« ダックツアー | トップページ | ○○親子 »

とっさ。

からの帰り道、横一列に並んだ座席に腰掛けながら左前方を見ていると、50代おぼしきご婦人の様子がちょっと変だなと気づく。

ひざがくずれそうになる・・・持ち直す・・・再びくずれそうになる・・・持ち直す・・・。

そして「危ない!」と思った瞬間そのご婦人は倒れこんだ。

おいらは「危ない!」と思った・・・そう思っただけ。

とっさのことで体が動かなかった。

隣にすわってた岩下氏もその異変に気づいていたようだが、やはり動けなかった・・・と。

その時ドア付近に立っていたイヤホンを当ててる今風の男子が瞬時に動きそのご婦人の体を支えた。

「すごい!」と思った。

スピードもさることながら、その勇気をもった行動にちょっと感動した。

彼はひとことふたことご婦人に語りかけ、何事もなかったように元の場所に戻った。

ご婦人は着いた駅に彼にお礼を言いながら降りていった。

「あの彼なかなかやるね」岩下氏に話すおいら『とっさに動けるところがすごい』と岩下氏。

しかし悲しいかな・・・自分。

動かなかったってよりも動けなかった・・・歳なのか。

そんな風に思っていた先日のこと。

じいちゃんが車をフラフラさせながらバックでやってきた・・・おいら家のドアを少しあけてその様子を見てたのだが、一足早く車を降りて歩いてきたばあちゃんの声に反応し我が家の愛犬「そら」が飛び出した。

車はバックしてくる・・・・『あぶないっ!!!』おいらの声に犬もその場に立ちすくんだ。

聞こえないじいちゃんの運転する車は容赦なく犬に近づいてくる。

「もうだめだ、死んじゃう!」思った瞬間おいらは玄関を飛び出し車にぶち当たった。

その衝撃に驚いたじいちゃんはようやく車を停めた。

タイヤは「そら」の真上にあった。

間一髪だった。

痛かったぁ・・・左肩、左ひじに痛みがある・・・翌朝になって脚もどこかにぶつけたらしい・・・左ひざに痛みが残った。

「出てきちゃダメでしょ!」ばあちゃん達は「そら」に怒っていたが、そりゃ無理ってもん。

フラフラバックを面白がって見ていたおいらが悪い。

それにしても・・・まだ動けんじゃん(笑

P1060471_2 ともあれ・・・生きててよかった。

|

« ダックツアー | トップページ | ○○親子 »

▲ひとりこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/44667468

この記事へのトラックバック一覧です: とっさ。:

« ダックツアー | トップページ | ○○親子 »