« 吉報 | トップページ | ・・・痩せた »

なれそめは・・披露宴

学生時代の知人である矢木。

友人ではない・・・知人(笑)

高円寺で一人暮らしをしており、金がなくなると我が家で寝泊りをしたりしていた。

女の子が大好きで常に2~3人の彼女とお付き合いをしていた。

我が家に泊まりに来ていても、その女の子たちへの電話は欠かさない・・・女に対してとてもマメな奴であった。

結局、大学時代に何人の女子と付き合ったのか・・・50人くらいであったか(オーバーか・・・定かではない(笑))

一方、我が奥の親友であるナミナミちゃん。

浮いた話しも聞いたことがない・・・真面目・・・その真面目さゆえとっつきにくい面もあった。

おいらも結婚前に何度か一緒に旅行に行ったりもしたが、親近感はわかなかった。

人生に努力という言葉を持たない要領だけで生きている矢木。

あまり人前で笑顔すら見せないような堅いナミナミ。

さて・・・この二人・・・。

出会いはなんとおいら達の結婚式披露宴会場。

奥に受付を頼まれたナミナミ・・・頼まれてもいないのに受付を買ってでた矢木。

これが運命的なものになるとは、この時は考えもしなかった。

新婚旅行から帰ってきたある日・・・確か深夜・・・矢木からの電話。

『俺、ナミナミと付き合ってるから・・・報告することもないと思ったけど、相手も友達だから一応言っておくわ』

(やばい・・・どうしよ・・・奥になんて謝ろう・・・どうしよ・・・よりによって矢木が・・・よりによってナミナミを・・・)

けっこう悩んだのを覚えてる。

それから数年後、ふたりは結婚し福島県で結婚式を挙げることになる。

二人とも友達であったから当然奥も招待を受けたのだが妊娠中で、おいらひとりの出席。

捕まってしまったのか(笑)・・・責任をとったのか・・・いずれにしても良かったのか・・・悪かったのか(笑)

答えは死ぬまで出ないかもしれないけど、二人はちゃんと結婚生活を続けています。

矢木も二人の子供のお父さんになって・・・しかもことのほか良いパパをやってるそうで。

結婚式の後、新潟の友人のところへ行くため磐越西線という電車に乗っていた。

暮れなずむ車窓の景色を見ながら、「あぁ・・ナミナミはこれからここで暮らすんだなぁ」と思った時、不覚にもグッときてしまった。。

確かに田舎・・・こちらに比べればね・・・のどかな田園風景が続く景色の中、生活していくだろうと想像した時に泣けました(なんでかな?意味はわからんのです)

その涙が出てきたその景色を奥にも見せてあげよう・・・何年ぶりかにナミナミに会わせてあげようと、来月福島まで足を伸ばすことにした。Dscf0002

『会えるの?!』喜んだ奥を見ておいらも喜んだ(笑)

会いたかったんだなぁ・・・友達だもんなぁ。

あ・・・そうだ・・・矢木がナミナミのご両親に挨拶に行ったその折、彼女の実家があまりに田舎なんで驚いたそうだ。

ナミナミの実家は青森県八戸・・・そんなにすごい所なの?おいら知らないんだけど・・・。

と、言うわけで“朝ラー”など美味しいお店を教えてくださいませませ。

|

« 吉報 | トップページ | ・・・痩せた »

★友達のこと」カテゴリの記事

コメント

私は友達ですか~?

えー、さて。矢木さんとナミナミさんの出逢いも運命的な出逢いですね~。
ステキだわー。

磐越西線ということはー。会津方面ですか???若い頃会津高田町という所に住んでいる人とお付き合いしたことがありますよ。
会津には美味しいラーメン屋さんがたくさんありますよ!

投稿: しも | 2006年7月27日 (木) 22:57

しもさん、こんにちは。

まさに運命的なものになってしまいましたねぇ・・・うちの奥は元々矢木のコトが嫌いだったもので、当初はこの結婚を憂いでいましたが、今となればね。
幸せならそれでいい♪

会津はいいですねぇ・・・白虎隊魂がいきづいてる・・・おいらはあの結婚式の午前中ひとり飯盛山に登りまして、白虎隊の彼らの墓前で涙しました。

おいらってば泣いてばっかじゃん(笑)

投稿: ホッシー | 2006年7月28日 (金) 12:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/11116390

この記事へのトラックバック一覧です: なれそめは・・披露宴:

« 吉報 | トップページ | ・・・痩せた »