« いたれりつくせり | トップページ | 彼の挑戦 »

何気ない日常のひとこま

どのような

道を

どのように歩くとも

いのちいっぱい

に歩けば

いいぞ     みつを    ・・・本文より・・・

387523 日めくり物語

相田みつを=書

川上 健一=文

小学館  980円

☆この世には大勢の天使がいるのかもしれない

☆おとうさんもおかあさんにだっこしてもらいな

☆だって明日、“子供替え”の日だもん。悪い子は交換されちゃうんだろう?

☆お月さまって電気がつくとやさしいよねえ。パパとママの心にも電気がつくといいのに。

☆「愛してる」って、口に出していいたかった。   ・・・本の帯より・・・

本屋で見つけた優しい時間

たまには本の紹介なぞ・・・・会社の休憩時間、ボロボロ泣いた。

『花粉症…つらそうだね…』と、気遣われた…それはそれで優しい時間(笑

30の日常のひとこまが、短編小説として描かれてます。

一日一話…30日間優しい時間に浸れます。

子を想わない親はいない・・・

親を想わない子はいない・・・

夫を想わない妻はいない・・・

妻を想わない夫はいない・・・

そう思いたくなるな・・・親であり、子であり、夫であるわが身としては(笑

|

« いたれりつくせり | トップページ | 彼の挑戦 »

▼家族のこと」カテゴリの記事

コメント

生きていく事は、壁にぶつかる度に辛くなり親を辞めたくなり体がボロボロになっても仕事には行かなくちゃ生活はできない。
大変なことだと日々実感してます。

子供のこと大切にしなくちゃな。

投稿: めぐ | 2006年3月 6日 (月) 18:13

生きているから
しんどいことあるんですよね(^^)

幸せだな、苦労もまた。


親であり子であり夫であり・・
そして男性としてがんばってください(^^)

投稿: こすずめ | 2006年3月 7日 (火) 00:34

>めぐさん

周りのみなさんが幸せそうに見えちゃったりして…自分だけがつらいと思ってしまうと追い込まれちゃうよねぇ。
君のとなりの笑ってる誰かさんもけっこうつらい人生をおくってるかもよ。
もし、今の君よりつらい人生をおくってる人を知りたかったら平塚においでなさい。
直接見せてあげる。

子供は宝。
おいらもね、あんまり子供の面倒をみてきた方じゃないけれども、強烈に印象に残ってる言葉とかあります…きっと手をかけてあげれば(一緒にいる時間をもてばもつほど)子供に助けられることもいっぱいあると思います。

投稿: ホッシー | 2006年3月 7日 (火) 12:28

>こすずめさん

苦労もまた幸せ・・・長年人間をやってきてるからこそ出る言葉だと思います。
こすずめさんには教えられることがたくさんあります。

で、男性をがんばれとは、昼ですか?夜ですか?(笑

投稿: ホッシー | 2006年3月 7日 (火) 12:31

私は疲れると休息します なんもしません 頭をからにします 親は自分の子どもでなくてもこどもをあいしますからねー世界の大人が世界の子どもすべて愛してあげられたらいいなーと思います。

投稿: びーたん | 2006年3月 7日 (火) 15:23

>びーたんさん

おはようございます。
びーたんさんも頑張ってよく働いてるから休息できるときはゆっくり休んだ方がいいですねぇ。

仕事は有給なんてものがありますが、子育てに有給はとれないんで、お母さんは本当にたいへんだと思います。

投稿: ホッシー | 2006年3月 8日 (水) 07:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/8969198

この記事へのトラックバック一覧です: 何気ない日常のひとこま:

« いたれりつくせり | トップページ | 彼の挑戦 »