« クリスマスの夜に | トップページ | 大晦日の夜に・・・ »

天国からの手紙

P_3 毎度泣かされるこの番組。

でもどうしても観ちゃいますですわ。

「本当なのかよ?」と言われる方・・・ごもっともです。

自分で見えるもの、感じられるもの以外は信じられないという方にとっては“やらせ”という言葉も浮かんでくるのも仕方ない。

でも、おいらはそのまま受け入れたいと思います。

素敵じゃん・・・亡くなっても尚続く家族愛。

救われる部分も多いと思います。

今日も我が家、家族4人で観てました・・・奥は以前からこういったものは一切信じない人。娘かなぴーも半信半疑。息子なるぴーは「すげえな」と入ってる様子。そしておいらはもう入り込んでるって状態。

最後の漁師だった父からの家族への手紙のシーン。

4人で食い入るように画面を見つめてたわけだが、思わず「す す・・・」と鼻をすすってしまう・・・途端おいらを振り返る息子なるぴー。

『見るなよっ!』

「な~に言ってんだか・・・」

さらにはチャチを入れる奥

『台無しだな!』

「こんなのさぁ・・お父さんが書いた手紙じゃないんだからね。ちゃんと上手に書く人がいてさ~~」

って、涙してる横で敢えて言うこともなかんべーーよ!

あったく・・・やな奴( ̄^ ̄)

おいらは信じてますから。

“愛するとは最後まで責任をもつこと”

“楽しみは待つものじゃなく自分で創りあげるもの”

江原さんの言葉が胸にしみました。

それから船越さん・・・手紙読ませたらあなたより上手な人はいないわ(笑)

|

« クリスマスの夜に | トップページ | 大晦日の夜に・・・ »

☆観たこと」カテゴリの記事

コメント

私も信じちゃう人です。そしてオットは信じない人(笑)
全部じゃないけれど、お父さんがシートベルトしないで車に乗せたあのご家族のだけ見ました。
勿論大泣き。
私は江原さんにお願いして祖母と会話したいんです。

投稿: アールグレイ | 2006年12月27日 (水) 09:17

こんにちは!
私も受入派です。
番組はもちろん録画済み!
休みに入ったらゆっくり見て泣きます。
本来誰でもそういう力があるって言いますよね。
私はないけど・・

投稿: しも | 2006年12月27日 (水) 22:02

アールグレイさん、こんばんは。

あのお父さんは生活面でも江原さんに指摘されてましたね。
あの場面で亡くなった子供が言ってるんだけど・・みたいに言われればグーの音も出ませんよね。
お祖母さん、好きだったんですね。

投稿: ホッシー | 2006年12月29日 (金) 22:39

しもさん、こんばんは。

しもさんは江原さんの講演会にも行かれてましたよね。
チカラが湧いてくるのでしょうか。
おいらは江原さんとオペラ歌手の岡本知高さんが同一人物なんじゃないかと思ってました。
心の奥まで入ってくる話しかたをされますね。

投稿: ホッシー | 2006年12月29日 (金) 22:42

お久しぶりです。
我が家でも、かみさんが完全にはまっています。この番組も録画してあって、盛んに見ろ!って言われます。早口で説明してくれますよ、中身を。なので、見なくても分かるんですけども・・・
こういう分野は、カウンセリングの一種だと考えると、とても素晴らしいカウンセリングなんだろうと思います。
家族や親子について色々と考えられるいい機会にもなりますしね。
録画をゆっくり見てみますね。

投稿: 新橋オヤジ | 2006年12月30日 (土) 01:41

新橋オヤジさま

あけましておめでとうございます。
泣きました?(笑)
年明け早々泣くこともないか・・・。

さて、今年が新橋オヤジさんにとって、とても思い出深き良い年になりますようお祈りしてますね。

投稿: ホッシー | 2007年1月 1日 (月) 20:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/13214118

この記事へのトラックバック一覧です: 天国からの手紙:

» 天国からの手紙を見て 1【江原さん@スピリチュアル】 [江原啓之のスピリチュアルブームに思う]
仕事から帰ったのが夜12時。それから、録画しておいた「天国からの手紙」を見ました。内容が濃くて、一話見たところでお腹いっぱい、いや胸がいっぱいの気持ちになって休止しました。それでこのブログを書いてます。いや~、メッセージばりばりですね。こ...... [続きを読む]

受信: 2007年1月 6日 (土) 17:59

« クリスマスの夜に | トップページ | 大晦日の夜に・・・ »