« お別れの夜 | トップページ | ハマってます! »

若手

最近は親戚が集まるなんてことは葬式か法事くらいなもん。

そんなんがなければ顔を合わせるのも何年振りなんてことになる。

今回叔父の告別式を待つあいだ、従兄弟同士で語らう。

不思議に年代の近い男ばかりというのが父方の従兄弟たち。

喪主を務めた従兄弟がおいらより2つ上、同い年が3人、1つ下が1人、2つ下が2人。

「おじいちゃんが元気だった頃、みんなで旅行に行って悪さしたっけなぁ~~」

悪ガキの集まりだったもんなぁ。

『しかし、オジさんになったもんだなぁ・・・』笑っているところに喪主の従兄弟の声。

「おーーーい、そこの若手!」

若手?

若手なんてどこにいんだ?

どこ見たってこの部屋でいちばん若いのは2つ下のマーちゃんだろ?

その次がおいら達だ。

そうそう・・・若手が必要なのはね・・・。

今回通夜告別式をしたのは叔父がこよなく愛した我が家先祖代々の菩提寺。

斎場やセレモニーホールじゃなくて、あの寺で送ってくれ・・・が叔父の願いだったとか。

おいらも子供の頃はよくこの寺に来たもんだ。

今回何年振りに訪れてね・・・『あれ?ここのお寺、こんなに階段が長かったっけ?』

長く高い石の階段。

『ちょっと待てよ・・・叔父の棺・・・本堂に横たわってるが、出棺となればどうやって出すんだ?』

通夜の帰りから考えてて、告別式の朝階段を見上げながらあらためて思った。

なんせ親戚の年寄の中には、式に参列したいがあの階段を上ることができないので残念だが欠席ってな人もいるほどの階段だ。

まあ・・出棺ともなれば寺の裏側とかから出れるところもあるんだろ・・・気軽に考えていた。

・・・・が。

喪主の従兄弟がやってくる。

「(おいら達に向かって)若手たちさ、出棺の時手伝い頼むな」

頼むって?

「棺持って階段下りてもらうんだよ・・・えっとぉ・・・8人は必要だな・・・あとはうちの息子とアネキの旦那と・・・ブツブツブツブツ」

『ちょっと待ってよ~今、オジさんになったなぁって話ししてたとこなんだってばぁ』

「うるさいよ。見りゃわかるだろ。ここじゃ若手なんだよ」

マジかよ~~出棺は見ものだなぁとひそかに楽しみにしてたのに・・・(フキンシンだろ)

当事者だよ。

いやぁ~怖かった。

誰かが一歩踏み外せば諸共だぞ。

中川家じゃないけど「いっかい降ろそいっかい降ろそ」ってなわけにもいかないし。

重さにしばらく腕が震えてたもんな。

しかしあれだな・・・涙の告別式もホッシー家ともなれば単なる宴会。

喪主の従兄弟も「宴会の途中恐縮ですが、次の宴会の日取りがですねぇ・・・あ、宴会じゃないか、四十九日だ」

まあ、亡くなった叔父も宴会好きだったからいいか・・・にぎやかに。

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

|

« お別れの夜 | トップページ | ハマってます! »

▲ひとりこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/50704750

この記事へのトラックバック一覧です: 若手:

« お別れの夜 | トップページ | ハマってます! »