« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

親子

『いま新幹線の中 ばいばーい』

娘を気遣う父親に送られてきた一通のそっけないメールです。

娘は京都/奈良へ修学旅行に行きました。

中学3年の修学旅行といえば思い出す。

おいらは子供の頃、母親が嫌いでした。

嫌い・・・は言いすぎかもしれません・・・でもケンカばかりしていたし、あまり口をきくこともしませんでした。

その修学旅行の前夜・・・やっぱり母親と大喧嘩をしました。

大事の前夜でもあるしと、父親が仲介しようとも怒りがおさまることはありませんでした。

でもそこは親子でありますから・・・旅行当日朝起きてみれば(昨日は言いすぎたかも)と思ってみたりもする。

そこで考え付いたのが手紙・・・母への手紙。

「昨日はごめんなさい。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・できれば、仲直りして気持ちよく修学旅行に出発したかったです」

・・・・・・・←このあたり、何を書いたのか思い出すこともできませんが、最後はそんな風に結んだと思います。

それを黙って机の上に置いて、おいらは集合場所に向かいました。

で、平塚駅・・・電車に乗り込むその間際・・・母親がやってきたですねぇ。

特にいろいろ言葉を交わすこともなかったですが、『行ってらっしゃい』とひとことだけ言いに車を飛ばしてきたようです。

親子ってそんなもん・・・凪のように穏やかな関係でいられればいちばんいいのですが、いろいろあって親子(笑)

今は?母親のこと?

これが・・・・おいらはマザコン&ファザコンですから~♪

歳を重ねてからココ、両親と一緒にいる時間が増えてきました。

特に父親が大病をし、親の死というものを真剣に考えてからはちょくちょく顔を見に行っちゃいますねぇ・・・親子だからね。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

お宝発掘!

探し物をしとりました・・・すると、見っけちゃいましたですよ・・・お宝。

Mami ←山瀬まみちゃん直筆のサイン(サインにはなってねーか(笑))

これ、実はデニーズのナプキンです。

昭和60年になってますねぇ・・・20年前か?

これを書いてもらったいきさつといえば・・・・。

その頃おいらは学生で、デニーズのバイトに勤しんでおりました。

で、お店の高校生が当時○○高校で山瀬まみちゃんと同級生。

彼女がホリプロスカウトキャラバンに挑戦するとふれまわったので、さあ大変!

まじでぇ~(当時、マジという言葉は使っていなかったと思う)受かるわけないよ~いや、あの子可愛いから受かるかも!話題騒然となったわけですわ。

で・・・結果見事グランプリを取ったわけなんですよ。

それからがまた大変・・・とにかく店に呼べ・・・いいから店に呼べ・・・に、応援ありがとうございましたと挨拶に来てくれたわけですわ。

おいらこの時初めて彼女を見たんだけど、ほんと・・・なんて言うんだろ・・・オーラが出てんの・・・一般の可愛い女の子とはちょっと違うんだよねぇ。

こりゃグランプリも取るわ・・・そう思ったもんでした。

その後、学校も転校することとなり、もう二度と会えないかもしれない・・・そうなりゃ最後にもう一度会っておきたいってもんじゃん。

『ティラミス(当時のデニーズでは最高のデザート)おごってやんからもう一度連れてこい!』

アルバイトの子に言う・・・「私にも?」『わかった・・・おごってやっからとにかく連れてこい』

で、二度目の来店・・・・『ティラミスおごってやっから、サインしといてくれ』に、あのナプキンとなったわけですわ。

すんごくなつかしいなぁ・・・おいらの青春の一ページだな(笑)Photo_07

『あん時、ティラミスおごってやったべよ!』

まみちゃんに一度言ってみたいもんだな(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

お金がすべて?

Dsps ダービースタリオンというゲームがある。

通称“ダビスタ”

競走馬を育て、レースに勝利する・・・要するに馬主気分を味わえるというゲームだ。

ダービー馬の馬主になることは一国の宰相になるよりも難しい

と、いう言葉がある。

ダービー馬の馬主になる・・は、(一部)男の夢だったりするわけだ。

現実には絶対かなわない夢をゲームの中だけでも叶えたい・・・そんなゲーム。

ま、ダビスタについて語りたいわけではなくて・・・

つまりはダービー馬とはそれほどに偉大なるチャンピオンであるってこと。

最近はライブドアのあの人や村上ファンドのあの人とかのように、お金でお金を生むことを商いとしてる人がいる。

頭のいい人は汗水垂らして働かなくてもいいんだな・・・俗にマネーゲームと言われてるものだ。

世の中、お金が全てなのか? お金で買えないものはないのだろうか?

よく投げかけられる疑問だが、お金で買えないものはほとんどない。

地位も名誉も人の心も。

『さて・・・それはどうかな?』2006052800000041spnavispoview000

昨日の東京優駿、優勝馬メイショウサムソンは反論する。

『昨日2着に負かしたアドマイヤメインは1億4000万円、11着に沈めてやったフサイチジャンクにいたっては3億3000万円の馬。おいらは庭先取引の1000万円弱の馬だぜ?』

そう・・・5億円で取引された馬が500万円で売り飛ばされた馬に負けることだってあるのだよ・・・だから競馬はロマンなんだな。

フサイチ軍団のオーナー関口氏は気前のいいことで知られている・・・無駄遣い王としても知られている。

ダービーを取るためならいくらだって高い馬を買うぜぇ~の心意気をもっている人。

それでも昨日は期待のジャンクが11着・・・金さえあればダービーを取れるとは限らないのだ。

安い馬が高い馬を負かす・・・なかなか痛快な日だった。

しかし・・・関口さんが2頭のダービー馬のオーナーであるという現実も揺るぎようのない事実なのだ。

・・・・なんだかなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

日本ダービーの日に想ふ。

今日は東京優駿・・・日本ダービーの日。

競馬はロマン・・・そう想う人たちにとっては一年でいちばん大切な日。

おいら特別な競馬ファンではないが、ダービーと聞いて毎年必ず思い出す馬がいる。

悲運の名馬『ビゼンニシキ』だ。

あの年、ビゼンニシキは確かに強かった・・・他のサラブレッドを圧倒するほどに強かった・・・ただ一頭の伝説の名馬を除けば・・・。

そのライバルの名を『シンボリルドルフ』

今でも競馬界にその名を燦然と輝かす名馬中の名馬だ。

その年の弥生賞・・・3連勝のルドルフと4連勝のビゼンが初の激突。

鞍上は両馬ともに当時No1ジョッキーだった岡部幸雄。

この岡部が選択したのはシンボリルドルフの方だった・・・(この選択は100㌫正しかった)

そしてこのレースで初めてビゼンニシキは敗北する。

その後、ルドルフはそのままG1の皐月賞へ・・・ビゼンはスプリングSを鮮やかに逃げ切り2度目の対決を迎える・・・そしてふたたびの敗北・・・ルドルフとの差は縮まらなかった。

迎えて日本ダービー・・・ビゼンにとっては3度目の正直となろうかというルドルフとの対決である。

この時、3コーナーを回る時にはあきらかにビゼンの方が絶好のポジションにいた・・・最高のレースをしていた。

『勝った!』ビゼンは思った・・・そして4コーナーを回る時にもう一度後ろを振り返った。

が、そこには・・・怪物がすでに自分を捕らえようとしていた・・・もはやライバルでなくなった瞬間だった。

ビゼンニシキは血統というどうにもならない運命を呪った・・・そして涙した。

あの長い府中の直線をビゼンニシキは涙を流しながら走った・・・懸命に。

しかし・・・勝ったのはやはり皇帝シンボリルドルフで自分は14着と惨敗だった。

競馬ファンはね・・・こんな風にサラブレッドにもロマンを感じるんだよ~

だけどねぇ・・・馬券ファンは違うんだ。

その代表の古尾谷君(中学時代からの友達)

彼は言います・・・『血の運命?血統?そんなもんあるわけないべ・・・人間じゃあるまいし・・・走るために生まれてきた馬がたかが200㍍やそこら距離が伸びたくらいで何で急に弱くなっちゃうんだよ・・・それは人間が作った物語』

こうも言います・・・『競馬はな、その日の出目と払い戻し金額は朝のうちから決まってんだよ・・・うそだと思うなら前売りで買った馬券、レース前に自動払い戻し機通してみ・・当たってたらお金戻ってくるから・・・じゃなきゃアナウンサーが実況で一日に12レース分も馬の名前とゼッケン覚えられるわけねーべ』

ま、こんな風に物事を横からしか見れない奴もおりますが、ダービーの日くらいは血の運命の物語を純粋に見守ろうじゃないか。

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Suica

最近は高速道路や有料道路でETCを利用する車がだいぶ増えた。

これはいい・・・これは車を運転する人ほとんどが知っている・・・利用しないのは利用しない理由ってものがあるんだべ。

しかしSuica。Ws07_pic04_1

たま~にしか電車に乗らない人は世の中にいっぱいいるし、こんなカード持ってなくったってぜんぜん悪くないよ。

だのに、だ。

駅の改札にはSuica専用があったりして・・・電車を降りた勢いで改札に向かい、慣れた人と同じように改札を出ようとすればSuica専用に気づかなくったってしょーがないべ?

切符を入れようとしてもソレがない・・・おいらが流れを止めた・・・あ~止めましたとも・・・確かに後ろの人に迷惑をかけたかもしれない。

でもさぁ・・・・『ちぇっ!』舌打ちはないべぇ~

この世の終わりに遭遇してしまったような、イヤ~な顔して、おいらの方を一瞥して隣りの改札を抜けてったお姉さん・・・申しわけなかったです。

しかし・・・舌打ちはねえべぇ~~Index_maintitle03_1

あ~ぁ・・・感じわるぅ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

た・め・ら・い

今日、技開部で粒度測定をしたあとゴミ箱にゴミを捨てようと・・・

そんな当たり前のことをしようとしただけなのに、その手が止まった。

ためらった・・・なぜなら・・・・

ゴミ箱のいちばん上に『使用禁止』と書かれた紙が置かれていたからだ。

正しくは捨てられていた・・・だ。

ちょ~~まぎらわしいんですけどぉ~~

名前が書かれてあった本人に「あれはまぎらわしいよ~」と伝えたところ

『捨てたのは僕じゃないんですが、わかりました・・すぐ排除しておきます』って。P1040382

さすが技開部のプリンス・・・真面目だわぁ・・・。

ためらう・・・と言えば。

トイレをノックした時に『どうぞぉ~』と中から言われてもためらうよなぁ・・・。

関係ないけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ぶーやん

ひさびさに小宮先輩ネタを・・・・。

小宮家では最近ミニブタというのを飼いはじめた。

名前は『ぶーやん』

以下酔った時の小宮先輩のお話し・・・

『ブタってのはよ、意外に頭がいいんだよ~犬なんかが遊ぶボールあんべ?あれをコロンと転がすとよフッとそっちの方を見るんだよ(ミニブタの真似をしながらボールを見るポーズをする)』

「へぇぇ~それで!それで?」(追いかけて持ってきちゃうわけ?)みんなが注目する。

『ん?それだけだけど?』

ガクッ・・・見るだけかよ。

んでね、小宮家にはもともと小型犬が3匹もいたわけ~

で、なにゆえ今回ブタなのか!

これは小宮家夫婦間の罰ゲームみたいなもので・・・

前の犬3匹も小宮さんが悪さした時に奥さんが勝手に買っちゃったものなんだよねぇ・・・。

要するに悪さすると犬が増えるわけ。

で、3匹の子犬だけじゃ懲りなかった小宮さんに業を煮やした奥さんが今回はブタにしちゃったってお話しなんだよねぇ。

毎朝4時半に犬3匹とブタ1匹を連れて散歩させられてる先輩の姿を想像すると、おっかしくてしょうがないんだよねぇ(笑)

それともうひとつの期待としては・・・次に小宮家にやってくる動物はなんなのかなぁ?ってDscf6624 こと♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

健康診断にて・・・

うちの会社は春と秋・・・年2回の健康診断があります。

ま、そんなにかしこまったものではないのですが、それだけ使ってる薬品などがカラダに悪いんでしょうねぇ(笑)

今年もその健康診断の時期・・・おいらも行ってまいりましたですよ。

いつもの病院で、いつもの人に、いつもと同じような検診をしてもらいます。

そのスタッフの中・・・おいらのお気に入りの看護士さんは・・・メガネをかけてポッチャリ系、とても真面目そうで安心してお任せできそうな人です。

おいらこの手のタイプが大好物なんです・・・(ドコモショップ参照

そうだな・・・タイプをわかりやすく芸能人で例えると・・・

彼女が担当してくれるのは採血と心電図。

看「それでは、どちらがわの腕でもいいんで肘までめくってもらえますか~」

おいら『あのぉ・・・あんまり痛くしないで欲しいんですけど・・・おいらそうゆうプレイはあまり好きじゃないんで・・・・』

看「大丈夫ですよ~最近の針は痛くならないようになってますから」

おいら『そうなんですか・・・それとですね、少し多めに採っておこうなんて考えないでくださいね』

看『はいはい、17㏄きっちりしか採りませんので心配しないでください』

その後、心電図室へ・・・

看「それではホッシーさん、上半身胸の上までめくってもらえますか」

おいら『あのぉ・・・へんなことしないでくださいね』

看「へんなことなんてしませんから!・・・あ、あと靴下もくるぶしまで下げてくださいね」

おいら『靴下ですか・・・あのぉ、かかとのとこ少し薄くなってますが、仕事用なので・・・決して靴下が買えないのかなぁ。。なんて同情したりしないでくださいね』

看「そんなこと思いませんから!!!」

こうしておいらの健康診断も無事終わり・・・彼女に会えるのはまた秋になってからだなぁ・・・などと思いながら会社に戻るのでしたぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悲しくて・・・悲しくて・・・

昨日の記事に、ちしろさんが関連記事を書いてくださったり、数人からメールでも「悲しいね」と打たれてきたり・・・思わぬ反響がありびっくりしています。

昨日は奥が告別式に列席し、さらには今日亡くなった少女(Hちゃんとします)のお母さんとお兄ちゃんである龍くんが、あらためてご挨拶にきてくださったりで、いろいろお話をうかがえました。

Hちゃんは白血病ではあったけれども、3月からの闘病生活も治るはずのものだったそうです。

それが16日になり急変したとのことでした・・・家族も間に合わなかったそうです。

前日にはいつもと変わらず「ばいばい~」とお別れしてきたのに・・・です。

まさに青天の霹靂だっただろうと思います。

それから昨日も書いたHちゃんの手紙。

病床で何かを書いていた・・・お母さんにも見ちゃダメだよって言っていた。

いつもであればお母さんもついつい何を書いているのか見てしまうところを今回は約束を守って見なかったそうです。

ですから・・・あの手紙の存在に気づいたのは亡くなって病室の整理をしてた時だったといいます。

お母さんも驚いたようですね。

そこには家族へ・・・親戚のお姉ちゃんたちへ・・・ピアノの先生へ・・・いろんな方へのメッセージがしたためられていた。

おいらがいちばん気になったのが・・・お母さんへの手紙。

「ママはおこりんぼうです・・・こわいです」

どうでしょう・・・病気の子供・・・風邪をひいて熱が出てるだけでも甘やかしがちになっちゃうところ、このお母さんはいつもと変わらず厳しく接していた。

もちろん治るはずであったのだから、それも当たり前かとも思いますが・・・あらためて母の強さってものを感じました。

男親だったら絶対に無理ですね。

告別式ではお兄ちゃんである龍くんと、これまた大好きだった親戚の“ねえねえ”がHちゃんに捧げる曲としてピアノ演奏を披露したそうです。

大好きな“にいにい”が大好きなピアノを弾いてくれてHちゃんは喜んだかな。

お父さんの「ただ、悔しいです」のご挨拶も痛いほどわかるものです。

龍くんから娘の携帯に送られてきたHちゃんの闘病中の写真を帰宅後見せてもらいました。

少し顔がむくんではいたけど、とてもかわいらしい顔で元気そうな彼女がそこにいました。

ちょっと瞼に焼き付いちゃって・・・すんごくつらいです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

悲しくて・・・

娘の同級生で小学校1年の時から8年間クラスメートとして過ごしてくれた龍くん。

彼はかっこいい。

見た目もいいし、頭もいい・・・運動は抜群、1500㍍では中1で県大会に出るほど。

彼の名前で検索すると出てくるんだよねぇ・・・栄光の記録が!

先輩を送る卒業式では代表でピアノを弾いちゃったり・・・。

おいらファンで、来年の卒業式の日には学生服の第二ボタンをいただくことになってます。

その彼には7歳年下の妹がいました。

この子がまたとてもおませで・・・お兄ちゃんが大好きなの。

「にいにいはいつもイチバンでおもしろくない」運動会の時などのいつものコメント。

生まれた頃から知ってるので、見るたび大きくなったなぁ~そう思ったものでした。

それなのに・・・・

先日、亡くなりました。

悲しすぎます・・・まだ7才。

急性骨髄性の白血病だったそうです。

昨日お通夜が営まれ、うちの息子は陸上部の先輩として、娘は同級生として参列しました。

お兄ちゃんの影響もあって驚くほどの人だったそうです。

そんな席・・・亡くなった妹さんの病床でのお手紙が貼られていたそうです。

「わたしはにいにいが大好き・・・だからケンカしちゃうの」

「にいにいはみんなに好かれてるのに、わかってないの」

「パパへ・・・今日はどうして帰っちゃったんですか。明日また来てくれれば許します。会社からメールをくれるのもいいかもしれません」

おいらは参列を遠慮したんで、これは娘からのお話しです。

おいらこうしていても涙が出てきます・・・かわいそうで・・・つらい。

秋田ではまた幼い子供の命が奪われたようです。

病気からも、事件からも子供たちの尊い命が犠牲にならないことを祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

横浜での憂鬱

これはネタではありません・・・マジ話しです。

19日のことです・・・横浜ベイスターズ対西武ライオンズの試合を観に横浜に行きました。

【序章】

17時半に横浜駅で待ち合わせをしたのですが、相手が17時40分頃になるとメールがあり、おいらは20分には着いていたので「だったらSOGOにいるね~」とレスし地下街を探索してました。

ここで焼きたての『フルーツパイ』を見っけ・・・スタジアムで食べようと2個購入。

そのあとスカイビル前の『スルガ銀行』CDでお金をおろし、横浜駅に向かいました。

途中ジャンボ宝くじを売っていたので買っていこうと寄りました。

ついでに前に買った宝くじ(サマー・ドリーム・ジャンボ10枚ずつ30枚)を見てもらおうと思ったのですが臨時販売所なので、ここでは見れないと言われ購入だけ済ませました。

【本編】

さて無事駅前で友人と会い、京浜東北線で関内駅へ。

ここでまず・・・SOGOで買ったフルーツパイをスルガ銀行CDへ忘れてきたことに気づきました(ややブルー)

スタジアムに着いて・・・その前に中華街で食事しようとことになりスタジアムを通りすぎようとしましたが、途中入場券売り場に立ち寄ります。

なぜなら・・・おいら内野自由席の招待券を3枚持っていたのですが、我々は2人。

1枚余るので子供連れのお父さんが入場券を買おうとでもしてれば差し上げようとおもったのです。

内野自由席は2500円・・・お子さんと二人でお弁当でも買えるじゃないですか・・・そう思ったおせっかいです。

男の子を連れたお父さんに声をかけました・・・「内野席買うんですか?よかったらコレあげますから使ってください」

しかし・・相手は不審がりいぶかしそうな顔をしながらその券を受け取りました。

なんだかおいらも居たたまれなくなってその場を足早に立ち去りました。

「迷惑そうだったね」友人に言われ、さらに落ち込みました(かなりブルー)

さて中華街で食事をしながらジャンボ宝くじを買ったんだぁ~という話をしてたところカバンの中を探ってみると、買ったばかりの宝くじこそありましたが、以前から持っていた宝くじ3種がなくなっていました。

カバンの中、何度も見回しましたがありませんでした。

おいらのバッグの中には読まない本やチョコやアメやペットボトルやデジカメや携帯や財布2つなどゴッチャゴッチャに入っていて、駅で待ち合わせのため携帯を出そうとゴソゴソしてた時に落としたのかもしれません。

ジャンボ宝くじ30枚分・・・9000千円の損失です・・・少なくとも900円は手に入ってたはずです・・・いや・・・ひょっとしたら億単位だったかもしれません(これ以上ないくらいブルー)

このあとの野球観戦も大好きな松坂は打ち込まれ、大好きな横浜ベイスターズは完敗し、雨はどしゃ降りになるわ、野球は途中で打ち切りになるわで散々な横浜でした。

あ~ぁ・・・ブログでぶちまけてスッキリした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ヨット

船体を大きく傾けて 波を切り裂いて沖合いへ  13日付け 湘南新聞よりY15

最近、中高年を中心にヨットブームが再燃してるらしい。

若い頃、石原裕次郎や加山雄三に憧れてた世代のみなさんが生活に余裕ができ、海へのチャレンジをしはじめたらしい。

いいですね・・・海は。

おいらこう見えても(見えてないけど)学生の頃はディンギーで遊んでいました。

当時・・・女の子にモテるにはどうしたらいいんだべ?

そんなことばかり考えてるおいらの結論がDinghy_img

←コレでした(笑)

由比ガ浜で行われてた合宿でのヨットスクール(戸塚ではない)に入校。

「お・・いけるじゃん!」とそのままディンギー購入。

三戸浜にあった『サーフサイドビレッジ』(今あるかは定かではないが・・・)というところに保管。

ディンギーの船体料金に保管料と・・・学生のおいらにはかなり厳しい料金でした(車のローンなどもあったし・・・)

それでも始めてしまえば、女の子のことは頭から(やや)薄れていき、海に夢中になっていきました。

おいらのディンギーは『関東自動車工業』という会社が発売してた『ウインドジョイ』というもの。

今はもうないのかな?

当時この会社の主催で行われたウインドジョイのレースがこの三戸浜で行われ、おいらも参加させてもらっていました。

友人と組んで参加した時には散々でしたが、470級のオリンピック予選にも参加してた方と組ませてもらった時には見事優勝!

おいらの人生の中でもイチバン輝いてた時期だったかもしれない(笑)

ちなみに今の奥とはその頃に知り合い「将来はねクルーザーを買って、週末は海で過ごしたいと思ってるんだ」・・・(夢を語る青年ってのを演じてみた)

その言葉をまともに受けた奥はおいらとの結婚を決断した。

先日息子の「お母さんはお父さんのどこがよくって結婚したの?」に

『お父さんだってね、昔はかっこよかったんだよ』の言葉の裏に(だまされたぁ~)が含まれてるような気がしている。

人生ってそんなもん。Sea

あ・・・話がそれた・・・ヨットブーム万歳♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

どこどこどこ?

『ミッキーマウスよぉ~~』

某スーパーの中、どこかのお母さんがさけんでいる。

なんで・・なんで、平塚なんかにミッキーが?!

見まわしちゃいましたよ。

・・・いるわけないじゃん・・・平塚なんかに・・・。

『行きますよぉ~~』だって。

似てない?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お知らせココログ

2006.05.17

現在ココログにアクセスしづらい状態が発生しています。

日頃よりココログをご利用いただき誠にありがとうございます。

現在ココログベーシック・プラス・プロにおいて、高負荷
時間帯である21時~25時の間、ココログ管理画面へのアクセス
及び管理画面の各種操作がしづらい状態が発生しています。

お客様には大変ご不便をおかけいたしますが、上記時間帯を
避けてのご利用をお願い致します。

本件については、復旧に向けた作業を継続しています。
進捗があり次第、ココログからのお知らせにてご連絡いたします。

---------------------------------------------------

◇発生日時
  ・21時台~25時台の高負荷時間帯

◇障害内容
  ・ココログへのログインがしづらい/出来ない。
  ・ココログ管理画面の操作がしづらい/出来ない。
  ・コメントの投稿がしづらい/出来ない。
  ・トラックバックの送受信がしづらい/出来ない。

※ココログの閲覧は問題ありません。
---------------------------------------------------

ココログをご利用のお客様には、大変ご迷惑をおかけして
います。深くお詫び申し上げます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

恋人に逢いに・・・

Yakyu 我が街、平塚に横浜ベイスターズがやってきた。

一年に一度・・あるいは二度、恋人のおいらに逢いに平塚までやってくる。

横浜と平塚だからな・・・遠距離恋愛だもの・・・なかなか逢えない。

しかも・・・ここのところのベイはとても魅力がなくなってきた・・熱、冷めちゃうし・・・倦怠期かしらん。Yakyukeijiban

それにしても・・・今年のベイは弱い。

昨日も王者ロッテに完敗だ。

途中まで頑張って互角に張り合ってきたが、とうとうチカラ尽きて・・・ってな感じの負け方。

出てくる選手もロッテの方が「おぉーー」と思わせてくれる人が多いし・・・。

な~んか・・・4人でダブルデートしたら、相手の恋人のが魅力的じゃん。。。って感覚。

Yakyushounen ←それでもベイが大好きな少年の目ってのもあって・・・

『ピッチャー誰が出てくんのよぉ~』スコアボードに釘付け。

30年前のおいらと同じ目だ(おいらだって少年の頃があったんだぜぇ)

この少年達は、あの大魔人が投げてた頃の強いベイを知らない。

強いベイを見せてあげたいなぁ・・・

『おじさんたち・・・ロッテファン?』「違うよ・・横浜ファンだよ」『へぇ~』(なにそれ・・なんの疑いの目だよ・・・それ)

このあとロッテに一挙3点をあげられ試合がほぼ決する。

で、この少年達・・・『あ~ぁ・・・なんかここロッテファンが多いみたいだし、俺違うとこで観よ』立ち上がり去っていく・・・。

「あんだよぉ~横浜ファンだって言ってんべぇ~だいたい3点取られたの、おいらのせいじゃないべえよ」

心の中でおいらが叫ぶ。

まぁ~何て小憎らしいガキどもなんだべ・・・一生弱小球団を応援してやがれ~

あ~ぁ、おいらのガキの頃とダブルわぁ(-_-)

Yakyuukinjo ←目の前のセンターを守ってた金城選手。

その右前に見えるのが先日2000本安打を達成した石井琢朗選手。

敗色濃厚となって心のやりどころのないベイスターズファン・・・『金城ってこう見ると足、短けーな』

いい、とばっちり。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

熱くなれ

Jico_2 ドイツW杯 日本代表選手、青き戦士達23人が発表された。

えっとぉ・・・けっこうみなさん不満が多いらしく「何でぇ~」との疑問の声をあっちこちで聞く。

しょーじき・・・おいらサッカー日本代表は好きですが、選手のことはよくわかりません。

まあ、近くで見てた監督が選んだ選手たちなんだから間違いないんじゃねーの?くらい。

しいて言わせてもらうならば・・・・やっぱカズ・・キングカズが今回も選ばれなかったかぁ・・・と思ったくらいっすね。

そんな中・・・テレビや新聞などで取り上げられてるFW5選手。

おいらひとりひとりの事はよくわからないんだけれど、気になったのが「大黒」「巻」の二人。

「おおぐろまきじゃん!!」「熱くなれじゃん!」

いいなぁ・・・このふたり。

そう思ってたら当のご本人(大黒摩季さん)当然気づかれてたのねぇ~(笑)

今朝ワイドショーでやってました・・・これってジーコ監督のシャレじゃないの?

ぜひぜひ頑張ってもらいたいもんだ。

あ・・・それからひとつだけ望みが叶うのであれば・・・おいら、ロナウジーニョになりたいな Rona_2 ぁ・・・彼はかっこいいなぁ・・・ロナウジーニョになってW杯に出たい♪

ボールが足にくっついてるよねぇ・・・磁石みたいに・・・すんげぇなーー。

あ・・・それから、キングカズ・・・ぜひ4年後を目指してください!

言いたいのは、たったこれだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男っぽい話し。

[わずかばかりの意識の中で 君は何を考えたのか 立たないで もうそれで充分だ おお神よ彼を救いたまえ] (アリス チャンピオンより)

Kamedakouki1_1 先日の亀田の日(5月5日)

彼ら兄弟は強かった。

「もう少し早く止めたらなアカン・・あれじゃダメージ残るわ」

19歳の男の子が何とも立派な発言だな。

飛ぶ鳥を落とす勢い・・・怖いものを知らない若者だもの・・・年上相手だろうがタメ口にもKamedadaiki_2 なろうってもんだ。

歌も唄いたくなるってもんだ。

世界の頂点へ向かって彼らが輝いていた同じ日、静かにマットを去った格闘家もいた。

世界のTKとも言われた『高阪剛』だ。

彼は無敗のPRIDE王者ヒョードル選手に一度は勝ったこともある日本を代表する格闘家だ。

「負けた選手が何度もマットに上がってはいけない・・・」あの日彼は引退を賭けた試合だった。

そして完璧なまでに敗れた。

そのチカラの差は歴然たるものだった。

しかし・・・総統とも言われる高田氏をはじめ、なぜに多くの格闘技ファンが彼に涙したのか・・・それはやっぱり以前にも書かせてもらった例の折れない心

ダメージを負い、傷つきながらも相手に向かっていこうとするそのひたむきさ。

自分の行きたい方に行かれない、進みたくても足が前に出ない・・・そんな状態でも格闘家としての心だけは最後まで持ち続けていたわけだな。

確かに亀田は強くて華やかでかっこいい・・・けれども、ボロボロになるまで闘い、こんなにまでみっともない姿をさらした高阪もやっぱりかっこいいと思うのだよ・・・おいらは。Kousaka_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母の日に思う。

今日は母の日ですね。Cm_img06

んで、来月には父の日もある。

このシーズン流れてるCMで山口智子さんが父の日にお父さんと、母の日にお母さんとAEONのスーパーを歩いてるやつがある。

このCMが大好き。

今回はパソコン売り場でためらってるお母さんの背中をちょっと押してあげてる娘。

昨年の父の日のCMでは、歩き疲れたのかスーパーの休憩用のイスにお父さんと娘が二人して座り、アイスを食べてる姿。

これがたまらなくいいんだなぁ・・・日常的で・・・優しくて。

物をプレゼントしたり、お食事に行ったり・・・それもとても素敵な贈り物だけど、まずは一緒にいてあげる・・・まずは一緒に出かけてあげる・・・これがいい!

おいら先日、子供たちとトランプできただけで嬉しかったもん・・・親ってそんなもん・・・きっとそんなもん。

それにしても山口智子さん・・・40才かぁ。Yamaguchi_ph

すっごくかわいい人ですね・・・大好きになりました・・・今日。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

戦利品

昨夜の話しですが、母の日も近いことだしと両親のところへ行ってきました。

手ぶらで。

P1040136 ←こんなん居ましたけど・・・。

名前は『まるぴー」だそうです。

もらってきちゃったようです(笑)

このまるぴー、このカゴが好きでねぇ・・・すぐ入っちゃうんすわ。

両親と3人でお食事に・・・そのあと母が33年勤めた会社をこの28日で定年退職・・・みなさんからいただいたお祝いのお礼にと、バッハマンのバウムクーヘンを25個予約しに。

帰り・・・毎度のごとくお土産を持たせてくれます。

孫に・・・嫁に・・・と。

この日は買ってきたバッハマンのケーキ。

そして釜揚げしらす。

さらには16日に平塚球場で行われる『横浜ベイスターズ対千葉ロッテ』のチケット3枚。

19日に横浜スタジアムで行われる『横浜ベイスターズ対西武』のチケット3枚

6月2日に平塚球場で行われる『湘南シーレックス対読売ジャイアンツ』(ファーム戦)のチケット4枚。

んで・・・もう乗らないから持ってってくれと50㏄の原付スクーター。

自転車で行って、スクーターで帰ってきちゃいました(笑)

このまま売っちゃうべーか・・・って、最悪の放蕩息子じゃん(-_-)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

初登場・・近森氏

会社の先輩・・近森氏。

サーファーで見た目かっこいいんだよねぇ・・・実際モテモテだし。

40半ばを越えてるようにはぜんぜん見えない。

ただし・・・最近流行りの「ちょいわるオヤジ」を遥かに超えて「すごわるオヤジ」でもあります(笑)

この先輩が先日『ホッシーちゃん・・・いいから飲めよ・・食べろよ・・歌えよ!』と大盤振る舞い。

「おいら今日自転車なんで、あんまり遅くならないうちに・・・・」と断ろうものなら、

『なぁに言っちゃってんだよ~タクシーで送っていくから心配すんなぁ・・・その代わり明日はバスで来いよ』

(タ、タ、タクシーーー?!タクシーなんて存在知ってたのーー??)

すんげぇ~どうしちゃったのこの気前のよさ。

・・・いや・・ちょっと待て・・こんなんありえない・・うちの会社で小宮先輩以外に、こんな気前のいい人がいるわけない・・近森さんにご馳走になったと言えば、夏に8本300円のアイスを一本もらったくらいのもの・・・

「お前は誰だ!!何で近森さんのフリをして、おいらに近づくんだ?!」(被害妄想もいいとこ)

「んじゃなきゃ夢だ!夢を見てるんだ!!絶対夢に違いない!!!現実なわけがない!!!」

ってなわけで、夢だったんですけどね。

会社の先輩が後輩にご馳走するなんてのは、たいがい普通なんじゃねえの?

それを夢だと、夢の中で断言できちゃうくらい、うちの会社は安月給なわけね。

ま、今回たまたま近森さんだったわけだけど、これが岩崎さんだろうが、猪俣さんだろうが、川崎さんだろうが、誰でも良かったわけですよ・・・100㌫夢と断言できるから(笑)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ぶきみ

おいら実はもうひとつブログを持っています。

リンクもしてるので今さらなんですが・・・『日々是完食』といいます。

食べたもの紹介の単純なセカンドブログです。

しかし・・・おいらのこのメインのブログを超えるアクセス数があります。

一日150件~200件くらいのアクセスです・・ありがたいことです。

それが・・・この水曜日・木曜日、変なのです。

800件超え、900件超えの2日間です。

MON   216     順位  検索ワード          件数
TUE    154     1     ふさ                      656
WED     817     2     平塚                     464
THR     951     3     ステーキ                384
FRI      861     4     ステーキハウス       281
                  5     ステーキハウスふさ  247
                    6     平塚市                    35
                    7     海岸店                    18
                    8     バッハマン               13

これは明らかにおかしい。

んで・・・その半数以上のアクセスを稼いでいるページがこれです。

なんでだろ?

お気に入りのお店のページではあるんだけど、このお店なにかあったんでしょうか?

ちょっとこわい。

追記 

コメントで、しもさんも教えてくれてますが、例の平塚の事件で容疑者がよく利用してた(贅沢をしてた例えとして)レストランをおいらのブログで紹介してたようです。

でも、これでイメージダウンしちゃったらかわいそうだなぁ・・とてもいいお店なんです・・特に紅谷町店のランチは大好きです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

良き 日。

P1040134_1

息子がくれた。

ちょっと早い誕生日プレゼントだそうな。

お父ちゃんやってて良かった。

これ以上の喜びがあろうか・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

叔母をおくる

結果的に4連休だったGWを5連休に伸ばしてくれた叔母の葬儀も滞りなく終わりました。

美空ひばりをこよなく愛し、波乱万丈の人生をおくった叔母。

な~んせ優しい人だった。

人を疑うことをしない人だった。

それゆえ哀しい想いもいっぱいしたようだ。

う~ん・・・なんでこういい人ってのをダマせるのかな・・・人間ってのは罪深い生き物だ。

葬儀後も「あの人も!あの人も!あの人も!・・・・」姉妹ゆえ、姉思えば許せないだろう母の愚痴。

でも・・・叔母は、あなた達が考えてるほど怒ってないのだよ・・・おいらはそう思う。

通夜のあと、明日の告別式で弔辞を読んでくれないか?と頼まれた娘かなピー。

こうなりゃ参列者全員泣かせてしまおうホトトギス。

ってことで娘と二人、深夜0時過ぎまで原稿書き・・更には練習。

「お父さん?この最後の『・・・・・』なんだけどさ、これどうしても“タメ”ないとダメ?」

『決まってんべぇ~~この“間”が泣かせんだべえよ~』

そして本番・・・受付をしてた奥を呼び出し聞き入る・・・『かんぺきっす!』

おいら、あふれ出る涙をおさえることができなかったっす。

「とても上手な弔辞だったわねぇ・・・・」褒められまくってる娘。

『いえ、文章は父が考えたんです』・・・言わんかい( ̄^ ̄)

子供がいなかった叔母はおいらを実の子供のように可愛がってくれた。

おいらのわがままに付き合い二人で一緒に暮らしてくれたこともあった。

おいらの子供達も本当の孫のように可愛がってくれた。

本当に長いあいだありがとうございました

お疲れさまでした。

もうゆっくりしていいよ・・・安らかに。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

結婚の報告。

友人の黒川が「今年結婚することにしたわ」と報告に来てくれました。

彼は高校時代の同級生・・・もうそれこそ何十年の付き合いですわ。

で・・・初婚です・・・あぁ~めでたい!

お相手は?

2年ほどお付き合いをしてたのですが・・・16才年下の彼女。

ちなみに彼女のお母さんは10才年上です。

ちなみに彼女のお姉さんは12才年下です。

ちなみに彼女のお姉さんは6才年下の旦那さんと結婚しました。

さて・・・黒川には何才年下のお兄さんが誕生したのでしょうか?

まあ・・・めんどくさいからどうでもいいや(笑)

とにかくめでたい!

うちは両親も子供たちも結婚式に出席すると言っています(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

雨の鎌倉 

雨の鎌倉を散策。

5日に亡くなった叔母の通夜・告別式が8日・9日に・・・斎場が混んでるって・・・。

4連休とりながら行き場を失ったおいら・・・でも、時間はあるわけで・・・んなら、供養も込めて鎌倉のお寺にでも行ってこようかな・・・と、短絡的ではあるが・・・。

鎌倉は浄明寺という地名・・・ここに前々から行ってみたかった古刹が2ヶ所。

Houkokuji ひとつめは 功臣山 報国寺Houkokutake

鎌倉市浄明寺2-7-4

竹林の庭園でとても有名です。

Houkoku_1 アプローチもいい感じ。

茅葺き屋根の鐘つき堂や足利一族の墓など・・・見所もあります。

Houkokucha 竹林奥の『休耕庵』というお休み処も静寂に包まれてとても素敵です。

落雁付きの抹茶を500円でいただきます。

「ほげぇ~~」と空気が言っています・・・何もない時間です(笑)

Sugimototera 続いては 大蔵山 杉本寺Sugimototerakoke

鎌倉市二階堂903

苔むした階段と、茅葺き屋根の本堂がとてもなつかしい山寺といった佇まいのお寺です。

Sugimotokaidan アプローチはこの階段です。

一瞬ひきます(笑)

が、臆せず登っていきましょう・・・きっと癒されます。

Yoritomo 駅までの帰り道・・・あの源頼朝のお墓を見つけました。

いいくにつくろう鎌倉幕府・・・歴史上でも最重要人物のお墓がひっそりと。

これも鎌倉らしい。

Hato1 ←本日のメインイベント。Hato2

ブログで見つけ、これが欲しくて欲しくて・・・見た質感も同菓子にそっくりの『鳩三郎』君です(一個500円)

その他、豊島屋本店限定グッズがいくつか売られてました。

鎌倉のお土産といえば「鳩サブレ」という方も多いと思いますが、このグッズも付けてあげるとウけるかも♪

(ちなみに・・・子供達には評判よくなかったです(笑))

2個買ってきたんで、アクセス20000をゲットしてくれた方に1個さしあげます♪

雨の鎌倉・・・どしゃ降りはイヤだけれどもシトシト降る雨はけっこう似合うかもHoukokukanban

| | コメント (7) | トラックバック (2)

ひさびさ娘ネタ。

「ねえ、たまにはお父さんとデートしない?」娘に言ってみる。

『お小遣いくれるならいいよ』と答える。

・・・それって・・・えんこーじゃねえか・・・アホか。

夜・・・おいらが寝転がってると背中に乗っかってくる娘。

「かなピーさぁ、なんでそんなにお父さんのこと大好きでしょうがないくせに、一緒に外行くのイヤなわけ?」と聞いてみる。

『おとーピーも、うちの中ではいいわけよ~でも、外はないわぁ~』

う~ん・・・答えになってないべ。

そんな今どき娘だが、昨日亡くなった叔母についてこう話す。

入院が決まった時に一生懸命(ディズニーシーでも)折っていた千羽鶴。

『私が折ったあの千羽鶴・・・どうなるの?』

「棺の中に入れてあげるべえよ」に『本当??うれしい!』・・・と。

『もう一度、会いに行っておけばよかったよ・・・』・・・と。

『お父さんはさ、おばちゃんにあんなにお世話になったのに、伊豆に行けなかったくらいでどうしてそんなに機嫌悪くなるわけ?!どうしてお休みをおばちゃんの為に使ってあげようと思わないわけ?!』・・・と。

ちっとは優しいところもあるようで・・・特に『もう一度・・・・・』は泣けましたです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

さがさないでください・・・(笑)

『そんなに書くのが好きならさ、小説でも書いてみたらいいじゃん!』

O氏が言う。

「そこまで( ってほどに言われたわけじゃない、が)言うなら書いてみようじゃんかよ!」

ってなわけで、おいら物語を書いてみたくなった。

構想はO氏といろいろ話してて固まりつつある。

ドラマチックなことなど縁のない、ある男の平凡な半生・・・・「あ~ぁ、わかるわかる!」と読んだ人が思うような人生をコミカルに書けないものだろか?

いざ・・・挑戦!

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

行き詰まりました・・・・おいらこれから旅に出ます。

今夜からひとりで。

「どうせ2日くらいで帰ってきちゃうよ・・・さびしくて・・・がはははは」とO氏は笑いますが、

一碧湖のほとりで、日がな一日考えてみよっと♪

ってなわけで、おいらは携帯からブログをのぞくような技もないもんで、すこ~しのあいだみなさんのところへもおじゃまできませんが、ご心配なきよう・・・・(ちょっとは心配してくれるとうれしいです)

あんまり寂しくなったら、携帯からメールするかもしれません・・・たぶん電波が届くところだShsz05000501 と思うんで(笑)

と・・・・昨深夜、これを最後に実は8日まで伊豆に行こうかと思ってたのですよ・・・ひとりで。

ひとりでって言うと、誰もが信じてくれませんが、おいらにはひとりにならなければいけない時間が必要なんです・・・これは病気ですね。

「家族もちが何言ってんだ」と怒られますが、ひとりにならなきゃいけないんです。

そしたら・・・・深夜1時過ぎ・・・体調を崩してた叔母の容態が急変し今朝亡くなりました。

驚くようなタイミングです。

おいらがひとりになれる時間はなくなりました。

正直。。。本当はゴールデンウィークなんて無縁の生活をしてるんで、この4連休を作るためけっこう無理したんです・・・頑張ったんですわ。

静かな所でひとりの時間を過ごす・・・その予定だったんで、マンションの窓外から聞こえてるくるバイクの音なんかにとてもイラつきます。

今日もちょっと奥にあたっちゃったりしたのですが、午後は子供達とトランプをしたり話をしたり・・・気持ちを切り替えました。

明日お通夜・・あさって告別式・・おいらをとても大事にしてくれた叔母だったので最後まできちっとお別れしてきます。

みなさん良いゴールデンウィークを・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その想ひ・・岩をも通す。

先日所用で名古屋に出かけたO氏。

名古屋には愛する彼女がいるんです(愛するだって・・・まぁ照れるわ)

先日来「鎌倉帆布巾」の話をしてたけど、それはこの名古屋行きに併せてどうしても彼女に買っていきたかったから!

仕事の合間・・・お店に電話してるO氏「何時までやってますか?6時ですかぁ・・・平塚から行くんですよぉ・・・ギリギリなんですけど伺いますから」

仕事を終え駅まで走る・・・東海道線→横須賀線と乗り継ぎ鎌倉駅に着いたのが6時ちょっと前。

鎌倉駅から小町通りを再び走る!走る!

おいら右側だと言ったんだけどなぁ・・・・左側を見ながら走る・・・ない。

今度は逆方向からまた走る・・・ない・・・時計を見る・・・6時3分だった。

あきらめきれないO氏は店に電話する・・・「今迷ってたんですけど、やっぱりお店は閉まっちゃってますよね?・・・えぇ・・昼間電話した平塚から来たものなんですけど・・・ダメですよねぇ・・・はい・・・今自分がどこにいるのかもわからないんですよ・・お店見つからなくて」

すると・・・目の前のシャッターがガラガラガラァ~音をたててあがりはじめ、中から受話器を持った人が現れる。

なんと・・・彼は店の前から電話してたようなのだ。

手招きし、店に入れてくれる店主・・・・パチッパチッパチッ・・・照明も点きはじめる。

こうして彼は彼女へのお土産となる念願のバッグを手にいれたのだ。

会社でも汗をかいたことがないというのに、汗びっしょりになりながら・・・。

そうそう・・・ここでO氏のちょっといい話し。

いつも恋愛相談に乗ってやっていた相手F君に「鎌倉帆布巾」の携帯ストラップをプレゼントしてあげた。

理由は・・・連絡を取り合わなかったF君の彼女に「O氏がストラップを買ってあげたから渡すよ」って連絡してあげな・・・との想いかららしい・・・。

結局は先日の別れ話でこのストラップは宙に浮いたままとなってしまったわけだが、ちょっと優しさを垣間見た瞬間でした・・・パチパチパチ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

天変地異?

気前のいいことで知られる小宮先輩。

しかし、その一方で貰い物も大好き・・・「せこっ」と思わせる部分も持ってたりする。

先日も奥さんと二人での温泉旅行・・・その費用を会社の福利厚生で申請し、わずかばかりの旅行補助を受け取ってたり(笑)

おいらこの先輩にご馳走になった翌日には何らかの貢物を持っていくことが義務付けられている。

ある時はまんじゅうであったり、ある時はカップ麺であったり・・・・なんにしても数百円のものだ。

持っていけば・・・「おっ わりぃじゃねーかよー。またお返ししねえとな」とご機嫌になる。

さて・・・物語はここから・・・。

先日「酢イカ」を貢物として渡した・・・これを先輩、机のところに隠し持っていた。

おいら休憩時間などお茶を飲んだりする時に、ついついその「酢イカ」に手がのびる。

隣りのO君にも「食うか?」自分のもののように勧めたり。

それも数日経つと「あれ?あれれれ?ない・・・」となり、それから更に数日経った今朝。

『おいホッシーよ・・・ちょっと大事な話しがあるんだけどよ』小宮先輩が話しかけてくる。

「なんですか?」(なんだ・・・あらたまって・・・)

『おめえさ、俺の「酢イカ」食ってねえ?』

(やべぇ)「まさかぁ・・・おいらがあげたやつじゃないですか・・・それをわざわざ食べたりしませんよぉー」

『そうかぁ・・・誰だべな・・・ここに隠してあんのおめえしか知らねえはずなんだけどなぁ』

「夜勤の人とかが食べたんじゃないっすか?ほら小宮さんの机んとこ、漫画や新聞があったりで、まるで宝石箱みたいだから」

『本当だな?天変地異に誓うな?』

(へっ?なんでそんな変なものに誓わなきゃいけないの?それって天と地がひっくり返っちゃうような異変のことでしょ?)

「誓います!」・・・『そっか・・それじゃ信じるべぇ』

あ~ぁ・・・変なものとはいえウソついちゃった・・・ま、いっか・・・【天地神明】じゃないから。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

大事件です。

ゴールデンウィークも仕事のおいら。

今日はそれでもお昼で抜け出し、奥を呼び出しランチ。

その席で同じタイミングで言い出したのが『知ってる~?平塚で大事件が起きたんだって~~』

会社でも朝からその話しでもちきり。

ニュースを見てもよくわからない事件・・・しかし、恐ろしい事件・・・怪奇事件と言ってる人もいる。

帰り際・・・二人して自転車で事件現場を通る。

すっごーーーい人

すっごーーーい中継車。

ニュースってのはこうして多くの人と機械によって流されてるわけかぁ。

現場アパートの付近・・・あっちこっちの家にテレビ局のスタッフが取材してる。

それにしても・・・悲しい事件があとをたたないねぇ。

明日からは別の道で通勤しよ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

言葉にできない

終わるはずのない愛が途絶えた命尽きてゆくように・・・      

                 オフコース『言葉にできない』より

星の数ほど世にある恋愛のひとつが終わっただけ・・・ただ、それだけ・・・それに少しかかわっただけ・・・とりわけ何てこともない話し。

以前から恋愛相談を受けていたO氏。

O氏に相談を持ちかけていたF君。

この恋愛相談はいつ頃くらいからはじまったであろうか・・・かれこれ半年くらいになるか。

O氏の相談の受け方は非常に絶妙だ。

F君の悩みについてあまりウダウダ言う事はない・・・聞くだけ、がメインだ。

これが相談を持ちかける方にしてみればとても心地よい・・・的確なアドバイスなんてものは、あまり期待してないのだ・・・ただ聞いてくれればいい・・・それだけでいい。

たまに口を開くのは「よくイライラしないねぇ」「俺だったらそうゆうタイプは無理だな」

こんな感じ。

直接相談を受けてるはずのないおいら・・・でも、毎回聞こえてくる・・・毎度同じ愚痴のような悩みだ。

おいら思う・・・この話もいよいよ末期だなぁ・・・延命措置をしてるだけだ・・・早く楽になっちゃえばいいのに・・・。

そしてとうとう口をはさんでしまう。

「あのさぁ・・・(黙って聞いてれば半年も前から同じ話をウダウダウダウダ)←(この部分は言ってない・・・思っただけ) もうさぁ、自分でもその関係はダメだってわかってんでしょ?はっきりケジメつけなよ~だいたい相談持ちかける時点で恋愛なんてものはダメなんだよ・・・(そんなに泣かせてばかりで)相手もかわいそう・・・もうお互い楽になりな。成就させるためには相性も縁も両方必要なんだよ・・・どっちかだけじゃダメなんだよ」

O氏『そうだよ・・・俺の言いたいこともそうゆうことだ』

F君「そうですよね・・・そうですよね」

このあとF君はメールで終わりを告げる。

簡単なものだ・・・メールで別れ話だ・・・これも時代か。

「元々がネットですから・・・それでも2年付き合ったんですよ」

メールで始まってメールで終わる恋愛もあんだな・・・それでもF君は寂しそうではある。

きっかけはどうであれ真剣だったんだべ・・・完全に前だけを見れるようになるには多少の時間はかかるか・・・がんばれ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

男の優しさ

大人気店・・・1時間以上行列してようやく食べれるというラーメン屋さんでのお話し。

40分ほど立ったままの外での行列をし、店内でのイスに座っての待ち時間・・・あと5人目くらいって状況で、おいらの目に飛びこんできた光景・・・それは・・・。

いっぽんいっぽん麺を口に運ぶお嬢さ~ん

あーた・・・どんどん麺が増えてますからーーーー!

あとから座った人たちがどんどん席を空けていく・・・おいらも席に着く(運がいいのかわるいのか・・・そのお嬢様のカウンター角をあけて隣り)

左手でハンカチを握りしめ、その手で自らの髪がドンブリの中に入らないようにと押さえながら食べている・・・まあ、可愛らし♪

その横ではとっくに食べ終わっちゃってるお兄ちゃん(たぶん彼氏だべ)が、何度も何度もカラになった自分のコップに水を入れては飲み、入れては飲みを繰り返す。

彼女を見つめるその目はとても穏やかで優しげ・・・「食べれる?」ふわぁ~っと宙に舞い上がるような優しい話し方で気遣う。

あ~ぁ・・・あほらし。

おいらがラーメンを食べ終わる頃・・・ようやくその彼女が「もう食べれない」と。

するとその彼氏・・・その彼女のドンブリを自分の許に引き寄せ、誰が見たって食べたくなくなるだろうってソノのびきったラーメンを食べ始めた。

彼女のぶんまで払い終わったお兄ちゃんが店を出るのが、ちょうどおいらと重なった。

まったく交わることのないだろうその兄ちゃんとおいらだが、まるで一緒に食べにきた如く「ごちそうさま」と声をかけ同時に店を出た。

思い起こせば○○年前。

「おまえらアホか!」と言いたくなるようなバカップル(もちろんおいら達夫婦も含む)揃いの新婚ツアーでのハワイでのゴルフ場。

おいらは奥に、「下手なやつはクラブ持ってただひたすら走る…スコアは二の次、周りに迷惑をかけないのがゴルフ」と教え込んだ。

そして彼女はその教えを守り、よく走ったし、よく笑った(笑)

それなのに・・・だ。

新婚ツアーで組まされた相手方カップルは、そんなおいらの精神論をあざ笑うがのごとくマイペース。

さあスタート・・・となり、クラブを持ってティーグラウンドに立てば「すいませ~ん・・写真を撮ってもらえますか~」

その奥様・・・振れど振れどボールに当たらない・・・右へ行けば旦那がそちらに走る・・・左に行けばまた旦那がそちらに走る。

「いいんだよぉ・・・ゆっくりやればぁ・・・」人の神経を逆なでするような優しい言葉。

途中、キャディマスターがとんできて、二組に分かれてやってくれと言ってきた・・・『すいません・・おいら達、先に行かせてもらいます~』

に、「どうぞぉ」にっこり微笑む旦那。

『ごゆっくり~』そんな言葉を心の中でつぶやきながらその新婚さんとはお別れ・・・18ホールを終え、軽食を摂ったおいら達がクラブハウスを出てきた頃、再び遭遇したのでした。

この二組の旦那と彼氏・・・こうゆうのを男の優しさって言うんでしょうか?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »