« 平塚市のこと | トップページ | ぜんぜん、痛い。 »

千の風になって

Teci103 秋には光になって 畑にふりそそぐ

冬はダイヤのように きらめく雪になる

朝は鳥になって あなたを目覚めさせる

夜は星になって あなたを見守る

千の風になってあの大きな空を吹きわたっています

                               【千の風になってより】

昨年末、紅白歌合戦の舞台・・・キムタクが朗々と歌詞を読みあげ「ん?」と注目をさせたこの歌。

大ヒットしてる。

大ヒットしそうな歌でもある。

今、日本人のいちばん求めるものが“癒し”であれば、ヒットして当たり前の歌であるな。

「なんだよ?!文句あんのかよ?!」

この歌のファンの方に言われそうだが、おいらもこの歌、大好きです。

この歌詞は亡くなった方が、自分の死に涙し前に進めないでいる誰かを励ましてるって歌でしょ?

「お墓の前なんかで泣いていても無駄だよ・・・おいらはそんなとこにいないもの。そんなところで泣いてジッとしているヒマがあるなら、動こうよ! そう、おいらは生きていくあなたが頑張っている姿を風になってみているよ。朝も夜も秋も冬も、いつだって見守っているよ」

って、意味でしょ。

なんだかおいらの目線で言えば、自分が死んだ時、もし悲しんでくれる人がいるならばやっぱりこうゆう気持ちになるだろうなぁ・・・って意味で好き。

そうやって励ましたい。

そうゆう意味では、おいら大切な誰かよりも先に死ななきゃいけないなぁ。

大切な人に先立たれたら、きっとお墓の前で泣くタイプだからな・・・おいら。

01topphoto 映画にもなったんだね。

|

« 平塚市のこと | トップページ | ぜんぜん、痛い。 »

▲ひとりこと」カテゴリの記事

コメント

わわわ!
ビックリ!シンクロしてますよ・・。
そうなんだ、キムタクが朗読してたんですか・・知りませんでした。
今日の今日までどういう詩かも知りませんでした~

投稿: しも | 2007年2月10日 (土) 23:00

しもさん、こんばんは。
フラからシンクロに変えたんですか?
あれもたいへんでしょう・・息苦しそうだし。

そうなんですよ・・キムタクが朗読してたんです。
おいらも死んだら墓の中で眠ってたりするより風になって吹き渡っていたいですよ。

投稿: ホッシー | 2007年2月11日 (日) 10:12

私も好きです、この歌。

だからこの歌が好きなのは構わないです。
ただ、この歌を歌いながらマンションの廊下を通って帰ってくるのはやめてください^^

投稿: 15の暴露する娘 | 2007年2月12日 (月) 19:57

15の君へ

あっ、そーですか!
だったら玄関入って君の部屋で歌いますわ。
それでよろし?
それとね・・・お父さんにモシモのことがあった時、少しはお墓の前で泣きなさいよ(-_-)

投稿: ホッシー | 2007年2月13日 (火) 11:48

「15の暴露する娘」さんとホッシーさんのやりとり 親子漫才ですね。
ブログで突っ込まれるお父さんって・・・。
別の話になりますが リベンジまであと10日。
がんばってくださいね!

投稿: non*na | 2007年2月13日 (火) 14:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/13854859

この記事へのトラックバック一覧です: 千の風になって:

« 平塚市のこと | トップページ | ぜんぜん、痛い。 »