« 考(後)察 | トップページ | 富士からくる風が心地いい »

ぎぃー ぎぃー

春から我が家で鳴り響く「ぎぃーぎぃー」という音。

弦楽部に所属した娘が弾くヴァイオリンの音。

「たぁ~たかたぁたぁ~ たぁ~たかたぁたぁ~・・・・・・・・・・・・・」

『きらきら星』らしい(笑

最初はみんなそうだよ~~友達もみんなが言ってくれる。

ま、そりゃそうだろ・・・最初はねぇ。

この娘が合宿に出かけるという。

ほぉ~・・・・ぎぃ~ぎぃ~がいっぱい集まって練習するわけだ。

受け入れる宿・・・なかなか寛容だな(笑

「今年の我が家の夏の旅行はヴァイオリンに化けたから」という奥。

そうなんねぇ・・・その合宿。

ヴァイオリンはもちろん、初めての集団生活で人としてもひとまわり成長してきてくれるかなぁ。

それならヴァイオリン代も安いもんだけど♪

|

« 考(後)察 | トップページ | 富士からくる風が心地いい »

▼子供のこと」カテゴリの記事

コメント

ホッシーくん、見る見る内に姫のバイオリン技術は向上して、ぎぃ〜ぎい〜の頃が懐かしくなりますよ(^O^)
私はトランペットの間抜けな『プピィ〜』から打楽器のつたないバチの音、更にチャルメラを吹いてるのかと思わせるようなオーボエの音色を聞かせられてきました(笑)今となっては懐かしく思います。

投稿: みさ | 2007年8月15日 (水) 10:36

そうそう、練習していけばちゃんと音が出るよ。
私もトランペットを吹いていた頃そうだったし。
娘のユーホを聞いた時、なぜこんな大きな楽器を・・と心配したけど、ちゃんと音が出るようになったしね。

投稿: めぐ | 2007年8月15日 (水) 10:44

みささん、めぐさん

こんばんにゃ。
ま、おいらとすればヴァイオリンがどうのとか正直どうでもいいんですがね。
何かにチャレンジしてる姿が気持ちがかけがえのない彼女の財産になれば・・・とね。
やり遂げるってことのない青春時代を過ごしてきた父は思うわけですよ。

投稿: hossy | 2007年8月16日 (木) 00:00

お久しぶりです。
ヴァイオリンとは、こりゃまたすごい。
何にせよ、部活に燃える姿は学生らしくて、
とってもいいですねぇ。
ゴーシュのように上達するといいですね。

投稿: 新橋オヤジ | 2007年8月17日 (金) 23:42

新橋オヤジさん

暑いですねぇ。
うちよりそちらの方が暑さ厳しいようですが・・・。

昨日は息子の友人(娘の高校の先輩)が我が家に遊びにまいり、娘のヴァイオリンを使い上手に弾いてました。
そうゆうのってちょっとカッコいいですよねぇ。

投稿: hossy | 2007年8月20日 (月) 00:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/16117447

この記事へのトラックバック一覧です: ぎぃー ぎぃー:

« 考(後)察 | トップページ | 富士からくる風が心地いい »