« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

あんた、関係ねーじゃん・・・!

先日、某近所のコンビニの前で事故を見た。

コンビニから出ようとした乗用車とコンビニの横の道に左折してきたトラックが接触したものだ。

出会いがしら・・・ありがちな事故だな。

ただ・・・どちらが悪いかといえば一目瞭然・・・コンビニの駐車場からひょいと出てきてしまった乗用車が悪い。

最近自動車保険のCMで元F1ドライバーの中嶋悟氏に「事故を起こした時、冷静でいられますか?」と質問するものがある。

『無理だね』中嶋氏が答える・・・そりゃそうだ・・・冷静でいられるはずもない。

事故を起こしてしまった乗用車のドライバーは50歳前後の奥さんらしき人。

携帯電話で事故を起こしてしまったことを伝えてるようだ・・・相手はご主人なのかな。

かわいそうなくらい動揺してしまっている・・・そりゃそうだ・・・冷静でいられるはずがない。

一方、ぶつけられた方のトラックのドライバーは20代中頃のお兄さん。

仕事用のトラックで、正直どうでもいいような感じだ・・・笑顔も見れる。

そこに登場したのが45~50歳くらいの、いかにも世話焼きのオジサン。

両方から事情を聞いちゃったりしてる。

奥さんはご主人に警察に連絡するよう言われたらしく、「警察に電話していいですか?」とお兄さんに聞いている。『いいですよ』お兄さんも答える。

それでいいじゃん。

オジサン・・・あんたの出番じゃないよ・・・おまわりさんが来て、一件落着だよ。

だのに・・・おまわりさんにいちばん最初に事情を説明してるのがこのオジサン。

おまわりさんが奥さんにいろいろ質問している傍ら「そりゃダメだ・・・」「あぁ・・・それじゃあ、あんたが悪いよ・・・」と言っている。

動揺してる人に追い討ちかけるように・・・バカじゃないの?

『あのさぁ・・・あんたさ、おまわりさんも来てることだし関係ねーじゃん!いい加減でしゃばるのやめなよっ!!』

おいらついつい言いそうになってやめた・・・おいらも関係ないんじゃん。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

地下鉄(メトロ)に乗って

Metromovie 映画『地下鉄(メトロ)に乗って』観てきました。

なぜ?

それはね・・・堤真一が好きだから・・・それだけ(笑)

おいらこの堤真一さんはNHK大河ドラマ『武田信玄』で信玄の嫡男太郎義信を演じてた頃から気になっててね。

『すっげぇーーやな奴』ってな印象を最初から持たせるような役者さんは、やっぱり存在感あるんだよねぇ。

さて・・・今回書きたいのは映画のことでも、堤氏のことでもない(笑)

彼が映画の中で、さりげなく使用してたのが“IWC(インターナショナルウォッチカンパニImg10622084873 ー”の時計。

この映画は自分が生まれる前のお父さんに会いに行くというもの。

その若き頃のお父さんに差し出したのがこのIWCの時計。

そして何十年も経った現在までお父さんがこの時計を大切にしていた・・・。

おいらは以前から小物と言われるようなものが好きでね。

例えば・・・ペンであったり、財布であったり、カードケースであったり・・・(だから持ち物がいつも多い(笑))

その好物の中のひとつが腕時計・・・それも機械式腕時計。

電池じゃなくゼンマイで動くものね。

クォーツと機械式の違いってわかりますか?

見てすぐわかるのが秒針の動き・・・クォーツはカチカチカチ・・一回一回止まりながら一周する。

それにくらべて機械式の方はツーーって流れるように動く。

これがいいんですわぁ~~

そして何よりの魅力が永遠ってもの。

時計を触れる職人さんがいれば永遠に止まることがない・・・修理して修理して使い続けることができる。

100年・・・200年・・・時を刻む時計が、その人の歴史をも刻んで一緒に生きてくる。

(やべ・・かっこいいこと言っちゃった)

IWCは最初に買おうと思った時計。

なかなか品がある。

おいら機械式時計初心者には必ずROLEXをすすめます・・・なぜならやっぱりイチバン壊れないから。

しかし、見てイチバン「おぉぉぉ」と思わされるのがブライトリングとジャガールクルト・・・そしてこのIWC。

フと目にとまった時計がこのIWCであったりしたら・・・おいらその人にひとめ惚れしますねぇ・・・(笑)

異性を見るときいちばん最初に見るところは?ってな質問に『腕時計』って答えるマニアはおいらだけじゃないかもしれませんよぉ~(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

トラックバック

あのですねぇ・・・先日来mixiを記事にしてから、やたらmixi関連のトラックバックを貼られるわけですよ。

それも内容がですね・・・mixiでお金儲け・・とか、mixiで人妻をナンパする・・とか。

お金儲けはさ・・・競輪や競馬の予想会社なんかもそうだけど、そんなに儲かる美味しい情報を他人に教える必要ないよ?

もったいないじゃん・・・儲かってる人はいくらでも儲けてくださいよ・・・人に教えちゃうと配当がさがっちゃうよ?

それからさぁ・・・ナンパ師さんね・・・あーた何で人妻限定なわけ?

OLさんとか女子大生さんに失礼でしょーが。

人妻ばかり食べてると栄養が偏っちゃうよ?

・・・そうゆうことじゃなくて・・・ナンパの仕方教えて全員がナンパ上手になったら、あーたが困るんでしょ?

だからさぁ・・・教えない方がいいよ。

・・・ってなわけで、おいらのブログにその手のトラックバックは一切不要です。

mixi関連のトラックバックは全て削除します。

えっとねぇ・・・すっごく腹立つだろうくらい容赦しません・・・ね・・お互いイヤな想いはしたくないでしょ?

だから貼らないでね・・・お願いね。

| | コメント (0)

本へ・・・実感。

今日、ココログからのお知らせといった記事で今回のモニター当選者の発表がありました。

続きを読む "本へ・・・実感。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お気に入りの店・・発見

今月は、一応結婚記念日を迎える。

少ない小遣いだけどねぇ・・・やっぱり形だけでも何か贈るべ・・・奥に。

う~ん・・・なにしようかなぁ・・・そういえば母の日に子供達からもらった安い財布を真っ黒にしながらまだ使ってたなぁ・・・。Tutiyatennai2

んで、狙いは財布。

それも赤いの(笑)

カルティエ?

そんなぁ・・・5万円もする財布買って、いくら入れておくのよ~(笑)

主婦が使うからいっぱいカードやレシートが入るもの・・・んで丈夫なもの・・・んで手触りのいいもの・・・。

そんなんをネットで捜索してたら、ある店を発見しました。Tutiyatennai1

土屋鞄製造所

こんなわかりやすい店名が他にありましょうや!

これがねぇ・・・ネットではほぼ売り切れ状態。

欲しい!と思うものは完売・・・なんだか気があせる。

ようやく探し出したのがこの赤いお財布。Tutiyasaifu2

Tutiyasaifu1 なんだか手帳みたいだけど、収容力もたっぷり・・・肌触りもヌメ革で抜群・・・値段も手頃ってことで即注文。

で、その後知ったのだけれど・・・この会社、2店舗あるうちの1店舗が何と鎌倉にある!

おいらが欲しい小銭入れはネットでは完売状態が続いている・・・ならば直接お店に行ってみようとバイクにまたがり遠征。

『あの!ネットでないものはお店でもないですか??』と訊ねれば「お店の在庫とインターネットの在庫はまるっきり違いますよ」とのこと。

Tutiyakozeni 『これ・・これが欲しいのですが!』とお願いすると在庫を持ってきてくれました。

あったぁ~~って感じ・・・うれしい。

お店の雰囲気もとても素敵・・・スタッフの応対もパーフェクト・・・いいお店です。Tutiya

どんな風になっていくか・・・しばらく注目です!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

原付でお散歩

九州で迎えてるくれる友人に何か湘南っぽいお土産でも・・・探しに鎌倉まで。

しかし3連休・・・車は動かねーぞぉ・・・かといって、電車で動くのもめんどい・・・で、出た答えがバイク。

確かにね、数十キロの行程となると車のが楽・・・しかし、自由に動き回れるバイクは湘南を走り回るにベスト!

今回はいつも走るルート134を避け、一本北よりの道を敢えて走ってみた。

これが楽しい楽しい・・・車だったら見つかるはずもないアノ店コノ店が見つかっちゃう。

感動的だったなぁ。

そしてね・・・何より停めたいところに簡単に停められる。

ゆっくり来てみたかったあの場所でゆっくり風を感じられる。

今日の湘南の海は穏やかでキラキラ輝いていました。

Umi

いつもは売り切れで買えない極楽寺名物のお餅が買えたり、一度写真におさめたかった極楽寺駅とポストも撮れた。Gokurakuji

むか~し勝野洋さんと長谷直美さんが出演してた『俺たちの朝』ってドラマ。

このドラマでよく映し出されていた“駅百選”にも選ばれた人気の駅だ。

Fujisan それと←この富士山は帰りの夕暮れ。

えっ?って思うくらい近所の橋から撮れた写真です。

バイクだから気づいた場所。

スクーターでのお散歩・・・なかなかに幸せな優しい時間です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

本になります!

