« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

百万回のためいき

今日で7月も終わり。

今月はどのくらいためいきをついたか・・・。

O氏にも「ホッシーさんにとっていろんなこと整理する月だったんだよ」と言われた。

そおだな・・・今月はいろんな決断をした月でもあった。

今後の人生に生かしていくべ。

さて、昨日の失敗。

会社でもみんなに報告・・・「バ~カ」「へたくそ」って言ってほしいんだよねぇ・・・責めてほしいんだよねぇ(おいらはエムか?)

案の定、痛烈に厳しい言葉賜りました(ありがとうございました)

O氏の「たとえ直したとしても、もう事故車だよね」も効いたなぁ・・・。

両親のところに報告も「あぁ・・・そりゃ凹むわ・・・また金かかんな」(父)「お父さんだったらぶつけたって平気な顔してんのに、この人(おいら)はすぐ落ち込むの・・・そこがイヤ」(母)

おうおぅ・・・傷口に塩ぬってくれんじゃんよ~

最後の砦・・・奥。

この人は意外な反応を・・・『あんまり目立たないじゃん』『カタチあるものはいつかは壊れるさ・・・そう落ち込むなよ』

7月最後の日・・・いろんな人がいるもんだ・・・と思った晦日でした。

さ~て8月。

おいらは偶数月が好きなんだよねぇ。

とりあえず横浜ベイスターズが平塚球場に来るから応援に行って、親父のところからクスネテきた「湯の蔵ガーデン」の回数券で温泉にでも入ってくんべ。

奥に土下寝の代わり(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

マジ、ぶるー・・・。

平塚某大型量販店、駐車場。

おいらのかわいい車の左スライドドアにキズ。

まじ凹むんですけどぉーーーーー!

『○○○○の駐車場に停めて買い物から帰ってきたら、キズつけられてんのぉーーーーむかつくーーー絶対誰かがぶつけてったんだよ!すっげぇーーーひどいと思わない?あんまりだよねーーーまだ一ヶ月も経ってないんだよーーー板金で直るんかなぁ?それともそっくりドア交換とかかなぁ・・・車両保険でやるにしても免責代は払わなきゃいかんよねぇ・・・それより何よりキズつけられたことが許せないよねーーーー!!!!』

って、言えればまだ気が楽なんですけど・・・・

言えない・・・自分でぶつけたなんて・・・。

納車した頃、奥に『車乗るのはかまわないけどさぁ、ぶつけたら離婚だから!』とまで言っちゃってるんだよなぁ・・・土下座通り越して土下寝するか。Estima

| | コメント (6) | トラックバック (0)

・・・痩せた

病気とおどかされてからほぼ一ヶ月。

一応、摂生続いてます。

んで、4㌔ほど痩せました。

ダイエットしてる人もいることでしょう。

ちなみにおいらの摂生は・・・

①間食をやめた

②コーラ等のジュース類をやめた

③二日に一日くらいのわりあいでの30~40分程度早歩き

④以前より仕事量をちょっと増やす

⑤以前よりちょっと人を愛する

この程度で4㌔痩せました。

今までのおいらの生活って・・・・(-_-;)

ちなみに④と⑤は関係ないかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なれそめは・・披露宴

学生時代の知人である矢木。

友人ではない・・・知人(笑)

高円寺で一人暮らしをしており、金がなくなると我が家で寝泊りをしたりしていた。

女の子が大好きで常に2~3人の彼女とお付き合いをしていた。

我が家に泊まりに来ていても、その女の子たちへの電話は欠かさない・・・女に対してとてもマメな奴であった。

結局、大学時代に何人の女子と付き合ったのか・・・50人くらいであったか(オーバーか・・・定かではない(笑))

一方、我が奥の親友であるナミナミちゃん。

浮いた話しも聞いたことがない・・・真面目・・・その真面目さゆえとっつきにくい面もあった。

おいらも結婚前に何度か一緒に旅行に行ったりもしたが、親近感はわかなかった。

人生に努力という言葉を持たない要領だけで生きている矢木。

あまり人前で笑顔すら見せないような堅いナミナミ。

さて・・・この二人・・・。

出会いはなんとおいら達の結婚式披露宴会場。

奥に受付を頼まれたナミナミ・・・頼まれてもいないのに受付を買ってでた矢木。

これが運命的なものになるとは、この時は考えもしなかった。

新婚旅行から帰ってきたある日・・・確か深夜・・・矢木からの電話。

『俺、ナミナミと付き合ってるから・・・報告することもないと思ったけど、相手も友達だから一応言っておくわ』

(やばい・・・どうしよ・・・奥になんて謝ろう・・・どうしよ・・・よりによって矢木が・・・よりによってナミナミを・・・)

けっこう悩んだのを覚えてる。

それから数年後、ふたりは結婚し福島県で結婚式を挙げることになる。

二人とも友達であったから当然奥も招待を受けたのだが妊娠中で、おいらひとりの出席。

捕まってしまったのか(笑)・・・責任をとったのか・・・いずれにしても良かったのか・・・悪かったのか(笑)

答えは死ぬまで出ないかもしれないけど、二人はちゃんと結婚生活を続けています。

矢木も二人の子供のお父さんになって・・・しかもことのほか良いパパをやってるそうで。

結婚式の後、新潟の友人のところへ行くため磐越西線という電車に乗っていた。

暮れなずむ車窓の景色を見ながら、「あぁ・・ナミナミはこれからここで暮らすんだなぁ」と思った時、不覚にもグッときてしまった。。

確かに田舎・・・こちらに比べればね・・・のどかな田園風景が続く景色の中、生活していくだろうと想像した時に泣けました(なんでかな?意味はわからんのです)

その涙が出てきたその景色を奥にも見せてあげよう・・・何年ぶりかにナミナミに会わせてあげようと、来月福島まで足を伸ばすことにした。Dscf0002

『会えるの?!』喜んだ奥を見ておいらも喜んだ(笑)

会いたかったんだなぁ・・・友達だもんなぁ。

あ・・・そうだ・・・矢木がナミナミのご両親に挨拶に行ったその折、彼女の実家があまりに田舎なんで驚いたそうだ。

ナミナミの実家は青森県八戸・・・そんなにすごい所なの?おいら知らないんだけど・・・。

と、言うわけで“朝ラー”など美味しいお店を教えてくださいませませ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

吉報

友人、黒川・・・・たぶん友達・・・25年来の友達・・・たぶん。

『お前は俺のこと友達だと思ってるかもしれないけど、俺はお前のこと友達だと思ってないから・・・』奴の口ぐせ。

しかし・・・松山千春派のおいらと長渕剛派の黒川が25年前大ゲンカをしたのがきっかけでの腐れ縁。

昔の写真を引っ張り出せばいちばん写ってるのが奴だし、うちの子のたんびたんびのお祝い事に顔を出してくれるのも奴だし、父親が肺がんで入院手術をした時も駆けつけてくれたのは奴だった。

あいつの両親が亡くなったときも、最後まで付き合ったりもした・・・。

だから友達・・・たぶん。Swp005601

その黒川が昨日『結婚式が決まったわ・・前にお前の親父さんとおふくろさんが出席してくれるって言ってたけど、どうなのかな?』と声をかけてくれた。

両親に報告・・・「よかったじゃーーん!もちろんお父さんと出席するよーーー!!」我がことのように喜ぶお母ちゃん。

ついで奥・・・さらには娘も出席♪

友人の結婚式にホッシー家、5人出席(笑)

でねぇ・・・挙式はなんと教会・・・クリスチャンでもないくせに。

おいらは以前に一回だけ教会での式に出席したことがある。

とても厳粛でおごそかで・・・一緒か・・・でも一緒に賛美歌を唄ったりした時には不覚にも涙が出たりした・・・感動した。

この時式を挙げた友人が36歳で相手の新婦が21歳だった。

で、今回の黒川の相手が16歳年下・・・勝ったな、黒川!

それにしても歳の差カップルは教会で挙げなきゃいかんのかしらん?Swy0061b

おいらも次挙げる時は教会かぁ・・・・。Ph_06

ともあれ・・・黒川君おめでとう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブログ・・・1周年。

『今宵、出発します』

今朝、携帯電話に届いたメール。

そうか・・・もうその時期か・・・思えば、ブログを始めて最初の記事にしたのが、このメールをくれた彼女のことだった。

そうだ・・・おいらのブログも1周年だ。

よくぞ続いたものだ(笑)

書くことは好きだけれども、なかなかに忙しい1年であったのに・・・よく続いたな。

ブログのルールもマナーもぜんぜん知らないところから始めて、他のブロガーの方たちに失礼もあっただろうと思う。

この場を借りて・・・ヒラアヤマリm(_ _)m

さて・・・ハワイに飛び立つ友人。

昨年も書いたが、無事に帰宅されますように・・・。

今夜は雨か・・・空には雲がかかってて、星を見ることもできないな。

それでも彼女の無事を祈りつつ、また今年も空を見上げてみようか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

球宴

やっぱり・・・

2006072104605617jijpspoview001 ←存在感、見せつけましたねぇ~♪

もうこういった舞台には欠かせない。

千両役者と言ってもいいんだろうなぁ。

センターへの打球。

スタートを一歩遅らせて、ダイビングを試みるあたり魅せる天才ですね・・・彼は。

昨日の第二戦は雨天順延となってしまったけど、新庄ならまた何かをやってくれるんじゃないだろうか?と期待を抱かせる。

それは紛れもなくプロのプレーヤーだな。

ほんと・・・ジャイアンツの選手じゃなくって良かった・・・生きたなぁと思う。

今回のオールスター戦はとても評判がいい。

選手個人が各々の魅力を存分に出し合った、観客を沸かせるゲームだった。

中でもカッコよかったのが阪神タイガースの藤川球児投手。

阪神はねぇ・・・あんまり好きじゃないんで誉めたくないんだけど(笑)

「ストレートで行きます」と握りを見せ、全球ストレート勝負を挑んだ姿はあまりにカッコよくて球団の枠を超えた。05052303fujikawadgr00438g050522d

それも結果を残すんでカッコいい・・・それに対し当てにいくこともなく全力で振り切ったパ・リーグの打者たちもカッコよかったよ。

きっと野球少年たちの目がキラキラと輝いていたことでしょう。

これからも、いつまでも、夢を与えるプロ野球で・・・

| | コメント (2) | トラックバック (1)

優しい・・・な・・と。

先日来のおいらの体調。

自覚症状もまったくなく、いたって健康体だぁ~

でも・・・健康診断や検査の結果は万全じゃないんだよと告げてくる。

『病気とは診断しません・・・薬も出ません・・・ですが、やれることをしましょう・・・まずは食事療法と運動ね』とお医者さん。

食事療法教室に参加したあと奥に報告。

その翌日から・・・変わってきました~ちょっとだけ。

まずは野菜が足りないってところから会社にまでサラダ持っていかされます。

朝と夜の野菜ジュース(まじゅい)

揚げ物は一切なくなりました・・・さらに夜のおやつもなくなりました。

食べる量も減りました。

正直・・・仕事中に体が震えるくらいお腹すいちゃったりして辛い。

3年前に禁煙しましたが、それとは比べようもないくらい辛い。

でもね・・・昨日、おいらの3食の食事をメモ書きしてあるノート見ちゃったんすよぉ。

記録してんすねぇ・・・奥。

なんかねぇ・・・やっぱり夫婦なんだなって・・・他人じゃないと・・・。

ちょっとうれしいっす。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

責任の取り方

2006071904601283jijpsociview001 昨日欽ちゃん(萩本欽一さん)が泣きながらチームの解散宣言をしていた。

確かにね、現場にあの山本以外にも茨城GGの選手が数人居たとなれば、それは責任も取らなくてはならないか・・・。

他の選手達がかわいそう。

率直な感想。

3年間・・・いやもっと前から甲子園を目標に必死に努力をしてきたのに、一部チームメイトの喫煙で夢が消えちゃうって話しを思い出す。

連帯責任かぁ・・・監督が選手を殴ったから選手全員の夢が消えちゃうとかってさぁ、どうなんかなぁ。

今回のことも、「欽ちゃんが責任を取って監督をやめる」くらいじゃダメなんかな?

夢を持ってこのチームに参加してきた選手もいっぱいいただろうに・・・。

それとも欽ちゃんあってのチームだから欽ちゃんが抜けるということは事実上チームがなくなるってのと等しいってことか。

いずれにしても団体競技の罰は重いなぁ。

それから最近のお笑い芸人。

調子のりすぎ。

ロンドンブーツの番組でも芸人がコンパやなんかで女の子たちを遊び道具のひとつくらいに考えてるところが放映されてるけど、あの番組自体も下品。

正直おもしろい・・・しかし芸人全てがあのように女遊びまでもネタにできるような部分はやっぱり変。

昔の芸能界は素人との話題はタブーだったけどな。

あっ!「昔は・・・」って言っちゃった。

ただ、ああゆう番組が芸人を増長させてるような気がしてならない。

吉本は山本をクビにして終わりじゃなくって・・・ああゆう人間を会社の一員として雇用してた責任を誰かが取るべきじゃないの?

欽ちゃんの球団はなくなったんだよ?

2006071900000000maipsociview000_1 それから・・・

←あなたたち。

ちゃんと責任とりなさいよ・・・みっともない・・・爺たちが全員で若様を守っちゃって・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

答えにつまる

家庭科の宿題だと言う。

娘「お父さんにちょっとインタビューさせてもらいたいんだけどいい?」

おいら『いいよぉ』

娘「お母さんが私を妊娠した時、どう思った?」

おいら『(・・?!ヘッ』

正直参った。

娘は息子が誕生してから数ヶ月後に宿った。

つまりは年子・・・奥からその事実を聞かされた時『えぇぇぇぇぇ・・マジで?!』

が、本音だった。

そんなバカな・・・なんでだろ?

そんな感想だったろうか・・・んでも、そんなん宿題でのインタビューに答えられるわけがない。

『う~ん・・・・・・・・・・・・・・・』

娘「じゃあさ、産まれた時はどう思った?」

おいら『そうだなぁ・・・「あっ女の子か」って感じかな』

をいをい・・・赤ちゃんが二人かよぉ・・・きっついなぁ・・・などと思ったのが本音だったべーか。

娘「私が生まれてから生活はどう変わった?」

おいら『う~ん・・信号を守るようになった』

娘「なんかさぁ・・・お父さんの答えはダメだわ・・・書けない」

おいら『そっかぁ?』

まあ確かになぁ・・・本当のところを言えないしなぁ。

でもな、お父さん・・・今でも、どんな小さな信号でもちゃんと守ってんだよ・・・それはね、君と歩いている時に誓ったんだ。

赤信号を無視して歩いてる人がいた時「どうしてあの人は渡っちゃうの?」と君が訊いたから。

歩行者用の信号を見ると、いつも君の小さかった手を思い出すんだよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ありがたい。

「ホッシーさんって、何でそんなに元気なんですか・・・・」尋ねるO君。

O君・・・キミはやっぱり若いね。

無理してんだよ・・・がんばって元気なフリしてんの。

バイオリズムの関係か運勢の低下か・・・いいことがあれば悪いこともある。

おいら実は今月3日からひじょ~に落ち込んでます。

病気のこと、会社のこと、両親のこと、友人のこと・・・・。

いっぺんにイヤなことが続いて、かなりブルーーーーでした。

「あぁ・・明日は会社休んで病院で検査かぁ」と考えていた夕方・・・ひとりの懐かしい友人を思い出しました。

そういえば元気かな?

2年ぶりくらいかな?

