« ジャイアンツ抜きでやろう | トップページ | まるで特攻隊だな »

100の物語

人間100人いれば100の物語が生まれる。

今回の大震災で亡くなられた方、行方不明となられてる方それぞれの物語が明かされる。

昨日NHKでやられていたある女性職員の話し。

聞いてて辛かった。

彼女の名は遠藤未希さん。

もっとも被害の大きかった南三陸町の危機管理課の防災担当をされてた方だとか。

『6メートルを強の津波がやってきます。高台へ避難してください!』

町中の人に呼び掛けます。

津波がそこに来ているのに、それでもまだ放送し続けています。

「上にあがりなさい」声をかけた同僚もおられたようですが、それでも彼女は放送をやめなかったそうです。

そうして彼女は波にのまれていきました。

助かった職員から「未希さんが流されていくのを見た」との証言もあるので、その瞬間まで放送をされていたんだろうな。

彼女の名前は未来に希望を・・・と、なってるね。

それが悲しい。

昨年結婚されたばかりでそれこそ未来を夢見てられただろうに・・・。

お父様が「任務ですからね」言っておられました。

お母様は「それはわかってますけど、親としては逃げてほしかった」言っておられました。

お母さん・・・その通りですよ。

生きなきゃ。

助かった町民の方も言ってました。

「彼女の声が緊迫感にあふれてたらから私も逃げた。彼女に助けられた」と・・・その声

彼女は自分の命を賭けて多くの人の命を救った。

それが良かったのか悪かったのか・・・わからないけど、そんな事実があったってこと。

ちなみに未希さんの旦那ブログ⇒こちら

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

|

« ジャイアンツ抜きでやろう | トップページ | まるで特攻隊だな »

▲ひとりこと」カテゴリの記事

●ニュースなこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/51204917

この記事へのトラックバック一覧です: 100の物語:

« ジャイアンツ抜きでやろう | トップページ | まるで特攻隊だな »