« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

うらやまし・・

昼休み・・・食事が終わると机で寝ているO君。

おいらがこうしてパソで遊んでいる時にも、気持ちよさげに寝ているO君の姿が見えます。

55分過ぎ・・・起きあがって赤くなったほっぺやおでこをさすりながら正気に戻ろうとしている彼に声をかける。

おいら 『いいなぁ・・・お前はのんびり寝てられて・・・』

O君 「いや・・・寝足りないです・・・」

おいら 『ふ~ん・・・寝足りないってか・・・“ネタがない”おいらよりずっといいよ』(‐_‐)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

君の隣りは・・・

001 君の隣りは、いごこちがよかったです

録画しておきながら、なかなか観れなかった映画『いま、会いにゆきます』今日観れました。

おとぎ話しだ!ありえない!!酷評される方もたくさんいますねぇ・・・。

これもラーメンと一緒だ・・・好き嫌いがあっていい。

おいらは大好きです・・・泣きます・・・何度も・・・説明はできない・・・いいものはいい!

「君の隣りは、いごこちがよかったです」

「わたしの幸せはあなたなのよ・・・あなたと一緒にいることなのよ」002

「例え短くても愛するあなた達と一緒の未来を選びたい」

あぁ・・なんと心地よき言葉だべ。

言ってもらいてえなぁ・・・・

『はなびらのように散りゆく中で、夢みたいに君に出会えた奇跡♪』

歌うおいらに「お願い!1円あげるから歌わないで!!」と娘に言われながらも思ったのでした。

005

それにしても奇跡の如き竹内結子の透明感。

中村さんが夢中になっちまったのもわかるよなぁ・・・。

「だいたいさぁ、男は絶対的に“ゆーこ”って名前に弱いんだよねぇ・・・過去に好きになった女の中に必ず“ゆーこ”って名前あるよね」

これはO氏の100%偏見であるが、100%違うとも言い切れない(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

憧れの女(ひと)

おいらが会社でひそかに憧れてる女性U(女性なので実名はさけます)さん。

朝会えば『おはよ~』、帰りには「お疲れ~』、満面の笑みで言ってくれます。

そう・・いつも笑顔。

彼女がいるとその場がパァ~っと明るくなります・・・まさにヒマワリのような人だな。

浮かない朝も彼女の笑顔につられ、自分も笑ってたりします。

そのUさんがポットの前で松岡氏となにやら真剣な顔で話してる。

「どしたんだろ?・・めずらしいな?」と近くに寄ってみると・・・

聞こえてきたのは「残尿感」だの「頻尿」って単語。

しまいには「尿漏れ」などと禁断の言葉が・・・・

先日勤続30年を表彰されたUさんであるが、もうそのような会話をされるお歳頃なんですねぇ・・・

「あらよ・・・尿漏れなんて聞いてビックリした顔しちゃってるよ~」おいらの顔見て笑ってくれたUさんですが、100年の恋もいっぺんで覚めた瞬間でしたから~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

素直に「あいむそーりぃ~♪」

O氏 『今日、帰っていい?』

おいら 「え?なんで?用事あんの?」

O氏 『用事はないけどさぁ・・・帰りたいの』

おいら 「えぇぇぇ・・だって帰る理由がないじゃーん」

O氏 『理由なんてどうだっていいのっ!帰りたいのっ!いま・・・この今!』

O君「大人の発言だとは思えませんねぇ・・・」

ま、おいらもO君も、O氏の発言にはもうすっかり慣れっこで、彼がそう言い出したならばどうにもならないことも知っている。

今さらこういった発言にどうこう思うこともないのだが・・・注目するところはこの素直さ。

自分の気持ちを偽らない・・・純真さ。

世間では絶対通用しないだろうことも充分わかっているのだけれど、この自分の気持ちのままを行動に移せるO氏がおいらはうらやましく思うし好きなのだ。

世の中には何をするにも理由(意味)が必要な人っている。

体裁や建前をとても重要視するあまり、行動に移せない人も多い。

社会人としてはこういった人の方が当たり前なんだな。

以前も書いたO氏の恋愛相談。

駆け引きばかりしている同僚に、

『会いたいんでしょ?会えばいいじゃん!会うのに理由なんていらないじゃん!!』

『自分が悪いとわかってんでしょ?あやまっちゃえばいいじゃん!そんな簡単なこと、何でできないのよ!!』

この素直さが時には必要。

ここはひとつ・・・O氏を見習って本能のおもむくまま行動に移してみてはいかがなものか?