電話してみよ・・・突然の電話。

だのに不思議がるわけでもなく、いぶかるわけでもなく・・・淡々と話し相手になってくれて。

さらに・・・『明日さ、病院で検査したあと時間が空いてるんだけど、湘南の方ドライブでもしない?ランチでもしながら・・・』の誘いに「うん、いいよ」って。

なんかね・・・すっごくありがたかった。。。いいよって言葉が。

心の中で手を合わせてしまったくらい・・・うれしかったです。

翌日検査終了後、行きたかったラーメン屋さんに行き、鵠沼のkohri埜庵さん、西鎌倉のレシュー、藤沢のレマン・・・ドライブしながらただ助手席に座っててくれたことで助けられました。

このブログのことも教えたんで、読んでくれてるかな?

何も聞かずに付き合ってくれてありがとうございました。

感謝してます・・・埋め合わせは必ずや・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

食事療法教室

『今回の検査では、確かに病気とは言えませんが、一度でも血糖値がそこまで上昇したのであれば予備軍とは言えます。いい機会なのでカロリー計算などの勉強ができる教室に参加してください』

先生からのご提示。

来週の火曜日・・・最悪の場合、本格的な検査をしなければいけないと会社には伝えておいたので、強制とはならなかったものの出席しとくか。

看護士さんから説明がある・・・「とりあえず3日間ありますのでね、その間食べた物を一日三食分書き出しておいてください」と専用の用紙をいただく。

めんどっちぃなぁ・・・。Zanmaiharami

忘れないうちに昨日からのを書いておこ。

14日(金)朝 ぶどうパン、ヨーグルト、アイスコーヒー

      昼 すき家の牛丼

      夜 「ZUND-BAR」のラーメン、チャーシューご飯、「モトロッソ」のグレープフルーツジュース、杏仁豆腐、「ざんまい」のカルビ、ロース、ハラミ、リブロース

15日(土)朝 チーズクロワッサン、ヨーグルト、アイスコーヒー

      昼 「三月うさぎ」のビーフカレー、アイスコーヒー、バニラアイス

      夜 「ゾロ」のしょうが焼き定食、「レマン」のクリームチーズタルト

この食生活どうなんだべ?

あいかわらず家でご飯食べないなぁ・・・とりあえず書いておこっと。

あっ!「ちょっと頂戴」と言って横取りしたハンバーグなんかも書いておいた方がいいのかなぁ・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

初診時特定療養費

ひさびさの更新だぁ~

先日の会社の健康診断の結果を受け、あらためて病院にて検査を受けてきた。

めっちゃくちゃ怖い・・・凹む・・・ブルーだぁ~~

さて・・・どの病院にすんべか?

とにかく最悪の場合、一生お付き合いしなければいけない・・・入院などのことも考えなくちゃいけないし・・・ともなれば、やっぱり信用のおける大きな総合病院にしなきゃ。

んで、まず行ったのが平塚共済病院。

ここでタイトルにある“初診時特定療養費 ”という存在を知る。

通常の初診料とは別に3780円を無条件に払ってもらいます・・・と、言われたわけだ。

『なにそれ?』

200床以上のベッドをかかえる大きな病院ではこの初診時特定療養費というものを支払わなければならなくなったそうだ。

この費用を払いたくないならば、まずは小さな病院に行き、紹介状を持ってあらためて来いとのこと。

『聞いてないよ』

それにしても3780円は取りすぎでしょ~~

『そうだ!市民病院なら以前かかったことがあるから、この費用はかからないか』

と、思い立ち共済病院の受付でやっぱりやめますを言い市民病院へ。

ところがここでも「以前は外科、今回は内科」ということでこの費用がかかるとのこと。

しかし市民病院ではこの費用が1650円・・・共済よりも安いじゃん。

それに要件が足りないのわかってて、わざわざ小さな町医者に行く時間がもったいない。

で、市民病院で検査を済ませました。

顔馴染み、かかりつけの医者をもってるのはとてもいいことだと思う。

風邪をひいて苦しい時にいつもの先生の顔を見るとほっとする。

このかかりつけ病院を否定するつもりはないが、今回のように健康診断でひっかかって、大きな病院で再検査をしてくれと言われてる人間にまで、まずはかかりつけに行けってのはないんじゃないだろか?

誰もが病院に行くなんて好きじゃない・・・できれば一生縁のないものにしたい。

でも、やむを得ず行くってのに何でそんなめんどいことをしなきゃいけないんだべか。

そうだ!

