« 商魂? | トップページ | 解夏(げげ) »

ジェネリック医薬品

価格の安いジェネリック医薬品。

おいらのように毎日同じ薬を飲み続けている人間にとっては実はノドから手が出るほど欲しい。

なんせ朝昼飲む薬が2種類、朝昼晩と飲むのが2種類、夜寝る前に飲む薬が1種類。

おかげで夜中に病院へ行くこともなくなったけれども、毎月の薬代は5000円近い。

正直これは痛い。

これが半額になるのであれば・・・実際そうしたい。

んでもさぁ、黒柳徹子のCMでもお馴染み「ジェネリックで!」とは言いづらい。

なんで言いづらいんだ?

床屋さんで髪を洗ってもらう時「かゆい所はありませんか?」と聞かれても『もうちょっと右・・あ、もうちょっと上』と答えることはまずない。

仕上がりを鏡で見せられて『ちょっと思ってたのと違うんですけど~』と答えたこともない。

実際はかゆいところあるし、実際は思ってたのとちょっと違っても・・・だ。

それと同じか?(笑

ちょっと違うか。

『お金ないんで安い方の薬にして欲しいんですけど・・・』って言ってるようなもんだもんなぁ・・・ちょっと恥ずかしいなぁ。

そんなとこだべな(自分のことなのに他人事みたいだぜ)

しかしだ・・・ならばジェネリックが当たり前のようになって、開発からその薬を販売してた薬品会社のものが売れなくなったとしたら・・・。

今現存する薬はいいとして新たな薬・・・いわゆる新薬に取り組む会社がなくなってしまう。

そりゃそうだ・・・後から現存する薬を分析し同じ薬を作ってた方が楽だし金もかからないもん。

このあたりが医療関係者がジェネリックを積極的に取り扱わない理由なんだべなぁ。

今の病気のためか・・・将来の病気のためか・・・究極の選択でもあるな。

|

« 商魂? | トップページ | 解夏(げげ) »

▲ひとりこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/44203561

この記事へのトラックバック一覧です: ジェネリック医薬品:

« 商魂? | トップページ | 解夏(げげ) »