変わりたいと思っているあなた・・・一皮むけるかもしれませんよ~

| | コメント (5) | トラックバック (0)

あってはならないこと。

最近ちょっと疲れてんなぁ。

今日残業後半、B-2工場の階段を上がろうとしたら声が・・・。

「Э●∑ж#п☆ΞΨΔなんだよなぁ・・・」誰かが愚痴ってる様子・・・言葉はハッキリと聞きとれなかった・・・しかし誰かが確実に階段の上で愚痴っていた。

夜・・・B-2工場には限られた人達しかいないはず・・・いや・・そんなことより階段の上には空間しかない・・・誰かがいられるはずもないのだ。

まあ、深く考えるとひとりで残業するのがイヤになるから考えないでいよう。

・・・そんなことより!だ・・・。

会社のお風呂に入ろうとズボンを脱いだ時のこと・・・。

『な~に、これぇ~~』信じられない・・・自分のチノパン穿いてるじゃん!

うそだよぉ~~だって確実に朝ロッカーで着替えたじゃん・・・なにどうゆうこと?

家を出る時に会社の作業着ズボンを穿いてきて、ロッカーで自分のチノパンに着替え仕事をしたってこと・・・か。

なんでだろ?どこでずれたんだろ?2度目だよなぁ・・・これ。

おいら疲れてくると思いがけない行動をとる時がある。

あの時も仕事終了後、お風呂を終え帰ろうと更衣室を出て下駄箱で靴を取り出そうとした時に気づいたっけ。

おいらはリュックを背負っているので両手はいつでもあいている・・・靴を取り出すのになんの支障もない・・・はずなのに・・・その日は靴を取り出すのに一苦労・・・・なんでだろ?

我に返って驚いた!

なんと両手で風呂場においてある脱衣用のカゴを持っていた。

浴室からそのカゴを持って自分のロッカーまで行き、服を着たあと再びそのカゴを持ち、少し建てつけの悪い引き戸をひじ(両手がふさがっていたので)で開け、下駄箱に行き靴を取り出そうとして初めて気づいたのだ。Kago

すこぉ~し休養が必要かも♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

機種交換?

通話のできない電話を持ち歩いてたおいら。

『ま、メールできるからいいや』・・・なんか違う。

横浜をぶらぶら歩いててドコモショップ発見!

せっかくだから見てもらおうっと・・・入店・・・整理券を取って待つ。

「317番の番号札をお持ちのお客様~」・・・人の良さそうなお兄さんが呼んでいる。

らぁっきぃ~おいらの大好物なタイプのお兄さん♪前にもこのタイプのお兄さんには遊んでもらったことがあるんだよねぇ♪♪

「今日はどういったことでしょうか?」に『あのですねぇ・・・電話ができないんですよねぇ・・・携帯電話なのに・・・こないだもね、湯河原まで電話するのにわざわざ公衆電話を使ったんですよぉ・・・10円玉の持ち合わせが3枚しかなくて足りるか心配だったんですけどね、相手お店なのでメールってわけにいかなくて・・・ほら、100円玉使うとお釣り出ないじゃないですかぁ・・・』

ま、ここまで細かく説明しなくても十分相手には伝わるな(笑)

「そうなんですかぁ・・・ちょっと拝見させていただきますね・・・えっとお名前と電話番号をお願いできますか」

どうやら購入してから11ヶ月というとこらしい・・・ちなみに機種はN506isホワイトです(関係ないけど)

「それではですね、まだ一年経ってないですし、新しいのと交換させていただきますね」

『へっ・・いいんですか?・・それならですね、FOMAに変えようかと思ってたんでちょうどいいです』

「あっ!機種交換というかたちにされますか?」

『はい・・新しいのと交換してくれるんですよね?』

「あっ!新しいのと申しましても同じ機種になっちゃうんですよねぇ」

『えぇぇぇぇ・・・それじゃあんまりうれしくないんですけど・・・』

「他には修理ということになってしまいますねぇ・・・交換となればこちらの携帯は私どもがお預かりするかたちになってしまいますが・・・」

『えぇぇぇぇぇぇぇぇ・・・おいらの思い出がいっぱい詰まったこの大好きな携帯は取り上げられちゃうんですかぁ??』

「申し訳ないんですがぁ・・・・どうなされます?」

『交換してください・・・ぜんぜん問題ないです(キッパリ)』

一年近く使った携帯電話・・・新品になりました♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鎌倉帆布巾・・・詳細

『せっかくお店まで行って、何で写真撮ってこないのよぉ~』O氏。

さらに続く・・・『俺さ、来週名古屋に出張しなきゃいけないんだからそれまでにちゃんと写真撮ってきてよ!あったくぅ・・・・ブツブツ』

「・・・・わかった」おいら。

奥に「あのさ、バッグ買ってあげるからまた鎌倉帆布巾に行かない?O氏もさ、店の中の写真まで見たいんだって・・・だから撮ってこなきゃいけないんだ・・・」

ということでさっそく行ってきました。

Hanpu1 Hanpu2 Hanpu3 Hanpu4 Hanpu5 Hanpu6 Hanpukomono

(興味のある方は画像をクリックしてみてください)

奥が欲しがったのは横に広がったタイプ・・・7千円ちょっと・・・あいかわらず安い人だ(笑)

で、で、おいらが釘付けとなったのが・・・Hanpudanshi

←これ・・・21000円!

