« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

球春・・・プロ野球も開幕

春、選抜甲子園大会もたけなわ!

球春と呼ぶにふさわしいあたたかい日々となりました。

我が横浜ベイスターズもセントラルリーグ開幕に今年も参加させていただきました・・・ありがたいことだ。

野球はいいね・・・J2とかないから(笑)

さてさて開幕戦の巨人相手・・・わずかに及ばず敗戦スタートとなったベイですが今日は勝った・・・勝った勝った・・・と、言おう。

おいらは仕事の中、テレビでちょうど最終回の模様だけ観れて・・・ジャイアンツ最後の攻撃。

ベイのマウンドは160㌔男のクルーン。

最高のシチュエーションじゃん!

ジャイアンツ先頭打者は谷・・・(・・?!ヘッ

オリックスの?

二人めが小笠原・・・(・・?!ヘッ

日本ハムの?

続いて李・・・(・・?!ヘッ

ロッテの?

代走に小坂・・・(・・?!ヘッ

ロッテの?

最後のバッターがゴンザレス・・・(・・?!ヘッ

どこの?

オールパシフィック対横浜ベイスターズ?

結局、巨人の選手は出てきませんでした。

しかも・・・画面に映るは昨年までベイスターズにいた門倉投手。

そっかぁ・・・門倉かぁ・・・見限った横浜に負けたわけね?

がはははっはは・・・いい気分だわ。

って、こんな嫌味を言うために会社からマンションに立ち寄ったわけではない。

何を言いたいか・・・それはね。

弱い横浜ベイスターズが強いジャイアンツに勝ったらしい!!!

あ・・・これも嫌味か・・・さて、帰ろうっと。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

最後の夜に・・・

このマンションで明日を迎えるのは今夜が最後。

娘は住み慣れたこの界隈を散歩し、お別れをしてきたのだと・・・粋なことを!

おいらはといえば、そのような感傷にひたる時間もなく、仕事、仕事。

そしていまこの時間も「明日、早いんだよなぁ・・・・」と憂鬱な気分のまま過ごしている。

最後の夜なのに・・・。

ま、いろいろあったけれども、30年ほど過ごしたこの辺りと、6年間ほどであったが雨露を凌がせてくれたこのマンションに・・・ありがとう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

むだ金

引越しをいい機会にテレビを液晶にしてみた。

SONYのBRAVIA。

休みに合わせて29日に届けてもらう手配をしておいた。

それも午前中にね!と。

加えて5.1chのサラウンドシステムも・・・お部屋を映画館に♪のキャッチコピーにはめられた。

んで、せっかくだからDVDでも観ようかなぁとTSUTAYAに行き『フラガール』と『ワールド・トレード・センター』

ところが・・・

午前中に配達の予定が午後に・・・続いてケーブルテレビの営業さんとしばし打ち合わせ・・・そしてセッティング・・・これが予定通りに行かない。

ってなわけで、借りてきたDVDを観ることもなくそのまま返却となった。

やっぱ新作はダメだなぁ・・・今度は旧作にすんべ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しくじった・・・

我が家の大移動・・・引越し。

ようやくリアルになってきた(笑)

今回の引越しは押し迫ったものがない。

いつでもいい・・・いつでもいいから腰が浮かない。

本来は25日(おとといじゃん)の予定だったが、おいらのわがままで31日に変えてもらった。

こんなことじゃいかんよ~ってことで、重い腰をあげはじめた。

とりあえず・・・電話や新聞、インターネットなどの契約を昨日・今日で解除(31日付け)。

それはいい・・・やめるのはいい。

しか~し・・・転居先での新たなネット環境。

これの手をうつのが遅かった。

今度はケーブルテレビでネットしようと思う・・・しかし、契約し2週間後の開通予定だという。

痛い!

4月中旬の開通かぁ・・・それまでネットできない(涙)

ブログの更新も・・・あ~ぁ・・・ストレスたまりそう。

ネットカフェにでも行っちゃおうかなぁ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

地位という価値

大関・白鵬が優勝決定戦で横綱・朝青龍に立会いの変化で勝利し優勝した。

すげーな。

大相撲ファンの目全てがこの一点に集中する場面で立会い変わっちゃうとはなぁ。

優勝する・・・勝つことだけが全てか・・・ファン無視だな。

ま、勝利に対する執念ということで評価する人もいるんだべ。

結果が全て!という意味で。

さて、おいらが相撲に興味がなくなったのが若・貴の時代辺りから。

それでもあの横綱貴乃花は強かった。

怪我をおして武蔵丸に勝った時の鬼の形相はまさしく横綱であった。

小泉首相の「痛みに耐えてよく優勝した!感動した!!」のコメントが印象的でもあった。

しかし。

その後の大相撲はどーだ。

とにかくヒーローを!と弱い大関たちを作りあげ、ことごとくみじめな姿をさらしている。

人間誰でもちょっと波に乗るいい時期ってのがあるんだよね。

でも・・・それはその人の実力と判断するのはちょっと危険・・・旬のものだったりするから。

それをそのまま評価し、弱い大関陣を作り上げた相撲界は犯罪に値する。

その昔、大関は相撲界最高峰の地位であった。

絶対的に強い!・・・それが大関だった。

それがいまはどうだ・・・今場所は?

優勝した白鵬は別にして琴欧洲魁皇が8勝7敗のぎりぎり勝ち越し。

千代大海は負け越し、栃東は途中欠場。

元大関の雅山出島も負け越しという恥ずかしすぎる成績だ。

亡くなった二子山親方が大関貴ノ花だった頃、9勝6敗という成績が多く、世に“クンロク大関”などとバカにされていたが、そのクンロクも残せやしない。

相撲界は地位という価値をいまいちど考えなおし、弱い大関たちを処分、ファンが負けるのを楽しみにするような強い大関を誕生させた方がいい。

そして50年に1度ぐらいのスパンで誕生する横綱という人を神々しいまでに見つめるファンの姿というのが本来の大相撲の世界であると思う。

横綱にそれだけの価値があれば、安易に別格闘技に参戦しぶざまな姿でハゲまで作って泣くような男を見ないですむと思うから・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

江の島みやげ

Ika

いか         ・・・250円。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

読み逃げ

なにやらmixiで騒ぎとなっている“読み逃げ

他人様の日記を読みながらコメントも残さず立ち去る人をこうゆうらしい。

きもいっ!

きもいって・・・もちろん読み逃げ(だいたい逃げって・・・)する人ではなく、コメントを残してくれないと怒ってる奴。

以下記事抜粋

「マイミクの1人に、自分の日記を読み逃げされている。いったい何を考えているのか」――先週末、ユーザーが質問・回答するサイト「OKWave」に投稿されたこんな質問が、ネット上で話題になった。回答には「確かに失礼で常識がない人ですね」「そんな人はアクセス禁止にしてしまいしょう」など、「読み逃げは非常識・失礼」とする立場からの意見が多く寄せられた。

だいたい、常識ってなに?

お買い物したら、対価を払う。

人に親切にされたらお礼を言う。

こんなんが常識ってもんじゃないの?

日記を読ませていただいたらコメントを残す・・・こんなものがそれらに値するような常識なわけ?

どうかしてる。

確かにブログを始めた頃は誰もコメントくれなかったりすると、「的外れなこと言っちゃってんのかな?」なんて不安になったりすることもあるけれど、長いことやってるとブログなんてのは日記なんだから自分の好きなことを書いて、それを気にいってくれてる人が読んでくれる・・・それでいいじゃんって思えるようになる。

おいらなんかまるっきり気まぐれで、読みたくなれば皆様のブログにお邪魔をし、なんか言いたくなっちゃったりするとコメントさせてもらっちゃったり・・・本当気まぐれですから~。

だから追っかけでコメントしにきてくださったり、メールで「コメントもしないでごめんなさい」・・なんてあやまられちゃうと逆に恐縮してしまいます。

おいらはトラックバックをいただいてもお返しに貼ったりしないし、お礼を言いに行ったりもしない・・・そうゆう意味では常識ハズレなのかもしれません。

申しわけないです<(_ _)>

おいらがいまイチバンお気に入りにしているブログはある男性の日記。

社会情勢などを皮肉たっぷり斬っている。

すごく上手い・・・目のつけどころが抜群・・・本当に面白い・・・たま~にしか更新されてないんだけど、早く次の記事が読みたくなるくらい。

ただ、おいらこのブログにコメントしたことが一度もない。

なぜなら・・・こうゆうタイプの記事を書いているような人が嫌いだから(笑)

社会を斜めからしか見れない・・・正面から感銘したりできない・・・巨人が嫌いってタイプ。

絶対友達になりたくないタイプな人・・・まさしくおいら(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

解約

スカイパーフェクトTV

通称“スカパー”

一時期はSMAPの中居君をCMに使い、とても爽やかなイメージだったが、おいらのこの印象は今日消えた。

おいらがスカパーと契約を結んだのが3年前。

競輪中継を楽しみたいと思ってのことだった。

が、競輪遊びもすることなくなってテレビ中継もいらない・・・ってことで、1年ほどまえに競輪のテレビを解約(この時はあっさりと解約に応じてくれた)スカパーの基本契約だけを残した。

つまりは毎月410円をスカパーに払い続けたわけだ。

ところがこの間、おいらは一度もスカパーを観ていない。

今回引っ越すのをいい機会とし、全ての解約をしようと先ほど電話連絡させてもらった。

すると担当オペレーター・・・

「スピードチャンネルを契約されてたようですが、もう観ることはないのですか?」

「それでは2週間すべてのチャンネルを無料で開放しますので、もう一度ご覧になってからではどうですか?」

引っ越すからと告げれば

「ご引越し先でも引き続きご覧になれますよ」

引越し先はケーブルテレビだからと告げれば

「ケーブルテレビと併せてのご利用はいかがですか?」

「私どもに不手際があったのでしょうか?」

と、矢継ぎ早。

『あのさ、やめたいの!1年間も何も観ないのに毎月基本料払ってやったんだからこの辺りで勘弁してよ』と頼むおいら。

「そうですか・・・それでは3~4日後に解約用の書類を送りますので、それに記入し送りかえしてください。それが会社に到着し、カスタマーセンターに届いた月末が解約日となります」

『ちょっと待ってよ・・・そんなことしてたらまた来月分も基本料取られちゃうじゃん・・・今、解約してよ』

「決まりですから・・・ご同意いただいた規約の中にもそうありますので」

このあとはおいらの抗議もすべて聞かず事務的に淡々と話す。

「もし書類に記入漏れや間違いがありました、再び送りなおす書類に記入してください」と。

入会する時はとても簡単だったのに・・・。

おいらの中ではもう【スカイパーフェクトTV地獄】となっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供を売ったの?

今、日本プロ野球に吹き荒れている裏金問題。

今回は西武ライオンズが二人の選手に金銭を授受してたことがあからさまにされてるが、実際はこんな話しいくらでもあった。

例の楽天に入団した一場投手の時だって、「やっぱりな」と思わされたりもしたもんだ。

特にドラフト会議で逆指名なるものができるようになってからの疑惑は当たり前のようになっていた。

悪いのはドラフト会議のあり方。

それをごり押しした読売。

常勝を義務付けられた巨人が何とか自らを強くしようと考え出したフリーエージェントと逆指名。

そのおかげで巨人には有望な選手が毎年入団してくる。

良い選手を入団させるって意味では成功したけれども、強くするってのは別物だったわけね。

それがわかったんだからFAも逆指名(自由獲得枠?)も撤廃しろ。

ってなわけで、タイトルのお話し。

早稲田大学の野球部に所属してた渦中の人。

もう一人、東京ガスに所属してた投手。

彼は実の母親が病気でお金がかかる・・・だから悪いこととは知っていたが金銭授受をしていた・・と。

「こっちのが同情の余地がある」などと言われてるが、母親の病気でお金がかかるから悪いことと知っていたけれども・・・これ同情できんの?

みんな優しいね。

正当な理由さえあれば悪いことってしていいわけね・・・ふ~ん。

そして世間も許さないもう一方の早稲田の内野手。

彼は金銭授受に関しては父親のやったこと・・・知らぬ存ぜぬ・・・ってのが虚偽とバレて今叩かれてるわけだ。

しかし子供だからねぇ・・・なんだかわからないうちに大人のやり取りに巻き込まれサインしちゃったってのが本当のところなんじゃねーの?

悪いのはこの親父。

「金は借りてるだけ、返せばいいんだろ。こんな騒ぎに息子を巻き込んだ西武を許せない」と・・・・本当に言ったの?

ちょっとぉ・・・この金銭授受はあくまでも西武側に入団するという前提のもとにできた話でしょ?

お代官様と三河屋と、なんにもかわらんじゃん。

商品は・・・子供?

でも悪いことと知りつつやっていた三河屋の方がまだマシ?

この親父は悪いとも思っておらん。

だいたいこの子が大学4年間をケガもせずまっとうに卒業し西武に入団できる可能性は100%なのか?

もし野球ができなくなったら・・・この子は他の職業に就くにしても相当な十字架を背負って生きていくことになんぞ?

そんなこと親として考えないのかね。

バカ親父!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日々是完食 番外

Maguro2 Unacha2

ゆい桜えび館

静岡県由比町由比672-1

054-375-2448

Maguro1 鮪の角煮

館内を物色中、試食をいただく。

で、これが・・・めっちゃうまいんですけど~~

どうしても熱々のご飯に乗っけて食べてみたいという衝動にかられ3個購入。

実際、マジまいぅ~~。

味付けも歯ごたえもご飯にピッタリ。

これだけでおかずは他にいらないくらい。

以前鹿児島に行った時、枕崎名物のかつおの角煮を買ってきたんだけどこれがダメ。

同じような商品でありながら、こっちのまぐろは抜群。

これはこのお土産屋さんオリジナルなんだろか?

Unacha1 それからコレ。

これは東名高速道路のSAなんかにも売っている。

買ったのは2度目。

これがなかなか旨い!

ご飯に乗せてお茶をかけるだけ・・・簡単にできるのに、ちゃんとうなぎの風味があって・・・味付けもちょうどいい。

ちょっと食べたい・・・なんて時には最高だな。

今度また行くようなことがあったらお土産に買ってきてあげるね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

だんどり

大きな混乱もなく無事に終わったと思える湘南国際マラソン。

道路(国道一号線等)も予想されたような渋滞もなく、一大イベントに協力した周囲のみなさんにも感謝したいとこ。

しかし・・・なにせ第一回。

スタッフもほぼ募集して集めたボランティア。

『スタート地点はどこですか?』に「わかりません」

『表彰式はどちらでやるんですか?』にも「わかりません」

ま、こんなのはね、わかるスタッフを探して聞き出せばいいこと。

スタート直後の片付けについても神奈川県警のお偉いさんでしょうか・・・「しょーがねーな・・片付けもできねーのか」と怒っておられましたが、こんなのも第一回・・・多少おおめに見てやってもらいたいもんですな・・・すっげぇーー威張ってんの。

警察って不祥事起こしての記者会見で頭下げつつも言葉の端端やちょっとした仕草に「おれは警察だぞ」って態度が見え隠れすんだよねぇ。

違う・・違う・・警察に対するツッコミじゃなくって・・・。

湘南国際マラソン・・・手際がわるかったり、説明が足りなかったり、そんなのはしょうがない。

はっきりダメだったのが表彰式。

当日は小さな江ノ島島内近郊に10000人以上の人たち。

その中でも表彰式までいられたのはほんの一握りだったでしょうが、このだんどりの悪さはひどすぎた。

午後1時からの表彰式と予定にはあった。

が、男子フルマラソンの表彰式が始まったのが1時40分。

1位から3位までの選手に表彰状や賞品が贈られていく。

これが終わり次は女子フルマラソンの表彰だろうと思われたが、プレゼンテーターの河野太郎氏らが座ってたパイプイスが下げられ、代わりに中央に丸イスが。

ここでQちゃんやカンペーちゃん達のトークショーを入れるのか?!

が、これもなかなか始まらない。

中央に陣取ったプレス席の人たちもテンションが下がりっきり。

すると中央におかれた丸イスが下げられる・・・なにしてんだよ。

スタッフのひとりがプレスのみなさんに話し掛ける「・・・・・・・・・・・・・・・・」

カメラや原稿を持った取材陣が全員移動しはじめる・・・ナンダナンダ?

で、司会者が「お待たせいたしました・・それでは女子フルマラソンエリートの部の表彰式を行います」

ここで司会者が訂正を・・・「先ほど男子フルの賞品として発表しました宿泊券と○○(なんだったか?)は車椅子の部の賞品の間違いでした~」

目録として優勝者に渡したものをとりあげる(ひどいな・・・いっくらなんでも)

そしてプレゼンテーターの河野太郎氏が再び登場する・・・も、自分が座るパイプイスが出てないじゃないかとスタッフに出させる。

42キロも走ってきた選手を1時間も待たせてんだ・・・ちょっとのあいだ立ってるくらいいいじゃねーか!と、おいらは思うが・・・。

あとで聞いてみれば、フル男子の表彰のあとトークショーを入れようとしただんどりに「1時間も待たされて~」と選手達に猛反発され別の場所で行われたもようで。

このあたりが来年への宿題だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誇らしくて!

吹く風が冷たく朝こそ寒いと感じた今日だったが、日中は晴天。

記念すべき第一回の湘南国際マラソン。

早起きして我が家のヒロインを応援に・・・家族全員で(笑)

片瀬江ノ島駅を降り、スタート地点へ。

Kanpe_1 途中、水族館前で間寛平ちゃんを発見。

お願いしての記念写真♪

もちろん我が家だけではなく、気軽に気さくにみなさんの要望に応えてられた“かんぺーちゃん”でした。

このあと10㌔マラソンにも参加されたそうで(風邪ひきでフルから変更されたらしい)

さて・・・今回の選手構成は・・・招待選手である男子選手がゼッケン1番(この人は優勝だった)

そしてタイムを基準に良い人から男子は11番・12番・13番・・・・・・と。

女子は51番~52番・53番・54番・・・・・と。

その51番が我が家のヒロイン・・・つまりは女子ではいちばんの持ちタイムだったわけだ。

優勝候補ってわけじゃん!

期待も膨らむってもん。

しかし・・・昨夜、ラスカで待ち合わせ・・・夕飯をとした時に彼女の顔を見れば目の下にキズ。

『どうしたのか?』とたずねれば「今日練習中に貧血で倒れケガをした」

明日を控えて・・・ちょーーー不安・・・ちょーーー心配なんですけどぉーーーー!

じいちゃんが「レバーを食べなさい」と串焼きを注文し食べさせてたが、その程度で大丈夫か?!

ってな翌日・・・最大の敵は自分自身って感じ。

Start ←スタート。

我が家のヒロインは先頭で真ん中。

それにしても一歩でも前へ・・・すごいスタート風景。

フルマラソンのエントリーは7000人・・・ものすごい迫力だった。

これを全員手を振って見送ってたQちゃん(高橋尚子さん)も可愛かったねぇ。

江ノ島のお土産屋さんで時間をつぶしたあと、ゴール前の橋へ。

ヒロインのお母ちゃんとうちのじいちゃんは沿道へ・・・目の前を通り過ぎたら電話連絡をくれる手はず。

2時間30分を過ぎた頃から緊張感がはしる。

そして電話連絡・・・奥が受ける「えぇーーー1位?直ちゃんが1位なのね?!」

リポートしてるじいちゃんもボロボロ泣いちゃってはっきりわからない状態。

Finish そこへ・・・スタート時に目に焼き付けたヒロインの姿が!

『なおこが来た・・・1位だっ!!おーーーい頑張れ~~!!』

先頭でテープを切る・・・いてもたってもいられない・・・おいらも走る・・・早く行って声をかけてあげなきゃ。

『よく頑張った・・・貧血は大丈夫だった?』

本人はいたって冷静で、思いのほか元気。

すぐさまプレスの方たちに囲まれインタビューがはじまる。

その姿を見守るだけでも誇らしい。

幼稚園に迎えに行った時、おいらの姿を見つけこちらに向かって走ってきたあの子が、国際と名のつくマラソン大会を走り、優勝した・・・歴史に残る第一回の優勝者だ。

Hyousho_1 表彰式でインタビューを受けるヒロイン。

なんだか信じられないなぁ・・・でもまぎれもなく当人なんだよなぁ。

昨日おいらの前に座り、なんとか御膳を食べながらビールを飲んでたあの子なんだよなぁ(笑)

そんなこと思いながら泣けてきた。

表彰式が終わり珊瑚礁でカレーを食べる・・・そこでもお姉さんに優勝者なんですよ~と自慢すれば“ガーリックポテト”を持ってかえってください・・・と。

周りの人にもおめでとうって言ってもらえて・・・なんだか嬉しい一日でした。

そして何より・・・我が家の子供達も刺激を受けたのか○○魂に火がついたようだ。

Oudanmaku ありがとう・・・我が家のヒロイン・・・「応援ありがとう」と言ってくれる君にもっと大きな『ありがとう』を言いたい。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

親のこころ・・・

平塚のグリーンサウナ・・・太古の湯。

P18 そして“ロウリュ”

サウナの焼けた石にアロマオイルをかけ、香りを充満させて大きなうちわで扇いでくれます。

これがメッチャここちいぃ~~♪

花粉症で詰まった鼻もスゥ~っとしちゃう感じ・・・クセになりそう。

んなことはどうでもいいのですが・・・温泉入ってベッドに寝転び、本を読んでてハッとした。

親の想いって親になってはじめてわかんのね。

あたりまえか。

結婚する人、しない人・・・どちらが幸せか、そりゃわからんね。

結婚しても、子供をもつ人、もたない人・・・これもどっちが幸せかわからんね。

ただ・・・昔ムカついた親父の言動。

それを今、同じように子供に向けたりしちゃう。

そっか・・・これか。

あの時、親父はこう思ってたのか。

うちはいま、息子も娘も生意気ざかりで感情的になることもしばしば。

でもいずれ、子供達が親となった時、今のおいらと同じように思ってくれるだろうか。

「そうか、あの時・・・お父さんはあんなつまらないことでも、あんなにくだらないことでも自分に話し掛けてきたのはこうゆうことだったのか」と。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

安全は賭けか

Mm20070313130041498m0 高知空港での全日空機胴体着陸。

機長の冷静な判断と技術。

素晴らしくって・・・感動ものだった。

全日空?香田キャプテン?と思ったくらい。

多くの人の命を救ってくれた。

それもこれもキャリアと責任感。

ここ数年騒がれた住まいの安全、食の安全。

これってつまるところはお金。

価格競争となり削らなきゃいけない部分を削るから・・・いや、削っちゃいけない部分も削るから・・・やむを得ないよね・・・企業とて利益を出さなきゃいけないわけだし。

安く仕上げてくれと言われれば鉄筋の数も減らさなきゃならないし、危ない食品も使わなきゃならない、経験のない運転士に長距離運転を任せなきゃならない。

東京からまでのバス代が4000円。

どっから利益出してんだ?

東京からとなればドライバーは二人。

いったい運転士にいくら支給してんだか。

神奈中であれば「平塚駅から本厚木」まで乗っただけでも490円・・・深夜バスなら980円~~それが適正な価格っちゅーもんじゃないんだろか?

高いお金を出せば安全は保障される。

安く済まそうと思えば安全は賭け。

まるでルーレットみたい。

赤か黒か・・・なら50㌫の確立で当たる・・・でも数字一点なら確立が・・・いちかばちか。

2007021801000111 4000円のバスでも事故を起こす確立は低い・・・自分がそれに当たることはないだろう・・・と思ってまた安いバスに乗るのだろうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

具だくさん

おいらは“とん汁”や“けんちん汁”など具のいっぱい入ったものが大好き。

みそ汁も飲むみそ汁より食べるみそ汁がいいね。

奥に『みそ汁は具だくさんがいいな』と言ってみれば

いつもより倍ももやしの入ったみそ汁が完成した。

Moyashi なんか違う(-_-)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

初 イチゴ狩り♪

Bus 会社の組合の旅行。

会員無料、家族1000円、その他2000円のバス旅行。

ってことで、うちは総勢7名・・・の、はずだったが娘がキャンセル、妹親子がキャンセルとなり、奥と両親・・・なんだか間の抜けた家族旅行となってしまった(笑)

でもね、ひとりで参加してる人から比べれば・・・ね。

清水の寿司ミュージアムから伊豆の江間イチゴ狩りがメイン。

どしゃ降りの雨の中スタートしたツアーも西に行くごとに晴れ間が見えてきて、いつの間にか上着を脱ぐくらい。

ぽかぽか陽気。

清水寿司ミュージアム・・・これが入場料300円・・・寿司横丁で食事すると150円。

せっかくだからと寄ってみたが(150円で)、300円払わされてたら怒っちゃったかも(笑)

その後、江間のイチゴ狩りへ・・・ハウスの中があたたかくなっちゃってて、イチゴもあったかい・・・ホットストロベリーでなんだかなぁ(笑)

結局30個くらいしか食べれなかった・・・最後は手も赤くなっちゃって。

ミルクももっとたっぷり寄越せっちゅーねん。

Jijibaba ま、思いの他じいちゃんばあちゃんも奥も楽しそうだったのでよしとしようか♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢の共演

二宮駅前でボォ~っと時間をつぶしてたら、商店の壁にあるポスターを発見!

なにやら『二大スター夢の共演 歌謡ヒットパレード』とある。

『(・・?!ヘッ 二宮に二大スター?? 誰よ???』と近づいてみれば二宮ではなく小田原市民会館とある。

『だよなぁ・・・二大スターの共演ともなれば二宮じゃなぁ・・・』と顔写真を見れば・・・。

『夢か!?』おいらほっぺをつねりそうになったぜ!!

目を疑いましたですよ。

ひとりは“艶歌の花”もうひとりは“演歌の真髄を歌う”大スター。

その名も『松村和子』と『冠二郎』だ!!

こ~んな豪華な顔合わせが神奈川の西の街で実現しちゃうなんて・・・こりゃどうしてもブログに書いてみなさんに教えてあげなきゃと写真まで撮りましたです(携帯だけど)

それも今なら5000円のところが前売りということで4000円と1000円もお得。

見逃す手はありませんぜ。

良い席はお早めに。

Nec_0002 あ・・・おいらは行きませんので、もし行かれるという奇特な方・・・感想を・・・あ・・・やっぱいいです(-_-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未来信じて・・・

みんな少しずつ大人に変わってゆくけど

あの日語った夢はいつまでも色あせることはない

歩いてゆく道はきっと違うけれど

同じ空見上げているからこの地球のどこかで

                                       ~この地球のどこかで~より

娘の卒業式

そーか・・・昨年の息子の卒業式から一年が経ったんだ。

今年は仕事休んでまでは行かない・・・と、決めたおいらであったが2日前に方針変更・・・急遽出席となった(笑)

息子や娘とはいつでも会えるが、9年間見続けたあの子やこの子の成長ぶりも今日で見納め・・・となれば、かけつけないわけにもいかない・・・って、わけ。

卒業式のメインイベントは今や歌。

合唱団か?!と見紛う(みまがう)ばかり・・・最近の子供達の歌は素晴らしい。

とても胸をうちます。

帰ってから奥と娘とのビデオ鑑賞・・・画面が揺れる・・・奥が言う「この時、お父さんもう泣いてたんだよねぇ」

「うそっ?!」娘が驚く。

『あぁ~泣いてましたよ・・・何か?』

ビデオに映るあの顔、この顔・・・小学校入学・・・小学校卒業・・・中学校入学・・・そのほか運動会やら部活やら・・・いろんなシーンが思い出されるし。

そしておいらの母校でもあるこの学校の校歌。

義務教育も今日で終わりとなれば、さすがにみんなでこの歌を歌う機会ももうないだろう。

と言っても、何十年も前に卒業した学校の校歌を子供と一緒に歌えるってのもありがたいことじゃないか。

Ryu_2 さて、昨日も話題にした彼氏。

在校生に贈る歌の時に登場したですよ~

ビデオを撮ったものなので、綺麗じゃないが・・・。

とても堂々と優しくピアノを弾いてられた。

卒業式のしおりを見れば市の陸上最優秀選手にも選ばれてんだねぇ。

欲しいなぁ・・・こいつ。

教室の廊下でお母さんと一緒にいるところであいさつ・・・お母さんに『息子さんをおいらにください』と言いそうになった。

Naku ←そして端役ながら登場の我が娘。

わいわいとざわめく教室の片隅でそっとハンカチで涙を拭う。

これもこれで卒業式のひとこま。

さぁ~新路だ!

昨日の卒業生の言葉の中で生徒会長も言ってたように、「春からは初めて自分達の選んだ道を歩いていきます」

どんなことがあっても立ち止まらない・・・いや、少しくらいなら立ち止まってもいいか・・・でも、前へ!

最後にね・・・在校生に贈る歌「旅立ちの日」の中の詩。

今、別れの時

飛び立とう未来信じて

弾む若い力信じて

この広いこの広い大空に

大人のみなさん・・・子供達に“信じられる未来を!”

| | コメント (8) | トラックバック (0)

告白

「どーしよーかなぁ・・・やっぱりやめよーかなぁ・・・」

娘がおいらにつきまとう。

『うっとーしいんだよ!言うなら早く言え!!』

おいらが言う。

「言うとお父さん泣いちゃうからなぁ・・・やっぱり卒業式が終わってからにしようかな」

『あのさ、お父さんはね、みんなが思ってるほど子供に関心ないの・・・だからさ、お父さんの事も干渉しないでね・・・って、感じ』

こんなやりとりのあと、娘からの告白。

言いたくてしょうがないんだべ・・・わかりやすいんだよ・・・おまえは!

と付き合ってるから」

『ほぉ~~』

「あれ・・・もっと驚かないの?大騒ぎしないの?」

『だから・・そんな関心ないんだってば』

龍とは、娘と小学校1年生の時から昨年まで8年間同じクラスだった男の子。

中学一年で関東大会に出場するくらい抜群の身体能力、成績も優秀、見た目も良く、先輩達の卒業式でひとりピアノを弾くような男の子。

先輩たちからも一目おかれ、女の子達もいちばんに注目する、とにかくスターと呼ぶにふさわしい男の子。

ただこの龍。

女の子(彼女)をとっかえひっかえ・・・モテるからねぇ・・・それも誰もが注目するような女の子と付き合っては別れ・・・。

おいら言う『女の子はね、客観的に見てる時はそうゆう男の子をどうしょうもないと見てるくせに、自分が当事者(彼女)になると「自分だけは他の女の子と違う」と思うようになるから気をつけろ』

ま、そんなことはさておき、9年間の恋が実った瞬間でしょうか。

結果は神のみぞ知るってね。

傷ついても青春。

そんなこんなで明日は卒業式。

ともあれ・・・女房に彼氏ができた話じゃなくてよかった(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

わりびき

割引クーポン。

今やインターネットの紹介サイトやホームページなどには当たり前のように割引クーポンなどが掲載されている。

印刷してお持ちください(プリンターのない方は対象外ね(笑))

もちろん駅前なんかでもお兄さんやお姉さんが割引券付きのチラシやティッシュなどを配っている。

中にはいかがわしいお店のもあるよねぇ・・・。

あれって渡す相手ちゃんと見きわめてるんだろうな。

清潔感あふれてるおいらには、いかがわしいお店のティッシュなどは絶対に寄越さないもの(笑)

・・・話がそれた。

ちゃう!

こうゆうクーポンって必ず「ご注文前に店員にお渡しください」とある。

これがなぜだろ?

単にレジ打ち用だろうか?

例えばレストランでたらふく食べたあとレジに行き、『2000円の割引券持ってますから』じゃ、どうしていけないんだろ?

と、斜めからしか世の中を見れないおいらとしてはこんな素朴な疑問が沸くですよ。

特に自動車メーカーの懸賞的な割引券。

頭金30万円分プレゼント。

これをどうして最初に伝えなきゃいかんの?

だってさぁ・・・車なんか定価で買う人ってのは極一部の上流階級の方たちだけでしょ?

たいがいはあっちのお店こっちのお店まわって『えぇぇ・・○○ではいくらいくらまけてくれたよぉ~』なんて折衝をするんじゃないべか。

で、ギリギリの値段まで落としてもらって『はい30万円のクーポン券』じゃ、ダメなわけ?

このあたりがよくわからん。

Waribiki ←最近、平塚ではこのようなものが出回っています。

『パスカード』

先に3980円を払ってこのカードを購入すると、3ヶ月間だか4ヶ月間だかこのお店で割引を受けられるというもの。

うちの両親のところに何度も営業にこられて売っていったそうです。

年寄りには何のこっちゃわからなかったみたいだけど、「(営業の人が)かわいそうだし、割引になるならと思って買っておいたよ」って。

いろいろなお店のがあるのかもしれないけど、例えば上記のカードなら、ある焼肉屋さんに行き、4000円食べると2000円が割引される。8000円食べると3500円が割引される。しかも宴会であれば予約しておけば4名様で2名様が無料!6名様なら3名様が無料!(回数限定であるが・・・)

このお店がお気に入りであれば最強の割引券であると思うが・・・・。

だいたいこれで元が取れるのか?(お店がね)

使わないだろうと見込んでのものなのだろうか。

で、これをレジで払う時に「はい、パスカード」と渡すのじゃどうしていけないの?というのが今日のおいらが言いたかったこと(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ご活躍を

Kobami ←二年間にわたってお付き合いいただいた、おいらの最年少友人“コバ”と“みっちゃん”。

この春、大学を卒業し無事就職。

コバにいたっては札幌でのスタートをきるとのこと。

ならば・・・お別れ会を、と食事に出た。

これまた年下のお友達イノチャンが車で横浜の「ハングリータイガー」まで連れてってくれて、ハンバーグとステーキにソースをかけられた時の写真が上の絵。

どうしても顔は出したくないんだよねぇ(笑)

平塚に戻ってきてどしゃ降りの雨。

少し雨宿りをとビリヤード場に。

どうせなら何か賭けてやろーぜ~点数つけていちばん負けた奴がハーゲンダッツのアイスおごるってのはどう?ってことで始まりました。

深夜2時過ぎまで・・・久々の夜遊びだわ~♪

1時半を過ぎたあたりで最下位はみっちゃん。

『さて・・この辺りでやめようか・・ま、みっちゃんが土下座して泣きの一回を望むのであれば、やってやらないこともないけどな』おいらとコバ(笑)

ここでみっちゃん・・・おもむろに跪き、「もう一回」

んじゃやるべーか。

で、泣きの一回、みっちゃん2位・・・以前最下位。

ここで再び床に・・・・(笑)

んじゃ、もう一回だけ。

そして3時間の激闘の末出た結果が3人同点。

いい勝負だったじゃーーーん。

雨上がりの道を3人で歩いて帰りながら笑いあう。

『しかしなぁ~アイスごときで土下座すっかなぁ・・・あのプライドのみっちゃんが』

『俺ならいくら悔しくてもアイスおごりますね・・土下座するくらいなら・・』

『して一回だよなぁ・・・おいらもさすがにニ回はできないわ・・・なんせアイスだし』

と、みっちゃんをからかいながら歩く時間もここまで。

彼等もいよいよ社会人。

仕事を持てばなかなか集まってこんなに遅くまで遊ぶこともできないね。

『あ~ぁ・・・本当いい子たちだなぁ』なんか泣けてきたわ。

あらたまって挨拶すると本気で泣けそうなんでね、『じゃ、またこちらに帰ってくるようなことがあったら連絡してよ・・・仕事頑張ってな』とお別れしました。

大丈夫・・・君たちならきっと大活躍できるよ・・・きっと大丈夫だよ。

で、余裕ができたらまたおじさんと遊んでな。

お元気で!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

築地

今回の東京散策で印象的だったのが築地で感じたエネルギー。

人を見てるだけで興奮する・・奮い立たされるって感じ。

なぜ今までここに来なかったんだろ。

おいらがこの地にいたのはほんの1時間ちょっと。

すっごくもったいないなぁ・・・もっとゆっくりしてみたい。

できることなら・・・朝5時頃家を出て朝食から挑戦したい。

もっともっとエネルギッシュな人を感じたい。

ただし・・・自分の食べるものは自分自身で決めないと・・・行列にだまされてはダメ(笑)

(・・?!ヘッってお店も確かにあんだよなぁ。

Tukijiそれと市場にほど近い場所にある「築地本願寺」

その建物に驚いちゃったなぁ。

国会議事堂かと思ったぜ~(笑)

モダンっつーの。

お寺、とは思えないわ。

Tukijikekkonもうひとつ驚いたのが中から出てきたお嫁さん。

結婚式も挙げられるんだねぇ。

本願寺で結婚式って・・・その発想に驚きと羨望が沸いた。

これは参列者にとっても思い出深いものになるだろうなぁ。

『お幸せに♪』

| | コメント (2) | トラックバック (0)

星空の贈りもの

違いのわかる男、“大平貴之”

ゴールドブレンドのCMで唐沢寿明との共演で一躍有名になった人。

Hosizora2 この人がプロデュースするプラネタリウム『星空の贈りもの』が日本橋三越前、「日本橋HD DVD」で上映されている。

なんだか日本橋再生計画の一環だそうだが、そんな難しいことはさておき、おいらはプラネタリウムが大好き。

なんともいえない穏やかな気持ちと安らぎをおぼえる。

だったら自分の住む田舎町から星空見上げてりゃいいじゃん・・・ま、その通りなんだけどねぇ~~それ言っちゃみもふたもないわけ。

このプラネタリウム・・・西の空、地平線に夕日が沈むところから始まる。

南の空、チベットの空、南極の空、そして日本橋の空・・・たった25分の小さな旅だが癒しの音楽と相まって美しい星たちの輝きが日常を忘れさせてくれる。

はぁ~~もっと観ていたい。

星空からこぼれてくる様に降る雪、オーロラ、流れ星、天の川・・・大平貴之の創りだす世界の美しさに、しばし大都会にいることも忘れてしまいそうだ。

おいら今回、どうせたいしてお客さんなんか来ないんだべ・・と、なめてかかったんでビックリ。Hosizora1

チケットは完売します。

特に葛飾北斎の絵とのジョイントは人気が高いようで、そちらのチケットはお昼の部は完売していました。

中には離れて座るカップルもいたけれど、せっかくの星空・・・ちょっとかわいそうだなぁと余計な同情までしちまったぜ~。

ってなわけで、週末このプラネタリウムを予定してる方、ローソンチケットなどで前売りを買った方が確実です。

あ・・・それとこれも余計なことだろうけど、プラネタリウムを観に行こうと予定してる人は前の晩、きちっと睡眠をとってきましょう。

『(・・?!ヘッ もう終わっちゃったの?!』現象が起きます(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

東京メイロ

行きたい場所にピンポイント・・・東京メトロ。

ホント、出先でちょっと探せば必ずある地下鉄の駅。

でもこれが・・・慣れてない人間にはかなり難しい乗りこなし術。

まさに迷路の如くでした。

小田急線の西口で降り、JRで飯田橋までという手もあったが、地下鉄の九段下まで行った方がはるかに近い便利・・・ってことで迷わず地下鉄を選択。

選択には迷わなかったけれども、実際乗るには迷う迷う。

だいたいね、勘に頼りっきるおいらも悪いよ・・・マジで。

西口から大江戸線を選ぶ(理由は特にない)。

『駅からけっこう歩くんだね』言いながら歩く歩く。

大江戸線改札口に駅員さんが座っておられる・・・一応聴いておくか『九段下まで行きたいんですが』

しかしこの駅員さんの口から信じられない発言が。

「九段下でしたらね、南口まで歩いて戻って都営新宿線に乗るか、大江戸線で都庁前まで行っていただき乗り換えて新宿まで出てから都営新宿線に乗ってください」と。

ちょっとーーーー!

今、新宿から歩いてきたばっかなのに、何が悲しくて地下鉄乗って新宿に戻らなきゃいけないのよーーー!しかも新宿出るのに何で乗り換えが必要なんよーー!!

もちろんこれを口に出して文句言ったわけじゃないが(文句言いようがないべ)あまりの思いがけない言葉にしばらく行動に移せなかったですわ。

その後もすべては東京メトロでの移動。

行程はこ~んな感じ。

九段下で降りて靖国神社に・・・その後ドラマで流行りの神楽坂・・・飯田橋からメトロで築地へ・・・築地2ヶ所のお店でランチした後、築地本願寺へ・・・メトロに乗り神田でストロベリーパフェを食す・・・日本橋まで徒歩移動したあと“星空の贈りもの”というプラネタリウムを鑑賞する・・・三越前よりメトロに乗り新宿へ・・・“つな八”で天ぷらをいただき、サクラヤウォッチ館で買い物をした後小田急ロマンスカーで帰途へ。

ちょっとしたバスツアーよりキツイ行程ですわな(笑)

やり遂げたですわ。

おいら昔からこうゆう厳しい行程つくるの好きなんだよなぁ。

東京の人に言わせれば何でそんなにアッチコッチ行きたがるのか・・・言いたいことはわかるがなかなか行かれない人間の気持ちを毎日東京にいる人間に理解しろったって無理だべな。

自分だって海外旅行や九州・北海道旅行に出かけたりする時は少々のムチャすんじゃねーの?

Ind_img01 確かにあわただしかったけれども楽しかったんよ~♪

それにしても東京迷路・・・もうちょっと勉強してから再び出かけよっと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

喫煙車

おいらは嫌煙家。

タバコが嫌いなのはもちろん、タバコを吸う人も嫌い。

車を運転しながらタバコを吸ってる奴、窓から火のついたタバコを外に出しポンポンと灰を捨てている。

後ろにいるおいらの車にお前如きのタバコの灰が当たるじゃねーか!自分の車の中に捨てろよ!!

いつもイライラする。

未だ人ごみの中、タバコを吸いながら街を歩く奴。

「別に誰にも迷惑かけてねーべ」と思っているのがむかつく。

とは言え、実は4年前まではおいらも愛煙家であった。

レストランや飲食店で平気でタバコを吸い、怪訝そうな顔でこちらを見てる人に『なんだよ~禁煙じゃねーだろ?灰皿置いてあるじゃねーか』と知らん顔でプカプカ、食べてる人の横で平気で煙をはいていた一人。

なんたる非常識な行為であったかと、今反省する。

嫌煙家のみなさま・・・愛煙家の人間は、みなさんがそこまでタバコの煙を嫌がってるとは思えないんです・・・仕方ない・・・自分がそんなにイヤじゃないから。

だけどさぁ・・・公共の場所や乗り物を管理する立場の人間はそんなこと言ってらんねーべ。

嫌煙家がひとりでもいる場所は全て禁煙にしろ。

おいらの大好きな小田急ロマンスカー。

同じ東京に行くにもJRの普通列車に乗るよりも安く快適に運んでくれる。

素晴らしい乗り物と思う・・・が、この電車には喫煙車がある。

未だに堂々とタバコが吸える車両がある。

何たる時代遅れ。

「タバコがイヤなら禁煙車に乗ればいいじゃん」

そのとーり。

しかし・・・週末あたりのロマンスカーは前日予約でも喫煙車しか空いていない。

禁煙車から売れていくからねぇ。

おいらも以前は好んで喫煙車に乗った。

新宿までは1時間足らず・・・吸わないでも我慢できる時間だが、吸わなきゃ損ってぐらいに吸う。

隣りが吸うから吸いたくなる・・・前が吸うから吸いたくなる。

車内が白くなっちゃうくらいに煙が充満する。

よくあんなところに居れたもんだ。

小田急はバカか?

いっつも喫煙車しか残ってないじゃねーか!

需要ってもんがわかってないんじゃねーのか?と毎度思っていた。

(実は今日も喫煙車しか残っておらず、明日は急行で行かなきゃいけないんだ)

で、ロマンスカーの予約をしようとホームページを見て知ったが、今月の18日から全ての車両が禁煙車となる。Odakyu

おせーんだよ!小田急!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

リベンジなる!

全身で喜びを表している子

「ほっといて!」オーラをかもし出してる子

悲喜こもごも・・・合格発表の日。

リベンジに挑んだ我が家の娘も10時20分に『受かったにゃあぁあ~~!!!!』とメールを寄越しました。

いんやぁ~良かった良かった。

リーサルウェポンを使わずに済んだわ(笑)

それにしても想像以上の激戦だったようで・・・同じ中学校から受験した数少ない女子はダメだったらしい・・・と、ガッカリもしていた。

同じ塾に通ってた子たちもダメ。

そう聞くとちょっと恐ろしい気がするな。

なんせうちの娘はすべり止めなし(経済的な理由で)後のない受験だったわけだから・・・大勝負だったわ(笑)

お菓子作りの好きな娘

毎年バレンタインデーには多くのクッキーやチョコを作って配ってるようだが今年はそれもできなかった。

で、今、「お父さん以外のお世話になった皆さんにお礼の意味でお菓子作るんだ~」と張り切っている。

そしてお礼のいらないお父さんには「アレ買って、コレ買って!アレ食べたい、コレ食べたい!」と、のたまっています(-_-)

| | コメント (6) | トラックバック (1)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »