« 焼き鳥 | トップページ | 春 珍事 »

いえみ

“いえみ”があった。

“いえみ”ってどんな字書くんだろ?

家見・・・かな?

つまりは家のお披露目。

みなさまにお見せするほどの立派な家じゃない・・けど、古い人はしきたりやけじめってものにものすごく拘るんだよねぇ。

だいたいさぁ、まだ片付けも済んでないのに・・・。

娘も心配する・・・「私の部屋も見られるの?」

そりゃ心配だべ・・・誰の部屋よりもすっげー状態だもんな。

『とりあえず見られてもいいようにクローゼットの中に詰め込んでおけ!』

もちろん、おいらもそうした。

うるさ方・・・ご来訪。

「2階も見せてぇ~~~」おかまいなしに上がっていく。

2階で待ち構えてる方にも緊張感が走る。

娘の部屋も当然餌食に・・・「クローゼットがいいわよねぇーー」と当たり前のように開ける。

いつの世も、隠し事などできないのよ。

廊下でうるさ方の声がする「あれーーーここ、鍵かかってるよ」

息子の部屋だ・・・最後の手段に出やがった・・・籠城だ。

「こらぁーーあけろーーーいるのはわかってるんだーーーー!!」

もちろんこんな言葉を使ったわけではないが、うるさ方のおば様達の気持ちはこんな感じだっただろう。

しぶしぶ出てくる息子。

籠城10時間・・・ようやく説得に応じた犯人のようだ。

「これは電気代がかかるよ・・・2万だね」「こうゆう階段は荷物運ぶのに大変なのよね」「あんた、かっこつけてベッドなんか置くんじゃないよ・・狭くなるからね」

その他どんな発言があっただろうか・・・お食事も終わって帰られた夕方にはどぉーーっと疲れがこみあげてきた。

あ~ぁ・・めんどい。

次買う時には黙ってよっと。

|

« 焼き鳥 | トップページ | 春 珍事 »

▲ひとりこと」カテゴリの記事

コメント

家(マンション)を買いに来た人が見ていくのは私も体験したことがありますけど、新築の家を見に来て食事までしていく「うるさ方」というのは、もしかして親s…やめときます(^^;

自分の住んでいるところをジロジロ見られるのは、あんまりいい気がしません。私の場合。

投稿: ちしろ | 2007年5月 8日 (火) 22:53

ちしろさん、こんにちは。

まあ、古いしきたりですね。
こんなのも徐々になくなっていくことでしょう。
それにしても人の家なんかにそんなに興味持てるものかな・・武家屋敷なんてなら別ですが(笑

投稿: hossy | 2007年5月 9日 (水) 13:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/14966083

この記事へのトラックバック一覧です: いえみ:

« 焼き鳥 | トップページ | 春 珍事 »