ほしぃ~ほしぃ~ほしぃ~

若い女の子も手にとって真剣に見てる(不思議?)

でも・・・さすがに両方は無理・・・「さぁお財布さん・・・今の気持ちはどっち?」聞いてみる。Hanpu_1

ま、結果は言うまでもないわけですわ・・・・いつか必ず買うべっと。

あ・・O氏・・・この程度で良かったでしょうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

余計な心配

Toire いんやぁ~驚いた!

大都会のデパートあたりになると、石けんから乾燥まで全自動なんだねぇ。

左側から使えば、手に石けんつけて、水ですすいで、最後に乾燥・・・これが一ヶ所でできる・・・すごい!

ただ・・これ間違えるときついわな。

トイレ済まして、まず手を乾燥する・・・水で手をすすいだあと、石けんで手をぬるぬるにして出てくる・・・。

そんなやつぁ・・・いないわな(-_-)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

飽きちゃったんでしょ・・・

2006041804386591jijpspoview001 北海道日本ハムファイターズ SHINJOこと新庄剛志選手が早くも引退宣言しちゃいましたねぇ~。

周囲は複雑・・・常識で語るみなさんにはたいそう評判わるいようです。

さて・・・引退理由は?

本人は北海道のスタンドが満席になったから!と言ってられました。

がはははは・・・彼らしくもない発言だな。

テレビでやくみつる氏がコメントを求められ「飽きちゃったんでしょ?」と言ってました。

おいらもその通りだと思いますよ~(笑)

もう野球に魅力を感じなくなったんだろうなぁ・・・甲子園にも行って、プロ野球選手にもなって、メジャーリーガーにもなって、北海道の新規立ち上げにも成功して・・・もう野球に彼のモチベーションをあげるものがなくなったんでしょ。

彼にとっては簡単すぎたんだよねぇ・・・。

今はどんな風に“引退”しようかなって考えてるんじゃないでしょうか?それが彼の新しい目標・・・だからもうちょっとだけ野球やるんでしょ(笑)

彼が以前、阪神タイガース在籍時に引退するって言い出した時、「横浜ベイスターズに行きたい」と希望した。

これはベイスターズに魅力を感じたのではない・・・横浜ってゆうオシャレな雰囲気が彼の気をひいたんじゃないかな?

メジャーリーグ・・ニューヨークメッツを選んだのもニューヨーカーがかっこよく映ったからじゃないかな?

型にはまらない・・・枠にとらわれない・・・そんな彼を常識人が批評したって無理・・無駄。

ちょっとO氏とダブルなぁ・・・「シムシティに飽きちゃったから、信長の野望にしよ」・・この感じ。

他の世界に5~6年行ってみて、それに飽きたらまた野球選手に戻るんじゃないかな?

Haremini 彼の生き方・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

じじばば伝説

先日明らかになった衝撃的な事実。

競輪で儲かったおじいちゃんは「孫に美味しいものを食べさせてあげたい」と平塚駅ビルラスカの地下にあるお肉屋さんに行きました。

そこには“100㌘2000円”と書かれたステーキが売っていました。

おじいちゃんは大奮発して「それを5枚」と注文したそうです。

当然・・おじいちゃんの中では2000円×5枚で10000円だったのだろうと思います。

きれいに包装されたお肉が目の前に出てきてお金を払おうとしたその時です・・・店員さんは思いがけない数字を述べたそうです。

「18000円になりま~す」

そうです・・・あくまで100㌘2000円であって、一枚2000円ってわけじゃなかったんですねぇ・・・おじいちゃんには難しかったかもしれません(笑)

ラスカ地下のお肉屋さん・・・せっかく包んでもらいながら「やっぱりいらないや」と帰っていったのはうちの父親です・・・すみませんです。

先日の鎌倉・・・。

藤沢と鎌倉を結ぶ江ノ島電鉄・・・通称“江ノ電”

