« おめ・・・うっせーんだよっ! | トップページ | 子供と接するに・・・ »

同期の絆

10月17日から2週間以上にわたって行われてきた会社の研修も今日で終わり。

いんやぁ~長かったよねぇ・・・途中、横浜まで行かされたりさぁ。

ま、おいらはおおむね楽しかったです。

まあね、研修だからさ、教える側に立つ奴の中にはヤナ奴もいますよ・・・そりゃ。

ってか・・・すっげぇーーヤナ奴だったわ。

でもさぁ・・・こうゆうのはね、「はい、はい」って言ってやり過ごしちゃえばいいわけよ。

威張りたいだけなんだから・・・・それが大人っちゅーもんでしょ。

今回のメンバー16人・・・14人は「はい」と言える人たちだったな・・・。

『そう思わない?久島君・・・彼らはえらかったよねぇ~~( ̄^ ̄) 』

おいらなんかさ、最後の3日間・・・一度も目を合わせなかったよ~~おいらもえらいよねぇ・・・徹底してて( ̄^ ̄) フン

で、最後・・・電車に乗るみんなとバイクで帰るおいらとは改札でお別れ。

『また会おうね~~』ひとりひとりと握手を交わし、お別れしたのでした。

あ~ぁ・・・たかだか2週間あまりでもねぇ・・・同じ目的をもった人たち同士ってのは何となく団結するっていうか、情がわいたりするもんで・・・。

いいおっさんたちが、メアドの交換してる姿なんてのはとても微笑ましかったですわ。

特に自分のメアドを出せない足沢さんなんて、微笑ましいの極致でしたわ(笑)

家に帰ってからもメールのやり取りで・・・「お世話になりました」的な。

それでもあれだ・・・こんなにメールが来るのは久しぶりだわ。

あの篠原さんが、あの遠藤さんが・・・あの顔で、あの成りで携帯片手にメールを打ってるかと思うとそれだけでおいらは癒されます。

愛すべき仲間たち・・・。

「5期生の絆は大事にしていきたいですね。」の折谷さんのメールにはグッときましたです。

これからもさぁ・・・仕事だからヤナことあるよ・・・そりゃ。

でもさぁ・・・みんなも頑張ってると思えばおいらも頑張れる。

いや・・・おいらだけが頑張らないってわけにはいかないのさ。

「ひとりで悩んだりしないで、ちゃんと言っておいで・・・・」の篠原さん。

この歳になってそんな風に言ってもらえるなんて・・・感激しました。

みんな・・・ありがとう。

PS 高橋君・・・またメールちょうだいね♪

|

« おめ・・・うっせーんだよっ! | トップページ | 子供と接するに・・・ »

▲ひとりこと」カテゴリの記事

コメント

2週間は長いね~

うんうん、いろいろあるよね

なんつーか
私も研修やる側で
ヤナやつになるのがイヤで
いつも葛藤してます(笑)

一緒に
苦しみ味わいたいよね
同じ目線でいかれなきゃ
プロじゃないぜええええ


投稿: こすずめ | 2006年11月 5日 (日) 00:50

ホッシーさん、研修お疲れ様でしたぁ。。
良かったですね、同期会(?)久しぶりに会うといいものです。。
同期に入ったってだけで分かり合えちゃうような気がしますもの。。

「ヤナ奴」なんですけど、どこにでもいますよね。。
「それ、違うでしょ!」ってことでも平気で通しちゃう人。。
そういう人には歩み寄りできまへん。。絶対に!!


投稿: 麗奈☆ | 2006年11月 5日 (日) 05:04

こすずめさん、こんばんは。

そっか・・こすずめさんも教える側だった(笑)

いや・・いいわけするわけじゃないですが、ほとんどの先生がいい方でした。
最後、車で帰られるところまで行き握手してもらった方もいたし。
中には・・・って、話です。

厳しいのはいいんです。
でもね、アッチはいいけどコッチはダメって奴には
『がるるぅぅぅーー』
おいらは敵意を向きだしにします。

そうゆうとこ直しなよって言ってくれる方もいますが、こうやって生きてきたんで今さらしょうがないです(笑)

投稿: ホッシー | 2006年11月 5日 (日) 19:19

麗奈さん、こんばんは。

ヤナ奴なんですけどね・・・
おいらがヤナ奴と思う方から見れば、おいらもヤナ奴なんでしょうねぇ(笑)
ヤナ奴と思う人にも友達がいるわけで、その人から見ればそのヤナ奴はヤナ奴じゃないわけで・・・あれ?
ま、そうゆうことです(笑)

投稿: ホッシー | 2006年11月 5日 (日) 19:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/12552672

この記事へのトラックバック一覧です: 同期の絆:

« おめ・・・うっせーんだよっ! | トップページ | 子供と接するに・・・ »