじゃ、おいらが着てある程度入れば間違いなく入るべ?」

ってんで、おいらが試着・・・めんどいから今着ているフリースの上から着ちゃおうっと(オイオイ)

パンパンだけど、入るから大丈夫だべ・・・これにすんべぇ。

さて・・・事件・・・いや事故と言ってもいい・・・は、このあと起きた。

脱ごうとしたおいら・・・あれ?キツキツで脱ぎづらいや・・・えいっ!

その瞬間、試着してたフリースはもちろん、元々着ていたフリース・・・いやいや、その中のTシャツまでが一気にめくりあがりホボ上半身全裸。

なに?・・なになに??なにゆえおいら裸?

ユニクロのフリース売り場の前で・・・・今日この場所で男が裸になった瞬間をご覧になった皆様・・・それはおいらです。

そしてそれは決して他意のあるものではないので誤解のなきように・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

娘の誕生日に・・・

今日6日は娘の誕生日。

彼女はとても誕生日というものを大切にする・・自分のも友達のも親のも・・・。

そんな娘が2日のじいちゃんの誕生日をスルーしてしまったらしい。

ばあちゃんに電話「今日さ、(娘の)誕生日だからメシでも食べ行く?」

『あぁ、おじいちゃんの?』おいらもここで思い出す「(やばっ)そうそう二人の・・」

『務(おいらの従兄弟)の子(4人)はさ、お年玉を出し合って、おじいちゃんにプレゼントを買ってくれたんだよ・・・おたくの子たちはどうしてるのかしら?』

かなり高温度の嫌味が炸裂する。

「キレてるんですか?」『キレてないですよ・・キレさせたらたいしたもんですよ』

ま、もちろんそんな会話はなかったわけですが、それをそのまま娘に伝える。

「マア君(務の長男)たちはお年玉出し合ってプレゼント買ってくれたんだってよ・・」に『よぉけぇーなことをぉぉぉ・・・』

話し変わって・・・昼ご飯の用意。

奥はお仕事なのでお昼ご飯の用意してやろと娘を買出しに連れ出す。

帰り・・・買い物袋を重そうに持っている娘が『可愛いい娘がこんなに重いものを持ってるっていうのに!』

おいら「しょうがないでしょ!お父さん手がふさがってるんだから!」

娘『何も持ってないじゃん』

おいら「お父さんの手はポッケに入ってんの!寒いから!!見ればわかるでしょ!!!」

それから二人で携帯電話を見てたとき・・・

娘『お父さん・・これカッコよくなくない?』

ん?今「なく」を何回言ったんだ?それってカッコいいって訊いてんのか?カッコ悪いって訊いてんのか?答えようがない(-_-)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

頑張れるってこと。

【1月4日付 スポニチ一面記事より】

p-sp-tp0-060104-0009 意識が遠のいていく。

沿道からの声援も、仲村監督の怒声も耳に入らない。

難波の体は右側のセンターラインへ、そして左側の沿道へ、右へ左へと傾いていった。

走ることすらままならず、フラフラしながら戸塚中継所にたどり着いた。mkfuln20060104004001

握っていたタスキを渡すと同時に崩れ落ちた。

その体を動かしたのは、タスキをつなぐという執念だけだった。

過去10回の優勝を誇る名門に起こったまさかのアクシデント。

往復217.9㌔をつなぐ過酷な箱根駅伝。

仲間の汗が染みこんだタスキは、意識のない若者に倒れることを許さないほど重いものだった。

今年の箱根駅伝で起きたアクシデント。

3日にブログを書いた時点では、まだ知らなかった・・・あったんだぁ、こんなことが。

なんせ仕事中で昼間の休み時間しか観れなかったもんで、夜のスポーツニュースで観て驚きでした。

ニュースで観る限り、本当にフラフラとセンターラインに寄っていき、対向車の前に飛び出してしまいそうだった・・・危険なシーンだった。

もしこれがひとりでの競技であれば間違いなく棄権をしていただろう。

フと考える。

昨年の自分を考える。

会社のいつもの階段でさえ、登りきれなくて途中で止まってしまった時のことを。

あの時期、おいらもやはり限界でした。

あの時自分ひとりであったなら棄権・・リタイアしてたと思う。

人間は背中に背負ってるものがあると、限界を超えたところでもうひと踏ん張りできるものらしい。

新しい年になっても、頑張り続けなければならない人はたくさんいるだろう。

おいらも年末からずっと仕事で、今日でようやく一段落・・明日から三日間束の間の休息。

ってなわけで、年賀状が遅れてしまったことをお詫び申し上げます(イイワケ)

さあ~て、年賀状作ろうっと・・・あっ、その前に年末年始撮りまくったテレビ番組を観て正月気分を味わおうっと・・・まずは紅白歌合戦とゆく年くる年だな♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

タスキのおもみ

81-hakone-start2 すっかりお正月の風物詩と化した箱根駅伝・・・亜細亜大学の初優勝で2日間の幕をとじた。

箱根駅伝には4つの中継点がある。

course_map この中継点のひとつが、おいらの住む平塚。

子供の頃からテレビで観ていて自分の住む見慣れた景色が目に飛び込んでくると興奮したものだ。

それゆえ思い入れも人一倍ある。

駅伝の物語のひとつにタスキに込める思いがある・・・襷の重みと言われるものだ。

競争である以上、1位の学校があれば、20位の学校も出てくる。そして公道を使って行われる以上、いつまでも時間をかけるわけにはいかない。

したがってルール上、1位の学校が通過してから20分が経った場合繰上げスタートが実行される(幸い今年の大会ではなかった)襷が繋がらないという事態だ。

これが切ない・・・1位の学校に20分以上離された学校の選手は一斉にスタートラインに並ばされ20分のカウントダウンが行われた後、無理やりスタートさせられる・・・母校の襷とは違う繰り上げ用に用意された襷をかけて・・・だ。

タイム的に際どい学校の選手はギリギリまで後ろを見つめる・・・『早く来い・・今ならまだ間に合う!』そんな想いだろう。

一方、渡せなかった襷を持って中継点まで走ってくる選手は、中継点でもはやいない「襷を渡す相手」を探しながら必死の形相でやってくる。

そして渡すことができなかった襷を持ちながら同輩たちに抱きかかえられる・・・悔やみ涙する『あと10秒、20秒早く走れたら・・・」と。

更には体調が悪く、あるいは足を痛め走れる状態ではないのに走るのをやめないランナーもいる。

72回の大会では優勝候補であった山梨学院大学の4区のランナー中村祐二選手が突然歩き出した・・・それもまっすぐには歩けない・・・右に左に蛇行して歩く。

伴走車に乗る監督が「もうやめろ」と声をかける・・・しかし「大丈夫です・・走れます」と歩き続ける(この模様は当時ずっと中継され物議をかもした)

しばらくこの状態が続いたあと、監督が伴走車から降り中村選手を抱きかかえた。

その瞬間、緊張の糸が切れたのか中村選手は監督の胸に倒れこむように泣き崩れた・・・限界を超えてたんだろう・・・タスキをつなぎたい・・・その一心だったんだろうな。

この襷・・・おいら達には計り知れないほど重いのだろう。tasuki

| | コメント (4) | トラックバック (0)

思い起こせば・・・

今年も残すところ、あと364日となりました

(古〔いにしえ〕より伝わるギャグ失礼)

振り返れば仕事、仕事の毎日だったなぁ・・・まだ2日間だけど(-_-)

今年の目標を『穏やかに・・・』に決めたおいら。

今日会社の若手O君がする「○○さんにしこたま怒られました」って話に、ある先輩が『あのな、人間は笑っていないと幸せは来ないんだ・・・怒ってる人がいたらな、かわいそうに・・この人はまた幸せから遠ざかってしまったなぁ・・・と思ってやれ』と言ってきかせていました。

おいら、「いいこと言うなぁ」・・・と、しみじみ思ってしまいました。

そうゆう風にして今年一年を過ごしていこう!とあらためて思いました。

あ・・・さっきの・・・おいら、「いいこと言うなぁ」・・・は、おいらがいいこと言うなぁって意味。

つまり、O君に語っていた先輩ってのはおいらです。

自分に酔った時間でした。

さて・・・仕事してこよっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新年を迎え・・・

穏やかな正月を迎えている・・・仕事だけど。

昨年は長きにわたり氷河期と化したおいらの人生に少しだけ光明が差した・・・ような気がした。

何かしなくっちゃ・・・動かなきゃ変わらない!

そう思い、考えるより先に動いてみた年だった。

すっごいきつい時期もあった・・・人にヤツ当たりするような最悪な時期もあった。

それも今思えば・・・いや・・今思ってもきつい時間であった(笑)

もういいわ・・・おいらの120年の人生でも、こうゆう年は1年間だけで十分。

さて・・・今年。

すこ~しだけ上向いてきた運気を一気に上昇気流に乗せちゃう・・・絶対乗せちゃう!

そして・・・今年のテーマ 『穏やかに・・・・』

これを忘れず人当たりのいいおいらになっちゃう。

「気味わるい」だの「何企んでるんだよ」だの言われても、穏やかに・・・・。

穏やかに・・・・笑っていよう♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »