« 星くず | トップページ | もはや外敵・・・だな »

考え方ひとつで・・・

以前もネタにした神奈川新聞のコラム

正しくは“照明灯”・・・一面の左すみに載ってるやつ。

好きでよく読むんよ。

今朝のは敬老の日にちなんでシルバー川柳をとりあげていた。

「おーいお茶 はーいと缶が 転がされ」

うまいな(笑

あ、おいらが注目したのは実はシルバー川柳ではない。

倒幕の第一立役者・・・は、やっぱり龍馬か・・・その次くらいか?

長州の高杉晋作。

稀代の戦名人。

彼の辞世の句(実際は違うらしい)が取り上げられていた。

「おもしろき こともなき世を おもしろく」

この句が後々も高杉ファンを困惑させている。

どうゆう意味だ?

「おもしろいこともないこの世を俺はおもしろおかしく生き抜いてやった」

「おもしろいことのないこの世だから俺がおもしろくさせてやった」

長きに渡った徳川幕府の権力が絶対で言いたいことも言えずやりたいこともできない世の中・・・これが「おもしろきこともなき世」

次の「おもしろく」だな・・・問題は。

これはまあ、高杉の生き方を見れば「俺はおもしろおかしく生きてやった」じゃないかと思う。

藩を支える身でありながらその財政も考えることなく破天荒な生き方を貫いた高杉の辞世の句と考えれば面白い。

これに彼の末期を看取った「野村もとに」という人が「すみなすものは心なりけり」と応えている。

高杉の句を台無しにしたと怒る人もいるらしいけれど、おいらは少し自由に行き過ぎた高杉へのお灸であったのじゃないかと考える。

「あなたは楽しき人生を送ろうと他人様の迷惑も考えず自由に生きてきたけれども、考え方ひとつで悪しき世の中も良き世の中と思えたんじゃないだろうか。もう少し慎ましく生きてきたらば、このように短い人生で終わらなかったかもしれぬのに・・・」ってね。

あ・・これはおいらの勝手な解釈・・・信じちゃだめよ(笑

ちょっと誰かがおいらに言ってるような気がして・・・

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

|

« 星くず | トップページ | もはや外敵・・・だな »

▲ひとりこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/49499472

この記事へのトラックバック一覧です: 考え方ひとつで・・・:

« 星くず | トップページ | もはや外敵・・・だな »