« じいちゃん | トップページ | ネットショッピング »

胃の痛みが手首に移る。

手首が痛い・・・なぜか。

夜8時くらいから胃が痛みはじめ、座っても寝てもいられない。

『痛い・・痛い・・痛い・・痛い・・痛い・・痛い・・』

2時間ほど痛みに耐えてたが見るに見かねた奥が夜間診療に電話。

市内でも大きな病院が内科の夜間救急を受け付けているという。

薬を飲んでも一向におさまらない痛みにさすが(なんにもさすがでもない)のおいらも診てもらおうとお願いした。

(入院・・なんてことになったら旅行も中止だなぁ)なんてこと思いながら助手席に納まる。

病院に着き受付を済ませ順番を待つ・・・が、その間も『痛い・・痛い・・痛い・・』

病院内をうろうろ歩く。

名前を呼ばれ先生の前に着席。

問診のあと、採血と点滴をしましょうってことになった。

横になり針の入ってくるのを待つ・・・嫌な時間。

「あれ?あれ?」とおいらの腕をさする看護師さん。

「チクッとしますよ」チクッとくる。

「あれ?ごめんなさい」抜く。

「ちょっと右腕に替えさせてね」

右腕をひっぱりだす。

「チクッとしますよ」チクッとくる。

「あれ?ごめんなさい」抜く。

(をいをい、いい加減にしろよ)

「先生すいません。相性がわるいみたいで・・・」

当直の先生がおいらの左腕をさする。

「チクッとしますよ」チクッとくる。

「あれ?ごめんなさい」抜く。

「おかしいなぁ・・・」二人で言い合う。

再び右手側にまわってくる。

「チクッとしますよ」4度チクッとくる。

「あれ?ごめんなさい」4度抜く。

「変ですねぇ・・・ちゃんと太い血管が出てるのに」

3人目の人が登場。

おいらこの辺りで胃の痛みがなくなってるのに気づく。

「もう一度やらせてくださいね」と言われたが『もうかんべんしてください』。

「でも痛いでしょ?」と言われ『腕のが痛いです』とベッドを立ちあがっちゃいました。

『帰ります』・・・点滴中止。

「本当に痛くないんですか?さっきまであぶら汗かいてたのに」と言われたが『先生の顔見てたら治っちゃいました』と帰ってきました。

結局問診しただけ・・・イヤ、針4回さされただけ・・・何のために来たんだか。

手首に鈍痛があるんですけど・・・2250円もったいなかったわ。

|

« じいちゃん | トップページ | ネットショッピング »

▲ひとりこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/43402159

この記事へのトラックバック一覧です: 胃の痛みが手首に移る。:

« じいちゃん | トップページ | ネットショッピング »