« たからもの | トップページ | さわやか・・・公立校 »

国民栄誉賞を!

535770101_57 思えば、欽ちゃんとチャリティ番組は切っても切れないなぁ。

もはや30年くらい前にもなるだろか・・・目の不自由な人に音のなる信号機を・・と、ニッポン放送が24時間ラジオチャリティミュージックソンという番組を開始した。

多感だったおいらも泣いた・・・人って優しいなぁと泣いた。

「こうしちゃいられない・・何かしなくちゃ」とも思わされた。

“何かのために” “誰かのために”
普段、考えることをしないで生きてきたおいら。

そんなんじゃダメだよ~って、毎年クリスマスの時期、欽ちゃんの優しい声がおいらに語りかけてきてたっけ。

今年は欽ちゃんが24hのマラソンにチャレンジされていた。

連日、熱中症で死者まで出る猛暑。

「無謀だ!」「欽ちゃんを殺す気か!」と医者も激怒する中のチャレンジ。

『もうやりたくない』とゴール後、欽ちゃんも話されていた。

辛く過酷なものだったんだろう。

それでも66歳のチャレンジを見て、人が「こうしちゃいられない・・何かしなくちゃ」と思ってくれたらと走ったんじゃないかな。

常に一生懸命・・・自分を表現することで皆にメッセージを与え続けてきた欽ちゃん。
口ばっかりのおいらとは違うなぁ。

ゴール後に出演者がお決まりの感嘆なメッセージをかけていたけど、聴いてて恥ずかしくなるくらい・・・言葉なんていらない。

見習わなくちゃなぁ・・・あっぱれだな。

|

« たからもの | トップページ | さわやか・・・公立校 »

●ヒーローのこと」カテゴリの記事

コメント

そうですね・・・欽ちゃんすごかったね、ほんとに。
なんか変なてらいがなくて、ほんとに純粋に「チャレンジ」だったんだ、て感じがしました。
武道館の外に着いたとき、みんなの「欽ちゃんコール」で涙してる欽ちゃんを見てもらい泣きしちゃいました・・

投稿: fairmoon | 2007年8月20日 (月) 22:38

fairmoonさん

「え?欽ちゃんが?何でいまさら?」
それが最初に聞いた印象でした。

おいらももらい泣きしちゃいました。
みんな愛されるってすごいよねぇ。

投稿: hossy | 2007年8月21日 (火) 23:03

ホッシーさん

私は走る前の
きんちゃんの正直なコメントがいいなって
思いました。


「ゴールする気ないもん」
「走れないもん」


「でもがんばってみるね」

結構、人間はそうやってがんばってますよね。

投稿: こすずめ | 2007年8月24日 (金) 01:06

こすずめさん

事を始める時、最良の結果を描いているとかなりのプレッシャーになるけど、ダメな結果を描いてはじめると気が楽なんですよねぇ。
中にはプレッシャーで自分を追い込むって人もいるけど、おいらも欽ちゃんと同じでいけるとこまで・・・派(笑
いいじゃん・・・そんな人生で・・ってね♪

投稿: hossy | 2007年8月25日 (土) 11:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/16183549

この記事へのトラックバック一覧です: 国民栄誉賞を!:

« たからもの | トップページ | さわやか・・・公立校 »