メインブログであるこの『優しい時間』のアクセス数をはるかに越えるセカンドブログ『日々是完食』

このブログが今回、本になります。

・・・と、いってもですねぇ・・・niftyが展開するブログサービス“ココログ”が個人用に作ってくれるというもの。

決して本屋さんに並ぶような本じゃないんです(笑)

しかし!

今回なぜこんなタイトルで記事にしたかといえば・・・

https://www.nifty.com/cocolog/csp/  ←この企画。

個人でマイブログを本にしようとすれば、5000円くらいはかかるというもの。

その本をココログが負担して作ってやろーじゃねーかという企画。

これにおいら『日々是完食』を応募してみたわけですよ。

ココログをやってる人がどのくらいいるのか知らないけれども、モニター当選者はたった10人。

どうせ選ばれるわけがない・・・と思ってのひやかし応募だったんだけれどもねぇ・・・世の中わからないもんだ。

実際、本になって手元にくるまでは、あんまり実感ってのもないんだけど、今回のこの企画では3冊の本をくれるとのこと。

そこで1冊は自分用・・・もう1冊は予備用・・・そしてもう1冊を常日頃『日々是完食』を見てくれてる方に差し上げたいと思います。

「欲しい」と言ってくださる方・・・おいらにメールくださいませ。

もしたくさんいらっしゃるようでしたら・・・その時はその時考えます(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

癒しへ・・・究極の日帰り温泉

Chamekyuukei 御殿場にある『時の栖

ホテルやレジャー施設を抱える総合リゾートスポットだ。

おいらは呑まないが「地ビールの美味しい場所」としても大人気のところ。

ここには2つの日帰り入浴施設がある。

ひとつは『気楽坊

家族みんなで楽しめる露天風呂付きのよくある日帰り温泉。

そしてもうひとつが『茶目湯殿

今回行ってきたのがコチラ。

これが最高です!

今まで行ってきた日帰り温泉の中ではいちばん・・・いちばん帰りたくないと思っちゃいました(笑)

最大の特徴としては「18才未満入場おことわり」

つまりは大人だけの空間にしようとのこと・・・粋な計らないです。

温泉に浸かり、休憩所で静かにゲームなどを楽しみ、マッサージ機にかかり、お昼寝し、コーヒーやお茶・おまんじゅうなどの無料サービスをいただき、再びお風呂に入り・・・・

なんとも言えない時間・・・友人に『おいらさ、今なら誰にでも優しくなれるよ・・・』と、言っちゃうくらい・・・癒されました。

館内はとても静か・・・騒げない風が流れてますね。

ここはいいです。

Chameroten

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見上げてしまいまふ・・見とれてしまいまふ。

お友達とランチデート。

鎌倉だぁ・・横浜だぁ・・自由が丘だぁ・・と、いろいろ候補地はあがったのだけれど、行き着いた場所は新宿。

どうしても一度行きたかったホテルパークハイアット東京

この高層レストランでランチをしてみたかったんよねぇ。

あいにくの雨。

ひぇ~~平塚出る時は降ってなかったのに・・・『傘、入れて♪』

相合傘で昼間からホテルに向かうとは・・・・なんと淫靡な(笑)

.

Ent それにしてもこのホテル・・・カッコいいにもホドがある!Lounge

どこ見てもためいきばっかり・・・泊まってみてぇ~~

→右写真は41階のラウンジ。

ここでお茶するだけでも十分豪華な気分が味わえる・・・いや、この階で景色見るだけなら無料(タダ)

Denwa ←たかが、電話。

だのに、このかっこよさ。

今度はぜひ夕暮れ時から夜景を堪能してみたい。

できれば、自分の部屋から♪

.

このあと、このホテルを外から見てみたくて都庁へ。

道路をはさんで目の前。

都庁の展望室は何階だったか?

ここも無料(タダ)

ただ、エレベーター乗る前に手荷物検査してます。

「おカバンの中を拝見させてもらってまーす」

『ゲッ・・すいません・・NINTENDO DSとか入っちゃってて恥ずかしいんですけど・・・』と、おいら(笑)

エレベーターを降りるとお土産屋さんが・・・小学校の遠足で来た東京タワーを思い出す。

Kimuraya ←目が釘付けになった、携帯ストラップ

『かわいすぎる~~』

「買ってあげよっか」

それはまさに、お母さんと子供の図(笑)

このアンパン、ふたつに割れて中のアンコが見えるんよ♪

.

美味しいもの食べて、たっぷり景色を堪能して、たっぷりお話しして、お土産まで買ってもらって・・・いい、おのぼりさんであったな。

.

おいら本当、人にめぐまれる・・・感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おっぱい星人

会社で残業中、一本の電話。

『よもやっ!』勘は当たる。

「おいっホッシー!今、樹勢にいる・・・出て来い」・・・小宮先輩だ。

『今、残業してんすよぉ・・・』

「そんなの知ってんよーーだから会社に電話してんだろっ!(その通り・・おみごと 児玉清風)」

さらに追い込みは続く・・・「とりあえず15分までやってこい・・・そのあと3分で風呂に入って30分にはこっちこい」

ひぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ

『猪俣さーん・・・やっぱ帰る!』

“樹勢”に着いたのが45分。

小宮先輩「おめえさ、風呂、5分入んなかった?」

きびしすぎぃ(>_<)

『それよりさぁ先輩、さっきの電話の時タッキー(上司)が話し聞いてて、一緒に飲みたいって言ってたよ』

「いいよぉ(拒否の方の・・・O氏がよく使う方のいいよ)あの人来ると恥ずかしいからさぁ」

ところが偶然とは恐ろしいもの・・・ちょっと外に出た瞬間、自転車でフラフラとタッキーが!

結局3人で小宮さんお気に入りのクラブへ・・・・。

そして・・・飲まないおいらが初めて見たタッキーの醜態。

彼は小宮先輩お気に入りの店2軒から出入り禁止をくらってるツワモノだ。

4人付いた女の子、すべてのおっぱいに関心をもつ・・・・「いいなぁ・・それ」とおっぱいを指さす。

急に立ち上がる・・・『なにしてんの?』見れば上から女の子たちの胸の谷間を見ている。

そこまでは序の口。

ここからメチャ悪オヤジぶりを大発揮。

いろんな理由を付けては女の子に触りだす・・・恥ずかしい。

「ねえ、ホッシーちゃん、あの人上司なんでしょ~何とかしてよ~」隣りに座ってた女の子が言う。

『ううん・・・小宮さんの上司』

「えっ?そうなの?ホッシーちゃんの上司じゃないの?」

『違うよ(-_-)』

「だってホッシーちゃんって小宮さんと同じ会社でしょ?」

『そうだよ』

「で、小宮さんの上司なんでしょ?だったらホッシーちゃんの上司でもあるんでしょ?」

『小宮さんの上司だけど、おいらの上司じゃない・・・断じてない』

.

タッキーの隣りで困ってる女の子・・・そのヒザに水をこぼす小宮先輩。

「わりぃ・・・向こう行って着がえてこい」

助け舟だったのかな?

小宮先輩は女の子にだけ優しいからなぁ・・・・。

ってなわけで、おいらの上司ではないが小宮さんの上司タッキーTacky

バツとして写真UP→

| | コメント (2) | トラックバック (0)

前へ

先日あるバラエティ番組で耳にした『前へ』という言葉。

なんだろ・・・こんな三文字の言葉・・・すっごく胸に残ったんだよなぁ。

前へ

これはラグビーの世界ではあまりにも有名な明治大学ラグビー部監督の故北島忠治氏の座右の銘とする言葉だ。2004ani

思えば、明治大学のラグビー部は常に重量フォワード。

スクラムから前へ前へとトライに近づいていく。

パスをつなげ、相手のタックルを交わしトライするのだってラグビーの立派な攻撃であるが、この北島監督はあくまで重量フォワードで押すことにこだわった。

「そこに障害物が発生した時、横に流れたりステップを踏んでかわしていく生きかたもある。

しかし、僕の考えは違う。

とにかくゴールに向かって一直線に走る。

とにかく真一文字に突っ走る。」

時に、目の前にトラブルが発生した時には避けて通りたいと思いがちである。

避けることによって確かにその場は逃れられるかもしれない。

でも、根本的な解決にはなにもならない。

そのトラブルを越えることによって次のトラブルに正面から立ち向かえる勇気やチカラを蓄えることができる。

なんかね・・・『前へ』・・・こんな短い言葉なのに、こんなこといろいろ考えさせられちゃっDsc00015 た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »