« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

ちょっと待って~!

娘はお泊り会だって。

なんだそりゃ。

この不良娘!

奥は?

昨日の夜からいそいそお出かけ準備。

「明日埼玉の友達のところへ行ってくるから」

ほぉ~めずらしい。

ぜひぜひ行ってらっしゃいませ。

さ~ておいらは・・・健康診断の準備でもしましょうかね。

準備ってさ・・・ぎゃはははは。

イヤなんだわこれが。

今日はお食事中の方はご遠慮ください(笑

「大丈夫!」って方だけ下の「続きを読む」から・・・どうぞ♪

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

続きを読む "ちょっと待って~!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界一悪い女は本当に世界一悪い女だったのか?

たのしみは妻子むつまじくうちつどい 頭ならべて物をくふ時

世の男子たちが皆こうであればこんな悲しい事件は起こることもなかった。

ひょんなことから手にすることになった本『八日目の蝉』

次は?次は?このあとは?

どんどんその世界に吸い込まれていく。

リアルな描写から主人公となる二人に愛情が生じていく。

なんだこれは。

“世界一悪い女”である彼女に救いの手を伸ばしてみたくなる。

(それは・・・決して永作博美だからではない・・・断じてない)

きっとね、この事件を起こすきっかけとなったものが男の悪どさにあるから。

その罪滅ぼしをしたくなるんだ(なんでおいらが?)

うまいな・・・この作者は。

蝉は長い間土の中でのんびりと幸せな暮らしをし、土の外へと放り出される。

「いやだ~いやだ~」と夏のあいだ鳴き続ける。

「ちくしょ~ちくしょ~」と。

その苦行も一週間・・・彼らの辛く短い地上での生活が終わる。

と、かの長渕先生も言っておられる。

が、もちろん角田先生のそれはそんな嫌味なものではない(笑

普通であれば七日間でしか見れなかったもの・・・だのに八日目があったからこそ見れたもの知れたもの。

普通に生活してれば気づかなかったものを彼女たちはいいにつけ悪いにつけ知ることになるわけだな。

血のつながった親子の愛が最上か・・・いやいや、たとえ血などつながっていなくとも子を想う母の愛情は七日間のそれである蝉の寿命さえ伸ばしてしまうほど慈悲深いものなんだよ。

そして・・・世の男子たち。

浮ついた遊び心が時に人の人生を狂わすことまである。

角田先生のこれ以上ない男子たちに対する叱咤でもある。

身に沁みろ!

おいらもか。

銀も黄金も玉も何せむに まされる宝 子に及かめやも

たったひとりの子供のために金も人生さえも捨てたオンナ希和子。

もちろんやったことは極悪だ・・・某国の許しがたい暴挙同然。

ただ・・・彼女は本当に世界一悪い女であったのだろうか。

酌量の余地もない?        

この作品は面白い。

映画が待ち遠しい。

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

職業は市議会議員です・・・ってか。

統一地方選挙もいよいよ大詰め。

市長選はともかく市議選は何十人もの候補の中からどうやってひとりを選ぶか?

みなさんどうしてるんだろ?

何十人もの顔写真が貼られたポスターたちの前で小さい子供を連れた若いママが二人何かを話しながら笑っている。

どこに注目されてるんですか?

聞いてみたい気がする。

さすれば次回おいらが立候補する時の参考にもなろう。

しかし・・またもの申す。

平塚市議選は30人の市議に対し34人が立候補。

わずか4人の落選者しか生まない。

山北や開成町ではなんとひとりのみが落選する。

そんなことに多大な税金を遣っている。

なんだか狭い世界だなぁと感じるわ。

「4期16年の実績を~~~~~」選挙カーから大きな声が響く。

16年も市議をやりながらまだ続けたいのか・・・。

なにゆえ市議なのか?

県議や国会へとの野望は浮かばないのだろうか?

「おじいさんの代からお父さんの代から平塚市のために働かせていただいております」

親子三代にわたって甘い汁を吸いたいか。

そんな風に思っちゃう・・・なんで市議なんだ?

せっかく築き上げた地位を他人に渡したくない・・・ファミリー経営者みたい。

「あと二日だけ、あと二日だけ○○○○に応援をたまわりたく~~~」

なんだあと二日って?

投票日まで応援すればそれでいいってか?

投票日が終わってしまえばあとは近寄らないでってか?

市議会議員ってのはなんだ?

何をする人たちだ?

本当に必要なのか?

告示されてからの一週間・・・事務所の前で、交差点で、駅前で・・・一生懸命頭を下げている。

必死さは伝わってくる・・・すごくくる。

だけどさ、

ひょっとしてあんた達の仕事って選挙に当選すること?

4年に一度必死で働けばあとは右手に扇子持って暮らしてんじゃないの?

サラリーマンみたいだ。

もし・・・議員さんに給料がなかったら・・・恩給がなかったら・・・それでも議員になって市民のために働きたいと思う人もいるのだろうか?

うがった見方をすれば右に出る人がいないっておいらからすればそう思えてならないわ。

さて明日、誰にいれようかなぁ・・・。

選挙ってさ、誰かの名前を書いてくるって投票よりも、総選挙の時にやる最高裁判事にバツつけるみたいなやり方の方が投票率があがるような気がすんなぁ。

この人だけは市議にしたくないって人にバツつけてくんの。

バツの多い人から落選。

「お願いですからバツつけないでくださ~い」

なんだか頭の下げ方もより必死になるような気がする(笑

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うっひょっひょっひょっ・・そち達もなかなかの悪よのぉ

東京電力のお偉いさんが雁首そろえて福島詣で。

みんなと一緒じゃなきゃイヤなのか?

遠足かっ!

それにしても福島のみなさんは優しい。

現状鑑みれば罵声が飛び交ったって不思議じゃないよ?

「あんたも身体に気をつけて」と言ったおばあちゃん。

日本の・・・日本人の名を世界に高めてくれた福島の・・・東北のみなさん。

避難所で不自由な生活をされてる人から出てくる言葉じゃねえぞ。

いちばんきつい一言は福島県知事の言葉だな。

「社長はこの40日間、一度でも福島に泊まったことがありますか?」

そりゃそうだ・・・そのくらいは言ってやりたい。

社長も返す言葉もない・・まさか「この40日間ほとんど入院してたもんで」とも言えないわな。

社長、助かったな・・・これが神奈川県人だったらこんなもんじゃすまねえぞ?

おいらがあそこにいれば『社長、俺たちは住むところも職場も失った。あんたら給料日はいつだ?今月の給料はいくらもらったんだ?明細持ってもう一度出直してこい。その給料をここにいるみんなで遣おうじゃねえか』ぐらいのことは言うぞ。

きっちり言わせてもらうぞ。

原発は安全だ。

絶対安全だ。

「安全ではない」・・・そんなことを言うやつは処分する。

安全なんだ・・・安全だと思い込ませろ。

安全だと歌おう。

安全だと叫ぼう。

国民にそう信じさせろ。

もう後戻りはできない・・・もう原発はやめられない。

多少の事故は隠せ・・すぐに補修しろ。

補修したことは絶対に他言するな。

原発は絶対に安全でなければいけない。

どうだ・・・おたくらの故郷にも原発が欲しいだろ?

原発を作らせてくれれば金やるぞ・・・仕事もやるぞ。

絶対安全なんだから100㌫のメリットだけでリスクはまったくないんだぞ。

は~い、原発欲しい人・・・手をあげて。

純粋な人たちをそう信じさせだましてここまでやってきて、今となってみれば「想定外の事態が起こりました」で済まそうってか。

東電屋・・・雁首揃えて・・・なかなかの悪よのぉ。

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卑劣な腹いせ

仕事が嫌いなおいらにとって、休日はかけがえのない時間。

この自由な穏やかな時間がまた明日からの闘いに臨める気持ちをつくる。

どうしても必要なんだよ・・・なぁ~んも考えなくていい時間がさ。

『だから言ってんでしょーー!休出はダメなんだってば!!』

・・・・・じゃなくってさ・・・今日はそこじゃない。

ほげぇ~っと過ごしてた先日携帯に着信音。

なんだぁ~と見れば、目がテンとなるような文章。

誰だ?

無記名で送信主がわからない。

『このやろーてめぇ!言いたいことがあるんだったら堂々と名乗って言ってこんかい!ってより、直接聞いてやろうじゃねえか!!』

ただし・・黙ってハイハイ聞いてる性格じゃねえぞ・・・おいらはな。

そう送り返そうかと思ったのを・・・やめる。

確かに名前はない・・・しかし、何となく送信主に見当がつく。

ケンカになるのはまずい。

そうゆう相手・・・じゃないだろうか?

しかしこんな重い内容・・ひとりじゃ抱えきんないよ~奥に見せる。

「これはアレだよ。あぁなってこうなってこうだよ」

おいらが思ってたようなことをあらためて言われる。

きっとそうだよなぁ・・・でも、ともかく敵を確定してからだ。

行動はそれからだ。

結果・・・思ってたとおりで、それでも中に入ってる人がかわいそうなので事を荒立てるのはやめた。

しかしさぁ・・・確かに問題が起きて憂さ晴らしに誰かを標的にしたいってのはわかるけど、おいらは関係ないべ?

2日間何が何だかわからず非常に不愉快な時間を過ごしたおいらの気持ちがわかりますか?

それともそうさせといて満足ですか?

いいとばっちり。

まったくもって気分わるい!

誰にも言えないのでここで愚痴った・・・まあ、これで終わりにするわ。

ばかやろーーーーっ!!!

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日もおにぎりにしよう

リビングで録画しておいた寅さんを観る。

じいちゃんばあちゃんがやってきて「あ、寅さんやってるよ・・・これ観たっけ?」

こないだ観てたじゃん。

おいらが仕事から帰ってきたときゲラゲラ大笑いしてたじゃん。

しばらく観て「あ、これなんか観たことあるねぇ」

そりゃそうだろ。

コマーシャルが入る。

セブンイレブンがおにぎりを100円で売るんだって~♪

「セブンイレブンがおにぎり100円だってよ」ばあちゃんに「えぇ、またやってんの?こないだ100円で売ってたけどな」とじいちゃん。

「じゃあ明日のお昼はおにぎりにするか」

いいけどさ、これあくまでも録画だからね。

明日、セブンでクレームつけないでくれよ。

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メンタルケア

以前仙谷なにがしって民主党の官房長官が自衛隊をつかまえて『暴力装置』とか言ってたなぁ。

今はどうだ?

その暴力装置と言われた皆さんを頼り切ってんじゃねえのか?

失言で更迭されたこの元長官を新たな大臣ポストに充てるとか・・・だったらまず、復興の礎となってくれている自衛隊の皆さんに謝っていただきたい。

当然じゃねえの。

さてさて行方不明者の捜索にあたってくださっている自衛隊のみなさん。

「遺体の夢で目が覚める」とか。

厳しいねぇ。

おいらのような弱っちい人間にはとても勤まらない。

ものすごい精神力と思う。

それでも・・・彼らも人の子。

誰かに話を聞いてもらいたい・・・誰かに愚痴りたい。

精神的なケアが大事となってきている

Nagabuchi1 そんな折、おいらの好きな長渕剛先生が、被災地で働く自衛隊の皆さんを慰問し勇気づけたという。

こぶしを突き上げ「いくぞぉーいくぞぉーいくぞぉー!」ってね。

被災者を勇気づけに行く・・・はわりと思いつくが、自衛隊のみなさんをってのが長渕先生らしい。

ひととき・・・捜索のことを忘れ笑顔し涙する彼らの姿がニュースで流れてた。

「元気をもらった・・・勇気をもらった・・・極限が伸びた」

いいじゃないですか。

行った甲斐があるってもんじゃないですか・・・先生。

これについても批判されてる方がおられるようだが、やらないよりずっとマシ。

何か行動してからモノを言え!

人を批判するだけなら誰でもできる。

Nagabuchi2 誰でもできる。

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリック

ブログランキングに挑戦してからしばらくが経った。

上昇気配の時には楽しい。

一日何度も開いてしまう。

これも一時ね。

上昇が止まり下降しはじめれば熱も冷めるってもんだ。

ま、こんなもんか。

ポイント分析をしてみれば、おいらのブログは一日平均7人くらいの方がクリックしてくれてるようだ。

そのうちの2人はおいら(笑

残りの5人は・・・会社に行くと「ブログ読んでるよ~」言ってくれる人が最近は「応援クリックしてるよ」まで言ってくれる。

ん?

その数5人。

ってことはよ?

おいらのブログは全て身内票・・・そうだったのかぁorz

ま、所詮はこんなもんか。

それにしても更新もしなくても常にトップにいる人ってのはどうやって人気を保ってんだべ?

なかなか奥の深い世界だぜ。

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりのスタジアムへ

じいちゃん、ばあちゃん、叔父とのスタジアム観戦。

お昼は?聞けば弁当なんだと。

ならばおいら、一足早く出かけて中華街に繰り出すわ。

せっかくの横浜・・野球だけじゃもったいない。

平塚駅に向かう道すがら『これから中華街でご飯食べない?』とメール。

まったくの突然なこんなメールにも「いいよ♪」ってさ。

Dsc04226 心なしか人出も寂しい中華街でランチ。

やっすーーい。

だのにお弁当で済ませちゃうわもったいない。

あわただしいランチタイム・・呼び出して申し訳ない。

スタジアムまで戻りお別れ『じゃねぇ』

我が席へと向かう・・・おぉーー客席とフィールドのあいだのネットを外したんね?

ファールボールがライナーで飛んできそうで怖いけど見やすくていい。

Dsc04268_2 Dsc04256 1998ベイスターズの優勝時のメンバー谷繁と佐伯。

似合わないユニフォームを着て。

大嫌いな中日の選手になっちゃったけど未だ嫌いになれない。

おいらに夢を見させてくれた二人だからな。

Dsc04261

あっれぇ~こっちの二人は?

どっかで見たことある(笑

こっちはベイスターズのユニフォームか・・・って、よりによって26佐伯のユニフォーム。

嫌味か!

Dsc04303 試合前のセレモニー

女子たちが賑々しくダンスを披露する・・・も、それを邪魔するがごとくスレッジがひとり打撃フォームチェック。

なんだろう・・たったひとり出てきて。

これは何かの暗示か。

そう・・ベイスターズは惜しくも7対8で敗れたがその7点はすべてこのスレッジが叩きだしたもの・・・凄かった!

Dsc04296 ←本物のホッシー。

おいらのハンドルネームの元。

「星さんって言うんですか?」聞かれたりしますがまったくそうじゃありません・・・単純にベイスターズのマスコットキャラクターから取りました。

Dsc04439 常にリードされ

カッカカッカ・・・頭を冷やそうかと買ってきたもの。

みかんの缶詰を凍らせたもの350円。

意外にさっぱりと美味しい・・・けど、もうちょっと暑くなった方がいいだろな。

きぃーーーーん。頭が痛む。

試合終了後、招待してくれてありがとうと叔父がごちそうしてくれました。

Dsc04524 横浜タカシマヤに入っている今半。

食事が終わるまでお姉さんが付っきりで調理してくれました。

美味しかった。

せっかく横浜まで行きながら負けてしまった・・・けれども選手が一生懸命やってる姿を目の前で見れて嬉しかった。

良い休日でした。

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

抱き合って一緒に泣きたい!

観衆の目を一身に浴びるお立ち台。

涙を浮かべながら何度も帽子を取り頭を下げる。

そのインタビュー馴れしていない生真面目な男が今日のヒーロー。

内藤雄太・・・その男。

おそらく・・・ベイファン以外で彼の名を知ってる人はあまりいないだろう。

大学を出て5年間1軍と2軍を行ったり来たり。

それでもくさらず黙々とひたすら努力を積み重ねてきた。

あふれる涙を手でこらえながら言葉を待つユータ。

「代打にコールされた時の気持ちを聞かせてください」に『毎日やってる事を信じて打席に入れとコーチに言われたので自分を信じて入りました』

あの場面で自分を信じられる努力をしてきたのだ。

そして・・・毎日のそんな彼の姿を見守ってきたからこそのコーチの言葉だったと思います。

運命は努力を裏切らない・・なんて言葉もありますが、ユータの努力を実らせてくれてありがとう神様(神様なんていないけど)

その他、開幕戦の選手達の動きは素晴らしかった。

ひちょりのハツラツとした動き。

佐藤ショーマの気持ちの入った投球。

村田の全力走塁。

加賀と武山の冷静な投球術。

吉村の気合。

渡辺の好守。

去年まではまったく見ることのできないそれらだった。

テレビを録画したサヨナラ勝の場面を6回も観た。

早くも6回勝った・・・お、つえーな。

そんなところを見せられたんじゃおいらだって黙っていられない。

こうしちゃいられない・・いてもたってもいられない。

C6e2c6a3a1a6bbb3b8fda4aacea9a4c1c2e 行くんだ、横浜へ。

何年ぶりだろか・・・入場券を買った。

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

過信禁物

プロレス界に今も燦然と語り継がれる名文句。

言うは闘魂三銃士・・今は亡き橋本真也。

『時は来た!』

あまりの衝撃に隣の蝶野が手で顔をおさえてんだよな(笑ってんじゃねえべな)

こんな感じ

『それだけだ』

いやいやいや・・・今日はそれだけじゃない。

食べ物も旬ってのがあるけれど、人間も同様ね。

旬を過ぎたらば次の時期を待たんといかんですよ。

そのまんま東・・・169万票は立派といえば立派だけど負けは負け。

「天罰だ」発言のおじいさんに負けちゃったんだからその器じゃなかったってことですな。

だいたいさぁ「全ての可能性を否定しない」ってお馴染みのセリフね。

やりたくてしょうがない感が伝わってきちゃって鼻につくわ。

「あれもこれもやりたくって悩んじゃってるんですわ」くらいを言えばおいらもちょっとは押してやってもいいけどな。

宮崎辺りにいたから輝いてたんじゃねえのか?

神奈川の知事だった人もそうだけどさぁ。

例えば・・・総理大臣にしたい人候補によく出てた「舛添要一」とか「平沼赳夫」とかって人もさ、自民党にいて実際に総理大臣をやってなかったから候補に出てただけでさ、その気になって動いちゃったもんだからすっかり蚊帳の外になっちゃったじゃん。

違うんだよ~おだてられるとすぐ木に登っちゃう人ばっかりなんね・・・政治家って。

冷静になって自分を見つめなおさないと。

そしてプラス時期を見定めなきゃ。

その時をじっと待たなきゃ。

なんとな~く自然に収まるもんよ?

そうそう・・・逆に辞める時期ってのも感じないとね。

旬も去ったなぁってね。

歴史にその名を残しそうな菅総理大臣。

もちろんぶーぶーぶーな方でね。

ついてないっちゃあついてないが、もう見てるのがつらくなるくらいひどい・・もはや滑稽だわ。

早く楽になっちゃえばいいのに。

国民に選ばれた国会議員に選ばれたわけだからね・・・「時は来た!」と思っちゃうのも仕方ないけれどもさ、誰か早く『時は過ぎ去った』と教えてあげないと。

日本はもはや抜き差しならないところまできちゃってんよ。

みんなこの人と一緒に沈んでいく覚悟なの?

早く大好きで仲良しな奥さんのところへお戻り・・・直人君。

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支持される人

勝負は最後までわからない・・・あきらめたら終わり。

なんてこと言いますが、選挙の開票速報って何で1㌫の開票くらいで当選確実なんてことになるんだかなぁ。

いつも不思議に思うわ。

不思議って言えばさ、

何で神奈川県民は神奈川に縁もゆかりもない関西人を知事になんかしたんだかな?

なんで?なんで?なんで?

そんでもってそんなもんが何で軽々と当選しちゃうわけ?

石田純一が応援に来たからか?

アホらし。

「本当に自分は勝てますか?」何度も何度も念押ししての立候補。

勝てるケンカしかしない奴は大嫌いだ。

どうせフジテレビのアナウンサーあたりがなっちゃうんであれば境鶴丸の方が良かったなぁ。

奴は鎌倉出身だし、平塚でちょーー有名であったピンサロ「ジャンジャン」にきちっと並んでたくらい馴染みのある人だもんなぁ。

まあ、神奈川なんかどうでもいいか。

なんせ先だってまで神奈川の知事だった人・・・東京の知事選立候補したと思ったらあの人が立候補したとたん取り下げちまうんだから。

神奈川のレベルの低さがわかるわな。

恥ずかしい人だわ。

その“あの人”

「私を総理にする覚悟がありますか?」と平気でのたまった前宮崎知事を圧倒し4選を決めたとか。

そりゃまあ器が違うべよ。

そうでもないか?

いやいや・・・平身低頭・・・いかにも頭が低そうに見せかけてはいるが実は自分を過大評価しちゃってる人よりも、「俺が俺を過大評価して何が悪いっ?!」と堂々と言ってのけちゃう人の方が今の世の中受け入れられちゃうってことよ。

言い切っちゃう!そこがかっこいい。

ここ最近の日本の総理大臣たちを見なさいよ。

あっちの話こっちの話に耳を傾け、世間さまの顔を見い見い政治をしてる。

とんでもないことも言ったりしちゃうけどもね、それでも世間は彼を許す。

石原のじいさんなら何かやってくれる、物を言ってくれる・・・そんな期待を持たせてくれるから支持をすんだべ。

「僕は嫌われたくないんですよ。みんなとうまくやっていきたいんですよ」

そんなこと言ってるやつがおいらの周りにもいるけどもさ、みんなと仲良くやれる奴はみんなと仲良しになれない奴だ!

以上。

現場から嫌われ者のホッシーがお伝えしました。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村←←←ぜひともワンクリックをお願いしまする<(_ _)>♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神様、おいくらですか?

「ホッシーさん、昨日のブログどうしたんですか~」

会社で会ったおがぴー。

「神様がいるのであれば・・・って」

「傷つけないで・・・って」

「笑顔を奪わないで・・・って」

これらの文章がらしくないと言いたいらしい。

「見てくださいよ~これ・・・チキン、チキン・・チキン肌」

「まったく仕事中こんな漫談みたいな文章読ませないでくださいよ~仕事になりませんわ」

ってな辺りまで言ったわけじゃないですがね・・・いや、言ってんだよ~その顔が!

おいらだってさぁ・・・こんな自分自身ぞぉ~っとしちゃう文章書きたくないよ。

でもさ・・・ランキング2位だよ?

たまにはさタイトルに合った文章を残したいじゃん。

そんなん期待してクリックしてくれた方もいるやもしれないし♪

いやしかし・・・これ以上は無理ぃ~何せ目覚めがわるい。

だいたい信じてもない神様の話なんかするからいけないんよ。

おいらが信じてるのはコンッ!おきつね様だけ(これもたいがいだよ?)

今日もいつものように会社近くの小さなお稲荷さんへ。

お賽銭を投げて・・・『あっ!』

向こう側へ飛んだ・・落ちた。

まあそれでもここの敷地内だからいいべ『今日も平和な一日でありますように』

お祈りを捧げ戻ってくる。

『いや待てよ・・・やっぱり賽銭が外れたってのは気になるなぁ』

再び戻り賽銭箱に丁寧に入れる。

なんでそんなことしたのか?

金次第なのか?

思えば・・過去何度も神社にお金を収めてきた。

お祓いを受ける時も名前等を記入し気持ち(銭)を添える。

それもまあ・・・収めた金額によって持ち帰る品たちも変わる?

何でだ?

神様に金額の多い少ないが関係あんのか?

3千円の人には3千円分、5千円の人には5千円分、1万円の人には1万円分の御利益をお与えになるのか・・・神様は。

なんだかなぁ~それもあんまりじゃねえの?

ならばさ、金持ちの方にどうしても傾倒していくわけ・・・神様。

そういえば“地獄の沙汰も金次第”なんて言葉もあるわな。

やっぱり世の中銭かぁ。

銭・・だなぁ・・・。

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神様がいるのであれば

奥の携帯が不気味な音をたてる。

ほどなく家が揺れはじめる。

徐々に強く、徐々に大きく。

「こないだと同じ?」

夜中というのにリビングに人が集まる。

テレビを点ければその画面の中激しい揺れを映している。

余震と言うにはあまりに厳しい現実。

あの地震から早一ヶ月が過ぎようとしている。

まだまだその傷跡深く、全容が明らかになるまでも時間がかかりそうだ。

それでもね、最近テレビ画面に語りかける避難者のみなさんに笑顔が戻ってきている印象。

無理されてるのかな?

されているにしても震災直後にはありえなかった表情をなされてる。

「避難所で元気に頑張ってますから」家族に、友人知人に、心配かけまいと精いっぱいの笑顔をつくられている。

おいらは神様を信じない。

神様の存在を認めない。

結婚式だって、子供の初宮参りだって、七五三のお参りだって、車の祈祷だって・・・もちろん毎年の初詣だって・・・すべて神前に出向いてながら神様なんていないと思ってる。

矛盾してんじゃん・・突っ込まれるね。

矛盾してんだよ・・なんでだろ?

勝手なんだな・・・おいらは。

勝手ついでに神様に言いたい・・・そう、もし神様がいるのであれば。

どうか彼らをこれ以上傷つけないで。

どうか彼らにこれ以上恐怖を与えないで。

歯を食いしばってたちあがろうとしている人から笑顔を奪わないで!

ははは・・・なんてね。

神様なんかいるわけないじゃん。

いるのであればこれほどひどい仕打ちを与えるわけがない。

自然の前の脅威には人間のチカラなぞあまりにちっぽけすぎて、憎まれ口も出てこない。

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイン本

Dsc03259 なぜかまったく同じ本が二冊。

写真を見ると何だか上下巻みたいだけどそうじゃない。

表紙こそ違うけれども中身はまったく同じもの。

なにゆえ二冊買ったの?

それはね・・・左の本に貼ってあるシール「サイン本」

ランチの予約までちょっくら時間あるから本屋さんにでも入って時間をつぶしましょうか。

すると入ってすぐのところに作者角田光代さんの文庫本『八日目の蝉』。

映画化されるようでいかにも売れてそう。

そこへ「私これ読んだよ」と友人の言葉。

面白い?の質問にも面白かったと。

だったらおいらも読んでみよ・・・取り上げた本に「サイン本」とあった。

そのままレジに持っていき「こちらで書かれたんですか?」聞いてみると「本社の方で書いていただいたようです」と。

それでも最後の一冊・・・どうせならサインの入ってる方がいいじゃん。

読むつもりで買ったがおいらはブックカバーをもっているので「カバーはいりません」と。

さすればレジのお姉さんが「ビニールだけ取っておきますね」

するとその隣にいられたお姉さんが「サイン本はビニール取ってはダメ」と注意する。

そんなとこ見せてもらっちゃったりすれば、何となくおいらも取りづらい。

家に帰って本屋でバイトしてる息子と娘に見せる。

「ちょー貴重じゃん」言葉をいただき更にビニールを取りづらい状況に。

わかったよ・・・んじゃもう一冊買ってくればいいんでしょ・・・と、二冊並んだわけ。

たいがいなアホですか??

Dsc03260 娘が図書館で借りてきて何度も読んでいた本も文庫になっていたので買ってきた。

文学少女の娘が絶賛しておりました。

頑張って今年中には読まなくっちゃな(笑

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふん・・・ちゃんちゃらおかしい

ぜったい認められない角界の話し。

無期限中止は3月場所をひと場所お休みし、5月場所は技量審査の場所として国技館を使い無料ながらも観客を入れて行うとのこと。

NHKの中継は未定?

バカバカしい!

中継なんかするわけねえじゃねえかっ!

タイトルの「ちゃんちゃらおかしい」は朝の番組で小倉さんが言ったセリフ。

「ふん」は言ってなかったけれど、そう聞こえるくらい感情をむき出しにしていたよ。

「お客さんから入場料を取ってそのお金を義援金に回せばいいじゃないか」

あ・・そうゆう意味か。

おいらも『ちゃんちゃらおかしい』思うが小倉さんとは意味合いが違う。

そんなもん客いれてやるな!

てめえらで勝手にやれ!

現役力士が多数抜けたので番付の編成が必要なんです・・・だって。

そんなの知るか。

テレビの話題にならないよう静かにこっそりとやれよ。

少しさ、自粛ってのをしなさいよ。

相撲協会の魂胆が見え見え。

とりあえず5月場所を無料開放して7月の夏場所から本格的に本場所を・・・なし崩し的に・・・だろ。

いやらしい。

恥知らずの思いつきそうな悪巧みだ。

大嫌い・・・もう大嫌い!

八百長に関与したとされる人間に引退勧告。

「僕はやってません」告訴するといきがってた連中も翌日には降参。

「やってないけど・・・」

けどなんだ?

やってないなら徹底的に闘わんかい!

「認めないと親方にあらたな処分がおり迷惑を掛けるから」

なんだそれ。

親方に聞いてみろ!

『本当にやってないと言うなら、命を張ってもおまえらを守ってやる』

親方ってのは親だろ?

親ならば自分の保身のことなんか考えるか・・・全力で子供を守ってくれるさ。

なにやってんだ・・・相撲協会。

ただひとり退職勧告を拒否した谷川親方。

この人がやったかやってなかったのか・・・わからんし、その人となりもわからんがやってないと言い張るのであれば!

それが当たり前だろ。

9e4dd92cba884c2f8daeab72459fb9c1_n 「ホッシーよ・・・それが世の中ってもんだ・・・理不尽がまかり通るのが社会ってもんだ」

ってか?

そうか・・・そりゃ悔しいな(わからなくもないって自分も情けない 涙)

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大将

運動会の種目の中で“騎馬戦”が好きだった。

ってか・・・騎馬戦だけがおいらの中で運動会であったな(笑

小学校低学年でまだ騎馬戦に参加できなかった頃、お兄さんたちの帽子取りに幼き心を鷲づかみされた。

孤軍奮闘する大将の騎馬がかっこよくて憧れた。

騎馬戦に参加するなら大将にならなければ。

6年生の時の運動会。

大将になれるのはこの年だけ・・・残念・・・おいらは大将騎馬ではあったが馬の方だった。

大将には当時いちばんケンカが強いだろうと言われてた“やっちゃん”が選ばれた。

それでもおいら騎馬の真ん中で、狙ってくる相手兵達と正面から戦わせようとした。

“やっちゃん”であれば負けるはずがない。

そう・・・下級生の時に見上げてたあのかっこよかった大将のように。

ところがこのやっちゃん・・・上から「逃げろ!逃げろ!」の指示のみ。

帽子を抑えて逃げまくり。

結局、帽子を取られることはなかったが・・・おいらの描いた迎え撃つ大将の姿はそこにはなかった。

「なんだこいつ。本当につえーのか?そういえば威張ってはいるけどケンカしたとこ見たことねえぞ」心の中でそんな風に思ったもんだ。

さて・・・今日の話題はぜんぜん違う(笑

いまいちばん注目されている東京電力。

その東電の大将は?

体調を崩され入院なさっているとか。

笑えるんですけど。

有事の時に役に立たないで何が会社のトップか。

こんな時に社員を守れないでどうする。

おまえは“やっちゃん”か。

どちらに入院なされてるの?

まさか・・・放射能の心配も、停電の心配も、食糧の心配もない地域にいらっしゃるんじゃないでしょうね?

そしてまさかのまさか・・・一日数万円の割り増し料金がかかるような個室にいらっしゃるんじゃないでしょうね?

床に段ボール敷いて寝てんだろ?

そうだよな?

原発から避難してる皆さんを考える時、それはありえねえぞ・・・坊ちゃん。

東電の社長の話を聞いて、なぜか小学校のしょっぱい思い出がよみがえった・・・まる

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謝謝

ブログ「優しい時間」を始めて6年目。

思えばずいぶん長くと続いたものだ。

言いたいこと言ってストレス発散できてるってのもあるけど、何より「いつも読んでるよ」と言ってくださる皆様のおかげ。

じゃなきゃ続かないっしょ・・こんなの。

んでね・・・このブログの実力は?

知りたくなるでしょ・・・人間の性として。

だもんでブログランキングに登録してみました(今さらかい)

最初は50位辺りをウロウロしておりましたが、ここにきてTOP10をも狙える位置に。

(カテゴリー 40代オヤジ 参照)

本当うれしいです。

皆さんがおいらの為にしなくてもいいワンクリックをしてくれている。

それがうれしいです。

となれば、ぜひともベスト10に入ってみたい・・・人間の欲望はとどまるところを知らない。

ぜひひとつ・・・日々のクリックを・・・一日一度のクリックを。

お願いいたします。

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

お礼と言ってはなんですが。

美味しい情報を。

Dsc03217 メイトーのなめらかプリンです。

コンビニやスーパーで売ってます。

ひとつ105円です。

「レシューの西鎌プリンより美味しいよ」おいらが言えば、

奥は「まったく正しくない」言いますが、おいらはめっちゃハマッております。

100円ですから・・・騙されたと思って食べてみてちょ。

そういえば・・・日々是完食の第一回もプリンであったなぁ・・・思い出しながら本日はお礼と共におわり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

驚いた!

各地、各業界で義援金が集まる。

すっごい勢い。

心から感動する。

胸をうたれる。

「この人たちジャニーズ見たさだよね」娘は言ってたけど、それでいいの。

尊い気持ち。

それぞれの世界のお金持ちの義援金の額にも驚く。

会社ってより個人で贈る。

ユニクロの社長さんが?

楽天の社長さんが?

個人の懐から10億円?

どんなサイフ持ってんだ?

そして昨日度肝を抜かれたのがソフトバンク社長の孫さん。

どうにもね・・・うちの会社のりゅーせいさんを思い出すんだよなぁ・・・あの人の顔。

ソフトバンクやヤフージャパンとは別に個人で100億円だってよ。

ほんと・・・この人、日本買えちゃうんじゃないの?

そんでもってゴルフ界からは石川遼君。

今年の賞金を全額寄付します・・・と。

う~ん・・このハングリー精神のなさは何だ・・・思うけどさ。

およそ2億円とも言われる彼の年収を「いらない」と言う。

どんだけ持ってんだ?

「目標ができたのでもう大丈夫」言ってたな。

目的を失ってたのか?

と、ケチつけることはせず(しちゃってるが)ありがたいとこの19才の青年に頭をさげましょ。

まあまあ・・・お金を持ってる方はそれなりにお願いしますですよ。

すればした分だけ表にも出るし、その評価もあがりますでしょうから。

逆に一般のみなさん。

誰が誉めてくれるわけでもないのに自らの財布から募金をする。

額の問題じゃない・・・気持ちが尊い。

昨日そんなニュースを見ながら息子に「おまえ、募金したのか?」聞いたら『したよ』(そっけないけど)

「お!いくらしたんだ??」(聞くおいらもやらしいねぇ)に、『1万円』

ちょいと耳を疑いまして・・・「え?いくら??」

『だから、1万円』

お・ま・え・は・・・・。

少ない小遣いからそんな大金を。

「そうか。がんばったな。」言ったけどさ。

1万円ありゃ買いたいものもあるだろうに。

なんかちょっとさ、『おいらの息子がさ・・・』誰かに言いたくなった。

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おいおい、おっさん

大沢親分が亡くなり寂しくなってしまった「かぁつぅー!」って番組。

ひとり残された張本氏(中西さんも隣にいたが)の発言はひどいもの。

まあ、みんながまともに受けてるわけじゃないんだからいいんだってな方もおりますが・・・侮辱ですよ・・・あれは。

テレビを通じてあの発言はない。

一生懸命やってる人間に・・・おいらレベルの素人が能書きほざいてる程度はいいけどさ(自分で言ってる)仮にも専門家でしょうが。

後輩達の頑張りをどうして認めてあげないかな。

ONを中心としたあの人が活躍してた時代・・・それが彼の中で最高のものであったんだろうけどさ、それ以外は認めようとしないってのは大人じゃねえな。

まずケチをつけたのがキングカズのゴール。

あれをできすぎ・・・だと。

演出だと。

隣で中西氏が「そんなことはありえない」言ってたけどさ、張本氏が言ってたのはネットで感想を言ってる人と同レベル。

それを公の場で口にしてはいけない。

あれはカズがどうしても被災者に贈りたかった魂のゴール。

それでいいじゃないか。

さらにひどかったのがメジャーリーグの話題。

開幕を見事闘った被災者でもある元ベイスターズの斉藤隆らの活躍。

気持ちが結果として出た見事な投球であったと思うよ。

それをさ・・・「こんな時なのにやるんですか?」ってさ・・・メジャーを扱ったTBSにチクリ。

その後も今年の選手たちはどうですかねという司会者の質問に「イチローはね目標があるからやるでしょうがね、それ以外の選手は並みの成績に終わるでしょ」

それが先輩が後輩に贈る言葉かよ。

遠く離れた故郷日本に想いを馳せ、アメリカの地でも募金活動をし、そのプレーで暗く沈んだ愛する日本を勇気づけようとする彼らによくそんなことが言える。

どうかしてんじゃねえの、おっさん!

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幻のチョコケーキ

日本テレビ羽鳥アナが最後の「ズームインポーズ」を決めた22年度最後の日、赤坂の象徴であった赤坂プリンスホテルの幕が閉じられた。

最後はグランドプリンス赤坂なる聞きなれない名であったが、おいらが憧れた頃の通称は“赤プリ”

今後はしばらくのあいだ被災者のお役に立てるとか・・・いいことだね。

なかなかかっこいい裁断だ。

東京の夜景でも見ながら心穏やかに過ごしていただきたいと思う。

最後の最後にご奉公ができ、より記憶にとどまるホテルとなったな。

その赤プリには・・・。

思い出がある。

もちろんバブリーなこのホテルに泊まったことがあるわけじゃないが、一度だけ行った。

名前にすら憧れた『トップオブアカサカ』

最上階だったかな・・・ここでデートしてみたい・・・想いを募らせた高級ラウンジであった。

酒を呑めないおいらであるから夜はなかなか・・・ただ一度ランチタイムあとのティータイムにうかがった。

田舎のおいらが東京に通うようになった3年めくらいだったか高校時代の友達を誘って東京デート。

全日空ホテルの和食やさんで天ぷら定食を食べ、食後のお茶にこのラウンジを利用しようとしたわけだな。

場所も地図で見ただけ・・・歩いてもすぐだから・・・歩かせた記憶がある。

(地下鉄に乗ろうにもその知識がまったくなかったんで、歩くのがいちばん確実だったんだろうな)

建物は見えてるのに歩いても歩いても着かない・・・何だかいたたまれない長い時間だったような。

背伸びして知ったかぶった自分が悪いんだけど(笑

そんなおいらにもトップオブアカサカのホテルマンの皆さんは優しかった。

ふっかふかのソファに座り東京の街を見下ろして・・・分不相応ではあったがとても充実した時間だった。

その時いただいたチョコケーキ。

これがおいらの中で幻のケーキとなって未だいちばん記憶に残るものとなっている。

ザッハトルテのようなものだったような・・・とろっとろのチョコレートソースが乗ってたような・・・ぶっちゃけね、あんまり記憶にない(姿かたちはね)

ただ『東京の人はこんなうまいもんを食ってんのか』20才そこそこのおいらには衝撃を受けるくらい美味しかった。

その後おっさんになってからも、プリンス系ホテルに行くたびケーキショップをめぐるんだが、再びあのケーキに出会うことはなかった。

思うんだけどね・・・

あれと同じような美味しいケーキがないわけじゃないんだな。

きっと『感動』なんだろうと思うよ。

20才そこそこのホッシーに与えた感動。

世の中にこんな美味しいものがあるんだと教えた衝撃。

それが今ないんだよな・・・だからどんなに有名なケーキ屋さんに行ってもあの時の感動が沸かない。

それゆえの幻の一品となってるんだろう。

そうゆう意味でおいらにいちばん美味しいケーキを食べさせてくれたホテルがこの赤プリ。

Akapuri おつかれさま・・・ありがとう。

言っとくか。

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »