« 幻想 | トップページ | 国民栄誉賞を! »

たからもの

娘がこの夏、一週間だけの短期アルバイトをした。

アルバイトを始める前からカレンダーに給料日と記入し指折り数えて待った日が今日。

休みだったおいらは娘を乗せ、アルバイト先の会社まで給料を受け取りにいった。

2万円ちょっと・・・初めて自分の力で手にいれた貴重な大金だ。

そのお金の中から家族に何かを買ってあげたいという。

おいらとおじいちゃんは文庫本を買ってもらった。

裏表紙の裏に日付と名前、“初給料で”とサインをしてもらい受け取りました。

ありがとう・・一生の宝物にします。

じいちゃんも感激して泣いてたな。

それにしてもわが息子よ・・・妹に何か欲しいものある?と聞かれ、現金と答え1000円を受け取ったは、あまりに寂しいぞ・・・。
あ・・それと帰り際、「ワンピース買って~」「じゃ、五百円だけでいいから出してよ~」も、なんかちょっと違う(笑

|

« 幻想 | トップページ | 国民栄誉賞を! »

▼子供のこと」カテゴリの記事

コメント

わぁ~ステキなプレゼントですねー。
私もお嬢さんを見習わなければ・・。
それにしてもお兄ちゃん(笑)
どっちが年上かわかりませんね~

投稿: しも | 2007年8月20日 (月) 23:07

ちなみに2冊の文庫本のタイトルを知りたいです。

最近は誕生日やクリスマスに「何が欲しい?」と訊かれて「お金」と答える子供が急増らしいですね。
でも息子くんもその千円の重みをしっかり感じたハズ・・・。

投稿: ま~ | 2007年8月21日 (火) 18:36

しもさん

うちの息子・・友達に誘われてスーパーでレジ係りのバイトをしてたんですが、想像以上のおばさん(お客さん)たちのイジメに遭い、引っ越しをいい機会にその世界から身をひいたようです。
だからか、現金!なんでしょうね(笑


ま~さん

将来の夢を訊かれて「公務員」と答える子供が一時話題になりましたよねぇ~~現実的ですね(笑
本は・・「愛の流刑地」です・・うそ(笑
親父は内田康夫の推理小説・・おいらは「竜馬がゆく」の4巻です。

投稿: hossy | 2007年8月25日 (土) 07:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/16183018

この記事へのトラックバック一覧です: たからもの:

« 幻想 | トップページ | 国民栄誉賞を! »