鎌倉からひとつ先の和田塚に行くため鎌倉駅で電車を待っていました。

この時期の鎌倉は大人気・・・駅も電車も人であふれかえっています。

「すごい人だねぇ~」当然の感想ですが、鎌倉駅に着いた電車から人が降りていくのを見ておばあちゃん・・・・『でもけっこう降りるじゃない?座れるでしょ』って。

あーた・・・電車の先を見てごらんなさい・・・行き止まりですから~

つまりは終点ですから~~ここで降りない人は春の陽気に誘われてうたた寝してる人くらいですから~

この年齢になって見せてくれるボケは天然ものなので、やっぱり養殖ものにない良さがありますよねぇ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

湘南ベルマーレ

Kyougi 我が街平塚にはプロが使える競技場が3つもあります。

平凡な地方都市としては誇れること。

←そのひとつ・・・平塚競技場・・・『湘南ベルマーレ』Jリーグ Division2Kyougi2 に所属するプロサッカーチームのホームグラウンド。

この日はJ2公式戦、VSザスパ草津が行われてました。

Kyougi3 入場者数は3580人・・・正直、プロの試合としては寂しい入りですよねぇ。Kyougi4

そうゆうおいらも会社でもらった招待券でした。

そんなベルマーレですが、Jリーグ昇格当時はすごかった!

平塚市民ですら入場券を手にすることができなかったほど・・・試合のある日には平塚駅周辺はごった返してたものです。

それもそのはず・・・当時は奈良橋・岩本・野口・田坂・名塚などの日本代表選手に選ばれたメンバーがおり、これにあの中田英寿が加わったのですから。

フランスワールドカップの時には、韓国代表のホン・ミョンボ選手他、ヒデ、ロペス、ゴールキーパーの小嶋と4人もの代表選手を送りこんだ名門でもあったのです。

Kyougi5 ←当時はブロック席としてサポーター達が陣取っていたスタンド。

両サイドのゴールポスト裏だが、いちばん人気があった。

それも今は使われていない・・・。

ま、過去の栄光を自慢してもはじまらない。

やっぱりプロは勝たなければダメですねぇ・・・「今日の試合に勝てば○○になる!」みたいな目的があればファンも盛り上がるのだろうけれど・・・。

Kyougi6 ←この日のマンオブザマッチ・・・佐藤悠介選手

ふがいない試合で「すみません」を繰り返していました。

それでもまだまだチームを見捨てないサポーターたちはたくさんいる・・・良いプレーには拍手し、ダメなプレーにはブーイングしてくれる。

今は存在すらも気にしてないだろう当時のフィーバーに沸いた人達も、もっと強くなってJ1に昇格するとなればチケットを買って来てくれるでしょう。

プロってそんなもん・・・ファンってそんなもん・・・弱い時にこそ応援してあげるのが本当のファンと言う方たちがおります・・・その通りだとは思いますけどねぇ。

マスコミや流行に踊らされるのも人ですから・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

冗談を言います・・・聞いてください。

・・・わたしだけでしょうか?

午後になってO氏が急に帰りたくなっちゃうのは、春を感じさせるあたたかな日差しが、彼の心を軽やかにしてるからだと思う・・・・わたしだけ?

午後になってO氏が急に帰りたくなっちゃうのは、今にも泣き出しそうなどんよりとした鉛色の空が、彼の心に重くのしかかってるからだと思う・・・わたしだけ?

気分が乗ってきたので歌を歌いたいと思います。どうでもいい歌、きいてください

・・・どうでもいいですよ♪

『今日は半休で帰るけれども、明日は残業まで頑張るから!』というO氏の戯言・・・

・・・どうでもいいですよ♪

『有給ってさ、サービスで多めに出ちゃったりしないのかな?』Daitahikaru というO氏の願望・・・

・・・どうでもいいですよ♪・・・

以上で冗談を終わります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

鎌倉帆布巾

昨日、小町通りを歩いてて素敵なお店を見つけました。

ジモティのあいだではもう有名なのかもしれませんが。

鎌倉帆布巾・・・かまくらはんぷきん・・・と読むようです。

店内はとてもオシャレで若い子から主婦層の方たちまでの女の人でいっぱいです!

彼女に何をプレゼントしようかなぁ?と悩む男の子にも必見です。

O氏はさっそくチェックに行くそうですよ~新たな湘南ブランドの誕生ですかね?

いつの日か、元町のキタムラを超えるかも~♪K2

お店のホームページ・・・鎌倉帆布巾

| | コメント (5) | トラックバック (0)

春・・・鎌倉

Jyomyoji ←鎌倉五山、第五位の浄妙寺。

場所は鎌倉市浄明寺・・・浄明寺にある浄妙寺です(笑)

浄明寺というお寺もすぐ近くにあるんですがね。

このお寺の上の方に『石窯ガーデンテラス』というレストランがあります。

一度行ってみたいなぁ~と思っていたところ、臨時収入もあり両親誘って陽気もいいし行ってまいりました。

外のテラスでの食事ですが、お庭がきれいで雰囲気もいいんです。

じいちゃん・・・携帯を取り出し、自分を撮れとのこと・・・それをばあちゃんに「携帯は自分で撮るもんだよ~」

Jiichan 『どうやって撮るのよぉ~?!』の図(笑)

あと20年は一緒にいたいなぁ・・・。

親父って何才かを境にだんだん好きになっていくんだよなぁ。

Hanayome このあと小町通りの方に向かう途中・・・鶴岡八幡宮での結婚式に向かう花嫁行列に遭遇しました。

とても恥ずかしそうに歩いていられたけど、見知らぬ居合わせたみなさんに「おめでと~」と声をかけられ嬉しそうでした。

おいらもとても幸せな気持ちにさせていただきました・・・ありがとう・・・お幸せに♪

Hashi 新しい箸が欲しいとのこと、鎌倉彫りのお店へ。

すっごく素敵なお店でした~

前を通ることはあってもなかなか中に入るまでにはいかないんだよねぇ。

Omiyage ←何気なく購入した“櫛”を彫られた携帯ストラップ♪

すんごくかわいいんですわぁ~

欲しい方いらっしゃいますか?

興味のある方はおいらに連絡ください・・・売ってるお店をお教えします(笑)

陽気がよくなり鎌倉も混んでますねぇ・・・行かれる方、電車を利用した方がよいと思いますよ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

たなぼた・・・

桜の木もすっかり緑になって、時期のズレズレもいいとこ・・・な、この日会社のお花見です。

“花よりダンゴ”とはまさにこのこと・・・だって花がないんですから!

では、なぜ4月も中旬に花見を設定するのか・・・それはいろいろな表彰にあわせて本社からシャチョさん(社長)が来るから。

夕方から会社に貢献された方たちの表彰が始まる・・・新製品開発に関わった方、ミスを未然に防いだ方、長年勤続された方、会社のためにいろんな知恵を出された方・・・そんな中、江ノ島とヘリコプターの写真を撮ったおいらが座ってるわけですわ・・・同じように。

居心地わるいったらありゃしない。

しか~し・・・ここで奇跡が!

みなさんから『準グランプリおめでと~』と、ありがたいお言葉をすでにいただいちゃってましたが、掲示板に貼ってあるおいらの写真の上には“グランプリ”とある。

総務課の方が「ホッシーさん、繰上げですから」・・・『(・・?!ヘッ』

なんとグランプリを取られた方が失格・・・・おいらがたなぼたでグランプリになってしまいました~~。

ぶっちゃけ・・・賞金も3万円から5万円ですわぁ~

今回表彰された方の中でおいらがイチバンもらっちゃったんじゃねーの?

いんや~~まさにおいらのための表彰式だったんじゃん!

ってなわけで、家に戻っても奥と子供達にお小遣い・・・「なっなっ・・おいらの言ったとおりだべ?有言実行だべ??なっなっ・・・お父さんすげーべ???」

いい夜を過ごしたわけですわぁ~~

| | コメント (8) | トラックバック (0)

カ・・カメラぁ・・・

会社の70周年記念イベント写真コンクールで準グランプリ獲得♪

でも・・正直・・“準”が付かないと思ってたんだよなぁ。

ざんねん!

ブログで見つけたたっき~クンの写真館・・・素敵だなぁ。

カメラもいいよなぁ・・・canonのEOS・・・ほしいなぁ・・・そのカメラと腕(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

傘に縁がない・・・

昨日、たった一本のMy傘をバスの中に置き忘れ・・・

帰りに先輩から借りた傘もぶっ壊れ・・・

今日帰そうと思って持ってきた新しい傘を、途中のセブンイレブンに置き忘れてきてしまいました。

あ~ぁ・・・お昼前からまた雨が降ってきた・・・誰かに傘借りて帰ろうっと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

とりわけ…何もなかった日。

毎日ブログを更新するってのもたいへん。

考えなくてもすらすら書けるような劇的なことなんて毎日起こるべくもなく…今日のような日は「何もなかった日」と書けばいいのか。

「今日は午後から強い雨・・・傘持っていこ」…朝、自転車にまたがる。

「やべっ・・パンクじゃん・・このままじゃ遅刻しちゃうよ~自転車捨ててバスで行こ」…急遽バスに乗り込む。

「やべっ・・バスの中に傘忘れてきちゃった・・」…降りてから思い出す。

TANTANと一日の勤務も終わり・・・

「近森さん、傘貸してもらえませんか?」…ビニール傘をお借りする。

お風呂で『ホッシーちゃん、おめでとー』岩崎さんが声をかけてくる…「なんでしたっけ?」に『あれ?まだ見てないの?例の(創立70周年)写真コンテスト・・発表されてたよ・・ホッシーちゃん準グランプリだってよ』

そっかぁ・・グランプリじゃなかったかぁ・・ざんねん。Borogasa

バスに乗り、バスを降りる・・・雨だ・・近森さんに借りた傘をさす・・・その瞬間起きたトラブル・・・左手で傘の柄を持ち右手で開く・・止まるべきところで止まらず柄のいちばん先端までストン・・・戻らない・・・つまりは閉じない傘が完成した瞬間だ。

開かない傘ってのはどうしょもないが、閉じない傘ってのもコレはコレでかなり困る。

バスに乗ってるあいだメールのやりとりをしてた友人・・・お母さんの具合が悪く、病院通いでたいへんのようだ・・・電話で「がんばれ」と激励してあげようと思い立ち携帯発信。

思えばこの友人に電話するのは初めてのことだった・・こないだ機種変したって言ってたけど、この番号でいいんだろうな?と思いつつかけてみる。

『はい、もしもし?』・・・(えっ?若い声・・・あきらかに友人じゃない!)

「あ・・もしもし・・すいません・・間違えたみたいですね・・ごめんなさい」切る。

友人にメール・・・《今電話してみたんだけど、知らない人にかかっちゃった》に【新しい携帯番号教えてなかったっけ?そっちの番号は今、娘】

そっか・・・娘さんに電話しちゃったのか・・・それにしてもお姉さんっぽい声になっちゃったなぁ・・・そっか・・・成長してるんだ。

ひさびさに家でのんびりの夜を過ごす・・・ご飯を食べテレビを観る。

ピーター・マービーというマジシャンが華麗なマジックを披露している。

おいらと息子は「おぉーーすげぇーーなぁ!何で手から魚が出てきちゃうわけぇ!!」と感嘆の声をあげる。

『こんなのタネがあるんだよねぇ・・・これなんて○○で○○なんだよねぇ』と妙に冷静な奥と娘がいたりする。

そんなこんなの今日・・・とりわけ、何もなかった日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

散る桜に・・・

最近、窓の外をながめながら物思いにふけってるO氏。

『いつものO氏じゃな~い!』クレヨンしんちゃんのセリフにありそうな言葉が浮かぶ。

O氏が手招きしてる・・・おいらを呼んでいる。

『ねえねえ・・こうゆうの見てるとたまらない気持ちになるんだよねぇ・・・』

おいら「なになに?駐車場じゃん・・・」

O氏『ダメだな・・・そんな風にしか映らないようじゃ・・・見てよぉ・・・舞う桜の花びらを・・・きれいじゃんよぉ・・・あの儚さがたまらないんだよねぇ・・・』2004husimiinari1

おいら「えっ??なんですとぉーーーーーーーー???」

そったらこと言うのぉーーーー?O氏

あぁ・・びっくり!心臓止まるかと思ったわん。

O氏『俺ね・・あの散る桜を観てると“男たちの大和”を思い出すんだよねぇ・・・「散るさくら、残るさくらも散るさくらだ・・・」』

さらにうわ言は続く・・・『どんな想いで散っていったのか・・・どんな想いで見送ったのか・・・それを思うとさ・・・』すっすっ(鼻をすする音)『あ、失敬・・・』

どうしちゃったと言うんでしょーか・・・これがあの宇宙人発言したO氏の姿なんでしょうか?!

O氏『ねえ、人の夢って書いて儚いって読むの知ってる?』

な~に言っちゃってんでしょーーか!あーたは野菊の墓の民さんかっちゅーねん!

今日のO氏・・・見なかったことにしよ・・・O君が休みだったのが不幸中の幸いだわ。

そ~んなO氏のブログがこちら→→→ATATA’s BAR

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甚だしい勘違い

先日・・・両親と3人で食事に行った時のお話し。

その店はうなぎやさんで、注文してから結局1時間ほど待たされました。

その間、ずっとテレビを観ていたのですが40分を過ぎたあたり、テレビには元Jリーガーの武田氏がクイズの回答者で出演しておりました。

すると母が突然・・・「この人の店は流行ってるの?」と言い出しました。

(ん?何のことだろ?)『店ってどの店?』聞き返すと母は

「ほら・・・お店やってるでしょ?ケーキ屋さん」

(ん?そうなの?)『どこでやってんの?何で知ってんの?』

母「平塚のさ・・・ほら“ムッシュ武田”とかって店さ」

『あ~ぁ・・・バーデンベルクのことかよ・・・何であれが武田の店なのよ?』

おいら内心そうだったの?!知らなかったよぉ~って思いで聞きなおすと・・・

母「だってこの人武田っていうんだろ?」って。

へっ?根拠はそれだけ?『それだけでバーデンベルクが武田の店だって言ってんの?』

母「だってそうじゃないの?」

あーーた・・・世の中に武田なんて人は、い~~~っぱいいますから!!!

待たされすぎて気が遠くなってきちゃったんじゃないでしょうか?M030317060301_2

しっかりしてくれよ~おふくろ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

街散策

今日はお休み。

息子ナルPの通学用のバッグを買いたいんだけど、と奥に言われ平塚の街へ。

バッグを売ってる店を探しながら平塚の町を探索。

こうしてゆっくり歩いてみると、いつの間にか街の仲間入りしたお店ってのも目につく。

「ここ、今度来てみたいね!」ってお店もチェック。

「へぇ~~この店ってランチだと意外にリーズナブルだね」・・・何度も通り過ぎていたお店でランチ。

帰り際、紹介されていたケーキ屋さんに寄りお土産を購入。

食べたランチが美味しかったり、お土産にしたケーキが美味しかったり、今度ぜひ行ってみたいと思えるお店を発見できたり・・・・特別楽しいことや特別うれしいことがあったわけじゃないけど、良い休日だったな・・・と思える一日でした~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

出たぁ~~~~!

昨夜の話し・・・友人にフラレタおいらはヤケになって残業。

そしてそれは、夜8時・・・労役(ヲイヲイ)を終え、会社の大きなお風呂に入り、あとは帰宅するだけ・・の至福のひととき・・・この瞬間におこった!

ガラガラぁーーー更衣室のドアが激しい音をあげ開く。

『おーーい、ホッシーーいんだろっ!?』

(うゎぁ~小宮さんの声じゃん・・・なんでいるのよぉ・・・なんだよぉ・・・しかもあの感じじゃ相当飲んでるじゃん)

ガラガラぁーーー(続いてお風呂のドアまで開けたようだ)

『ホッシーーーいるのわかってんだよ!下駄箱におめえの靴がおいてあんだよ・・・おい、ホッシーーーー!!』

(やべぇ・・どうしよ・・隠れるとこねーよぉ・・・ロッカーの中に!・・・いや無理だよぉ・・・)

足音が近づいてくる・・・・ざっざっざっざっ。

「来たっ!」・・・『おっ・・やっぱいんじゃねーか・・おめえが残業してたのはわかってんだよ・・タクシー待たせてあんだ・・今日もやっぞっ・・さぁやっぞっ・・行くべ』

「今日はちょっと・・・・」

『なにぃーーー?聞こえねえなぁ・・・早くしろよ』

タクシーに乗り込む・・・『運転手さん、こいつまだメシ食ってねえから、とりあえず一十九に行ってやってよ』

運転手さんにおいらの腹ペコ状態を説明する必要があったのかどうかわからんですが、とにかくメシを食わしてくれるらしい・・・(はぁ・・いきなりクラブかと思ってた・・・助かった)

あいかわらず自分は何も食べない・・・ただひたすら注文しおいらが食す。

“牡蠣のグラタン”を食べてるそばから“生牡蠣”を2人前注文する。

1人前を店員さんに『おまえ食べろ』断られると『んじゃホッシーお前が食え』

牡蠣9個は拷問っすから・・・。

その後・・・スナック・・・パブへ・・・。

いつも行くお店の女の子からおいらの携帯へ連絡がはいる・・・『ちょっとぉ・・うちにも来てよねぇ~』

この女の子・・・小宮先輩の○○なのに、なぜかおいらの電話番号を知っているのだ。

なぜなら・・・小宮さんはお財布持っててもお金は入れない人、携帯電話は持ってても持ち歩かない人だから・・・このあたりのゴタゴタに巻き込まれたくないよぉ・・・。

それでも昨夜はおいらに会う前のお酒が効いたのか、11時過ぎにはご就寝(あるお店で)解放されたのでした~助かった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

歳。

女の人は相手の年齢って気になるのだろうか?

男って本当単純・・・相手が年上か年下なのかとても気にする。

あまり馴染みのない者同士の集まり・・・数人が集まって談笑がはじまる。

(小宮先輩のような人)『そうなんですかぁ・・・ところで失礼ですがおいくつですか?』

(聞かれた相手)「○○才なんです。」

(小宮先輩のような人)『あっ・・そうなの?なぁんだ俺より2コ下じゃん!そうかよぉ~』

歳がハッキリした時点で自然“上下”の関係になる・・・特に小宮先輩のような人は(笑)

『確かねぇ・・おめぇより1コ上だよ・・あいつは・・・』

まあ、年齢おかまいなく誰にでも噛み付くおいらみたいな輩も問題だけど、気にしすぎるのもなぁ・・・。

だいたい何で年齢が「いっこ・・にこ・・さんこ」という単位なんだか・・・。

以前チャットしてた時にこんな人がいた。

本人55才・・・しかし公には35才と公表(サバよみすぎだろ)

そうすると40才前後のメッチャ年下の相手にも「お前さぁ・・・」呼ばわりされる。

「お前もそのうちわかるよ・・・40になるとさぁ・・・」などと言われる。

15も年下のアイツに人生について語られたりする・・・これは我慢できるものではなかったらしく「実は45才なんだよねぇ・・・今まで隠してたけど」と訂正する。

それでも10才のサバをよむってのは、これもやっぱり年齢に対する拘りなんだろうか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

惜しぃっ!

うちの会社に『N村慶司』という人がいる。

『け・い・じ』かっこいい名前だなぁと思うけれど、彼を見かける度に彼の名前がN村さんではなくて、安浦さんだったら良かったのに・・・と思う。

やすうらけいじ(安浦刑事)・・・実に惜しい。

「そんなことばっかり考えてるんだね」言われるけど、言われるほどのことじゃない・・・普通に誰だって思っちゃうことでしょ。

もし彼の名前が『安浦慶司』であったなら・・・周りのみんなからは「やっさん」なんて呼ばれたりして・・・会社ではいつも上司にどやされて、でも最後の最後には頼りになる存在だったりして・・・。

娘二人の連れ子をもつ女の人と結婚して・・・でも、残念なことに先立たれて・・・寂しさをまぎらすために通った小料理屋のママさんとちょっといい仲になったりする・・・そんな人生をおくったかもしれないなぁ・・・。

もしおいらが、名前ひとつでそこまで考えてたとしたら、そこで初めて「そんなことばっかりPt_yasu 考えてるんだね」と言ってください。

あ~ぁ・・はぐれ刑事 純情編

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カタログショッピング

誰もが大好き“通販”

我が社の関口氏はお金もないのにカタログショッピングが大好き!

もう一度言います・・・「お金もないのに・・・」です。

んじゃ、なんでショッピングできるのか?

それは・・・会社の備品購入だから~♪

消耗品やあればいいな♪と思えるものをカタログから選び発注するのだが、我が工程はこの関口さんに任せっきりなので~す。

「えっとぉ~○○○は、このカタログだったかな・・・・」と分厚いカタログを開こうとすれば関口氏・・・『違う違う・・・○○○はこっちのカタログだべぇ~』とピンポイントで412ページを開けちゃったりします。

時に150万円もする無駄なもの(現在はどこぞ見えないところに隠してしまってるようだ)を会社に買わせちゃったりした関口さんですが、臆することもなく今日もまたカタログ持って歩いていま~す♪

そういえば関口氏が珍しく急いで階段を駆け上がってきた。

「どうしたの?」に『ストッパー取りにストッパーシリ(ひとっ走り)』とオヤジギャグも忘れない。

仕事をさぼってテレビ観戦をしていた先日のWBCの時も、9回キューバの攻撃・・・あとアウトひとつで世界一が決まるって瞬間に王監督がマウンドへ・・・

王さんは昔から『ワンちゃん』と呼ばれていたのだが、関口氏『これが本当のワンポイントアドバイス』とニコニコ顔。

本人『決まったぁ~』と思ってるようだが、あまりにヒネリのないオヤジギャグに熱くなった気持ちが凍りついた周りのみんなでした。

この関口氏・・・先日の70周年ボウリング大会で予選6位・・・堂々本選に出場が決まりました。

もう一度言います・・・「お金もないのに・・・」です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

春4月。

眠っていた虫も動き出す(そんな言葉があったっけ?)春4月。

プロ野球ペナントレースも開幕した。

我がホッシー率いる横浜ベイスターズは開幕からいきなりのジャイアンツ戦。2006040100000014maipspoview000

マウンドを見れば3月には味方であったアノ上原投手じゃん!!

あ~ぁ・・・日の丸つけて投げてた上原はあんなに頼もしかったのに・・・

やっぱ・・・やっぱ嫌い・・・Gマークの上原は嫌い。

いいピッチャーだなぁ(>_<)

Nettou_01

今日は・・・オトコ村田のホームラン2発でベイが勝ってる。

右中間に2発ってのが価値あんだよなぁ。

今年も勝ったり負けたり・・負けたり勝ったり・・負けたり負けたり一喜二憂の日々が始まった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »