« 休日の過ごし方 | トップページ | それでもボクはやってない »

借金

このところ、このブログのアクセス数が若干増えてる。

D0082213なんでだ?と思えばドラマ『優しい時間』が再放送されてるんだね。

それでか・・・。

えっとぉ・・・ドラマ関係の検索でこちらに来られてしまった方、もうしわけない。

最初のコンセプトは同じ「森の時計はゆっくり時を刻む」だったんですよ~

それが一年半経ったいま・・・ただの愚痴ブログに成り下がりました。

今日家でゴロゴロ過ごしてたもんで偶然そのドラマを観ちゃった。

話題は・・・『借金』であった。

音成さん あなた 私にとっていい友人です。

私だけじゃありません。ここに来る人みんな友人です。

友達にお金の貸し借りを作っちゃいけません。

利害関係が生じたら友情なんて簡単に崩れてしまいます。

友人は大切なものです。

いろんな形で助けてくれます。

でも金のことだけは言い出しちゃだめです。

借金を申し出てきた音成氏にマスターが言うセリフだ。

借金を申し出るのは嫌だよね。

銀行にさえ嫌だ。

自慢できるものは何もないおいらだが、友人・知人・親戚に至るまで「金貸してください」と言ったことだけは一度もない。(両親除く)

家族以外に金を借りなきゃいけないくらいなら死んだ方がマシと思う(銀行・サラ金除く)

そんなおいらも人生の中、一度だけ「金を貸してもらえないだろうか」とたずねてこられたことがある。

夜だったなぁ・・・衝撃だった・・・おいらどんな顔してただろ。

上記のように考えるおいらだから、そりゃよくよくのことだろうとは思ったけれど断わった。

『お金の貸し借りだけはできないよ・・・』と。

いつも来る時には子供たちにお土産を持ってきてくれるようないい人だった。

どうしたのかな・・・実家のレストランが苦しいとはちょっと聞いていたけれども・・・。

あまりのショックで顔見れなかったよなぁ・・・断腸の想いだったんよ・・・断わるのも。

『あぁ・・・これでこの関係も終わりかぁ・・・』って。

奥にも言えなかったな・・・奥もいい人だと思ってただろうし・・・そう思わせてあげておきたかったし。

「わかった・・ごめんね・・こんなこと言いにきて」って帰られたが・・・。

その後、駅の地下通路で一度だけ見かけた・・・でも声をかけれなかったなぁ・・・どうしてMorinojikan るんかな・・・と、ドラマを観ながらボンヤリ考えていた。

|

« 休日の過ごし方 | トップページ | それでもボクはやってない »

▲ひとりこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/13631998

この記事へのトラックバック一覧です: 借金:

« 休日の過ごし方 | トップページ | それでもボクはやってない »