« 子供の日 | トップページ | ひとつき過ぎて »

このミステリーがすごい!

Utano ぶっちゃけ・・・この本は面白い!

おいら普段ミステリー小説は読まないんだけど、本屋さんのPOP広告にはめられ(笑)ついつい手にしちゃいました。

一気に読み切りたくなる本ってそうそう出会わないが、これに関しては次が気になってしょうがない。

そしてラストに『えぇーーーーーーーーっ!』となる。

ラストにすべてがわかる。

そして人間の思い込みってすげぇもんだなぁと思わされる。

この筆者は天才。

このからくりを思いついてからストーリーを考えたんだろうか?

はたまたその逆だろか?

昔、シックスセンスって映画の冒頭で「このラストを誰にも話さないでください」ってのがあったけど、まさにそれ。

この本は内容を語ってはいけない。

ただ・・・ミステリーってよりも恋愛小説か?

タイトルが「葉桜の季節に君を想うということ(歌野晶午)」だけにね。

そうそう・・・この小説はラストを知ったあともう一度本を読み返すことになるだろうと思います。

それと・・・誰かが書評で書いてたけど、この物語の映像化は不可能と思われます。

なぜなら・・・・それこそが内容だから(笑

|

« 子供の日 | トップページ | ひとつき過ぎて »

▲ひとりこと」カテゴリの記事

コメント

ホッシーさんこんにちは!
ちょっとご無沙汰していました。

ここしばらく読書しまくってるんですが、この本はまだ知りませんです。
え~っどんな話なのぉ??!!
タイトルで読みたくなりました!
感想を読んで絶対読もうと決めました。

本屋さんで、王様のブランチランキングで、図書館の新刊コーナーで、携帯小説で、そしてここで心惹かれる本に出会えて幸せ。

投稿: おさる | 2008年5月 8日 (木) 13:14

ええっ気になる!
ホッシーさんのこの記事読んだらもう、読まずにいられませんね。
どんなお話なんだろう~~
明日あたり本屋さんに走っていそうですヨ^^・・・

投稿: はるたまご | 2008年5月 8日 (木) 21:53

おさるさん

こんにちは。
こちらこそごぶさたしちゃってます。
ブロンマにもおじゃまして肩こりをほぐほぐしていただきたいところなんですが、つい家でゴロンゴロンしちゃってます(笑

タイトルですね・・・。
この渋いタイトルの意味もラストに出てきます(笑
書評を見るとこぞって「だまされたー」と言ってますねぇ。
いえいえ・・読者が勝手に思い込んでるだけなんです(笑


はるたまごさん

どんな内容か・・・
ハードボイルドですねぇ・・どっちかと言うと男子向け。
読まれたら400字詰め原稿用紙2枚に感想文を書いて提出してください(笑

投稿: hossy | 2008年5月 9日 (金) 08:27

ホッシーさん。
今しがた完読致しました。
図書館で借りたので装丁が(多分)最新のではないのが残念ですが、そんなことより……
ビビビ、ビックリですねぇcoldsweats02

今までにはない、超驚きのどんでん返し(って言うのかな?!?)で、思わず自分がどこで“そう”思い込んでしまったのか最初から読み返してしまいました。ずっと最初から終わる直前まで描いていた映像は全て間違いで。
こんな裏切り方もあるんですね~!
内容もよかったですし、いやぁ久々にドド~ンと楽しませていただきました。はい。

投稿: おさる | 2008年5月23日 (金) 19:12

おさるさん

いいわぁ~~
まんまハマってくれてる(笑
筆者の思うつぼですねぇ。
ま、この本は読み終えたあとの思いと行動がだいたい読めますね。
おいらとまったく同じのようです。

投稿: hossy | 2008年5月25日 (日) 12:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/41131906

この記事へのトラックバック一覧です: このミステリーがすごい!:

« 子供の日 | トップページ | ひとつき過ぎて »