« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

サヨナラの重み

いんやぁ・・・席立てなかったっす。

竹内まりやの歌がまたハマリすぎちゃってて・・・あぁ~泣けた。

『出口のない海』

こうゆうの弱いなぁ・・・でも観ないわけにはいかないんだよな。

.

天をめぐらし戦局の逆転をはかる。

死を条件とした作戦は行わなかったはずの日本海軍が、いよいよ追い込まれ最後の最後に取った作戦がこの人間魚雷『回天』

ひとりの命と引き替えに敵艦一隻を撃沈させようというもの。

夢を持ちながらも志なかばで逝かなければならなかった若者たち。

なんたる残酷な作戦か・・・。

昨年公開された『男たちのYAMATO』にもあった、勝てないと知りながらも特攻していく意義ってのはこの映画でも同じ理由付けだったな・・・。

.

それにしても特攻直前の「さようなら」

お互いにどんな想いで発していったのか。

.

なんだか・・・「さようなら」ってやっぱり悲しい言葉だなぁ・・・。

.

余談だが、この映画あまりに評価が低すぎるような気がする。

ぜひ観てもらいたいなぁ・・・・せめてプロモーション映像だけでも⇒出口のない海

| | コメント (4) | トラックバック (0)

さぼっちゃった

『元気にしてんの?』『なんかあったの?』

心配してくださったみなさん・・・ありがとうございます。

あらためて言うのもなんですが・・・さぼりです(笑)

mixiの日記と違う内容のものをこっちでは書きたいと思うのですが、どうしてもmixiでチカラ尽きてしまいます(要するに眠くなっちゃう)

mixiに入会し、おいらを探し出してくれた人なんかもいて・・・気にかけてもらえるってのはありがたいです。

あーーざっす!

とりあえず・・・元気です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

意外にてこずって・・・

九州へのツアー探索。

これがですねぇ・・・なかなか面倒くさくなってきましたわん。

お金出せばあるんですよ・・・お金出せば。

これを安く行こうとすると、アッチはいいけどコッチがなぁ・・・コッチはいいんだけど、アッチがなぁ・・・みたいに帯に短し襷に長しって感じ。

しかもまだ2週間もあるじゃん!くらいに思ってたのですが、こうゆうツアーは10日営業日前で締め切りとのこと。

もうタイムリミットじゃん。

さらには・・・鹿児島に行く前に長崎にいる友人にも会いに行こう・・・やっぱ2泊3日じゃなくて3泊4日にしよう・・・とかってどんどん面倒になってくる(笑)

さて。。。おいらは本当に行けるんだべか?

そうそう・・・この九州ツアーが11日~14日・・・その前の日(10日)に長野の小布施に栗を食べに行こうと両親や妹と約束しちまったんですよぉ・・・朝5時出発で。

ちょっとハード過ぎやしませんかっつーんだい!

あっっ!!

岩崎さんとゴルフに行く約束をしてたよ・・・確か11日。

まっ・・・いっか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

約束を果たそっと。

Tsubame800_svga ←九州新幹線『つばめ』

先日、西村京太郎先生の記念館に行ったら先生自身が乗られてるビデオが放映されてました。

かっこいいね・・・これ。

おいらは鹿児島に友達がいます。

なにかとおいらを気にかけてくれるいい奴です。

2年前、父が肺がんの手術をした折、元気になったら鹿児島の友達(父の唯一の同級生)に会いに行こうね・・と励ましたのをきっかけに鹿児島に行こうと盛り上がりました。

が・・・本当に元気になった時には「いやだ」と言いやがります。

むかつくーーーー!

おいらいつもこの両親にウソばかりつかれてきたんだ・・・思いついたことをすぐ口にする・・・それをすぐ真に受けるおいら。

あのね、鹿児島の友達に行くって言っちゃったの・・・行かないわけいかないの・・・約束しちゃったの!

そんなのおかまいなし・・・約束を守るってことをあまり真剣に考えない人たちだから話にならない。

今回ね・・・10月に有給消化をしなくてはいけない・・・まとまったお休みが取れる。

んで・・・鹿児島に行こうかなと思います。

一人旅なんだよなぁ・・・大丈夫かな(笑)

どのツアーに申し込もうかなぁ・・・どこに行こうかなぁ・・・どこでご飯食べようかなぁ・・・もう旅は始まっています♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ご祝儀!

ひさびさ先輩ネタ。224727401_202

おいらにささやかな祝い事。

『おいホッシー。祝ってやる。午後から会社休め』

「まじっすかぁ・・・いきなりっすかぁ・・・はぁ・・・」

どうしても今日じゃなきゃいけない・・・明日じゃダメ・・・今日じゃないとダメ。

なぜ明日はダメなのか・・・理由は簡単・・・今日がいいから。

『な・・・横浜行くべ・・・美味いもん食いに行くべ』(本人はまったく食べない)

「じゃあ、太田なわのれんでもいいですかぁ・・・牛鍋の店」

『うんうん・・・いいよ・・・どこでもいいからとにかく会社抜けるべぇ』

『ホッシーーータクシーで行こうよーん・・・歩くのやだよぉ』

「この時間混むじゃないですか・・・道・・・電車で行きましょうよ」

『しょーがねえなぁ・・・んじゃとりあえず平塚駅までな、な・・・・あっタクシーーー!』

もうつかまえてる・・・その後もタクシーの中『なあホッシーちゃん・・・このまま横浜まで行っちゃおうよぉ』

「ダメですって・・・ランチなんだから・・・間に合わないと困るでしょ」

駅に着き切符を買いホームに下りる。

『おーいホッシー!こっちこっち!』

「そこはグリーン車ですよ」

『いいじゃーん・・グリーンで行こうよん』

平日昼間・・ガラガラの電車・・・おいら達だけを乗せて走るグリーン車両・・・あぁ無駄だ。

『場所わかってんのかよ?』電車を降りたずねる先輩。

「はっきりわからないんですけど・・・伊勢佐木町歩いていけばわかりますよ」

『えぇーーー場所も知らねーの??   タクシー!!』

歩くの大っ嫌いな小宮先輩。

その後飲みまくる小宮先輩・・・連れまわされるおいら。

初めて行ったお店で付いた女の子と長崎に行く約束までしちゃって・・・その航空券の手配までさせられちゃって・・・・。

航空券2枚分で109000円支払い。

ランチが16000円。5555

帰りのタクシー代が10200円。

夕飯代が30000円。

その他飲み屋他に支払った金額が280000円。

おいらのお祝いと称し、湯水のごとく遣いまくった先輩なのでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

愚痴・・・ぐち・・グチ。

今日はグチですよ~

愚痴の嫌いな方・・・読まないでくださいね。

おいら以前チャットをやってました。

そこではいろんな友達ができました。

ご飯食べに行ったり、ディズニーランドに行ったり、東京タワーで夜景を見たり・・・いい仲間がおりました。

中でもわりと近くに住まれてた方とは競輪場に遊びに行ったり、カラオケに行ったり、その方自身離婚のことで悩まれてたり、子育てについて悩まれてたりしたんで、個人的に相談を受けたりもしました。

仲が良かったの?と聞かれれば良かったねと答えるのが正解だと思う。

ただ・・・ふか~~いお付き合いはぜんぜんなかったので、誰かに後ろ指さされるようなことはない!と胸を張っていいたい(ご飯食べるだけでもダメでしょ・・と言われればその通りかも)

ところが・・・この方に彼氏ができて・・・またこの人が言わなくてもいいことまでこの彼氏に話した。

元々ヤキモチを妬かせることが好きな人なんだよねぇ。

で、この彼氏が異常なほどのヤキモチ妬き。

おいらに対して恐ろしいほどの憎悪をむき出しにしてきた。

メールやおいらが開いていた掲示板に嫌がらせをしてきたり・・・・。

彼女は「ごめんなさい、ごめんなさい」と何度もあやまってきたが許せるはずもなかった。

それからしばらく縁が切れたようになっていたが、いつだったか再びメールがきて(「元気?」みたいなもの)ヤフーのメッセンジャーとかチャットとかしてるんだけど話せない?とたずねてきた。

「そのうちね」とぐらいに答えていたが、さらにはmixiをやってるんだけど紹介するからやってみない?と言ってきた。

しかし・・・その彼氏に懲り懲りしていたおいらはトラブルを避け、他の子から紹介を受けた(ちょうどその子とmixiの話をしてたんでね・・)

で、mixiを別口でやってるから紹介はいらない・・と告げるとIDを教えろと言ってきた。

『もうトラブルはごめんだからさぁ・・・あんなの友達登録すれば一発でわかるじゃん!』と拒否すれば「最近はもうぜんぜん会ってないし、その彼はmixiを知らない」と答える。

(それでも教えなきゃいいじゃん・・・ですよね?)そこまで言うなら・・・と教えた。

mixiはね、友達登録をすると相手の紹介文も書いてあげられるんだ。

その紹介文も書いた・・・彼女もおいらに書いた。

お互いの日記にコメントを書いたりもした。

.

それが昨日・・・「ごめんなさい。彼氏にミクシィのことを話したらホッシーさんとの友達登録を消さないと、またホッシーさんの日記に(悪口を)書くぞと脅かされた・・・だから登録消します」とメールが入った。

正直・・・その人との縁が切れるのは願ったりだけど、おいらのmixiは傷がついた。

今まで友達のようにあった人が忽然と消えるんだ。

他のmixi友達もなんだろう?と思ってるだろう。

紹介文を書いてくれたもののうち、ひとつが突然消えるんで明らかに不自然。

.

あ~ぁ・・・やっぱり関わらなければよかった。

だいたいさぁ・・・自分は女房いながら独身の女と付き合って・・・それだけだってムシがいいじゃねーか・・・なんで過去の交友関係までつっつくんだろ。

まあねぇ・・・こうなることがわかっていながら話す方もバカだけどね。

| | コメント (10)

すごいことだよ!

Yamamoto プロ野球セントラルリーグ天王山・・・中日vs阪神の試合で中日・山本昌投手がこともあろうにノーヒットノーランを達成した。

大事な大事な試合での快挙・・・41才での大記録達成にドギモを抜かれた。

この山本昌投手・・・実は神奈川県の日大藤沢高校出身。

もちろん当時は高校球児として甲子園を目指していた一人だ。

さて・・・同じ年、同じように高校球児として神奈川県の大会を戦いぬいた人が身近にいる。

おいらのブログではすっかりお笑い芸人と化してしまったO氏だ。

このところギックリ腰なんかしちゃってねぇ・・・すっかり元気ない・・・冴えないのよ~

ところがこのO氏・・・実はこの山本昌投手から公式戦でヒットを打っている。

昨日阪神タイガースの選手が誰ひとりヒットを打てなかった山本昌投手からである。

しかも大会終了後は神奈川選抜の一員としてこの山本投手らと共に韓国選抜チームと戦ったこともある野球エリートなのである。

なんか今日しみじみその話をしててね・・・現在の年収はだいぶ違うけれども、野球の才能では負けていなかったかもねぇ・・・などと思ったものだ。

お笑い芸人のように扱ってごめんね・・・O氏♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

mixi依存症

最近ニュースでも度々取り上げられるmixi

先日は株式も上場され、今や注目度もピカイチだ!

ところが、ここのところよく言われるのがmixi依存症・・・これはもう病気です。

mixiで言われるところの日記・・・つまりはブログみたいなもの。

これにコメントが書かれないと、寂しくていられない・・・ってな症状。

コメントが書かれないのが怖いので、いろんな人の日記にコメントをしにいく。

さらにはマイミクシー・・・つまりはお友達登録も少ないと不安なので、たくさんの人に声をかけ友達(実態は、みたいなもの)にしてもらう。

中にはマイミクが1000人を超える人もいるらしい。

こうなると誰が誰だかわからないよねぇ。

そして、そこまでいっちゃうと携帯電話でもチェックするようになり、一日12時間はmixiに関わってる・・・そんな風にもなっちゃうそう。

そこまでユーザーをはまらせるmixi・・・んでも、わからないでもない(笑)

同じ趣味・・・同じ境遇・・・同じ考えの人がわりと簡単に見つかる。Title1

こりゃ依存しちゃう人は依存しちゃうわ。

| | コメント (2)

川口さんを語ろう。

今日会社で川口さんを見てて、どうしてこの人はこんなに損な生き方をするのか・・と考えさせられました。

川口さんは会社からとっても嫌われています。

正確には会社の上層部の人間から嫌われています。

会社がAをやってくれと言えば、Bをやりたがります。

会社がBをやってくれと言えば、どうしてAをやった方がいいのかと説明しはじめます。

.

今日も加藤さんが川口さんに質問にきて「これはAでいいんですよね?」

そんな風に言われれば川口さんは必ずこう答えます。

『A?知らねーよ』

相手が困った顔を見せると『でもBだと、これはこうで、あれはあーで・・・ぶつぶつぶつぶつ・・・・だからBはダメなんだよ』

結局Aでいいんですよ。

「Aですか?」に『Aだよ』で済むんですよ・・・早い話が。

でも川口さんは簡単には答えてくれないんですよ・・・ここが嫌われちゃうところ。

入社して最初の頃・・・この川口さんに慣れてなくて(なんでこんな奴がいるんだよ)と思ってた時期がありました。

その答えが今なら出るですよ・・・神様がね、こんな風に人に接すると嫌われちゃうよ・・・って川口さんの体を通して教えてくれてるんですよ。

だから川口さんはおいらの前に存在してたんですよ。

そうゆうことですよ。

.

んじゃ、ホッシーもこの川口さん嫌いなのかよ?と聞かれれば実は嫌いじゃない。

おいらは知ってるですよ・・・川口さん離婚こそしてるけど今でもとても家族を愛していて、自分の小遣いや食費を切り詰めて養育費を払っているところとか・・・

頼まれると絶対にイヤだと言わずに何だかんだやってくれるところとか・・・

ケンカの仲裁に入って、どちらも傷つけずに(どちらにも気をつかう)終わらせるところとか・・・

本当はとても頭のいい、優しい人なんですよ。

ただそれを上手に表現できない。

だからおいらは嫌いじゃない!と言えます。

好きってわけでもないけど(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お父さんよ・・立ち上がれ!

皇室にも40数年ぶりに男子が誕生され、いよいよ男の時代がやってきた。

なんだかねぇ・・・今の男子たちを見てると歯がゆい。

お姉さんたちのご機嫌をうかがうようなことばっか・・・しまいには同い年なのに敬語を使っちゃったりして。

どうも女子が上、男子が下って構図が社会の中に成り立っちゃってるような気がする。

.

これもねぇ・・・おいら思うに親父と娘の関係が原因なんじゃないかと思うですよ。

今のお父さんは娘に気を使いすぎる。

アホか。

聞けば、お父さんが会社から帰ってくるとそれまでリビングでバラエティ番組を観てゲラゲラ大笑いしてた娘たちがスゥ~っとそれぞれの部屋に戻っていったりするらしい。

『お前ら!出て行くとこはそこじゃねーだろ!!家から出て行け!!!』と、なぜ言わない・・・お父さんたちよ。

.

言いたいこと我慢してんじゃねーよ・・・お父さんじゃねーか。

もし娘が親父の話に耳を傾けなければこう言ってやれ!

『おまえらがどんなにお父さんのこと嫌いでも、お父さんはお前らのことが大好きなんだからしょうがねーべ!!』と。

.

それから世のお母さま(奥さま)たち。

娘はあなたと同じ態度をお父さんに取りますよ。

あなたが旦那さんを大事にすれば娘たちもお父さんを大事にします。

あなたを守ってあげようなんて奇特な人は隣にいるご主人しかいませんよ。

私だっていざとなれば男のひとりやふたり・・・なんて考えてるとした大間違いです。

あなたを本気で愛してくれるのはご主人しかいません・・・本当です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

恐竜のたまご

今、我が家では恐竜がふ化しようとしている。

水の中に卵を入れておくと数時間後に恐竜が生まれてくるというものだ。

なにゆえ我が家に卵か?

おいらは一人っ子であるが、結婚して妹ができた。

この妹がとても優しい子・・・穏やかで気遣いのできる子。

彼女が結婚した時・・・いや、妊娠した時に、こうゆう子は女の子しか産まないだろうと確信していた。

・・・が、生まれてきたのがメッチャ悪ガキ。

例えばおもちゃ屋さん・・・欲しいものを買ってもらえないとすぐ寝転ぶ。

俗に言われる“駄々”だ。

これが最近じゃあまり見られないような見事な駄々をうつ。

駄々評論家の乙川さんにして『涙、目配せ、叫び声、手足のバタバタ、背中のソリ具合と、どれをとっても完璧だ』と唸らせたほどのいい駄々だ。

先日ファミレスに出かけた時の話・・・レジ前にあるおもちゃ売り場。

この甥っ子がさっそくその恐竜の卵を見つけた。

オーダー前にゲットする早業だ。

早く家に帰って水につけたい・・・ってな感じの甥っ子についつい意地悪を言ってみたくなった。

「その恐竜さ・・・すっげーでっかくなっちゃうんだよな・・・最近さ、みんな飼えなくなっちゃって川とかに捨てちゃうんだぜー」

『そんなことあるわけないじゃん』

するとうちの奥、よせばいいのに「だいたい4メートルくらいになっちゃうんだよねぇ・・・でもおばちゃんちじゃマンションだから天井つきやぶっちゃうと困るけど、向日葵(甥っ子の名前)のところは一軒家だからいいじゃん・・・雨さえ降らなければ」

これが効いちゃったな・・・。

『そんじゃさ、こんなの水につけなきゃいいじゃん』

『こんなのさ、返しちまえばいいじゃん』

しまいには妹のところに行き、泣きながら返すと言い出した。

薬が効きすぎたべ。

おいらが店員さんに尋ねる「この恐竜ね、あんまり大きくなると困るから返すって言い始めたんですよ・・・どのくらい大きくなりますか?」

店員さん、呼び出されて何を訊かれるのかと思えばそんなことで一瞬ポカ~ん。

でも我に返ったのか甥っ子に丁寧に説明しはじめてくれた。

それでも家に持ってかえるのだけは断固拒否する駄々名人。

ただ・・・中身の恐竜には興味深々だ。

そこで・・・薬を効かせすぎた責任ってのもあって我が家でふ化させ、あまり大きくならないようだったら返すという約束になった。

それまでは携帯で写真を撮り、写メールするという約束付き。

子供って本当、純真だねぇ・・・いろんなこと思い出させてくれるわ・・・・駄々っ子のくせに(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後の運動会

中三娘・・・幼稚園の頃から何度観にきたであろうか・・・秋の運動会が無事終了しました。

うちの娘はねぇ・・・勉強大好き・・・すごいんです・・・勉強のことばかり考えてます。

だけれども、運動会のことだけは別なんだねぇ。

今年4月新学年の始業式の日・・・帰ってきた娘の最初のひとことが「今年は運動会ダメだ・・・2組が強すぎる」

それが今回の運動会・・・娘のクラス3組が奇跡の優勝をしました。

Undoukai1 ←勝利した“四人五脚むかでリレー”

放送でも言っています「今の3年生は1年の時ニ人三脚リレー、2年の時三人四脚リレー、そして今年四人五脚リレーとレベルアップしてきました」

どんなレベルアップだ?

三人四脚競争、むかで競争、三人四脚むかでリレー・・・昨年のプログラムはひどかった。

全部一緒だべ?

まあ・・・優勝良かった良かった♪

そして・・・運動会といえばこの人、龍君。

この5月には妹さんを亡くしていてね・・・いつもの場所にシートを敷いてお母さんは応援していたけれど、去年まで座っていた妹のHちゃんの場所には今年はお父さんが座っていました。

学年選抜リレー・・・優勝候補の2組のアンカーとして臨んだ最後のリレー。

Undoukai2 ←今年、ドラマは起こりませんでした。

ひとりうずくまる龍君です。

天国にいるHちゃんに1番の姿を見せたかったのでしょうね。

でも・・・彼の活躍する場所は学校の運動会あたりじゃないんだから・・・もっともっとステップアップ・・・今後の君に、おいらは期待しています。

運動会が終わって娘と写真を見ていると『お父さん、龍の写真ばっかりじゃん!』と娘のお叱りの声。

そりゃしょうがねーべ・・・目線は常にスターにいっちゃうさ。

あ・・・君の目線はどこにあったのよ?と聞いてみたかったが・・・やめた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビギナーズラック

恒例の月一デート。

お相手はもちろん、最年少友人のコバとみっちゃん。

いつも通り、まずはメシ。

Keirin んで、今宵は平塚競輪場で行われてるナイター競輪へ。

少しずつ大人の遊びを教えていかないとねぇ~♪

ナイター競輪はお祭りのようで楽しい。

本当は何も食べずに行って、出店でいろんなものを少しずつ食べた方が楽しいんだよね。

おいらは磯チクを割り箸に刺して、品悪くたっぷりの醤油につけて食べるのが好きなんだ(笑)

さて、最終レース。

せっかく来たんだから100円、200円買ってみようか・・・ってことでオッズ確認。

「ホッシーさん、俺ぜんぜんわからないっすよーー」のコバに『誕生日でも買ってみればいいじゃん!』とおいら。

「当てるには複勝の方がいいですよねぇ」とみっちゃん。

そりゃそうだ・・・1着と2着をきちっと当てる単式より、1着でも2着でもいい複式の方が当たる確率があがる。

競馬に覚えのあるみっちゃんがコバにそうアドバイスしてる。

コバの誕生日が8月29日。

で、コバは2-9と8-2-9を百円ずつ購入したらしい。

ここでおいら『こばぁ・・・8-2-9の三連単(単式)なら10万円つくぞ』おいらが何気に一言いう。Keirinrece

みっちゃんもおいらも少々購入・・・レース観戦だ。

そしてゴール・・・結果・・・なんと1着2番、2着9番、3着8番。

つまりは2-9-8。

Keirinharai コバはニ車複も三連複も的中だ・・・二車複の方は510円だが三連複の方は8000円もの払い戻しだ!

『すっげぇーーーー焼肉だっ!』

ところがコバ・・・「ホッシーさんが10万って言ったから単式の方にいっちゃいましたぁ~」(なんですとぉ~~)

10万円夢見て8000円取りそこないました・・・まぁ、勝負師だわ・・・将来が楽しみ(笑)

それでも帰り際コバにお茶をご馳走になり、次の店に。

その前に伊勢原のバッティングセンターで小腹すかせていこうぜ~Koba_1

ここでもサッカー小僧のコバは野球初体験。

初めて振ったバットで打ち返していました・・・ここでもビギナーズラック・・・よく当たる。

「野球楽しいっすね~バット買っちゃおうかな」

本当、楽しむことを知ってんだよねぇ・・・コバは。

2軒目のお店で腹ごしらえした後はとあるお店へ・・・ここで今日最大の集中・・・本日最長の時間をかける(笑)

思い思いのショッピングを楽しんだあと解散となりました・・・純粋に楽しかった・・・こんな夜もいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

存在する理由(わけ)

高校野球・・背番号18番。

ベンチに入れる最後の選手である。

たくさんの部員の中から、この18番目の選手を選ぶ時、自分が監督だったら何を基準に選択するだろう?

17人目までは本当に試合で使いたい選手・・・18番は、力は落ちるもひたむきに頑張った選手を温情で・・・そんな風に考えたりしないだろうか。

.

・神屋高校の18番、梅桜君。

彼は万年三塁コーチ・・・3年間一度も試合に出たことがない。

しかし・・・監督の信頼厚い好人物である。

.

甲子園大会・予選三回戦。

9回裏、神屋高校最後の攻撃・・・二死ランナー一塁二塁。

バッターボックスには今日まったく当たりのない9番沢田君。

ここで神屋高校の監督・・・代打に万年三塁コーチの梅桜君を起用した。

三年間頑張ってきた梅桜君の初打席だ。

誰もが思う・・・温情だ・・・最後の試合に最初で最後の打席を与えてあげたのだろう、と。

しかしこの梅桜君・・・ヒット狙いの当てに行くバッティングなど毛頭考えていない。

好投手の北島君相手に初球から思い切りフルスイングだ!

そして3球目のストレート・・・フルスイングされた打球は高々と舞い上がりレフトスタンドに吸い込まれていった。

この奇跡に周りは言う『3年間補欠でも辞めないで頑張ってきたから、ご褒美に野球の神様が打たせてくれたのね』と。

しかし・・・違うのだ。

この子にはこうゆうことをする力があったのだ・・・何かをする能力を秘めていたから監督は18番目にこの子を選手として登録したのだ。

そこに存在する理由(わけ)ってのがちゃんとあったんだな。

ま、これはマンガの中の話しなんだが・・・(あぶさんより)

.

さて・・・昨日まで自分の隣りにいたあの人。

今日からはもう、そこに座ることはないけれども、あの人が自分の隣りにいたのはそれなりの理由(わけ)があるからってもの。

神様が自分の隣りにあの人が座る席を与えたのは、自分にとってあの人が存在する理由(わけ)があったからってもの・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

かけがえのない時間

『死ぬまでこの気持ちは変わらないよ・・・』

ドラマや映画でも言えないような恥ずかしいセリフであるが、恋をする二人にはすんなり受け入れられる言葉なのか。

しかし・・・永遠なんてものはこの世にあるわけもなく、その想いもいつかは枯れ果てる。

『あんたに費やしたこの数年間・・・どうしてくれんのよ(どうしようもないべ)時間を返してよーー(どうやって?)』

別れはやがてくる。

いちばん辛い別れは、あの松田聖子が言った伝説の言葉『今度生まれ変わったら必ず一緒になろうね』・・・こんな気持ちのまま別れること。

これは後を引く・・・生まれ変わったら一緒になるなんて・・・今生(こんじょう)でもなかったものが来世になんてあるはずもない。

だったら!!・・・いっそのこと憎しみあって別れた方がすっきりするってもんだ。

・・・じゃ、ねーの?

しかーーし・・・上のようなセリフを言ってはいけない。

「俺がやったヴィトンのバッグ・・・こうなったからには返してくんね?」これはいい。

だが、時間はダメ。

時間は相手のために使った時間ではない・・・自分のために使った時間じゃん。

少なくとも一時は好きになった相手・・・その人がいてくれたからこそ幸せだった時間。

ひょっとしたらその人がいなければ恋など一生縁のないものだったかもしれない。

恋愛の素晴らしさを生涯知らずに一生を終えたかもしれない。

『彼のためにきれいでいたい』  「あいつのために頑張る」

そう思った時間は決して無駄ではないし、これからの人生にも生かせるはず。

それはかけがえのない時間であったのだろう・・・と、おいらは思う。

.

追記   例えばこれを読んだ娘よ・・・・

こんなことを書いたのはフと思っただけで、父に何かあったからではないぞよ。

余計な心配することなぞなきように・・・(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

かぼちゃプリン

Kabocha 何気なくYAHOOで見つけたお取り寄せスイーツ。

富良野プリンシェフ・甲斐宏知が作るカボチャ&バニラプリン

達人がお薦め!とあったのでサイト見てみたら、あまりにも美味しそう!ってな写真に思わず買ってしまいました!

6個で3000円・・・1個500円はいい値段だなぁと思ったのだけれど、もう止まらなかった(笑)

ところが・・・・これが大人気なようで・・・・。

11月末までの販売はすべて終了。

12月2日発送分が13セットの残り。

あわてて発注し、もう一度見直してみればすでに残り10セット・・・・ネットの威力か!

たった数分で3セットが・・・。

そして今見たら12月2日分は在庫切れとなっていました・・・すごっ!

現在12月9日分発送のを受付中・・・残24セットとなってました。Foodhokkaido_1911_6960829

気になられた方・・・・こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みんなが笑顔で♪

2006090604689879jijpsociview001 『紀子さま、男児ご出産』

列島を喜びの渦に巻き込んだ、うれしいニュース!

おいらは社員食堂で200円のうどんを食べながら知りました♪

なんともうれしい♪♪

『帰ってまいりました』紀子さんの言葉がまたグッとくる。

他人の家のこと、他人の奥さんのことでありながら「よく頑張ったね・・・おつかれさま」と心の中で言ってしまいました。

ニュースで流れるみんなの笑顔。

ただそれだけで、いいなと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大内宿

Outi 南会津にある昔ながらの趣を残した観光地『大内宿』

お祭りのようで楽しかった。

手作りのお土産から民芸品・・・特産の野菜や果物、蕎麦にかき氷。

どこの店(民家)もにぎわっていてその場所にいるだけでわくわくします。Outimanju

おいらが気にいったのが・・・ま、食べ物の話でもうしわけないが(笑)

Kuri_1 焼き栗・・・それと天ぷらまんじゅう。

もともと栗が大好きなおいらだが、このただ焼いただけという栗が最高に美味しかった。

そうそう!栗ってこんな味・・・栗ってこんな香り・・・よくわかります。

それから・・・

Outimiyage ←ひとめ惚れ。

携帯ストラップ(得意中の得意(笑))

ほおずきと赤とうがらしの手作りストラップです。

これがメッチャかわいいんだよねぇ・・・思わず買ってきちまいました。

あとは・・・民家の前に流れる小川。

ここにカゴを置き、トマトやきゅうり(ラムネ等ジュースなんかも)などを冷やしそのまま食べさせてくれるんだよね。

何の飾りッけもない・・・素材の味ですねぇ。

(すいかなんかも冷やしてあって・・・食べたかった~)

最後に・・・これは民家じゃないんだけど、入村してすぐ左側に桃を売ってるご夫婦がいます。

ぜんぜん商売ッ気がありませんが、確かに桃を売ってます。

福島産の白桃です・・・・値段はそれぞれ・・・いい値段のものもあります。

我が家で買ってきたのが12個で1200円のもの。

これが多少キズがあったりするんで、お使い物にはできないんですよ。

ところがこの桃・・・メッチャクチャ美味いですからー!!

美味しくなくても1個100円だし・・・くらいで買ってきちゃったものだからお店の名前も何もわからん。

うちの両親も「あそこで桃を送っちゃえばよかった」と後悔してましたが後のまつり。

おちてますねぇ・・・お宝が。

あちこちでお餅なんかも売ってるんで会えるかもしれませんよ・・・ご隠居と八兵衛に(笑)

大内宿の紹介サイトです⇒こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俺はジャイアン・・ガキ大将♪

さて・・・計画では今頃富士山にいるはずのおいらが、なにゆえ会社にてブログの更新なぞしているのか。

それはね・・・5日早朝から大切な用事ができてしまったからなんだよ。

登山計画が3日4日であれば問題ないじゃん・・ってな声も聞くことは聞いたが、富士山行くと眠れないしねぇ・・・さらに筋肉痛なんか出たら(まだ若いから~)とてもじゃないが支障があるんよってことで自重しました。

今回、最終的にはメンバー4人。

おいらが抜ければ3人になるわけだけど、2人は2年前においらと一緒に登ってる経験者であるし、そもそもたったひとりで登ってる人もいっぱいいることを考えれば何ら問題ないでしょ。

だのに・・・だ。

「ホッシーさんが行かないならやめようよ・・・」と驚きの弱気発言。

「俺、ホッシーさんが行かないなら行かない!」

「俺もホッシーさんが行かないならやめる!」

「あ・・・んじゃ・・お、俺も!」

みたいな・・・・あーた、小学生かっ!

おいらはいじめっ子か・・・ジャイアンかっ!

いじめっ子に無理やり「今度富士山登るからお前達も絶対来いよ!来なかったらひどいからなっ!」と無理やり誘われ、そのいじめっ子が行けなくなったから、また仲間はずれにされたくないばかりに「やめる発言」するような・・・。

ま、いちばんいけないのは行くと言ってて行かなかったおいらであることには違わないんCharacter_img_04 だけどさ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悲劇を生んだ距離

15年ほど前、友人の結婚式で会津を訪れ飯盛山に行った時、自分の子がその年代になったらぜひ連れてきてみたいなと思っていた。

今回はその絶好のチャンス!

ま、ことが戦争の話だけに本人が何も感じないというならばそれでいいし、何かを感じてくれればそれにこしたことはないの考えでの再訪となった。

白虎隊は16~17才の少年剣士たち。

本来ならば会津藩の将来を見据えて日々勉強をしているはずの子供達だ。

これが結果悲劇の主人公となってしまう。

戊辰戦争で西軍に圧されていった会津藩はいよいよこの少年達を戦場へと送り出すまで追い込まれていった(実際はこの子達よりも年下の子達も戦死している)

悲劇というのはね、小さな偶然がいろいろ重なって起こるんだよね。

本来であれば戦場まで行くはずのない彼らが指揮者とはぐれ「このまま犬死にするのはごめんだ」と少年の考えで戦いの場に赴いてしまう。

隊の半分を戦いで失った彼らが行き着いた場所がこの飯盛山。

『会津は負けたのか?』『会津が負けるわけがない!』そういった葛藤の中、飯盛山から市中を見れば、炎に包まれたような会津鶴ヶ城。

この火が彼らに会津陥落と印象付けてしまったようだ。

そして行き場を失った彼らの選択が自刃。

おいらはね、どうして16才やそこらの少年達が死ななければいけなかったのか・・・そしてそのように見えてしまった距離というのにとても興味があって飯盛山に登った。

Byakko ←自害した場所にある白虎隊の像

そしてそこから見える鶴ヶ城がIimori

鶴ヶ城の中心に赤いポールが立っている。

これが悲劇を生んだ距離。

実際は会津藩老中・西郷頼母の家屋敷を焼いた炎(西郷頼母の妻・娘たち婦女子24人が足手まといになってはならぬと壮絶な自害をした建物を西軍が焼き払った)だったわけだが、この距離から見れば城が燃えてるように見えてもやむを得ない。

戦後生き残った藩主・松平容保公も「その忠心は後世まで忘れられることはない」と賞賛したという。

そんな白虎隊魂・・・娘はね「ならぬことはならぬものです」という言葉がひどく気にいったようで・・・息子ナルピーは・・・・次の世代までおいらが語り継げよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

少しは旅行記

旅の記事・・・食べることは有り余るほどのネタがあるのだけれども、景色その他はほとんど写真に残っておらん。

なんせ・・・SDカードが256Mだもんで、いっぱい撮れないんだよねぇ~~

Kinugawa ←その中でも残してきたこの人。

鬼怒川ライン下りの船頭さん・・・本人船頭になって3日目だと言ってました。

それにしても面白かったですわ~~♪

えっとねぇ・・・ディズニーランドのジャングルクルーズの船長さんみたい。

あ・・・この船頭さんに言わせると「あっちが全部パクってる」と怒っておられました。

この方の面白語録・・・思い出す限り。

『鬼怒川の水きれいでしょ?特徴は色・・・緑色・・・・バスクリン入れてます・・・金かけてます』

『あそこ辺りがサスペンスドラマでよく使われてる場所ね・・・でもあんまり水が多いと撮影できないの・・・死体役がね、本物になっちゃうでしょ』

『船頭さん・・・それぞれトークは自分たちに任されています・・だから何言っても自由なの・・・でもね50代の船頭さんはやめた方がいいよ・・・ここは北関東だからね、訛りがきつくって何言ってんかわからないよ・・・それからね話題が年金の不安と日々の生活の愚痴ばっかり聞かされちゃうから・・・』みたいな。

それと上の写真ね・・・ビニールを上げてるでしょ・・・あれね水しぶき避け・・・『濡れるも濡れないもお客さんのやる気次第だから』とも言っておられました。

スリル満点のライン下りも最後は連なってモーターボートに引っ張られていきます。

こうなると何も仕事がなくなる船頭さん・・・『仕事が終わったんでもしね、写真を撮りたいって方がいたら手を上げてください・・・いいですよ』と言ってくれたので「はい!」と手を上げたらポーズ取ってくれました(笑)

料金は一人2500円・・・ホームページの割引券か旅館で予約をしてもらうと200円割引です。

おいらたちが行った時間は満席となっていたので、この時間ってのがあれば予約していった方がいいかもしれません。

あとはこれから紅葉の季節・・・・それと青葉の季節・・・最高だと教えてくれました。

楽しいですよ~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »