« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

楽しちゃだめ。

わりと数多くケーキを食べてるだろう思う(普通のおっさんに比べれば)。

葦のモンブラン、鴫立亭のショートケーキ、レシューのレシュー、レマンの湘南愛菓、モンシュシュの堂島ロール・・・・おいらの好きなお菓子ベスト5。

どれも時に強烈に食べたくなったりする。

中でも堂島ロールはなかなか手に入らないことも手伝って、食べたい病が重くなる(笑

寒川に美味しいケーキ屋さんがあるんだってねぇ~と車で向かってるあいだに一通のメールを着信する。

見ればM森氏から「ラゾーナで並んでるけどいる?」

なんと!

『いりまーす』と即答。

P1060423 いるいるいるーーの堂島ロール。

しかも、我が家まで届けてくれちゃいました。

楽して手に入っちゃった。

これはいかん。

あの渡辺橋での傘の行列が思い出される。

堂島ロールを手にするにはみんな相当頑張るんよ。

こんな簡単に手にいれてしまえばありがたみが薄れる。

など、能書きさんざん言ったあとだが切って食べればやっぱりマイウーーー。

いつ食べてもうめえなぁ。

P1060421 今回H森さんがくれた袋の中には左のドーナツも入ってました。

これも行列で有名なクリスピーなんとかのドーナツね。

あたためて食べると美味いんだぁ。

いやぁ~本当に申し訳ない。

たまたま川崎大師に行かれるのを恒例とされてるH森氏のおかげですがね、我が家族からは「せっかく大師さんに行かれるなら今度は葛餅もぜひお願いして~」との声があがったりしてました。

本当、申し訳ない(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

甲子園

P1060176初めて甲子園で高校野球を観た。

感激した。

ものすごい感動だった。

少年(おいらだってあったんだ)の頃から憧れていた聖地でもあった。

誰かが「コーヒーと缶コーヒーは似て非なるもの。まったく違う飲み物」と言っていたが、同じ野球でもプロ野球と高校野球ではまったく違うものだと思った。

タイガースファンで埋まる甲子園もいいんだろうが、高校生たちが必死にグラウンドに向けて声をあげるそのスタンドもとても清々しくて美しかった。

おいらたちもあの日まぎれもなくそのスタンドで声をあげていた。

プロ野球はその選手そのプレーひとつひとつに熱狂しその姿を見つめるが、高校野球はその選手たち、或いは応援するその生徒たちに他の何かを見ているような気がする。

ある時は投手になり、ある時は打者になり、そしてある時は手を合わせ神に祈る生徒たちとなっている。

忘れていたあの時代を思い出させてくれるようだ。

・・・な~んてね(笑

P1060185 甲子園には阪神電車で行きましょう。

JRって手もあるけれど、何もスタートラインが一緒なのにわざわざバスに乗らなきゃいけないJRを使わなきゃいけない理由はないでしょ。

入場券は内野席1200円、特別内野席1600円・・・ここは甲子園の銀傘の下、雨が降っても安心だね。

おいらたちは応援団の上側・・・いわゆるアルプス席と言われてるところ。

P1060175 ちなみに・・・応援してた高崎商の8回の攻撃時、応援する人たちとしておいら達はNHKの画面におさまりました・・いい思い出です♪

それから外野席は無料です。

平塚球場など予選の時は試合終了後それぞれの応援団が相手校を讃えたりするけれど、甲子園は意外なほど冷たい。

「高崎商応援団のみなさんは直ちに退場してください、次の学校の応援団が入ってきまーす」と係員たちが叫んでいた。

スタンドを出ると高校野球&甲子園グッズのお店なんかもあります。

基本、その日試合をする学校の名前が入っているものが売られています。

その他は甲子園をモチーフとしたグッズやお菓子などのお土産品。

人が集まっていたところはプラカードが置かれていたところ。

開会式の入場時に先頭を歩くあのプラカードが置かれています。

記念撮影用に持たせてくれます・・・もちろん本物です。

P1060183_2 我々も“慶応”と“早稲田実”を持たせてもらいました。

岩下氏が持った慶応高校は優勝候補筆頭と騒がれながらも翌日コロッと負けてしまいました。

岩下さんは謝った方がいいかと思います(笑

おいらが持った早実は順調に勝ち上がっていますです♪

あまり何かを望んだりしないうちの奥も甲子園大会だけは観てみたいなぁと言う・・・おいらもせっかくだから夏の大会も観てみたいなぁと思う。

今度は我が母校の応援バスに乗って行こうかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

浪速のことも、夢のまた夢。

あ~ぁ、いかん。

の旅が楽しすぎたせいか・・・帰ってきて二日間仕事はしてきたものの、心はまだ置いてきてしまったかのようだ。

なんてえんだろ・・ってのはエネルギッシュで元気にしてくれる。

今回で3回目のだったけど、いつも同じ感想だなぁ。

海原千里万理の「ラプソディー」が耳にこびりついて離れない。

一方で『の海は、悲しい色やね~』ってな印象も残ったりして・・・も深い。

そんでもってはなにせ食べるものに事欠かない。

美味い!

三度三度の飯もそうだけれど、おやつ代わりに食べるものも美味い!

ミックスジュース、イカ焼き、堂島ロール・・・なんてところのちょこっと食べたものにも外れがない。

ひとことじゃ言い残せないぞーーってなわけで、初日からの行程をゆっくりと書き残そう。

○下さんの大活躍ぶりも簡単には書けないし(笑

で、

とりあえず・・・寝る。

寝る寝る寝る。

寝て起きてビデオ観て、写真見て、いろいろ思い出しながら日記にしようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脱帽・・・でしょ。

WBC二連覇、おめでとうございます。

侍ジャパン大勝利でおいらは大惨敗となりました。

まあ、そりゃいいですよ。

それにしても正直・・前回のWBC優勝時は申し訳ないけれども“まぐれ”と思いました。

キューバやその他の国に勝つ可能性はあるだろうけれども、アメリカだけには勝てないと思いこんでたから。

野球・・・は、アメリカの国技・・・アメリカそのもののように思ってたから。

だから日本が第一回チャンピオンとなってもピンとこなかった。

アメリカが本気じゃないんだからしょうがない・・・とね。

しかし今大会を見て、野球にはチーム力というものがいちばん大切なんだとわかった。

個人の力よりもチーム力。

個人が母国のために全力を尽くす・・・その気持がひとつになる。

それがチームのチカラとなるわけだ。

韓国の強いところはそこね・・・アメリカの弱いところはそこね。

日本は個人のレベルで韓国を上回り、チーム力でアメリカを上回った。

スポーツの大会で二連覇は見事。

日本の野球は世界一。

それにしても今回アメリカ監督を務めていた元巨人のジョンソン。

元メジャーリーガーとして鳴りもの入りで日本のプロ野球に来た。

元メジャーリーガーは日本では現役バリバリのスター選手になれた。

それからどれくらいの時間がたったんだろうか?

今や日本の選手とメジャーの選手の力はまったく互角。

テクニックとスピードの点で日本人の方が少し上か?

いずれにしても日本選手にとってはありがたい話し。

日本で通用しなくなったならばメジャーにいけば数年は通用するのだから。

あぁ・・・栄光のメジャーリーグも今や昔。

モンゴル人に乗っ取られた日本の相撲とまったく同じだもんなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奇妙なサングラス

最近歳をとったせいか、目が弱い。

日差しがまぶしい・・・涙が出ちゃったりもする。

車を運転してても西陽がまぶしくて苦労しちゃったりもする。

んじゃ、サングラスでもしようかね。

しかし視力の悪いおいら・・・サングラスといえども度付きとなる。

近所のメガネ屋さんへ。

視力検査室でいろんなレンズを試す。

「ちょっとこれを付けてみてくださいねぇ」

あれれ・・・近くの文字がよく見えるね。

「ですよね・・・少し近いところが見えづらくなってるようですので、こうゆうレンズもいかがでしょうか」ってね。

あぁ・・なるほどね・・・老眼を遠回しに言ってくれてるわけね。

いわゆる遠近両用メガネってやつですよ。

とうとうきましたか・・・おいらにも・・・あきらかな“老い”が。

このレンズがいいや!このレンズでサングラス作ろう!

Atushi 「フレームはどういったものが・・・」

そうですねぇ・・・『あれ!』がかっこよくていいです。

おいらの指さす方向にはEXILE のATSUSHIのポスターが。

「かっこいいですよねぇ~~ですが、あそこまで角度のあるやつだと度の入ったレンズでは無理なんです。」だって。

ただ同じPOLICEのサングラスでももう少し角度のないやつでしたら~と言ってくれる。

POLICEといえばあの長淵大先生やベッカムもされてるブランドだとか。

これでいきましょ~~

P1060050_2 と言うことで、世にも奇妙なちょー珍しい老眼用の遠近両用サングラスが誕生した(笑

| | コメント (0) | トラックバック (1)

旅 行程

ながらくかかったけれども、春の青春18きっぷの旅の行程が完成した。

安く質素に・・・が、青春18きっぷの旅の鉄則だと思ってはいるんだけれども、やっぱり「せっかく行くんだから~」となってきちゃうわけ。

時間をかければかけるほど、お金のかかる案件が出てくる(笑

ホテルひとつとってもそう。

最初はビジネスホテルのシングルルームで~だったのに、今回泊まるホテルとしたのは「おぉぉ!」と思えるハイクラス(か?)

温泉付きってところに魅かれちゃったんよねぇ・・・なんせ年だから。

それから食べること・・・といえば食いだおれの街だしねぇ・・・粉もん中心だけど楽しみだぁ・・・それから本場堂島に本店を置くモンシュシュ。

でしか買えない春のロールっちゅーのも予約済み♪

あ・・・初日は途中で名古屋に寄り、名物ひつまぶしも発祥の店でいただきましょうか。

夜は梅田で“ねぎ焼き”、ミナミに行けばたこ焼き明石焼きどて焼きと肉まん。

2日目は春甲子園球場とユニバーサルスタジオジャパン。

夜は開設したばかりの阪神なんば線に乗って再び難波へ・・・二度づけ禁止の串カツでもいただきましょう。

3日目は・・・に初上陸した水陸両用のバスで陸から水の中から咲き始めた桜を鑑賞とシャレこみましょう・・・ナビゲーターのコテコテ弁も楽しみです。

予約してある神戸牛のお弁当を購入し、帰路につきますか。

さ~て、敵は雨か。

○○さんの奥さまが快く出してくれればお天気も味方してくれるような気がする(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春センバツ開幕

WBCもいよいよクライマックスな一方で、国内では春のもうひとつのイベント春の甲子園大会が開幕した。

久しぶりに開会式からじっくり観ちまったぜー。

と言うのも、あさってにはおいらもこの新装なった甲子園球場で神奈川代表の慶応高校を応援する予定で、普段の大会よりも特別なものとなりそうだから。

爽やかな高校生の司会ぶり・・・本当きれいな声で上手だったな。

君が代を独唱した高校生の女の子も見事。

そしてプラカードを持って選手団を引き連れる男子高校生もとてもチャーミングでした♪

しかし何よりあれね・・・脱帽した時の球児たちのくりくり坊主頭。

まっちゃっ茶なロンゲをなびかせている街の高校生兄ちゃんの姿に慣れてきたせいか、彼らの清々しい頭に妙に感動しちまいました。

「なんで坊主じゃなきゃ野球ができねえんだ?!」とのご意見もおありでしょうが、理屈じゃねえの。

いいの・・・坊主で。

そして彼らの見せる優しさね・・・勝負が決したあとの相手に対するいたわり。

試合後にマウンドで自分たちの旗を立てて、敗者の気持を逆なでするような真似は決してしない。

勝った者こそ相手に対していたわりの気持ちを持つ。

これが日本人が代々受け継いできた尊い心。

高校野球は変わることなく何時いつの時代もおいら達に優しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄 魂。

「ホッシーさーん、このプランに賛同して一緒に行ってくれる人はいませんかねぇ~」と鉄研会長。

どれどれ~。

見ればJR東日本の企画もの・・・土日きっぷ。

土日きっぷとは・・・東京をスタートとすれば、長野・新潟・山形・宮城辺りまで、どの電車に乗ってもいい・・・制限なし、何度でもどうぞってもの。

金額は大人18000円、小学生ならば何と3000円!

3000円で寝台特急も新幹線もその他の特急も二日間乗り放題となるわけ・・・これは使いようによってはかなりお得。

しかし、使いようと言ってもですね、普通であれば東京を出発・・・新潟経由で山形まで・・・どこかの温泉宿で一泊し、帰りは仙台に寄って帰ってくる・・・なんて計画を立てません?

それを上の鉄研会長の企画と言えば・・・・初日にスーパーひたちで仙台へ、在来線で山形へ出たあと新幹線でいったん東京に戻る・・・上野に向かい寝台特急あけぼので酒田に向かう・・・その後は再び新幹線で東京に戻る。

つまりは・・・一泊はどこかのホテルとかではなく、電車の中で済ましちまおうって考え。

そうすりゃあ18000円で済んじゃうわけだ(食事代別途)

やっぱり鉄っちゃんってすごいなぁ。

おいら賛同して同行しましょうかとはいきませんがね、さすがの企画と感動しましたですよ(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

下品

WBC、日本が再び韓国の前に敗れた。

「いや、本気でやれば日本が韓国に負けるはずがない!」未だそんなこと言っておられるご仁もありますがね、まるで戦時中、日本の勝利を信じて疑わなかったそれらの人とダブって見えるわ。

本気ってなんですか。

本気ですよ・・・いつだって。

本気でやってオリンピックもWBCも負けたんですよ。

四たび・・・今大会韓国と交えるわけですが、気持ちで負けてたら何度やっても勝てませんよ。

きれいに勝とうとする日本と、どんな手を使ってでも勝ちたいとする韓国との気持の差。

これは、オリンピックの時にもさんざん言われたっけ。

初回に見せた気概・・・敵ながらあっぱれであります。

が、試合後・・・あのマウンドに大極旗を立てた韓国の選手たちね。

あれは下品でやだね。

気持ち悪い。

あれって前回もやってたけど何のアピールなんだ?

人さまの国に来て、人さまの球場を借りて、しかも神聖といわれるマウンドの土をかき集めて国旗を立てるなぞ、失礼極まりない。

下劣極まりない!

あのコールドゲームの際、日本選手が日の丸を同じようにしたら・・・

こうなりゃ明日の試合、「向こう30年間、やっぱり日本にはかなわないだろう」と思わせるくらい完膚なきまで徹底的に叩きのめせ!

ただし!

日本がメダルを取るようなことがあれば、おいらは負ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛すべき同僚。

会社のSさんは尊敬すべき人(笑

先日は会社訪問に来た銀行員のお兄さんと住宅ローンについて懇談会。

妻子にマイホームをプレゼントしたばかり。

だのに・・・だ。

「Sさんて休みの日にしか自宅に帰らないんだってさ~」って、ある同僚の話し。

『そうなの?じゃあどこから出勤してるわけ??』

不思議に思い聞いてみれば、どうやら会社近くに住む彼女の自宅からのご出勤だとか。

すげえなぁ・・・『で、奥さんにはなんて言ってんの?』

「仕事の時間が不規則だから会社の寮に入ってるって言ってるんだって~~」と。

新築の家にも戻らないでそんなことありえんの~~?

しかしそのSさん、いつも手作り弁当を食べてる・・・奥さんの元に戻らないのに(笑

恐る恐る本人に聞いてみる『Sさんてそのお弁当誰に作ってもらってるの?』

これにSさん・・・・「ん?・・・知り合い」

素晴らしい!

いいなぁ・・・Sさん・・・かっこいい!

昨日も休憩中に同僚から聞かれてる「Sさん、お子さん卒業式でしょ?出席するの?」に

『いや出ない・・・仕事休んでまで行かないよ』と答えていた。

ここまでなら仕事人間なんだぁ~で納得できる話し。

が、普通じゃないのがSさん。

『昨日は休んだけどねぇ~~WBCの試合観たかったから』って。

Sさん、かっこいい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さよならブルートレイン

たくさんの人たちの想い、夢、希望を乗せて走り続けた寝台列車「富士・はやぶさ」が乗客ファンに別れを告げた。

この列車に自分の人生を映し出してるような方の話を聞いたりするとあらためて『多くの人の人生を乗せて走ってきたんだなぁ・・・』などと感慨深い。

「新幹線や飛行機だっていろんな人の事情や想いを乗せてんじゃねえの?」・・・「寝台列車だけが特別じゃねえべ?」

・・・・あのさ、水ささないでくんない・・・そういったこと言って。

郷愁が違うべーーー。

なんつうんだろ・・・うまく言えないけんども。

そう!そうだよ!覚悟だよ。

想いを覚悟する時間を、寝台列車は与えてくれてたんだよ。

たとえば故郷を捨て、新たな土地で人生を展開しようとする人にその覚悟をする時間をゆっくりと与えながらその新たな土地に運んでくれるわけだ。

飛行機や新幹線にはその優しさがないべよ・・・そう締めようか(笑

かくゆうおいらにもブルートレインに対する特別な想いなんてない。

だいたい乗ったことないし。

ニュースでやった車掌さんの最後の車内放送にちょっと心を打たれただけ。

さてこのブルートレイン・・・なにゆえ東北地方に向かう列車は残り、西に行く列車だけが廃止されていくのか?

当然乗客の数ってのが言われるわね。

速さを求める人は飛行機・新幹線へ、安さを求める人には長距離バスなんてものに流れていく。

時代ね。

しかし・・・それだけが原因じゃないよ、と我が鉄研会長やたあくんは言うのだな。

国鉄民営化の弊害だ・・・と。

現在旧国鉄はJR東日本、東海、西日本、九州などに分かれて経営されている。

この各社の仲がわるい。

特に東日本と東海はドル箱東海道新幹線の取りっこをした現実から相当悪いらしい。

自分たちのテリトリーに他者の列車を走らせたくない・・・なんてケツの○の小さいことを言ってたりする。

東京から大垣まで一晩をかけて走る人気普通列車「ながら」の廃止もそんな理由からだろうと。

ちょっと前までは当たり前のようにあった東京ー浜松や東京ー静岡行きといった東海道線の普通列車もほぼなくなった。

おいらたち乗客からいえば同じJRじゃねえかと思うのだが、経営する方はそうじゃないらしい。

最近では持ってて当たり前のようになってるSuica。

実はこれもJR各社共通のものではない。

静岡駅に行くと使えない。

それぞれに名前が違ったりしててね・・・どうしてこう足並みがそろわないんだか。

経営するに赤字な部分は削除していく・・・会社としては当然なことだけど、名列車と言われるファンに愛されてきたものが、上のような理由で消えていくってのはとても残念なことだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

突然の訪問

11日から旅に出てる両親。

今回は九州~四国へってルートだそうで・・・「鹿児島に行くんだったら、おいらの友人に土産でも持っていってやってくれよ」と冗談混じりに言ってみた・・・確かに言った・・・冗談で。

それが昨日・・・おいら鎌倉の小町通りにいる時に親父から電話が入る。

『おまえの友達ってのはどこにいるんだ?今、鹿児島の天文館にいるんだけどさぁ~』って。

「まじでぇーーまじに行くの?ちょっと相手の都合も聞いてみなくちゃなんないからちょっと待っててよ~」

すぐに友人に電話。

この友人・・・実は5~6年前にインターネットで知り合った友人。

3年ほど前においらが鹿児島に行った折には仕事を休んで付き合ってくれた人⇒詳細はこちら

友人・・・とはいえ、実際はおいらとて一度しか会ったことないし普通に考えればおいらの親がわざわざ会いに行くのは変・・・絶対変(笑

だのに行っちまう。

とりあえず電話で友人に連絡。

いまどこにいんの?うちの両親が○○に会いたがってんよ~って。

仕事の時間にもかかわらず突然の訪問を受け入れてくれたようだ。

帰りにはお土産まで持たせてくれたそうで・・・本当すまんね。

おふくろからも電話で『行ってきたよ~~いい子じゃないの~うちのお嫁さんに欲しいくらい』ってさ。

おいおい・・うちにはお嫁さんがちゃんといるじゃねえの。

『ぜひ平塚の方にもいらっしゃいって言ってきたから~』・・・そうですか。

あっちこちに知人ができるのは悪いことじゃない。

いろんな形の出会いの中、人は生きている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続けるということ。

おいらの憂さ晴らしのひとつともなってたブログ。

最近はすっかり更新もままならなくなってきた。

憂さがないってことか?(笑

それならそれでいんだろうけど・・・。

日々是の更新はだいぶ前から滞りがち。

まあ、こっちはハッキリとした理由がある。

いちばんの原因は経済的な理由。

あのブログは金がかかる(笑

それと・・・いじめ。

嫌がらせコメントやメール。

なにも自分になんもメリットがないのに嫌がらせされてまでするこたぁないって自分内理由。

そりゃそうだな・・・と、もうひとりの自分もうなずいたりする。

んじゃこっちの日記的ブログが滞りがちなのは・・・?

う~ん・・・理由が特に見つからん。

ひとことで言えば飽きてきた・・・ってとこか。

いろいろ調べることが多いってのも理由だな。

それからおいらがよく見に行ってた人さまのブログ。

この辺りも皆さんお忙しいのか更新が進まなくなってたりする。

あれだけ人気のあるブログもすこ~しずつ更新の間隔があいてきてたりする。

理由はいろいろでしょうがね、続けるってのはなかなかに大変なことなのだ。

なんでもそう。

続けるってのはたいへん。

たいへんなことは、しなくなるのが人間・・・だな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

湘南の暴れん坊

春・・・野球より一足早くサッカーJリーグが開幕した!

一昨年から昨年にかけての湘南ベルマーレの活躍・・・今年への期待は膨らむばかり。

そのベルマーレがホーム平塚競技場で横浜FCを迎えての開幕戦。

見事勝利で飾った。

OBでもある新監督反町さんを迎えての幸先いいスタートで益々楽しみ。

Kazuその開幕戦・・・相手横浜FCの選手としてあのキングカズが出場した。

42歳。

頑張るなぁ。

平塚のミウラカズヨシと言えば少なからず因縁があるけど(笑

あの動きっぱなしの競技のなか、42歳って年齢は過酷ともいえるんじゃないかと心配しちゃうところだけど・・・まさに鉄人だ。

なんとしても来年のワールドカップ出場に向けて頑張っていただきたい!

そして我がベルマーレも来年のJ1昇格を目指してぜひとも頑張っていただきたい!!

湘南の暴れん坊・・・再来

| | コメント (2) | トラックバック (0)

価格

冷蔵庫を購入しようと検討中。

現在我が家にあるちょっと大きめの冷蔵庫と小さめの冷蔵庫2つを大きめの冷蔵庫1つにしようとなった。

場所も空くし、電気代も安くなるし、長い目で見れば悪くない話しってことで。

昨年暮れあたりから電気屋さんで価格確認。

オープン価格30万円とあった。

いくらになるの?と訊いてみると「28万5千円まで下げれます」の答え。

ふ~ん・・・と帰ってくる。

先月初旬あたり、ネットで価格を調べてみると23万円台~26万円くらいと出る。

某電気屋さんのWebショップでは毎日価格が変わる。

「安い!」と思う日もあれば、話しにならないくらい高くなる日もある。

先月中旬再びその電気屋さんに行って販売員に訊ねる。

「そうですねぇ・・・価格はご相談に乗れますよ」と。

おいらは『価格交渉は面倒だからさ、ぶっちゃけ言うけど、お宅のWebショップ見ちゃってるんだ。すごい安い時あるよね。あの値段になるのかどうか答えてくださいよ。』と言ってみた。

「少しお待ちください」と一旦戻られる。

再びおいらの前に現れた販売員は「23万8千円が仕入価格なのでその値段に出来ます」と言ってくれた。

が、『だったら・・・申し訳ないけどWebショップのが安いね・・・ありがとう』と言って帰ってきた。

それからしばらく値段を見てたが昨日[21万7百円]プラスポイント[3万強]と出てた。

今までこれだけ安くなったのを見たことがない。

この先、もっと安い価格も出るだろうが、現時点でおいらの望む最高の数字ということで決めました。

電気屋さんに行けば相変わらず30万の正札が付いてるんだろうか。

まったく価格なんてあてになんないなぁ。

お金のある人や、交渉なんてものを知らない人は、そのまんまの値段で買うんだろうなぁ。

正札通りで買える人はとても幸せな人だろうし、10万円近く値引いて購入した人間もそれはそれで幸せではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喜んでたなぁ。

全国でいちばん最初に定額給付金をもらったおばあちゃん。

一躍スター並み・・・時の人となっちゃった。

あの村長さんもなかなかやり手ですなぁ。

観光バスが乗り付けちゃうんじゃないの・・・「写真撮ってぇーー」ってさ。

「普段より上等な刺身と上等な肉を買う」とスーパーに寄っていったおじいちゃんも嬉しそうだった。

ひ孫にお小遣いをあげてたおじいちゃんもね。

いろいろご不満な方もおるようですがね、久しぶりに全国を明るい笑顔にしてくれたおじいちゃんおばあちゃんであったな。

商戦もいろいろ。

旅行やお食事諸々・・・いいじゃん活気が出て。

先日のかんげさんの同僚の方じゃないけど、プレステ3買う資金にするってね。

本当だったら4万円もの物を買う気はしないけど、1万2千円出るなら残りを出して買おうって気にさせるならこの作戦はうまくいったような気がするな。

頼むからさぁ・・・「貯蓄にまわします」ってなKYな人をニュースで流さないでくれよ。

アホかっちゅーねん。

それから昨日のニュースに出てた派遣業の社員。

2兆円を派遣切りにあった人のために使ってくれれば50万人の派遣切りにあった人を救えるって・・・なに言ってんの?

なんでおいらが払う税金で派遣切りにあった人を救わなきゃならんの?

って・・・考えたらおいら住宅ローン控除で所得税とられてないんだっけ(笑

それから高校生軍団。

学校で「何に使う?」って話題になってるらしいけれど、そんなの親に任せなさい。

「私は5千円でいいよ」と、さも親孝行なフリを見せる我が娘。

それってエライのか?

欲しい物を買う・・・子供に任せるのがいちばん経済効果がありそうな気がするのも事実ではあるけれどもね(笑

ところで・・・おいらにはいくらかでも回ってくるんだろうか・・・平塚市長さん、うちの街はいつ支給ですか~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

連覇へ

「連覇の夢を見れるのは我々だけだ」って何かのCM、かっこいいな。

そうです・・・メジャーだ!オリンピックだ!と言ってもWBCの初代チャンピオンは我が国ニッポンだけ♪

初戦の中国に快勝し連覇に向けて幸先のいいスタートをきった。

いんやぁ~我がベイスターズから選出されている男村田の一発!

じいちゃんは泣いとりましたですよ。

さて・・・恒例の賭け。

日本はメダルが取れるかどうか・・・これにおいらは取れないと賭けました。

まあ、単なるおいらの勘ではありますが。

根拠と言われれば・・・まず他国が前回より強くなってるってこと。

それから頼みのイチロー。

今回だって“原ジャパン”ってよりも実質“イチロージャパン”ってムードでしょ。

これが危ない。

中国戦の結果がどうのこうのじゃなく、イチローは確実に3年前のあの時よりも落ちている。

昨年の公式戦でエラーを3つ記録したと聞いて、おいらは「あぁイチローもそろそろだなぁ」と思ってたところ。

スーパースターでいえば、長嶋や王、ゴルフでもジャンボ尾崎などもそうだったけど、体力が落ちてきているのにそれを自覚しきれず気持ちだけが前面に出ている時ってのがやばいんだよなぁ。

特にスピードが身上のイチローにはそれが他の人よりも早く来ちゃったような気がする。

動体視力の低下なんかもバッティングに影響してくるだろうし・・・球筋に併せてバットコントロールで対応してくるイチローには大きいだろう。

これを代表監督の原さんが不振のイチローに代わって代打内川!なんてのをできる人ならいいけれどもそうはいかんだろうし。

う~ん・・・打席に立ってるだけでファンが満足する選手・・・これを外すわけにはいかんもんなぁ・・・こうなりゃイチローと心中するしかない。

って辺りがおいらの勝手な勘。

それとボール。

これがピッチャーに有利ね。

強力投手陣の日本にはこれはいいことだけど、打者がね・・・安打製造機みたいな人ばっかでしょ。

今回の試合を左右するのはエラーとホームラン。

ずっと好投している投手の数少ない失投をスタンドに運べる選手の揃ってるチームのが得点力で上回るような気がする。

日本の原監督は安打安打で得点を挙げるつもりのようだが、この投手有利なボールでヒットを続けるのは難しい気がする。

これも単なる勘・・・だけど。

しかし今回の侍ジャパンでいちばんズキューと来るのが7・8・9番バッター。

これがメジャーリーガー・・かっこいい!

そしてキャッチャーの城島・・・奴はすごい・・・なんとも頼もしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

解夏(げげ)

さだまさしの短編小説に『解夏』がある。

“げげ”と読む。

仏教の中で使われる言葉らしい。

若い僧たちがひとつところに集まり行をおこなう・・・つまりは修行のひとつだな。

その始まりを“結夏(けっか)”、その終わりを“解夏”と言った。

この小説の中の主人公はいずれ失明するという病気を患う。

完全に失明するまでには何度も発作が起こり痛みも襲う。

さらに失明するという恐怖と不安は日々付きまとう。

これを主人公が小説の中で心よせる人が「行ですな」と教える。

失明するという行です・・・と。

失明した瞬間に発作や痛みから、あるいは恐怖や不安からも解放されるわけ。

だからそれが彼の解夏。

人は考える生き物だから、来る辛い事に対し恐怖や不安がつきまとう。

しかしそれも“その時”が来た瞬間に解放されるってことだな。

先日娘とも話したんだけれども「人間は経験したことのないものに対しての不安や恐怖は倍増する」

そりゃそうだ・・・未知のものに対しては大げさにいろいろ考えちゃうものだし。

だからおいら達みたいなおっさんよりも、人生経験の少ない高校生達の方が悩むことも多いだろうよ。

そりゃしょうがないこと・・・誰でも通ってきた道。

そうやって人は成長していくんだからね。

解夏・・・までの辛抱ね・・・必ず解夏は来るわけだから。

まあ、なんやかや・・・そんな話が詰まってるさだまさしの短編小説集。

本の中には会いたかった優しい人たちがたくさん待っててくれてる。

心が疲れた時、ちょっとページをめくって彼らに癒されてみては?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »