« 心配なのは・・・ | トップページ | 大渋滞 »

笑顔に救われる

彼らはまさに二度勝った。

甲子園大会・・・島根代表・開星高校。

9回表、1点リードの場面ながらツーアウト満塁の大ピンチ。

Kaisei しかし彼は渾身の投球で打者をセンターフライに打ち取る。

グラブをたたきながら笑顔でキャッチャーに駆け寄る。

アナウンサーも「センターが・・・捕ったぁ」思わず言ってしまった刹那。

思いもよらない事態が起きた・・・落球。

ホームベース付近まで来ていた彼の顔から笑みが消え、ホームインする仙台育英の選手たちをただ呆然と見つめる姿はおじさんから見りゃあ痛々しくてつらかったなぁ。

勝利を確信したあとだっただけになぁ。

その裏・・・開星高校はそれでも粘る。

ツーアウトランナー1塁2塁。

シングルヒットでも同点の場面でバッターはチーム1のスラッガー。

カキィーーーン!

手ごたえは十分だったのだろう・・・左中間に伸びる打球を見ながら彼はガッツポーズを決めてみせた。

サヨナラ・・・逆転サヨナラ勝ちのはずだった。

これに仙台育英のレフトがこのタイミングしかないというまさにドンピシャのタイミングでグラブを出す・・・打球は・・・無情にも彼のグラブにおさまった。

毎年夏の甲子園では1度2度と繰り返される勝利の女神の気まぐれ。

捕っていたら・・・抜けていたら・・・勝利は彼らのものだった。

こうゆうとき、現場の大人たちは彼らになんと声をかけるのだろう?

「よく頑張ったね」かな。

ただそんな大人たちをよそに、当事者の彼らは意外にもさばさばしてる。

笑顔でね球場を後にし、笑顔でバスに乗り込む。

「ここまで一緒にやってこれて幸せでした」と。

その笑顔に大人たちも救われることだろう。

そうだ!

掛ける言葉があるじゃん。

『君たちはいい仲間と最高の思い出が持てた・・・幸せだね』って。

ホントうらやましい。

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

|

« 心配なのは・・・ | トップページ | 大渋滞 »

●スポーツなこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/49125465

この記事へのトラックバック一覧です: 笑顔に救われる:

« 心配なのは・・・ | トップページ | 大渋滞 »