« 是非に及ばず | トップページ | 人を裁くということ。 »

でたらめ

参議院予算委員会の模様を観ていたら「でたらめ」という言葉が出てきた。

民主党大塚耕平氏の口から出たものだ。

漢字で書くと「出鱈目」とするそうな。

これはサイコロを振ること・・・つまりは出た目。

言ってみればサイコロを振ってみて初めて結果が出るもので、前提に計算はいっさいない。

あらためて辞書で意味を見てみれば「いいかげん」だとか「出たとこ勝負」だとか「行き当たりばったり」であるとかね・・・いっさいいい意味はない。

今回の緊急経済対策のひとつとした補正予算に割り振られた予算の行き道について民主党大塚氏が追及したところで出た言葉だった。

たとえば『科学技術振興機構』

なにしてんの・・・ここ。

文科省の役人が65人も天下りしている先。

仕事してんの?どんな?

千代田区に立派なビルヂングを構えちゃってさ。

事業内容を見てみれば「科学技術に関する知識の普及、国民の関心・理解の増進」だって・・・わかんねぇ~~ここにおいらの税金が使われてるわけか。

天下りの役人に給料払うために(涙

して、この団体に対し今回の補正予算の中から約700億円がまわされるらしい。

本来であれば施設予算は0であったところなのに補正予算で700億円まわせと。

「なんで?」と質問したわけですよ。

それに対し「47都道府県それぞれに研究開発のための施設を建ててみたくなった」と。

新設すればいっこ25億円・・・として、概ね700億円くらいかかるんじゃないかとの計算です・・・だってよ。

700億円遣おうって人が概算だって・・・だいたいだって。

この他にも大不評の末廃止されることになった「私の仕事館」を持つ独立行政法人『雇用・能力開発機構』ってとこも140億円欲しいなぁ・・・って。

何に遣うかは決めてないけど~~って。

無駄金遣って反省してるのかと思えば、さらなるやる気を見せてるらしい。

一時期の金満読売ジャイアンツを思い出すな。

「もらってから考えるからとにかくお金ちょうだい」・・・これはデタラメそのものでしょ・・・と、大塚耕平さんが追及されていた。

なかなか面白かったな。

与謝野財務大臣も鳩山総務大臣もタジタジであった。

その後ろで居眠りしてた「何と言われようが我々は道路を作る!」の経済産業大臣二階なんとかって人だけは堂々としたもんだった(笑

|

« 是非に及ばず | トップページ | 人を裁くということ。 »

●ニュースなこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/45091362

この記事へのトラックバック一覧です: でたらめ:

« 是非に及ばず | トップページ | 人を裁くということ。 »