« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

あざぁーーす!

セカンドブログ『日々是完食』

これを人気ブログランキングにエントリーしてみた。

ジャンルは“レストラン・飲食店”部門。

日記や雑談のジャンルには比べようもないが、このグルメ部門にも多くのブログがエントリーされている。

その中で・・・初日83位から連日順位をあげていき、現在は30位辺りを上下している。

ほんと、ありがたいことです。

更新するのは簡単・・・時間のあるときに自分勝手に書けばいい。

しかし、そのブログの為にわざわざクリックして投票してあげようじゃんって思ってくれる方がいてくれるってのがたまらなく嬉しい。

Cocologhyousi_1_1本当にありがとうございます。

その気持ちがとても嬉しいです。

これからも皆さんの参考になるようなものをUPしていければと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外食・・減り中。

最近ことに外食の機会が減った。

なにゆえか?

5月から両親との同居がはじまった。

60年間も料理人としての人生を送ってきた父もリタイアして自由気ままに日々を過ごす。

で、自分の趣味でも見つけて好きなように生きてくれればいいのだが、そうはいかないこの人の性格。

家族の誰々が気になってしょうがない。

んで、何より家族の食事。

現在これを一手に引き受けている。

まあ、ありがたいことではある。

作ってくれるもの美味しいし。

子供たちのリクエストにも応えようと常に「今日は何食べたい?」と訊ねてるようだ。

今は三度三度の食事を作ることで遣り甲斐を感じているらしい。

・・・・・・。

だから・・・『今日、ご飯いらないや』と言いづらい。

「なんで?」に『日々是の取材でご飯食べに行ってくる』と答えれば「自分たちばっか、いいわねぇ~」と両親口を揃えて嫌味を言う。

一緒に行けばいいじゃん・・・と言われる方、ごもっともです。

が、あの人たちは保守的で一度食べにいった安心できるお店じゃないとなかなか腰が浮かない。

新しいお店にチャレンジしようって気持ちはないんだよなぁ・・・これじゃあ取材としては困る。

『じゃあ、やめるわ』となる。

自然、おいらの外食は減る。

だのに・・・だ。

Oyaji1←これ。

簡単にさっさと家族の食事を用意して横浜にお出かけ。

お食事にご招待されてるんですってよぉ~~

昨日、伊豆の宇佐美にご招待受けたばっかじゃねーか。

Oyaji2 自分たちばっか、いいわねぇ~

そういえば「2週間ほど伊豆の家で過ごすから・・・」 言ってた。

はいはい・・・どうぞご自由に。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

あの、どきどき感

ボウリング場前に中学生くらいの男女が多数。

これからボウリングするのかな?

それとも終わって、幹事さんがお金を払ってるのを待ってるのか。

楽しいんだよねぇ・・・教室でなんとなく沸きあがってくる「みんなでボウリングに行かない?」って話。

(『行きてぇ~~』)『どうしよっかなぁ・・・誰くんの?』

そっけない態度をしながらも(『絶対実現しろよな!』)と熱望する。

友達が「ホッシー行くの?○○(憧れの娘)も来るってさ!」

『へぇ~そうなんだ(もう行くに決まってんじゃん!)行ってもいいけどさぁ・・・』

あくまでそっけない態度を貫く。

おいら大人になって思ったんだけど、こうゆう気持ちを素直に出さない奴はモテないし、ぜったい損すんね。

じゃあ土曜日の14時集合ね・・・ってなことになる。

『土曜日かぁ・・・めんどくせーなぁ・・・』などと言いながら(やべぇ・・何着てくべ?)

気持ちは臨戦態勢を整える。

嫌々来てる風を装いながらも、「組どうする?」なんて言葉には敏感に反応する。

「クジにする?」には『でもさぁ・・・男ばっかりになったり、女ばっかりになったらどうすんの?』と口出したりする。

で、自分が11レーンで憧れのあの娘が14レーンなんかになった日にゃあ、あんた・・・ボウリングどころじゃない(元々ボウリングをしたくて来てるわけじゃねーってえの)。

ごろんごろんごろん・・・彼女が投げる弱々しいボールがピンまで辿り着く。

トントントンと迫力のない音をたてながら倒れているピン・・・それが全部倒れようものなら飛び上がって喜ぶ14レーンの同級生。

ハイタッチしたりしてる(『ふざけんな』)

「ホッシー君・・・早く投げてよ~」11レーンの女の子が言う。

『あ・・うん(うるせーな・・お前が14レーンに行け)』

なんとも盛り上がらない。

こうなりゃゲームが終わったあとだ。

「このあとどうする?」と言い出す奴が必ずいてくれる。

どうする?どうする?どうする?

あっちこっちで牽制しあう・・・あの娘が行くならおいらも行きたい・・・ってな思いだろう・・・逆(女子)もしかりだ。

女になんか興味ないよってな風で男子同士集まり、他愛もない話をしたりする・・・時折視線を送る相手は当然あの娘。

「ホッシー・・昨日○○(テレビ)観た?」

『(いいよぉ~そんなつまんねえ話)あぁ・・観た』

「今日さ、8時だよ全員集合、藤沢に来るんだってよ・・観に行きたかったなぁ」

『そうだな』

そんな話をしながらも他の男子と楽しそうに話をする彼女を見たりする・・・そう・・・そっと見るだけ。

あ~ぁ・・・せつねぇーーーーー。

中学生の集団を見ながら、そんなことまで思い出して切なくなってきた。

・・・アホらし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステイタス

メルセデスベンツが女性向けに「アヴァンギャルド」というモデルを発売するらしい。

『ベンツはごつくって・・・』とアウディやBMWを乗り回してる一部セレブな方たちがターゲットなんでしょうか。

このモデルについてテレビで街頭インタビューをしていた。

「ベンツに乗りたい・・・ホテルに着けた時の対応なんかも違うって言うし・・・」

こりゃセレブな人たちじゃねーな。

本物の上流階級な人たちは今更ホテルマンの対応がどうのこうのってのもないべ。

てか・・・マジでベンツに乗ってくると対応変えるの・・・ホテルマンさん?

まあ、ベンツに乗ってる人は金持ちだとは思うわな・・・一般的には。

昔、手取り16万円の給料ながらベンツのローンに11万円払ってた友達がいたが・・・それはそれとして(笑

20251504_200705 もしさぁ・・ベンツに乗ってきたってだけで対応がよくなるホテルマンがいるとしたら。

頑張ってベンツ買ってホテルに来たお客さんを上客だと思って必死になってお愛想を尽くすホテルマン・・・どっちもどっちだな。

おいらが機械式時計に興味を持ったのが、あるアメリカの田舎のホテル・・・そこにTシャツとジーンズの青年が宿泊に来た。

横柄な態度で応対していたホテルマンがサインする時に見せた彼の腕にあるロレックスを見た瞬間に対応を変えた。

そんな話を聞いちまったから。

ちょっとそんな話に憧れちゃったわけですよ。

ところがねぇ・・・欧米ではロレックスなんてのは成功者の象徴。

日本みたいに36回払いで小遣いけずって無理して買う人なんていないわけ。

持ってる意味合いが違うんだよなぁ。

だいたい日本人ほどブランドが好きな人種はいない・・・なんて言われるが、バッグや時計をローンで買うってのはどうなんだべ?

・・・いいじゃん・・・ローンで買ったって・・・ホットイテ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

颯爽とマナー違反

彼女(?)を自転車の後ろに乗せ、ごちゃごちゃしてる繁華街を颯爽とすり抜けるお兄ちゃん。

パチパチパチ♪

自転車乗んの上手いのね。

命知らずのライダー(自転車だけど)みたいでかっこいい!

大藪春彦が書いた汚れた英雄を思い起こすわ。

んでもさぁ・・・男っぽい行動だとは思うけれども、男らしい行動ではないよねぇ。

いいよ・・・自分が車とぶつかって死ぬのは。

だけど後ろに乗せてる彼女も巻き添えにするってのはどうなんだべか?

大切な人ならば、そんな危険なめに遭わせたくないってのが彼氏として思わなきゃいけないところなんじゃないのかなぁ。

なんて思っちゃったりするわけだな。

んでもって行きつく場所がパチンコ屋さんだったりするわけだ。

そんなに・・・命懸けてまで早く行かなきゃいけないとこなん?

たいへんなんだね・・・パチンコすんのも。

それにしても・・・

娘がこうゆう男子とお付き合いしてるってお父さん・・・災難っすね。

さらには、たまたま偶然そこに居合わせたってだけでこうゆうマナー違反な自転車乗りをひっかけちゃったりするドライバーさん・・・もっと災難っすねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

空梅雨の物語

『今年は梅雨入りしても雨が降らないなぁ・・・・』

と、思ったりしてみる。

梅雨?

梅雨か・・・・。

そうだ!

梅雨といえばこの友人!

梅雨と共に帰国して梅雨明けと共に旅立つ友人。

あれ?・・・今年は雨降らないから帰ってこないのかなぁ・・・

と、思ったりしてみる。

で、今日。

「平塚のファミレスでご飯食べたよ~海から厚木インターに向かう田村十字路っていうところ」

帰ってきてんじゃん・・・しかも平塚にきてんじゃん・・・ってか、思い切り馴染みのあるとこじゃん。

『あんで、いついつ帰るよ~ってメールしないんよ?』と嫌味メールを送ってみれば、

「あれ・・いつ帰るって伝えてなかった。いつも最優先リストに入っているのよ」って。

リストには入ってたらしい・・でも漏れてたらしい。

う~ん。

ま、いいけど・・・。

さてこの友人・・・義理のお父さんから「愛の流刑地」の本を貸してもらったらしい。

嫁に「ダブル不倫」の物語を勧めるお父さんはなかなかの大物だな。

よい親子関係を築かれてるようで、なによりっす♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すげぇ~って!

「お父さんも、お母さんも、うちは感動が足りないんじゃないっ?!」

娘が怒る。

ひさびさの娘カナピーねた。

目標の高校に入学できたものの、周りのレベルの高さに少々ビクつく毎日。

中学校ではトップだった成績も、今の学校でどのくらい通用するものか・・・不安なんだよねぇ。

それもそのはず・・・入学していきなりの実力試験。

317人中の169位。

う~ん・・・平凡以下の成績を挙げていたおいらからすれば、今の高校で半分くらいなら十分じゃねーの?と思うところだが・・・。

「半分以下だよ~」初めての屈辱に相当参ったようだ。

休憩時間にも勉強の話ばかりをしている同級生たちにもなかなか馴染めないようで・・・。

中学校の友達たちがなつかしい・・・ってか(笑

そして今回のテスト・・・結果が出て・・・。

316人受験中、9位。

すごいっ・・・シングル。

一気の160人抜き。

デビュー当時のジャンアレジを彷彿とさせるじゃん♪

この学校は例年5人程度が東大に進学する。

「東大に行って弁護士になる」言ってた娘の言葉が現実味を帯びてきた・・・と、親バカ・・・いや、バカ親としては思うのだ(笑

そうそう・・・娘カナピーよ。

あれだけ普段感情を表面に出さない母がいちばんで父にメールをしてきた。

感動が足りないなんてことはないよ。

すっごく喜んでるさ・・・もちろん父も。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

Captain of the Ship

凹んだ時に聴く曲ってのがある。

中島みゆきの「うらみ・ます」を聴き、とことん落ち込むってのもあるけど、やっぱり自分を奮い立たせる曲のがいいな。

おいらは大嫌いな会社に向かう途中、長渕剛の『Captain of the Ship』を聴く。

リピートして何度も何度も・・・ってほど繰り返せるわけでもない・・・なんせ13分オーバーの歌なんで。

この曲は長渕大先生がいわゆる“シャブ中”の時に作られた歌だそうで、魂の叫び如く心の中に入り込んでくる(凹み度が大きければ大きいほどよさげ)

この中に『「あんな大人になんかなりたかねえ」と誰もがあのころ噛みしめていたくせに!』って歌詞がある。

そう、誰もが多感だった頃、大嫌いな大人たちの姿を見て思ったところ。

おいら『まあ、あの歌詞の中にある「あんな大人」にはなってないと思うんだよねぇ』

に、同僚「てか、大人になれてないんじゃないの?」

(失敬な!)

おいら『まあ、少年っぽさは持ってるかもしんない』

に、同僚「てか、少年ってよりガキでしょ」

(まじ 失敬な!!)

だいたい少年はよくって、ガキはダメってなんだ?

少年とガキって一緒じゃねーか。

この歌の中でいちばん魂を揺すぶられるところ・・・ 

俺たちの魂が希望の扉を叩くとき 太陽よ!お前は俺達に明日を約束しろ!

そうさ 明日からお前がCaptain of the Ship お前には立ち向かう若さがある

遥かなる水平線の向こう 俺たちは今寒風吹きすさぶ嵐の真っただなか

特に「お前には立ち向かう若さがある」ってところ。

そうだ・・・立ち向かってゆこ・・・ヨーソローー!!

以下、長渕大先生のメッセージ・・・

続きを読む "Captain of the Ship "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

至高の時間

連休の2日目。

お天気もいいしってね、網代の日帰り温泉に行ってきた。

ここ・・・かなりいいっすわ~。

本当は誰にも教えたくないくらいのトコですが、実はnifty温泉でもかなりの得点を稼いでる勇名な宿なので普通に教えちゃおっと(笑

Hira_2 海に突き出た露天風呂。

写真で見ても、海との境界線がわからんねぇ。

正面に真鶴半島・・・左側には熱海の景色(夜景はいいだろうなぁ)。

右から左に、左から右に・・・熱海と初島を結んでる船が行き来する。

ざぶんざぶんと波の音。

お湯は源泉かけ流し。

海の方へとこぼれていきます。

(この湯が2時間経ってもカラダを火照らせます)

評価が高いのもうなずけるってもんだ。

ただひとつ・・・ただひとつ気になるのは前が砂浜になっていて、誰でも自由に行き来できるってこと。

おいらが裸で立って海を見ていたら、7~8メートルくらい離れたところからパパとお子さんが手を振ってくれました。

一応手を振り返しましたが、なんせ姿が姿なんでちょっと照れます(笑

あとで聴けば女子の方も同じ状況だったようで・・・ま、自信があるなら手を振ってやってください。

朝晩8時に男子湯と女子湯がチェンジするそうです。

Hira2 それからランチ。

これがまたまいう~~。

プリップリのお刺身が食べきれないほどの盛り・・・さらには海老のてんぷらもこれ以上うまいのは食べたことないぞってくらい美味しかった。

料金は日帰り温泉のみであれば1050円。

ただし休憩する場所などがありません。

おいらは昼食付き個室休憩をお願いしました(5250円)

温泉に入り昼食をいただき、部屋で小一時間ほどお昼寝したあと再度温泉に入り帰ってまいりました。

この5千円・・・高いか安いか意見もわかれるだろうけど、おいらはわりと満足してます。

今度は泊まってみたいとまで思いましたです・・・はい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おじ様達の原宿

新橋に行ってきた。

実際は今日、東京の下町方面(両さんが活躍する方)をいろいろ周り、最終的に新橋に腰を落ち着けたというところ。

青山とかお台場なんかに比べると落ち着きますわ(笑

さて・・・今日はなにゆえの上京かと申せば、ランチ&甘味のお店に行きたかったというのもあるけれどもメインはブログ友達の新橋オヤジさんとの対面。

昨年あたりからぜひ一度♪ってお話はあったんだけれどもなかなか実現できなくって・・・今日になったってとこ。

メールをくれるたびに「どきどきします」と心配する新橋オヤジさん。

あんまり刺激しちゃいけないわぁ~(笑

当日となってもまだ心臓がバクバクされてたようで・・・『大丈夫です。何も結婚を前提にお付き合いしようってわけじゃないですから』と彼を安心させる(彼って、あーた!)

この新橋オヤジさん。

前もって新橋の『豚のうまさ』ってお店に行ってみたいんですよね~と連絡しておけば、わざわざランチタイムに下見をしてくれるほどの誠実さ。

ありがたいです。

アルコールがぜんぜんダメなおいら・・・お付き合いできなくて申し訳ない。

でもここの豚料理・・・ってか、鉄板焼きに網焼き・・・メッチャまいう~でした(詳しくは日々是で・・・おすすめです)

美味しいものを食べると笑顔になれて、話も弾みましたです。

本当楽しかったです(2軒目まで案内していただきまして・・・しかもご馳走になりました)

特に子供の頃に憧れてたあの話や、女子の話なんかにも華がさきましたですね~。

ま、男同士の話なんてそんなもんね。

でもこうして神奈川と埼玉に住む見知らぬ二人が東京で対面する・・・ありがたいことじゃないですか。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

旅行・・・計画中

旅行もね・・・計画するのは無料(ただ)

計画するのが旅の楽しみの半分だったりするおいらとすれば、こんなに安い楽しみはない。

ネットというとても便利な機能がこの楽しみを倍増させてくれる。

旅に誘う各旅行会社のホームページ、旅をしてきたよという個人のホームページ又はブログ、その土地その土地の観光協会や役所のホームページ。

時間を忘れてしまいそう。

そうそう・・・凹んでる時はそうゆう時間が貴重ね。

『そっかぁ・・・そうゆう行きかたもあるなぁ・・・』パソコンやパンフから目を離し、しばらく考えると今日の明日の仕事のことが浮かんできたりする・・・『あ~ぁ、会社行くのやだなぁ・・・』

再びパソコンやパンフを見始める(ある意味現実逃避ね)

『えっ・・これ美味しそう!ここは行かなくっちゃなぁ』

それにはやっぱりここへ行って、ここからアレに乗って・・・ブツブツブツブツ・・・またパソコンから目を離す・・・考える・・・しばらく考えると今日の明日の仕事のことが浮かんできたりする・・・『あ~ぁ、会社行くのやだなぁ・・・』

先の楽しみと直近の仕事が頭の中をぐるぐるぐるぐる。

そんなこんなで人生おくっておりますわ。

とりあえずの現実逃避は・・・夏の“ねぶた祭り”と秋以降の“瀬戸内”

Nebuta1 両方とも(現実になるかは)1㌫程度の確率ですが、そんなんで自分を奮い立たせておりますです・・・はい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ありがたい

昨日コメントをくれた、しもさんのように凹んでる時にかけてくれる言葉ってのはうれしいね。

「みんないるじゃないですかぁ~」のみんなが誰をさしてのことだかわからないけれども、できれば「私がいるじゃないですかぁ~」のがありがたい(笑

それから我が身も落ち込んでるとブログに書かれながら、わざわざメールで励ましてくれる人。

あなたが世界でもトップクラスの幸せ者となれますよう・・・おいら憑神としてお祈りしております。

さらには意を決して新しい場所でチャレンジしようと楽な道を捨てたあなた・・・その決断が最良のものであるよう憑神としてお祈りしております。

みんな頑張れよ~~おいらも少しだけ頑張る!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

と、いうわけで・・・

ま、タイトルのまんまっすわ(って、わかんないっつーの)

落ち込んでおりましたですよ。

落ち込んだ時こそブログに愚痴をこぼし、読んでくれてるみなさまに聴いてもらう、励ましてもらう・・・そんなんが現代のいいところ、なんて思ってもおりましたが、落ち込み方もただ事じゃないとブログを書こうなんて気には、まぁならんすね。

なんせ社員食堂で麺類を頼めば必ず頼む「五目いなり」ですら、食べる気にならず、ぼそぼそラーメンやうどんを食べてたですよ。

しかしアレだねぇ・・・。

なんで人生ってイヤなことあるんだろ?

なきゃいいのに。

最近は10時過ぎると眠くなっちゃうしなぁ・・・関係ないけど。

あっ・・そうそう!

総合格闘技PRIDE

フジテレビにあいそつかされてからはDVDを借りてきて観なくちゃならない。

誰が勝ったのかわからないように慎重に生活してきて、ようやく借りられたDVD。

PRIDE無差別級グランプリ・・・まずは一回戦から観始める。

3試合目あたりでウトウト・・・やばい状態。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・ぐうぐぅぐうぐぅ・・・・・・・・・・熟睡。

『はっ!!』と目を覚ませばミルコクロコップが優勝し手をあげてる。

なんにもなんねーじゃん。

あぁ~凹むわ。

久しぶりにみなさまのページにも伺い、中にはおいら同様落ち込んでられる方もおらっしゃったようですが、頑張らにゃあいかんよ。

Tsukigami_070607 おいらがついてんよ(なんの力にもなれないけど)

おいら憑神だから(まったく根拠ないけど)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

?マーク

以前からなぞの多い人物、友人クロ。

この人からくるメールも謎が多い。

タイトル おはよ

文章   げんき

      6月の休みをおしえて

先月末に送られてきたメール

ま、男のメールってこんなもん。

そっけないっていっちゃえばそうだけど。

それでもおいらの6月の休みのことを知りたいのだろうということはわかる。

しかしその上。

「げんき」

奴の携帯電話には「?」マーク機能が付いていないらしく、疑問符として文章が送られてきたことがない。

おいらが「元気?」と奴にメールを送ったのだとすれば「元気だよ」と送り返されてきたのだと理解できるが、久々にメールがきて「げんき」とは・・・。

自分が元気であることをわざわざおいらに伝えてきたかったらしい。

そういえばこんなメールもかつてあった。

昨年クロの結婚式招待状を送る送らないって頃の話。

「ホッシーのおふくろさんの名前の『○恵○』の『恵』はこれ」

なぜだ?

なにゆえ40年以上も共に生きてるおふくろの名前を、クロにわざわざ教わらなきゃいかんのだろ。

「そうなんだ」と送り返すしかねーじゃねーか。

何が言いたいんだか。

そのほかにも「今晩メシ食べる」(食べりゃあいいじゃん)

「明日休み」(休みゃあいいじゃん)

まあ、謎だらけ。

そして・・・奴に6月のお休みをメールしたにもかかわらず、その後のアクションはいっさいない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夫婦力(ぢから)

とある場所、とある年配のご夫婦の会話。

奥さん「でもアレでしょ・・・中村さんとこのアレアレなんでしょ・・・」

まあ、身も知らないご夫婦の会話を気にすることはないっちゃーない。

しかし、耳に入ってきてしまった二人の会話・・・まず上記の奥様の発言の中・・・おいらが理解できたのは『あぁ・・お二人は中村さんのことについて何かを考えているのだなぁ』というくらい・・・あとはわからんでしょ・・・さすがに。

で、これに対してご主人。

「そうだなぁ・・・」

え、えぇーーーーー?!(マスオさんポーズになっちゃうよ)

通じてんの?

あれで?

これもこれで夫婦力だなぁと思った。

普段からまったく関わりあっていなければ、とても通じる会話じゃないもん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どこ見てるの?

20070604k0000e050040000p_size6 プロの大会を勝って一躍有名人になってしまったハニカミ王子。

・・・ってかさぁ・・・はにかんでる?

喜んでるじゃん。

彼はプロじゃないよ。

アマチュアでしょ・・・アマチュアはね、自分のために競技すればいいんよ。

金とってるわけじゃないでしょ・・・儲けてるわけじゃないでしょ?

『・・・・・・そうすれば、もう少しギャラリーのみなさんに笑顔を見せられると思います』

なんだ、この発言は。

15才の口から発せられる言葉じゃねーぞ?

ギャラリーのみなさんなんて気にすることないんよ。

見てるとこが違うんじゃない?

わざわざ関東アマあたりの大会を見に来るミーハーどもなんかを気にして自分のプレーを悔やんでどうする。

と、おいらは思う。

例えあの時、君がプロの大会を優勝したにしても、もしマスコミがいっさい報道しなかったとすれば、たぶん応援にきてなんかくれなかった人たち。

気にすることなんてない・・・プロじゃないんだから。

それにしても過剰なほどの熱のいれよう・・・マスコミ陣

恥ずかしいね。

視聴率の取り方が違うんじゃないの?

ある意味・・・あんたたちもプロじゃない。

15才の希有まれなる有望ゴルファー君。

君の見るものは今、一緒に苦労してくれてるお父さんとお母さん、憧れのあのプロゴルファー、そして自分自身だけでいいんじゃねーの?

ゴルフ場にきて、携帯の着信音を鳴らすような奴は応援してくれてる人とは違うよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »