« 親子 | トップページ | もういない・・あの人に会いに。 »

フォークシンガー

僕もあきらめない 何度だって立ち上がろう
恐れるものなどないさ
君を忘れないよ 互いの道 歩こうとも
どこかで逢えるといいね

君から教えられた 自分自身 愛するように
生きたい 人を愛したい 生命ある限り  
   

Chiharu2 松山千春「君を忘れない」より

中学生の頃より変わらず好きであり続ける人、松山千春。

めでたくデビュー30周年を迎えられたらしい パチパチパチパチ

言葉づかいが悪い、生意気、テレビ出演を拒否する・・・およそ芸能人らしからぬ彼の生き方は非難されることも多かった。

しかし彼の歌は彼そのもの・・・あの愛情たっぷりの歌詞は彼の人柄。

『おまえら~』という乱暴にも聞こえる彼の呼びかけにも、そこにいるみんなに対する愛情があふれてる。

ファンである人はそれを十分理解できるので彼を愛し続けるのだな。

おいら高校の修学旅行で北海道に行った時、自由行動では真駒内屋外競技場に行かせてもらった。

数年前に千春は何万人もの観衆を集めそこでコンサートを行っていたのだ。

子供だったおいらは行く術もなく、ただ会いたかったなぁと思い続けた。

その夢を数年経った修学旅行で叶えたのである。

もちろん・・・何も行われていなかった競技場は静かで誰もいない・・・でも、おいらの中では千春が空を見上げながら歌い上げる姿が見えていた・・・そう思いたかったし・・・。

ま、大人になって千春のライブに行く夢は叶うのだけれども・・・彼のライブは面白い。

2時間半のライブのうち1時間半はトーク(笑)

彼の考え方、生き方がよく伝わってくる。

千春は売れっ子になっても北海道を出ようとしなかった。

「“(南)こうせつ”や“さだ(まさし)”がな、大晦日の紅白歌合戦に出ようって言うんだよな。でも俺はさ断ったわけさ・・・だって大晦日は家族で紅白観なきゃいけないべ?って」

笑い話のようだが、これが彼の生き方。

おいらトークの中でいちばん印象に残ってるのが若くしてこの世を去った実のお姉さんのはなし。

彼女は小さな愛息を残してこの世を去った。

病室で書かれてあった手紙の話を千春がするわけなんだが、そこには子供に対する感謝の言葉が延々と書かれていたらしい。

『生まれてきてくれてありがとう』『君に会えてよかった』

千春は言う。

『おまえらなぁ~親はみんな子供に対してそう思ってんだぞ~~忘れんなよ~!』と。

おまえらなぁ~親はみんな子供に対しそう思ってんだぞぉ~おいらも言いたい!

朝のワイドショーで千春が国会議員の応援をして横道にそれた時、ファンが自分に背を向けたことを感じていた・・・そんな話をしていた。

でも俺は後ろから背中に向かって歌い続けてやるよ・・・と。M933078051205

千春ってそうゆう人・・・困ってる人を見捨てられない人。

おっせかいな人

愛すべき人。

|

« 親子 | トップページ | もういない・・あの人に会いに。 »

●ヒーローのこと」カテゴリの記事

コメント

ステキな詩ですね。

君から教えられた 自分自身愛するように
生きたい 人を愛したい 生命ある限り

私もいつかそうなりたいです。

投稿: しも | 2006年6月 1日 (木) 22:31

こんにちは。コメントをありがとうございました。ホッシーさんの記事を拝見して嬉しくなりました。文章べたの私と違って千春さんのことを
上手に表現されていらっしゃいますね。
思わずうなずきながら読みました。

「君を忘れない。」はいつも心に響きすぎて
困る?曲のひとつです。
娘が小学校で習ってきて、いつかコンサートに行きたいと言ってくれています♪

投稿: 花音 | 2006年6月 2日 (金) 12:38

しもさん、こんにちは。

>>何度だって立ち上がろう 恐れるものなどないさ。
おいらこの詩を聞くと『チーズはどこへ消えた』って本を思い出します。
読みました?(笑)
人間はふたつの選択肢があると悩む・・・いろいろ考え計算してどちらかに選択する。
あの本は「もし今、恐怖というものがなくてもそちらの道を選ぶか?」と尋ねてきた。
恐れるものがなければ人はまた違う道を選ぶのかな?

投稿: ホッシー | 2006年6月 2日 (金) 16:56

花音さん、こんにちは。
お呼びだてして申しわけありません(笑)

『君を忘れない』・・・心に沁みますね。

松山千春は30年で何がいちばん変わったか?
髪型とか声質とか・・いろいろ言われてますが、おいらは目線が変わったように感じます。
昔の歌は直接的・・自分が主人公であったのが最近は若い人たち(おいら達も含む)にメッセージを贈るようになったと言いますか・・言ってみれば歳をとったということでしょうか(笑)

歌があたたかくなりましたよね♪
コメントありがとうございました。

投稿: ホッシー | 2006年6月 2日 (金) 17:09

こんばんは。コメントいただいたので覗きに来てみました♪
『君を忘れない』は本当に良いですね。

お姉さんのお手紙も、千春さんの言った言葉もとても素敵です☆

私もいつかコンサートに行ってみようと思います!

投稿: jack | 2006年6月 2日 (金) 21:16

ホッシーさん、先日は私のブログに遊びにきていただき、ありがとうございました。
私もおとといの朝のテレビで千春さんのトークを久しぶりに聞いて、忘れていた何かを思い出したような気がします。最近歳をとったせいか、いい話を聞いたり見たりするとすぐに涙腺がゆるみます(笑)

投稿: ぐり | 2006年6月 3日 (土) 09:19

jackさん、こんにちは。
ご訪問ありがとうございます。
ぜひぜひコンサート行ってみてください。
彼のあたたかさに包まれますよ~♪
ただ・・彼が個人的に肩入れしている誰かの話になったら寝てていいです(笑)

投稿: ホッシー | 2006年6月 3日 (土) 12:18

ぐりさん、こんにちは。

ご訪問ありがとうございます。
涙もろくなるのは年齢のせいでしょうか?
そういえば最近、蟻がせっせとモノを運んでる姿を見るだけで泣けてきたりします(笑)
千春の歌はグッときますね・・・詩をかみしめると泣けますです。

投稿: ホッシー | 2006年6月 3日 (土) 12:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/10345738

この記事へのトラックバック一覧です: フォークシンガー:

« 親子 | トップページ | もういない・・あの人に会いに。 »