« ばあちゃんの買い物。 | トップページ | ハードル »

お坊さん

D111904850 コメディ映画の天才、周防監督の作品に『ファンシイダンス』というものがある。

やむにやまれぬ理由で仕方なく修行をする若者たちを描いた作品。

立って半畳、寝て一畳・・・なんて言うが彼らの修行はそんなに追い込まれたものじゃない。

ネタバレになるが、田口浩正演じる信田珍来(しなだちんらい)という修行僧は修行途中で糖尿病となり入院するハメとなったり・・・メッチャおもろいです。

ま、なんぼなんでもこんな“なまくら”な人はいないだろうが、今回我が家にお経を読みに来てくれたお上人さんがあまりに強烈だったので書いておこう。

普通お盆といわれる時期は8月の13~15日。

この頃、檀家をもつお坊さんたちはにわかに忙しくなるらしい。

しかしこのお盆の時期も地域によって違ったりして・・・我が家は昔からの慣例で7月にすましてしまう。

我が家は檀家というものになっていないので、知り合いのお上人さんに頼み家まで来ていただく。

以前はおいらの学校の先輩でもある方に来ていただいていたのだが、この先輩若くして亡くなられた。

そちらのお寺の紹介で来ていただくことになったのが故先輩の従兄弟という関係の方。

数十分のお経のあと、お盆の時期の大変さって話をはじめられた。

『来月は10日~15日までのあいだに200軒入ってるんですよ~幸いね、息子がやってくれるようになったんで私が120軒、息子が80軒となってるんですが、それでもね走りまわらなきゃならない・・・一軒10分と予定して計画してるんですがね・・・』みたいな。

確かに大変だろうなぁと思う。

しかし・・・『行く先もね、私が着いてからエアコンを入れてくれたりするでしょう・・・だからね読んでる最中は暑い・・・終わる頃効いてきたりしてね・・・最初から入れててくれればいいんですがねぇ』

とか・・・『飲み物を用意してくれたりするんですが、おばあちゃんのところへ行くと生ぬるいカルピスなんか出てきてね・・・』など。

ま、お坊さんも人間だわと思わせてくれましたですわ(笑

そういえば以前、だいぶ前の話だが叔父のお通夜でお話を聞いたお坊さんでこんな人がいられた。

その方はお坊さんの傍ら市役所に勤めてられる・・・あれ?逆なのかな?

しかも競輪の担当をされていたとか。

『出勤で忙しいから朝のお勤めもなかなかできない』

『檀家に法事を頼まれるのはだいたい土日でしょう・・・でもね、土日はだいたい競輪が入っちゃうのよ』

『市役所勤めを辞めろって人もいるんだけど、だったらその給料分よこせって言ってあげたんだけどね』

遊び人であったうちの父ともすっかり気があっちゃって・・・父が競輪に行く時は招待席を用意してくれちゃったりしてね・・・まあ、この人も強烈でしたわ。

|

« ばあちゃんの買い物。 | トップページ | ハードル »

▲ひとりこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/15841492

この記事へのトラックバック一覧です: お坊さん:

« ばあちゃんの買い物。 | トップページ | ハードル »