« 時間配分 | トップページ | ベイスターズの財産 »

実るほど 頭も上がる 稲穂かな

「知恵を出せって言われてもなぁ・・・」避難所でおじいちゃんが悩んじゃってて。

いいんだよ・・おじいちゃん。

知恵を出すことを仕事としてる人がいるから大丈夫。

宮城県にも岩手県にも福島県にも知恵を出す時間をいっぱい持ってる頭のいい人がたくさんいるからさ。

何も、家も家財も家族すらも失っちゃってて絶望のどん底からまだ這い上がれない人にまでそんな厳しいこと言わないって・・・さすがのあの大臣だって。

さてさて・・チームドラゴンを指揮するあの復興相の悪口を書こうかと思ってたらもう辞めちゃったのね。

日本ってさ潔く辞められちゃうとあんまり悪口言わないんだよねぇ。

むしろ、あの人だったら何かやってくれそうだった・・・ぐらいのこと言い出したりする人もいるわけよ。

どうなのよ?

実際あの松本龍って人。

実は復興担当大臣にどんぴしゃだったんじゃねえの?

靴をつぶしてまであっちこち歩き回ってたらしいじゃんよ。

『知恵を出したところは助けるけど出さない奴は助けない』

この発言さ。

当たり前のことだよね?

何もかも人任せじゃダメに決まってんじゃん。

みんなで考えて復興に向けて頑張ろうって意味でしょ?

言い方が横柄ってだけ。

まあ、おいらが直接この意見をまともに受けたらむかつきはするけれどさ。

『意見集約を県でちゃんとやれよ。しっかりやれよ。やらんかったらこっちは何もしないぞ』

これもさ、しないぞって言うからダメなんで『何もできないぞ』って意味でしょ?

これも当たり前のことだと思うけど・・・意見が分かれててどうすればいいかわからないって状況じゃ身動きとれんわな。

『お客さんが来るときは自分が入ってから呼べ』

まあまあ・・・これも当たり前だわな。

「自分を客と思ってるようだが客じゃないですよ」ワイドショーでこぞって言ってたけど、どう考えたってそうゆう意味じゃないでしょ。

自分はお客様だぞ?って意味じゃないよ・・・あの大臣の言ってることは。

自分のところに人を招くわけだから待たせるようなことをしちゃいかんってことでしょ?

大臣だって自分の大臣室に誰かを呼ぶときは立って迎えるって言ってたじゃん。

知事も忙しいだろうけどさ、誰を呼ぶにしたって自分が入室してから呼べばよかったんじゃん?

村井って知事の「定時に入ってますから」は子供のセリフだわ。

松本大臣の失言は最後の最後。

『最後のはオフレコ。書いたらその社は終わりだから』

これはまさに恫喝。

まあ、カメラも入っちゃってる部屋での発言でほとんど冗談なんだろうけどね。

こんな言い方しかできないんでしょ。

知事を叱っちゃって・・でも言ってから言い過ぎたと思った。

だからこのことは公にしないでくれよ・・・知事が怒られてる姿が皆に知れちゃったらこの知事もかわいそうだ・・・ってな意味でしょ。

この大臣ってヤ○ザ?

言ってる人もいるけどさ・・・ヤ○ザじゃないよね。

それに近い行動をされてる団体の責任者で・・・今までも常にそうゆう言い方が許されてきた人なんですよ。

それが出ちゃった。

それでも今いる大臣たちの中でもダントツにやる気のあった方だと思うわ。

いつだったか「法務大臣ってのはふたつの言葉を言ってればいいの」ってな失言をしクビになった男がいたけど、ぜんぜん次元が違う。

おいら的にはちょっと残念だわ。

実るほど 頭を垂れる 稲穂かな。

だったらなぁ・・・。

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

|

« 時間配分 | トップページ | ベイスターズの財産 »

●ニュースなこと」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
あの元大臣の発言は至極真っ当なことです。
岩手県知事は震災後復興に対するビジョンが不明瞭でイメージ先行の復興案しか出ていません。
宮城県知事の特区構想などと比べて幼稚なものばかり…
賛否両論ありますが具体的で画期的な復興ビジョンを持った村井知事には敵わないです。
だからこそ松本大臣も岩手に対してはアイデアの創出、宮城に対しては意見の集約を求めたのではないでしょうか。
そう考えると岩手県知事は政策を考えて実行して給料をもらってる人間としていかがなものかとおもいます。
『知恵を出せ』というのは何となく元通りになれば良いと考えている岩手県知事に対するあの人なりの喝だったのではないでしょうか。
何も無くなってしまった岩手沿岸(全ての地域ではないですが)の街作りや地域再生をどうしたいのか。
はっきりとした言葉で聞きたいのは我々県民も同じです。
確かに平泉の世界遺産登録も大事です。でも、海外に行って結果を待つのは副知事でもいいですよね。
知事は岩手で被災者のために全力を尽くすことが求められてるんですから。
国会議員が被災地を向いてくれない今、私たちが頼れる政治家は知事なのです。
松本大臣は被災地の事を真剣に考えてくれた数少ない国会議員でした。
『震災後の与野党とも嫌いです』という言葉は、私たち被災者の立場に立って考えてくれたからこそ出る言葉だと思います。
この人は信用に足る人だと感じていたので残念でなりません。
達曽知事には元大臣に対する批判のコメントよりも、一日も早い復興ビジョンの提示に全力を挙げてもらいたいです。
はじめてのコメントなのにこんな長文になって申し訳ありませんでした。
マスコミや政治家が元大臣の発言が被災者に向けられたかのような言い方をしていますが、それに県民が踊らされている訳では無いことを知って頂きたいのです。
私たちはマスコミの世論操作の道具でもなければ、政治家の権力闘争の道具でもありません。
そのことを皆さんに知って頂きたいです。
長々と駄文を申し訳ありませんでした。
これからもブログを楽しみにしています。

投稿: 岩手人 | 2011年7月 5日 (火) 18:42

岩手人さん

すごい!
読んでて涙が出そうになりました。
翌日になって態度を一変させた宮城県の知事の発言もひどかったけど、ボールを受け取りそこなった時の岩手の知事のおべっかぶりも鳥肌たちました。
見ぬいてるんですよ・・あの松本って人はきっと。
松本発言の後、インタビューを受けたお母さんが「言い方は悪いけどあの人ならやってくれんじゃないの」と言っていたのが印象的でおいらこんなブログを書きました。
もし松本大臣が仕事をしていたら・・それは誰にもわからないけれども、やらせる価値もあったんじゃないかなぁとおいらは思ってます。

岩手県は先日うかがいました。
内陸の方たちはみな元気で安心しました。
本当は3年前に行った宮古や北山崎の方も気になって行きたかったんですが今回は遠慮しました。
頑張ってほしいです。
本当に負けないでほしいです。

投稿: ホッシー | 2011年7月 7日 (木) 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/52127325

この記事へのトラックバック一覧です: 実るほど 頭も上がる 稲穂かな:

« 時間配分 | トップページ | ベイスターズの財産 »