« 画期的だぁー | トップページ | タクシーとかグリーン車とか »

終戦記念日に・・・

終戦記念日にいつもの騒がしい靖国参拝。

今年の国務大臣参拝は見るだけでも身の毛のよだつ恥知らず野田聖子だけだったか。

元総理・・・の参拝は別にして静かな九段だったようだ。

さて、その英霊を祀ってある靖国神社だけれども・・・民主党のマニフェストなどによれば他に国立の追悼施設を作り、そちらに英霊の御霊をうつし天皇陛下さえも他国に遠慮なく参拝できるものとしたい・・・ってな意図があると。

おいらは・・・絶対反対です。

なんでそんな・・・他国の言いなりに・・・ってか、ならば・・・靖国に祀られてることが許されないとされてる人だけを別の施設に移せばいい。

靖国に祀られることを親孝行とし、敢然と命を投げ捨てた若者たち・・・九段で会おうと誓って飛び立っていった特攻の若者たちの気持ちを考えれば他に移すなんてありえない。

戦争で亡くなった方たちをヒーローだとは思わないけれども、彼らの犠牲のもとに今の平和が成り立っているのは事実だし、靖国に出向き静かに手を合わせることを誰にも非難することはできないと思う。

それにしても戦後64年・・・経っても未だ戦争が終わってない人はたくさんいる。

生々しい史実を読みテレビを観るたびに人は何とおろかなことをしてきたのかと実感する。

広島で被爆しながらも生きてきたおばあちゃんは当時「水をください」と哀願する被爆した人たちが目の前で死んでいくのを間近で見てきた。

水を・・・あげたくてもあげられなかった。

それを悔やんで、今なお広島市内にある原爆慰霊碑に思い水を運びかけているんだとか・・・死ぬまで続けるのだと仰っていた。

おばあちゃんが悪いわけでもなんでもないのに。

帝国海軍が最後の最後にとりあげた愚かな特攻作戦「回天」の乗組員だった方たち。

出撃命令が出ながらも回天の不調で出撃できず生きながらえてしまったと嘆いていたおじいちゃん。

一緒に乗り込んだ仲間たちは次々に出撃していく・・・自分だけが死ねなかったと自分を責める。

今でも年に一度大津島に出向き仲間に会いに行かれているとか・・・詫びてるの?

おじいちゃんが悪いわけでもなんでもないのに。

歳かなぁ・・・最近殊に終戦記念日にもの思うことが多い。

|

« 画期的だぁー | トップページ | タクシーとかグリーン車とか »

▲ひとりこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/45937429

この記事へのトラックバック一覧です: 終戦記念日に・・・:

« 画期的だぁー | トップページ | タクシーとかグリーン車とか »