« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

旅先・・美味しかったもの

日々是の方に残しておいてもいいんだけど・・・。

「東北の店ばっかじゃん」って言われそうなんで・・こちらにひっそり残しておこっと。

まずは米沢牛三昧させてもらった米沢への旅。

Aoki1 上杉城址園で目についた「米沢牛コロッケ」

周りのみなさんがまるでマックのハンバーガーをかじるように気軽に食べてましたんでね~~おいらたちもぜひひとつと購入。

これがまいう~~

これでごはん食べたい!

んでも米沢牛である必要があるわけ?

あるわけですよ・・・米沢だから(笑

そのぶんお値段がする・・・普通サイズのコロッケが180円でありました。

Aoki3 続いて話題のジューススタンド。

ここは郡山駅にある“エスパル”って駅ビルの中。

ケーキやジェラートなんかも売っておられますが、何せジュースが美味い。

美味すぎる。

Aoki2 後に悲劇を生むことになる「いちごジュース」380円。

4人でいただきまして、みんなで絶賛。

帰りもどうしても飲みたいと言い出した彼が例の如く電車に乗り遅れたわけですわ。

なんてぇんだろ・・・よけいな添加物はいっさいない純ないちごジュースっていいますかね。

またイチゴも美味しいものを使ってるんだろうと思われます。

甘いだけじゃなく、酸味が美味しいの。

しかし!

Aoki4 おいらが本当に飲ませてあげたかったのがこれ。

「会津のみしらず柿のジュース」280円。

柿のジュースってだけで珍しいんだけど、これが舌を疑うほど美味しい。

これも純度100%ですよ。

1月に行った時には終わってました・・・秋から冬にかけての販売なんでしょうね。

これは凄かった!

それからこのお店の隣にワッフル屋さんがあったんですが・・・このワッフルがまた美味しかったです。

東北へ旅すると確実に太る(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビショッピング劇場

ジャパネットたかた。

最近すごい!

いや・・けっこう前からすごかったけれども、ここんとこは特にすごい!

なんせ、テレビショッピングなのに2時間。

○○サスペンス劇場並みの枠じゃん。

あの声を2時間聴くわけですよ~耳鳴りしちゃうっつーねん。

それをうちのジイちゃんバアちゃん「まだやるの~」と口では言いつつもだんだん画面に近づいてっちゃって。

ふたり揃ってソファに座りながらうなずいちゃってんの。

「うんうん」

ジャパネットたかたの商売の上手さは、ひと品ひと品ていねいに説明するってことね。

テレビの前には年寄りがいっぱいいるってわかってて説明してる。

これが電気屋さんにはできないことなんよ。

年寄りはね、ちょっとやそっとじゃわからんのよ。

だけどね「わからん」って素直に言えないとこあんの(何がわからんのかもわからん時あり)。

だから電気屋で説明受けてるときはわからないけどわかったふりしちゃって、だけどわからないからやっぱり買わないで帰る。

これを次のジャパネットたかたで観ちゃう・・・これがわかるまで説明しちゃってくれる。

「カアサン、やっぱりこれいいよ~♪思ってたとおりだ」みたいになっちゃってね。

もう電話。

『お電話番号をお願いします』に応えると『○○様でございますね、いつもありがとうございます』もう登録されちゃってるほどのお得意さん。

そうね・・・「うんうん」って頷きはじめると年寄りは危険。

その数分後には電話してますよ。

ってなわけでね・・・今月に入って我が家は炊飯器(炊飯器の下取りってすげえな)とジイちゃん部屋のテレビが新しくなりました(笑

| | コメント (0) | トラックバック (1)

おにぎり

メシ食う時間もねぇーーー。

ってなわけで、夕飯はコンビニのおにぎり2個。

鮭とおかか。

2個で240円ですわ。

それを仕事の合間に食べる。

せめて汁もんくらい欲しいよなぁ(涙

むなしい・・・おにぎりって何かおかずをつまみながらってならゆっくり食べれるんだけど、おにぎりだけをかじってるとあっという間・・・2分弱くらいで終わっちゃう。

2個食べても3分ほど・・・夕飯が3分かぁ・・・と空を見上げたりする。

しかもさぁ・・・上着とYシャツのあいだにおかかがこぼれちゃったりした日にゃああーた・・・『なにやってんだ・・・おいらは!』叫びたくなるってもんだ。

それにしてもセブンイレブンのおにぎりは美味しいなぁ。

海苔なんかパリパリしちゃって、口の上の方にくっついちゃったりしてさ。

この120円は安いわ。

そう考えると昨日のケーキ代2300円は痛い(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

手玉だな

朝青龍がほとんどの人の期待を裏切り優勝した。

優勝したのに期待を裏切るってのも変か(笑

ささ・・・誰?

3日目には引退する・・・なんて言っちゃった人・・・誰?

恥ずかしいね。

もすこし発言は慎重にしましょうね・・・なんせテレビに出る人なんだから。

横綱はさ、横綱でいるかぎり仕事しなくても給料もらえるわけよ。

300万弱だっけ?

休んでてもそれだけ貰えるんだもん・・・できれば働きたくないよなぁ。

失業保険や労災なんかも一度貰うと癖になるっていうしな(笑

田舎に帰ってゆっくり遊んで毎月300万弱貰える・・・朝青龍にとっては最高の状況だったわけね。

それを3場所も休場しやがって~次休んだら引退しろだの何だのって騒ぐから「しょうがねえな、仕事すりゃあいいんだろ」ってことになったわけだ。

場所前の稽古でボロボロ負けたのも、あれワザトね。

周りをからかってるわけよ。

それをみんなまともにうけちゃって・・・弱すぎる~こりゃ引退だ~ってね。

言えば言うほど笑ってんだよ・・・本人は。

もうさぁ、あんたらがどうにかできる人間じゃないよ・・・あさしょうりゅうは。

「ちょっと本気になっちゃおうかなぁ」って思えば優勝しちゃう。

まあ、他の力士も哀しいけどこれが現実ね。

もう騒がない方がいいよ・・・恥さらすだけ。

奴はからかって遊んでんだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

救われた。

帰宅してみれば奥が「2月の14・15ってKちゃん(奥の妹)と旅行に行ってくるから」

なんですとーーーー!?

素晴らしい!

素晴らしいじゃないですか!!

確かに、おいら周りからゴチャゴチャゴチャゴチャ言われるくらいひとり遊びがすぎる。

度が過ぎてんだろ~くらいのことを言われることもある・・・その自覚もある(笑

だからねぇ・・・以前から『どっか行けば~旅に出れば~』と囁き続けてきたわけだ。

ようやく重い腰があがったわけね。

「場所はこの辺だから計画よろしく」って。

泊まるホテルだけが決まってるようでね、

了解しました。

その旅、ホッシートラベルで責任持って計画させていただきます。

ご注文ありがとうございます♪

しかし・・・ひとりで電車に乗れるんだろうか・・・てか、二人でだけど・・・いや、三人らしいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こやつ。

You1_2 ←まあ、こやつですわ。

今回米沢行きホッシートラベルのメンバーのひとりYOU君。

前回会社の保養所にお世話になった時にもいましたです⇒こちら

なにかとお騒がせな彼ですが、二日間じっくり笑わせてくれました。

朝の早いホッシートラベルには合わないかと思われる遅刻常習犯(笑

おいらたち3人は平塚駅から、彼はひとり茅ヶ崎駅から。

4号車か5号車のグリーンに乗ってと言っておいたにもかかわらず、いない。

『乗ってないよ~』一往復してきたおいらだがすぐあきらめる(はやっ!)

彼との旅がこの騒ぎから始まった。

「ホッシーさん、正月にお金遣っちゃったし給料日前だからお金ないんですよ~」旅前はそう嘆いてたはずがいちばん豪勢に買い物をし、食事してました。

伝統の湯滝西谷旅館。

You2 何より湯量あふれるかけ流しの温泉が名物。

外も明るくなってきたところで、せっかくだから記念写真を・・・としたのが左の写真。

シャッターを押す瞬間、立ち上がりタオルも外したYOU君。

下の方はモザイクかけましたがね、顔はモザイクかけません(笑

天地人博を目前にして賑わう城址園では・・・

You3_2 子供かっ!

汚れなくさらっさらに積もった雪に自分の足跡どころか体跡を残します。

まあねぇ・・・うけると思ったんでしょうがね・・・米沢のみなさんの目は冷ややかでしたよ。

さて・・・事件はこのあと・・・帰りの電車。

郡山駅にすっごく美味しいジューススタンドがある。

行きにここにより4人でいちごジュースを飲んだ。

これが殊のほか美味い。

帰りもぜひ郡山でここのジュースを飲みたいと言い張るYOU君は10分しかない乗り換え時間にも走った。

『大丈夫かよぉ・・・時間ないよ?』のおいらの心配にも「大丈夫です」と。

が、大丈夫じゃなかったわけだな、これが。

発車ベルが鳴っても来ない、ドアが閉まっても姿を見せない、走りだしても・・・・。

『な、間に合うわけないべ』のおいらに「いや、きっと後ろの車両に乗ってますよ」とT賀ちゃん。

遠いかの地で電車に乗り遅れるわけなどないと思っておられるんでしょうよね・・・・そりゃそうだ・・・それが普通の考えだ。

が、普通じゃないのがYOU君・・・おいらの携帯が鳴る。

「やっちゃいました~~」・・・『うんうん、宇都宮まで新幹線で来なさい、以上じゃあね。』とおいら。

それでもまだ「いや、絶対に乗ってますよ~」信じて疑わないT賀ちゃん。

信じたい君の気持はよくわかる・・・が、ね。

YOU君からメールが送られてくる「ごめんなさい」との文字と共に写真が・・・これがジュース4個。

なるほど、みんなの分まで買ってたので遅れちゃったと言いたいわけね。

まあ、その後あって結局宇都宮で落ち合うわけだけれども『ジュースは?』に「全部飲んじゃいました」って。

4個飲んだのかよ。

帰りの電車の中、ずっと「トイレ、トイレ」と言ってました。

P1050653 しかし彼の頼んだ米沢牛のヒレステーキね・・・大枚はたいてたけどさ、あれは焼きすぎだよねぇ~H田野さん(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまた山形へ・・・

今年の冬は雪がすごいらしい。

特に日本海側は吹雪のごとく。

おいらの愛する山形の街は大丈夫か・・・。

こうなりゃ自分の目で見てこなくっちゃ!

ってなわけで・・・先月に引き続きまた米沢に行ってきます。

思えばこの一年で4度目の山形だ(笑

えっとぉ・・・先月胃痛で飛び込んだ駅前病院。

先生やみなさんにお礼を言ってこなくっちゃ。

それから先月できなかった上杉神社への観光。

マスコットのカネタンにも会ってこなくっちゃ。

それからそれから・・・気になる米沢牛のお店2軒にも行ってこなくっちゃ。

マニア垂涎の温泉もとても楽しみなところ。

あとは、雪で電車が止まらないように・・遅れないように・・・。

行っちゃってきますです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦国乱世

火坂雅志氏「天地人」の中にこんな文章がある。

上杉謙信に魅了され尊敬しながらも天下を目指さない主君に対しもどかしさすら覚える兼続。

その想いをぶつける場面がある。

「なぜ天下を取ろうとしないのか!」

これに対し謙信。

『信長の行為は義にあらず。かの者はただ、みずからの利を追い求めているにすぎぬ。人を人として見ておらぬゆえに、無辜の民の命を平然と奪うことができる。目先の利欲しか見えなくなった者は哀しい。わしは信長に、いや天下の万民に、利を得るよりも崇高なものがあることを知らしめたい。人が人としてあることの美しさ、それがわしの考える義だ」と答える。

戦国という時代は、商人はもとより、武将、僧侶にいたるまでこぞって利を追い求める風潮が満ち満ちていた。欲しいものを手に入れるためなら、裏切り、謀略、人殺しと、いかなる手段を用いることもいとわない。自分が上をめざし、利益を得るという目的の前では、親兄弟、妻や子さえも平然と利用した。非情に徹する者だけが、生き残ることができる。それが乱世のならいだと誰もが信じて疑わない。

このページが特に印象に残った。

なんとなく今の時代にも共通するものがあるような気がして・・・。

さらに若き兼続はこうも思う。

最大の悪は、天下を治める力なき支配者が君臨することだ、と。

う~む・・日々支持率が下がるあの方がそうだと言ってるわけではないが(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時は流れ、人もかわる。

おいらには「おばちゃん」といえる親戚の叔母(伯母)が15人いた(らしい)

中でも子供の頃から本当の母親のように世話にしてくれたおばちゃんが3人。

夏休みや冬休み、春休みと長期の休みの時には泊まりがけで何日間も面倒をみてもらったおばちゃん達3人だ。

我が家は商売をしていて両親はいつも働きづめ、さらには一人っ子ってこともあり、誰かに手をやいてもらいたかった・・・のかもしれない。

今日、最後の時を見送らせてもらったおばちゃんはその3人の中のひとり。

本当に世話に・・・世話になりっぱなしだったおばちゃんだ。

本家のおばちゃんであり、幼少のころから母によく連れられていった家だが、いつの頃からかひとりで電車に乗って出かけるようになった。

その家には同年代の子供もおらず、当時5人家族であったが4人は会社勤め・・・昼間はこのたび亡くなったおばちゃんとおいらの二人だけで過ごす時間だった。

だのに、なんで出かけて行ったんだろ?

今日式の最中、子供達にその話をしながら自分でも不思議だった。

理由が見つからない・・・どうしておいらはそのおばちゃんと二人で過ごしてたのか。

その本家の叔父が亡くなった時、おばちゃんに『故郷が消えちゃったようだよ』と話した。

おばちゃんは「そんなこと言うじゃないよ。いつでも待ってるだからね」と言ってくれた。

しかし・・・やはりおいらの足は遠のいていた。

よく出かけた理由ってのが見つからない・・・そして出かけなくなった理由も見当たらない。

今日いちばん後ろの席で告別式に参列しながらそのことを考えていた。

そこでふと目についたのが・・・遺族の席。

そこに座る人たちはおいらのいとこの子供達(亡くなったおばちゃんにとっては孫)。

そしてその旦那さんであったり、子供であったり。

いとこの子達であれば赤ちゃんの頃から見てきた子達だから多少の馴染みはあるが、その旦那さんや子供たちとなれば正直どの人がどの子の連れなのか・・・すらわからない。

う~ん・・・そうか時は確実に流れているんだ。

もうおいらが我がままを言っていたあの家じゃないんだなぁ。

それが自然、足を遠のかせたんだろう。

施主である本家のお婿さんのあいさつを聞きながらそんなことを考えていた。

時はうつろい、そこで生活をする人たちももちろん変わる。

自分も自分の周りも変わってるんだ・・・当たり前か。

おばちゃん・・・長いあいだおつかれさまでした。

ありがとう・・お世話になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごちゃごちゃ言うな!

日本にもいろんな組織があるけど、中でも大嫌いなのが“横綱審議委員会”

特にあのおばさんが入ってからというもの・・・品のなさ限りない。

何様ですか?

おいらは昔から言ってた・・・横綱は100年に一度誕生すればいい。

ファンが横綱と同じ時代に生まれて良かったと思えるような大人物がひとりいればいい。

それを流れと世論に圧倒されすぐに推挙する横審。

おまえらマジでいらない。

かつて世論とマスコミが騒いだ人で横綱にしなかった人はいたかな?

横審いらない。

横綱は特別な人。

雲の上の人。

横綱候補のうちなら何を言ってもいいけどさ、横綱としてからは横審のアホ連中よりずっと上の存在。

そのお方に向かって出場しろだの引退しろだの「おこがましい」って言うんだよ。

横綱とお話ししたければ正装して一段下のところに正坐してお待ちしろ。

面をあげよ・・・と言われるまで口を聞くな。

ファンはいいんよ~気軽に声かけても。

でも横審の連中はダメ。

そのくらいの覚悟を決めて推挙しろ。

横綱にした・・・でもダメだった・・・推挙した俺たちが悪いわけじゃない・・・朝青龍がただ悪い。

この言い分はなんだ。

無責任な横審はいらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無駄な時間。

寒い夜。

明日静岡まで車で行く・・・子供たちと一緒。

まあ、そんなことしなくてもいいんだけど、車の中で飽きないようにとTSUTAYAにDVDを借りに来た。

どれにしよ?

自分が観たいだけのものであれば簡単だが、みんなで観れるものとなると悩む。

で、1時間ほどかけた・・・正確にはかかった。

3本ほどのDVDを持ち、レジに持って行く。

いらっしゃいませ、お預かりします・・・と言われたあと衝撃的な発言を聞くことになる。

「たいへん申し訳ありませんがお客様のカードは昨年の11月で期限がきれています。先に更新していただきたいのですが・・・」

『えぇーーそうなんですかぁーー。期限を忘れてたってより期限があることすら忘れてたんですけどぉ・・・』と答える。

苦笑いのお兄さん「本日免許証かなにかお持ちですか?」

『免許証は持ってませんが、“なにか”ってなんですか?』に「身分を証明できるものなんですが」

これにも『持ってません』と答える・・・「それですと本日お貸しできないんですよぉ」となった。

寒い中、TSUTAYAで選ぶのに費やした時間と行くまでの時間と行くまでのガソリン代が無駄になった。

ん、ガソリン代?

車で行ったの?って話し。

んじゃぁ免許を持ってないおいらがダブルで悪いじゃん・・・自業自得。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

棋士

棋士という職業がある。

勝負の世界で生きる人たちは多いけれども、この世界は一種独特なものがある。

勝負事・・・スポーツなどで見れば、野球のように回数を決め最後にどちらが点数を多く取ったかを競うゲーム。

サッカーを代表するように時間を決めて終了時間までにどちらが多く点数を取ったかを競うゲーム。

バレーボールなどのように先に○○点を取った方が勝ちというゲーム。

いろいろな勝負事があるけれども将棋のように負けを認めるってゲームはあまりない。

自分で決める。

自分で負けを認める。

これ以上打つ手はない・・・と知った時、相手に「ありません」と頭を下げる。

なんという潔さ。

おいらが山形へ旅行してる同じ日、同じ山形県内の天童市で竜王戦が行われていた。

新幹線つばさの車内ニュースでも流れるほど注目されていた一戦だ。

将棋の公式戦は7局戦。

先に4勝した方が勝ちだ。

これに史上最強と言われる羽生永世名人が3連勝をして臨んだ第4局。

現竜王である渡辺は後がない。

しかもこの第4局も自身の王が相手陣内に浮くほど追い込まれていた。

さらに1分将棋となりもう投了寸前のところまでいった。

最後の一手となるはずだった羽生の一手。

誰が見ても明らかだった一手に羽生は時間をかけた・・・お茶を飲み顔を拭い。

その刹那、ほんの何秒かのあいだに渡辺がある一手を思いつく。

8手先に「打ち歩詰め(歩詰めは禁じて)」がある。

数分後、羽生の「ありません」の声が部屋にこぼれ、取材陣も大騒ぎとなった。

「大逆転だぁーーーーーーーーーーーー」と。

結局この4局目を大逆転した渡辺竜王がその後も3連勝し、永世竜王の座を手にいれた。

対局終了後のインタビューでも、「もしあの時羽生さんが時間をかけずに打っていたら自分は投了するつもりでした」と語っていた。

勝負事は時の勢いというのがある。

勝利の女神は気まぐれだ・・・勢いを持った方に惚れる。

羽生にとっては痛恨の時間だったというわけだ。

将棋の世界は本当に深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イブの思い出

Misaki3 新車が来た!

トヨタの最新鋭ミニバン“ヴェルファイア”

総額600万円ですわ。

マンションの値がさがってるらしいけれども、中古の小さなマンションなら買えるんじゃね?

もうこれは住宅ローンの枠ですな。

30年ローンとか。

んでもね、600万なんてどうってことないの。

なぜなら~~払うのはドートクちゃんだから(笑

いやいや・・・車はおいら達みんなのもの♪

Misaki4 ←でも運転するのとローン払うのはドートクちゃん。

我らのアイドル、ドートクちゃん。

ほんと素直でいい子なんだよねぇ・・・誰からも愛される。

たぶんね・・・育ちがいいんよ・・・いい家庭で育ったんだろうなって思わせる。

堂島ロールの購入は一度に3本。

一日1本を食し、4日目には「堂島ロール食べたいなぁ」と言い出します(笑

この葉山のカフェでプリンを持つ姿も絵になります。

600万円の車を我々のために買ってくれた人だからこのくらい褒めときましょうかね。

いやぁ~しかし、二列目シートに乗せてもらったけれどまるで飛行機のファーストクラス。

『どこまででも行って』言っちゃう・・・ホントどこまででも行けちゃうな。

それから昨年のイブを二人で過ごしたモリックさん・・・それから食べるの大好きK井さんと4人でイブに湘南をドライブ。

Misaki1 基本はクリスマスケーキを購入ってことだったけど三崎に行きまぐろを食らい、まぐろのお土産まで楽しみました。

みなさん同じ会社に勤めてるのが不思議なくらい豪勢に買い物されてました。

給料格差?小遣い格差?

おいらは見てるだけ・・・。

Misaki2 ←三崎の港。

港はどこで見ても旅情気分を盛り上げてくれます。

そういえば城ケ島までの渡船も出てました。

ぽんぽんぽんぽん・・・いいですね・・・片道200円。

帰りは4軒のケーキ屋さんに寄る。

葉山のCHAYA、鎌倉のレシュー・サンルイ島、藤沢レマン。

特においらが愛してやまないレマンの湘南愛菓というチーズケーキは大好評。

ドートクちゃんは次の休日すぐに10個購入しに行ったそうです。

あんまり有名じゃないけど絶対おすすめ・・・美味しいですよ~♪

帰りには「来年のイブはさぁ~~~」ってな話し。

喜んでくれてうれしいです・・・で、なによりこうゆう仲間に巡り合えたことがとても幸せです。

感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人のせい?

派遣村・・・年末からずっとニュースになり続けてた。

年の暮にきて仕事も住む場所さえも失ってしまった派遣(契約)労働者のみなさん。

さぞかし辛いことでしょう。

急激な経済情勢の変化に頭も体も追いつかないよねぇ。

先日はデモまで起こし、国会議員の先生方に「おまえらのせいでこうなった!」と抗議しておりました。

これに同情したみなさまは寄付までして彼らの年越しを助けておられた。

まさに“仁愛”・・・優しいじゃないですか。

しかし・・・おいらはこう思う。

その今の状況は『誰かのせいですか?!』と。

世の中を支える労働者には二通りある。

正規社員と非正規社員。

それぞれにメリットもデメリットもあるわけだ。

同じミスをしてもお叱りの度合が違ったり、面倒くさい会議に出なくちゃならなかったり出なくてもよかったり・・・。

時給という賃金制度で給料をもらう契約社員は年齢に関係なく一律だったりするから弱冠20歳くらいでも手取り30万円なんて会社もある・・・あった。

気楽で給料も正社員より多くもらえちゃったりする契約社員という立場にどっぷりと浸かっちゃったりしてたんじゃないだろうか?

契約社員側にメリットがあれば雇う側の会社にもメリットがある。

それが今・・・だったわけでしょ。

景気が悪くなって仕事がなくなれば契約は打ち切るって会社側からすれば当たり前のような気がするけどなぁ。

世の景気なんていつどうなるかわからないわけだから、最悪の事態も考えて毎日を送らなきゃいけなかったんじゃないでしょうか。

次の会社の面接を受けるにも電車賃がない・・・なんてちょっと甘いんじゃね?・・・って、おいら厳しいだろうか。

本当に、誰かのせいですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お正月

31日から4日まで仕事続きだったおいら・・・今日ようやくお正月休み。

ところが奥は昨日までが休み・・・今日から出勤とすれ違い。

こういったすれ違いの生活が夫婦の危機の始まりなんだろうか・・・(笑

昨日からお休みをどうしよ?と考えた。

そうだなぁ・・・たまってる年末年始のテレビ番組を一気に観る・・・髪の毛を切りにいきながら日帰り温泉“湯乃蔵ガーデン”でのんびりする・・・初詣でに行く・・・ランチしに行く・・・そうそう、年末で当たった競輪の払い戻しに行く・・・天地人の下巻を買いに行く・・・諸々。

一日じゃ無理だべぇ~~

して、おいらのしたことと言えば・・・朝からダラダラする(朝メシを食らう)・・・お昼までダラダラする(昼飯を食らう)・・・午後のダラダラをする・・・『やばいっ!払い戻しは夕方4時までだった』と気づく・・・競輪場に向かい銭を掴む・・・本屋に行き天地人下巻を購入する・・・クリエイトに行き日帰り温泉用の髭剃りとシャンプーリンスを購入する・・・家に戻りダラダラする・・・夕飯を食らう・・・その後ダラダラする・・・今に至る。

あぁ~正月っぽい一日であった。

それでもやっぱり休みはせめて二日欲しかったなぁ。

さぁて・・・明日からまた仕事だし、ちょっとダラダラしたら寝ようかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天地人

天の時 地の利 人の和。

この3つが揃った時、人は絶対に負けない・・・らしい。

NHK大河ドラマ「天地人」が始まった♪

篤姫を見逃したおいら・・・米沢を第二の故郷としてるおいらとしては見ないわけにはいかないんよ。

上杉景勝を参謀として支えた直江兼続の物語。

義に生きた人、越後の虎上杉謙信が自分の意思を継ぐのは嫡子(実は養子)景勝ではなくこの男と見込んだ人・・・見込まれた人。

天下人豊臣秀吉が自分亡き後、豊臣家を守るのは石田三成であろうと見込んだのと同じような。

それゆえか・・・直江兼続と石田三成は親友にある。

そしてこの親友である二人が後の天下分け目の合戦関ヶ原の戦いを演出するわけだ。

おいらが初めて直江兼続の名前を知ったのは徳川家康に宛てた手紙“直江書状”

家康が秀吉亡き後の天下を取るべく企んだことに対する痛烈な批判。

話はこんな・・・家康「景勝さぁ・・・なんで城の改修なんかしてんだよ。勝手な改修や新築はご法度なはずだろ。ちょっとまで謝りに来いよ」と上杉に因縁をつける。

これに対し主君景勝に代わって返事をしてきたのが直江兼続。

『ご法度ご法度って言ってるけどさぁ、大名同士の婚姻などもご法度なはずだろ。そっちは平気で破ってるのにこっちにだけ文句言ってくるわけ?』みたいな。

さらに続く・・・『あんたさぁ、なんだかんだ因縁つけて豊臣子飼いの大名たちを自分の味方に付けるため会津(当時の上杉の居城)攻めをしようって魂胆なんだろ?他の大名たちは騙せても上杉はすべてお見通しだよ。やるならやろうじゃないか』って筆頭家老でもあり年上でもある相手に対し実に失礼な手紙を送ってきたわけだ。

激怒した家康は諸大名を集め上杉討伐に向かう。

上杉討伐隊が江戸に達したころ、西から直江の親友である石田三成が兵を挙げ東西両方から徳川家康を挟み込むって作戦だった。

結局戦いは徳川方の勝利となり(人の心は思いのままにならないね)、上杉方は家康に謝ることになるわけだけど、家康は平気で豊臣を裏切った(つまりは自分に味方した)豊臣諸大名の誰よりも義の為に戦った石田三成と上杉家や島津家を評価した。

減移封こそされたけれど、米沢に上杉の名前を残したのは家康のそんな想いがあったからだろうな。

義と利。

戦国時代、武将たちはこのどちらかのために戦った。

最後まで義を貫き通した上杉景勝と直江兼続・・・上杉家には今日本人が忘れてしまった美しいものがあったような気がするな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんてね(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迎春

新しい年を迎えた。

年末は31日まで、新年は1日から仕事っておいらにはただ単に月が変わった程度にしか実感がないのが正直なとこ。

んでも、ちょっとやなことがあれば『新年からぁ・・・』と、やあな気持ちも2倍(笑

大晦日にも誓った「仁愛」・・・今年のテーマ。

すべての時に、すべての人に・・・とはいかないだろうけど、心の片隅にとどめておこっと。

それからおいらの知る全ての人に・・・

どうぞ、健やかに、穏やかに、一年をお過ごしください。

おいらにも・・・大きな嫌なことがなく、小さな嬉しいことがいっぱいある一年であればいいな。

P1050428 今年も一年、頑張ろう!

元旦・・・の、つもり(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »