« 修二会 | トップページ | ディズニー王 »

女神は気まぐれで・・・

球春!

プロ野球も開幕し、春の選抜大会もはじまった。

そういえば・・・昨年の大会はあの相馬君率いる静岡・常葉菊川が優勝してびっくりさせられたんだったっけ。

はやいもんだ・・・歳とるわけだ。

で、今日の話題はやっぱり落球。

野球にエラーは付きものでね、連続エラーなし記録を持ってる人は讃えられるほどエラーしない事は難しい。

それにしても毎試合エラーするような人は当然試合に出ることはできないわけで、滅多に見れるものでもないってのも事実。

要は一試合に一度あるかどうかのエラーをいつしてしまったか?

終盤になればなるほどそのエラーは意味が重くなってきちゃう・・・んで、今日のように劇的なものになってしまったりもする。

今日の彼はまさにいちばん印象に残る瞬間、試合が決定してしまうその瞬間にしてしまったわけだ。

まったく同じエラーでも初回であれば、あれほど泣きじゃくり「ごめんなさい」を繰り返すこともなかっただろうにね。

昨年だったか、阪神タイガースの投手下柳が大事な場面での二塁手のエラーにグローブを投げ捨て地面を蹴って怒りをあらわにした。

あれはいかんね。

おいらも少年野球をしてる頃投手をしていたが、仲間がエラーをするたびに嫌な顔をしチームメートを萎縮させた。

助けてもらうこともある・・・守備でも攻撃でも。

エラーした本人が立ち上がれないほどの責任を感じるにしても周りは「どんまい!」としてあげなければね・・・それが団体競技でしょ。

その点高校野球はいつも美しい、そして優しい。

今日の彼はきっと今晩寝ることもできないだろうよ。

周りがどんなに言葉をかけてもしばらくはショックから癒されることもないだろう。

でもさどうだろう。

確かに今日は彼のエラーが相手の勝利を決定付けてしまったけれども、彼がいなければチームがこの甲子園に出場することは叶わなかったかもしれない。

延長に入るような好ゲームを展開することもできなかったかもしれない。

2008032300000019maiallbaseview000 誰一人欠けても今はないと思えば、彼ひとりに責任があるなんて誰も言うはずもない。

胸を張って地元に帰り、猛練習に耐え夏に雪辱を果たしにくれば誰よりもかっこいい。

|

« 修二会 | トップページ | ディズニー王 »

●スポーツなこと」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶりです
いつの大会だったか忘れましたが
エラーで試合を決めてしまった選手がいました
彼もやはり大泣きでしたが
次の年も出てきてくれて
『出てきてくれてよかった
メンバーに入れてくれてよかった
あのまま高校野球が終わると
彼の人生が台無しになってしまう』と
何方だったか おっしゃいました
此処まで考えているんだ 考えてくれているんだと その言葉に感激してしまいました

投稿: 台所のキフジン | 2008年3月23日 (日) 22:14

台所のキフジンさん

こんばんは
スポーツをやってる子は・・・特にチームでプレイしてる子たちはとても純粋だからそれだけにミスをしてしまった時の責任の感じ方が重いんですねぇ。
それでも試合終了後もミスした彼を支え続けていたチームメート。
うらやましい絵です。
いつかはきっと笑い話になるでしょうが、今は悔しさを噛みしめて明日に役立ててほしいものです。

投稿: hossy | 2008年3月27日 (木) 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/40613650

この記事へのトラックバック一覧です: 女神は気まぐれで・・・:

« 修二会 | トップページ | ディズニー王 »