今回の検査結果・・・良好でした~

思い悩んだ数週間は何だったのか・・・てか、あの健康診断・・・なに?

お騒がせしましてすみませんでした。

あ~ぁ・・・美味いものいっぱい食べよっと♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

親父の接待

Tanabatahiru 平塚七夕祭り・・・今年も比較的天候に恵まれ、大盛況のうちに幕を閉じそうだ。

ものすごい人・・・露天商通りは人酔いしそうなほどエネルギッシュだったし、江陽中学の臨時駐車場前も驚くほどの大渋滞であった。

Tanabatatakigutihiru 昼夜特選・・・あいもかわらず滝口かばんの竹飾りの下、人だかりは一層であった。

ここの今年のテーマは『昭和ノスタルジー』Tanabatatakigutiyoru

映画「三丁目の夕日」ブームからのテーマ決定であったろうか。

いちばん上に飾ってあったミゼット・・・荷台のところには「野谷米店」と書かれていたが、彼(店主・野谷さん)はこの時期仕事をほっぽらかして竹飾り作りに没頭する。Tanabata

滝口さんとは同級生という関係からだが、あのCMはささやかなご褒美か(笑)

それにしてもこの集客力・・・平塚七夕祭りも捨てたもんじゃないな。

さて・・・我が家でも遠方から親類たちが泊りがけでお祭りにやってきた。

こんな時張り切っちゃうのが親父。

自慢の手料理で接待するのだ。

父は餃子からふぐ料理まで多種多様にこなす。

若い頃は外国航路の船に乗り、和食料理を作っていた人だ。

75歳ながら、その包丁さばきは見事で味の方も間違いない。

特に茶碗蒸しを作らせたら、この人より美味しいものを作れる人はいないんじゃないかと思うくらい・・・絶品。

思えばもう60年も包丁を握ってるんだ・・・たいしたもんだなぁ。

おいらも父の店を引き継ぎ14年間営業してみたが、イヤになってやめちゃいました。

もっともっと素直になって父親に料理の面白さと深さを教わっていれば、また違う人生を送っていたかもしれない・・・(今となってはもう遅い)

お料理が苦手・・・という奥様。

この先生・・・毎日、犬と戯れながらヒマしてるんで教わってみてはいかがですか(笑)Oyaji

先生のお料理の数々は“日々是完食”の方で♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

七夕の夜に・・・

Milkey_way 星に願いを・・・思いを馳せる。

みなさん、そんな夜でしょうか。

んなわけ、ないか(笑)

七夕の夜に一緒にいる人は特別な人じゃなかったのか・・・。

ま~た今年も家族か・・・あっ・・・それでいいんか。

今日はお休みのおいら。

夕方、奥と娘に七夕祭りに行かない?と聞いてみる。

「行かない」と言われる。

『んじゃ、ひとりで行こうかな・・・バイクで。 お祭りで“チョコバナナ”なんか買っちゃって、ジャンケンで勝てば2本あげるよ~なんて言われてオジサンとジャンケンしちゃったりしようかな・・・ブツぶつぶつブツ』

「お友達でも誘っていけばいいじゃん」

『おいら友達いないの知ってんべぇ~~』

「みっちゃんにでもメールしてみれば」

『大学生がお祭りにおっさんと行ってくれるわけねーーべ!!』

あ~ぁ・・・夏祭りにっぽんの歌でも観てよっと。

あ・・・そうだひとつだけ・・・いいこと。

ネットで知り合ったお友達というのは、いつの間にか自然と付き合いがなくなるもの。

そんな中、ひとりのお友達がおいらのカラダ(病気)のこと心配してくれた。

「大好きな王さんも頑張ってるんだよ~」と励ましてくれて・・・ありがとう。

今日は病院行きをすっぽかしたけど、次のお休みには必ず行きます!Cut_tanabata3

心の短冊に「いつも笑顔で過ごせますように」ってしたためておくって言葉・・・うれしかったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頑張って・・・王さん!

Im00005002_1 ソフトバンクホークスの王監督が緊急手術をされる。

胃に腫瘍・・・一刻も早くといった状況。

いやな胸騒ぎがする。

WBCの時にも書いたが、王さんは子供の頃からのおいらの憧れ。

穏やかで優しく、とても少年ファンを大切にしてくれた方だ。

いまでも目の前でサインをしてくれた王さんの姿、一本足打法で打球を高々と打ち上げる王さんの雄姿が瞼にやきついて離れない。

現役を退いてからも、人に対して真摯に接する姿は大人としてのお手本でもあった(ぜんぜん見習えないけどぉ~)

『・・・だから病気になった』・・・病気になった原因なんて一概には言えない。

しかし、春先のWBCが王さんにどれくらいのストレスを与えたか・・・勝った負けたと騒いでいたことが申し訳ないようだ。

誰よりも責任感を痛切に感じる方だから、思い悩むこともあったのではないだろうか。

もっともっとみんなのお手本にならなくてはいけない人・・・目標でいなければならない人。

なんとか良くなってもらいたい。

監督を続けてほしいなどとは思わない。

ただ、ただ、あの優しい笑顔を見せてほしい。Mm20060319212747275m0

神様お願いします・・・王さんを救ってください。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

七夕まつり

おいらの街に夏の到来を告げる平塚七夕祭りが明日から開催される。

例年5日間・・・なぜか今年は4日間だそうだ。

梅雨時の開催でお天気にめぐまれないことが多いが、ここ数年は良いお天気。

昔の賑わいが戻ってきた感じだ。

バスから浴衣を着た大きな綿菓子を持った子供が降りてきたりすると、やはり昔を思い出す。

平塚に住む子供達にとって七夕祭りは本当に特別なものだった。

朝から自分の住む街がNHKのニュースで映ったりすることはすごいことだと思った。

5日間やるのであれば5日間行きたい!

最終日は何とも言えない寂しさがあった。

小学生の頃はね、親とのお祭り。

お祭りで友達とバッタリ出会うのが楽しみだったなぁ・・・「あの子は来てないかなぁ?」そう思いながら歩いていたものだった。

中学生の頃はね、友達とのお祭り。

好きなあの子を含む女の子数人と、こちらも男子数人で・・・複数人で行くのだ。

それでもワクワクしたもんだ・・・制服か体操服姿しか印象にないあの子の私服姿が妙に新鮮でドキドキしたものだった。

高校生になると一時期七夕祭りから興味がなくなる。

これも彼女がいなかったからか(笑)

その後はやっぱり子供が生まれてから・・・竹飾りを一心に見つめるその目を見に行くんだな。

いろいろな想いが交差する七夕祭り・・・そんなこんなの七夕まつり。

七夕祭りのご案内は・・・こちらから

| | コメント (6) | トラックバック (0)

中田英寿の引退に思ふ

Hide 昨夜・・・一部のあいだに激震が走った引退宣言。

思えばね・・・ブラジル戦後・・・ピッチに寝転んだあとの表情・・・あんなに穏やかなヒデの表情を初めて見た。

さらにはその後のインタビュー・・・「そうですか・・・」この時の表情も何かを決心した如く勝負師の顔をなくしていた。

その覚悟をして臨んだ今大会だったのだ・・・そうであったのか。

『笛吹けど踊らず』そんな言葉がある。

中田はW杯の直前の練習試合で「走らなければサッカーにならない」と指摘した。

そして現実・・・日本代表は後半足が止まって敗北し、W杯を終えてしまった。

中田の存在は以前から一種独特なものがあった・・・別次元のサッカーをひとりプレイしてるような・・・中田のパスに合わせられない・・・そんな時期もあった。

常に高いレベルを求める中田と現実を見つめる他選手のあいだで確執もあったのかもしれない。

難しいことはわからない・・・おいらサッカーを詳しく知らない。

そうだ・・そんなことを話す必要もないな。

さて・・・ヒデの経歴が語られる時、必ず出るのが我が街平塚。

そう・・彼のプロサッカー歴はこの平塚から始まったのだ。

すぐそこの相模川河川敷のあのグランドでサッカーボールを蹴っていた事実は永遠に消えることはない。

それは誇りに思おう。

平塚市民すべてがそう思う必要もないが、イタリアセリエAに行ってからも何かと目をかけ、決して見捨てることをしなかったベルマーレの選手達には中田英寿の魂だけでも受け継ぎ、誇りを持って闘ってもらいたい。2006070404562567jijpspoview001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かっこいい!

その男性・・・歳の頃は36~7か・・・。

サイドに流れる髪は少しウェーブがかっている・・・染めているというよりも、焼けているような髪の色。

口ひげをたくわえ・・・そのマスクは藤井フミヤを少し男っぽく凛々しくした感じだ。

着古したポロシャツに色あせたジーンズ・・・左耳につけているピアスも、とてもさりげない。

必要以上に自分を飾ることはない・・・だのに、決してデシャバルわけでもないのにかもし出る存在感。

う~ん・・・おいらは少しココロ奪われました。

いるんだよなぁ・・・かっこいい人。

あの人に黄色いヘルメットとフォークリフトは似合わないなぁ・・・。Photo_03

| | コメント (2) | トラックバック (0)

納得いかん・・・。

『いやぁ~優秀賞に選ばれちゃってさ・・・表彰式に出なきゃいけねえのよ』

小宮先輩がはしゃいでいる。

何の話かといえば・・・我が社の安全標語コンクール。

毎年この時期行われます。

最優秀賞2点、優秀賞8点、佳作10点が選ばれ1年間会社のあちこちに貼られます。

で、で・・・何で納得できないのか・・そのワケは・・・。

先日会社の70周年イベントでの写真コンクールの折、小宮先輩が『なぁホッシーちゃん・・・俺の名前で出しといてよ~』と言っていたのを無視・・・おいらがグランプリを受賞しちゃったってなことがあったわけなんだけど、それからというもの『自分だけよ・・・』嫌味の言いっぱなし。

今回も締め切り日・・・「出してない人は一点でもいいので提出してください」と朝のミーティングで言われ、『ねえ、ホッシーちゃん・・俺の名前で書いといてよぉ』の小宮先輩。

前回のこともあるし(これ以上の嫌味はイヤだぜぇ~)仕方なく書いたわけですよ。

2点・・・ひとつは真面目なやつ・・・もう一点は【まずは体調管理から・・・二日酔いでの出社はやめよう】と先輩の名前で出しておきました(笑)

それがですねぇ・・・優秀賞・・・あっ!もちろん真面目な方ね。

しっかし納得いかないんだよねぇ・・・おごってもらうけど・・・賞金の30倍くらい。

今回はO氏や“えもんかけ、ボルトガル”の上山さんも選ばれてました・・・おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新車がきた!

大安ながらそぼ降る雨の中、待ちに待った車がやってきた!

3ヶ月間のメチャ不自由生活から解放だぁ~~

それにしても我が車・・・なかなかに、わんだほぉ~な乗り心地と、らぶりぃ~な姿。

色白のところもとても、ちゃーみんぐだわ。

しっかしあれだねぇ・・・便利になっちまって・・・後部両サイドのドアなんぞ電動スライド式・・・運転席からボタンひとつ・・・タクシーかっ!

2列目の座席なんぞはリクライニングに足乗せが付いたキャプテンシート・・・後部座席用のモニターで映画なんぞ観ながらの移動・・・飛行機かっ!

さらにはカード式のキー・・・持ってるだけでドアが開く・・エンジンがかかる・・・欧米かっ!!

で・・・用もないのに小田原まで行ってきたわけですな・・・西湘バイパスに乗りたくて・・・。

なぜならETCってのを体験したかったから~

料金所手前、何度もカードがささってるか確認しちまったですよ~

もし開かなかったらどうしよ・・・ETCレーンなのに渋滞つくっちまったらどうしよ。

ドキドキもんでしたわぁ~

そのぶん、通り抜けれた時の感動ときたらあーた!

たまってたものが抜けたような・・・スーーーッキリ感♪Kuruma

新しい家族・・・10年のお付き合い(予定)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »