« 迎春 | トップページ | お正月 »

天地人

天の時 地の利 人の和。

この3つが揃った時、人は絶対に負けない・・・らしい。

NHK大河ドラマ「天地人」が始まった♪

篤姫を見逃したおいら・・・米沢を第二の故郷としてるおいらとしては見ないわけにはいかないんよ。

上杉景勝を参謀として支えた直江兼続の物語。

義に生きた人、越後の虎上杉謙信が自分の意思を継ぐのは嫡子(実は養子)景勝ではなくこの男と見込んだ人・・・見込まれた人。

天下人豊臣秀吉が自分亡き後、豊臣家を守るのは石田三成であろうと見込んだのと同じような。

それゆえか・・・直江兼続と石田三成は親友にある。

そしてこの親友である二人が後の天下分け目の合戦関ヶ原の戦いを演出するわけだ。

おいらが初めて直江兼続の名前を知ったのは徳川家康に宛てた手紙“直江書状”

家康が秀吉亡き後の天下を取るべく企んだことに対する痛烈な批判。

話はこんな・・・家康「景勝さぁ・・・なんで城の改修なんかしてんだよ。勝手な改修や新築はご法度なはずだろ。ちょっとまで謝りに来いよ」と上杉に因縁をつける。

これに対し主君景勝に代わって返事をしてきたのが直江兼続。

『ご法度ご法度って言ってるけどさぁ、大名同士の婚姻などもご法度なはずだろ。そっちは平気で破ってるのにこっちにだけ文句言ってくるわけ?』みたいな。

さらに続く・・・『あんたさぁ、なんだかんだ因縁つけて豊臣子飼いの大名たちを自分の味方に付けるため会津(当時の上杉の居城)攻めをしようって魂胆なんだろ?他の大名たちは騙せても上杉はすべてお見通しだよ。やるならやろうじゃないか』って筆頭家老でもあり年上でもある相手に対し実に失礼な手紙を送ってきたわけだ。

激怒した家康は諸大名を集め上杉討伐に向かう。

上杉討伐隊が江戸に達したころ、西から直江の親友である石田三成が兵を挙げ東西両方から徳川家康を挟み込むって作戦だった。

結局戦いは徳川方の勝利となり(人の心は思いのままにならないね)、上杉方は家康に謝ることになるわけだけど、家康は平気で豊臣を裏切った(つまりは自分に味方した)豊臣諸大名の誰よりも義の為に戦った石田三成と上杉家や島津家を評価した。

減移封こそされたけれど、米沢に上杉の名前を残したのは家康のそんな想いがあったからだろうな。

義と利。

戦国時代、武将たちはこのどちらかのために戦った。

最後まで義を貫き通した上杉景勝と直江兼続・・・上杉家には今日本人が忘れてしまった美しいものがあったような気がするな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんてね(笑

|

« 迎春 | トップページ | お正月 »

▲ひとりこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/43645854

この記事へのトラックバック一覧です: 天地人:

« 迎春 | トップページ | お正月 »