« 序盤戦を終えて・・・ | トップページ | でたらめ »

是非に及ばず

最近は女子の中にも戦国武将ブームってのがあるらしい。

強い男に対する憧れか。

一方で現在放映されているNHK大河ドラマ「天地人」の評判がよろしくない。

うすっぺらいと酷評する人もあれば、迫力不足と言う人もいる。

そうだねぇ・・・原作をいじりすぎ!

おいらも最初の数話観て思った。

このドラマの脚本は小松江里子という方・・・女性。

物語がね・・・女目線なんだよねぇ。

言ってみればホームドラマ。

そのあたりが戦国武将に憧れる人たちには面白くないのかもしれない。

先だっての「本能寺の変」・・・自害を決意する織田信長の前に現れる上杉謙信。

「そなたは人の心をないがしろにしすぎた・・・」わざわざ死を目前にした信長に言いにくるわけ。

いいシーンなんだろうなぁ・・・あの脚本家からすれば。

しかし・・・歴史の本質はそこじゃないと思う人には一気にしらけるシーンなわけよ。

本能寺は歴史上最高の変革だったと思う。

単なる明智光秀の謀反・・・ってだけじゃないんだよ。

なにゆえ智謀者の光秀がみすみす自分を追い込む行為に出たのか・・・単純に彼の信長に対する恨みってだけじゃ済まない人間心理がそこにうずまくわけよ。

だってさ・・・「信長がこの世からいなくなってくれればいい」って考えてた人はあの時いやって言うほどいたわけだからね。

それを謙信のお説教だけで済ませてしまうところが女目線。

ま、是非に及ばす!

ホームドラマと化した大河ドラマを観たけりゃ観ればいいし、嫌なら観なきゃいい。

おいらは観ます。

それとねぇ・・・上杉景勝役を演じてる北村一輝って役者さん・・・抜群ですな。

あの出演者の中でピカイチ・・・上手い!

それにくらべて・・・あの長澤まさみって女優さん・・・う~ん・・・う~ん・・・。

そうそう・・・「是非に及ばず」って言葉知ってますか。

信長が本能寺で光秀の謀反を知った時にはなった言葉・・・おいらの本能寺的うんちく(笑

本能寺での異変に気づいた信長。

小姓にたずねる・・・『いかなる事か?』

「謀反にござります」

『紋は?』に

「桔梗の御紋・・・日向守惟任光秀(明智光秀)殿」と聞かされた時に『是非に及ばず』と言ったそうで。

これは心の中・・・『そうか、光秀か。あの者であれば備えも万全であろう。最早これまで。』

と、死を覚悟したであろう時の言葉。

是か非か・・・今やもうそのようなことを論じても無駄だって意味じゃないかと言われてる。

潔いいね・・・信長は好きじゃないけれども、この一言に彼の生きざまがあるようでちょっと憧れます。

さて・・・本能寺はいかにして起きてしまったのか。

羽柴筑前守(豊臣秀吉)はどうして敵(毛利)を降伏させる状況まで追い込みながらわざわざ信長に援軍を頼んだのか。

して、なにゆえ光秀謀反の知らせを聞き、あのように早く軍勢を引きかえすことができたのだろうか。

徳川家康はなにゆえ光秀謀反の直前・・・彼に声をかけはじめたのだろうか?

上杉家崩壊直前に光秀が事件を起こした絶妙なタイミングは・・・。

おいらは光秀は犠牲者であったのじゃないだろうかと思う。

謀略家たちのあいだに挟まれて・・・誰よりもプライドの高かったその心を利用されてしまったのかな。

まあ、真実は神のみぞ知るってところでしょうかね。

もし○○だったら・・・・こんな風に考えがちだけどね、歴史は動かしようがない事実・・・“たら”や“れば”もはさむ余地なし。

それこそ・・・是非に及ばず!

|

« 序盤戦を終えて・・・ | トップページ | でたらめ »

☆観たこと」カテゴリの記事

コメント

突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/scenario-writer/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/scenario-writer/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
t0XYoYa3

投稿: sirube | 2009年5月21日 (木) 17:07

コメントありがとうございました。

投稿: ホッシー | 2009年5月22日 (金) 13:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/45072043

この記事へのトラックバック一覧です: 是非に及ばず:

« 序盤戦を終えて・・・ | トップページ | でたらめ »