« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

新喜劇?いや、野球大会です

それも国際大会。

AAAアジア野球選手権大会。

甲子園も興味深いが、その甲子園で活躍したスター選手たちが一堂に介すこの大会も興味深い。

しかも今回は横浜でやると言うのだから観に行かない手はない。

勇んで行ったのにまさに拍子抜け。

あのね・・・

「一生懸命やってる人たちを見て笑うなんて失礼ですよ」

おっしゃる方もおりましょうがね、おいらに言わせれば

『こんな野球を1000円取って見せる方が失礼ですよ」言いたい。

キャッチボール練習(ってかさ、試合前にキャッチボール練習をそんなに真剣にやるなよ)を見た瞬間に騙されたと思った…国際大会という名に。

だってね・・・

Dsc07683_2 日本の投手陣。

東洋大姫路高校の原君。

すっごいキレ。

この胸のハリ、腕のしなり・・・素晴らしいでしょ?

これが国を代表するピッチャーってもんですよ。

対するパキスタンの投手は・・・

Dsc07648 なにこのフォーム?

小学生だってマウンドに上がろうってな子なら、こんな投げ方はしない。

仮にも横浜スタジアムのマウンドですよ?

当然日本の攻撃のが圧倒的に長いんで、延々2時間半…こんなピッチング見せられたわけ。

Dsc07576 日大三高のスラッガー畔上君。

この子も見たかったひとり。

この甲子園の主役とも言える彼にだよ?

この山なりのボール。

しかもさ、遅すぎるからボールが止まってるように写っちゃってる。

Dsc07625 パキスタンの主力選手13才のアサドゥラ君。

この時はショートを守ってたんだけどね、突然マウンドに向かってきて「僕が投げる」って。

監督もしょうがないから交代を告げる。

3人くらいに投げたかな…アウトは取れなかったけど。

彼は在日の子で埼玉のシニアリーグで野球をしてるらしい…いちばん上手だったかな…ゴロ取るのは。

Dsc07752 試合の方は左のように34対0で日本のコールド勝ち。

初回見た限りではね…これは100点じゃおさまらないぞ…思ったんだけどさ。

ちゃんと終わるわけ。

なぜならね。

日本チームがわざとアウトになってるから!

最後は全員ピッチャー前へのバント。

これで3~4回にひとつはアウトが取れる。

二死満塁でピッチャー前にバントした時にはさ、取ったピッチャーが目の前にランナーが走ってきてるもんでビックリしちゃって動きが止まっちゃってさ、

それには走ってた方もビックリしちゃって…ホームまで駆け抜けたらまた攻撃が続いちゃうから途中で走るのをやめちゃった。

そのランナーにタッチして無事スリーアウトチェンジってな具合。

いちばん笑えたプレーがこれ。

新聞では日本は3本のホームランが出たとあったが2本はランニングホームラン。

そのうちのひとつが・・・

Dsc07609 ファーストフライを打ち上げた。

それをファーストが落とす。

カバーに入ったセカンドもグランドに落ちたボールを捕りそこなう…打ったランナーは仕方なく二塁に向かう。

それをよせばいいのに最後にボールを捕ったショートが誰もいない二塁に送球する。

これを見てバッターランナーは仕方なく三塁へ。

Dsc07616 センターへ転がったボール。

これをセンターが捕ろうとして転倒。

バッターランナーは仕方なくホームへ。

これがランニングホームラン。

ね、草野球でもなかなか見ないでしょ?

Dsc07738 このガッツポーズはアサドゥラ君がショートゴロをさばき一死を取ったところ。

スタジアム…大歓声があがりました。

このパキスタンチーム…これもコールド負けしてる香港と試合をし23対1で負けたとか。

それでも1点取ったのね。

どうゆう経過か、すっごい気になるわ。

最初はこんなもんに1000円取りやがってと怒ってたおいらも、これだけ笑わせてもらって1000円じゃ申し訳ないと思うほどになりました。

いやぁ~いい興行を観た(笑

 

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (1) | トラックバック (1)

横浜ぶらり

ひさしぶりの横浜へ。

暑いなぁ。

あやうく熱中症になるところだった。

それもそのはず…炎天下での野球観戦…それが今日のメイン。

まずは腹ごしらえ。

石川町から元町を抜け中華街へ…も、“キタムラ”のショーケースにつかまる。

『これ、おいらが欲しかったバッグのイメージにピッタリだ』誘われるように店内へ。

手に取って見せてもらう…やっぱりかっこいいな。

でも『あれ?これキタムラの“K”マークがないね』

Q 「こちらです」

おぉータグが別にあるわけだ…って、何だこのKマークは。

「実はあの方のデザインでして」見れば高田純二さんの顔写真。

キタムラと高田氏がコラボして新しいメンズキタムラを作りあげたらしい。

『おしゃれじゃん!』

おいら高田純二さん好き。

テキトーそうに見せて実はすっごく優しくて気配り上手。

キタムラの方も、今でこそ土屋鞄だの吉田だのって浮気してるけど、以前はキタムラファンだったのだよ。

『これ欲しいです!』

でも…ランチの時間が迫ってる…ご飯食べてからまた来ます。

Dsc07455 お昼は飲茶の食べ放題飲み放題。

ここ安い。

そしてなかなかいける。

期待してた以上の内容に大満足。

スタジアムに行く前に台湾風かき氷…これもめっちゃ美味い(詳しくは日々是で)

横浜スタジアムではAAAアジア野球選手権開催中。

あの、甲子園を沸かせた彼らが集まって日本代表のユニフォームを着る。

観たかった。

Dsc07498 おーーいきなり渡辺監督が!

ベンチに入ろうとする監督に『渡辺さーん』声を掛けると歩みを止めこちらを振り返る。

『ありがとうございます』言えば手を振って応えてくれた…さすがの貫禄。

テンションあがるわぁ~~もテンションさがるわぁ~~それはね、

Dsc07503 この彼らのキャッチボール風景を見たから。

相手国のパキスタン。

ぶっちゃけ…おいらより下手だろ。

相手の正面にボールを投げれない…グローブの使い方が逆だったり…。

これは聞きしに勝る(前日台湾に0対33で負けている)ひどさだな。

Dsc07531 試合前ひとりひとり紹介されながら整列する。

そして…国家斉唱。

自国の国家が流れても帽子をとることもしない。

う~ん…そうなのか。

Dsc07761 夏の優勝投手日大三高の吉永君と福島聖光学院の歳内君。

このふたりが観たかったんだよ。

でも前日の香港戦で投げちゃってるから本日はお休み。

大笑いした試合内容はまた明日の報告で。

Dsc07631 なんせ彼ね。

パキスタンの3番手投手。

13才。

一応規定では18才以下だから問題ないんだろうけど…野球は一生懸命やってんだろうけどさ、大会をなめてますな。

もう帰ろうってことで横浜駅へ。

Dsc07795 そごうの中のキタムラ…あるかなあれって。

あった!

これも縁でしょ…『これください』

本当はもう一度中華街に戻って夕飯と思ったんだけど熱中症の影響か食欲が出ない。

バッグも買っちゃったし再び元町に行く理由もなくなったってことでここで解散。

それにしても「ホッシーさんの衝動買いにも驚くわ」と言っていた羽田野さんですがタカシマヤで何のためらいもなく1万7千円のベルトに「これください」

ベルトに諭吉を2枚出しますか…そっちの方が驚きですわ。

よく食べてよく笑って…今日もまた楽しいオフタイムでした…ありがと。

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪意(敵意)のあるコメントについて

毎日ブログを書くのはたいへん。

読むだけなら簡単よ。

そしてそれを批判するだけなら猿でもできる。

・・・猿じゃできねえか。

猿よりちょっとマシくらいならできる。

人が提供した話題に乗っかるなんて誰だってできるってことだ。

おいらが毎日読ませてもらってるブログは現在2つ。

よく勉強されてる。

時間があればいろんな文献を読まれ、電車に乗ってる時でさえぼ~っとしてることもなくアンテナを張り巡らせているんだろうなと思われる。

「今日駅前でタバコのサンプルをもらった。ラッキー」ぐらいの事でいいなら(自分的によ)一年間365日欠かさず書いてやんよ。

コメント欄でそのブログを批判する人さ。

どうしてそうされたいのか。

気にいらないんだったら読まなきゃいいじゃん…ってな選択肢はあんたにはねえの?

「あなたの考えは間違ってる。こう考えた方がいい。こう思った方がいい。」

余計なお世話だ。

自慢じゃねえけどな、人にちょっと言われたくらいで自分の考えを曲げるようなタイプの人間じゃねえんだよ。

批判するのは勝手だけど、自分のブログでやってくれよ…名指しで批判してくれてもいいからさ。

わざわざここへ言いにくるな。

ってことでね…コメントするのを非常に面倒な具合としました。

名前とメアドとキーを打ちこまなければコメントできません。

友人のあやが「ブログなんかやめちゃえばいいじゃん。せめてコメント欄をはずしちゃえばいいじゃん」言ってくれますがね。

「ありがとう」とかさ「頑張ってるね」とコメントしてくれる人もいるわけ。

おいら「頑張ってね」ってコメントは嫌いだけど『頑張ってるね』ってコメントは大好物なんで。

娘じゃないけど「褒められて伸びるタイプ」ですから…おいらも。

だから非常に勝手ながら悪意(敵意)のあるコメントはこれから載せないことにしました。

例えて言うならば神社のおみくじ。

「凶」が出れば『こんなもん所詮はおみくじだ』と気にしないようにするし「吉」が出れば『今年はいいことありそうだ』と考えるようなもの。

自分に心地よいものしか受け入れないってわけ。

わがままですが、そうゆうことでご承知ください。

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恒例…夏のイベント

今年は大震災の影響か…例年より少し遅れているのか?

日本の顔を決める政権与党の代表選。

もう5年連続だっけ?

そろそろ国民もあきてきたべ。

ま、来年もあることだしな。

さて今回のレース。

現在先頭を走るはナントカ評論家の海江田万里。

国会答弁でいたたまれなくなって、わんわん泣き出した奴。

泣くか?

国務大臣が人前で…あの時手のひらで顔を覆いながら「おかーちゃん」と言ってたよな。

これを言われると海江田支持の議員が「あれは泣いたんじゃないんです。号泣したんです」

・・・・・意味わからん。

「そのくらい海江田さんは優しいんです」

・・・・・本当か?

あの福島第一原発が爆発したとき。

東京消防庁のハイパーレスキュー隊に水かけの命令が出たとき。

命令に従えないのであれば処分すると恫喝したのは誰だったっけ?

海江田じゃねえの?

あの時さ「私の発言によって不快な思いをした方がおるなら陳謝する」と言ってたべよ。

しかも…事態が落ち着けば責任を取るとまで言ったじゃねえか。

それが何で総理大臣レースに参加してんだよ。

二枚舌男め。

大っ嫌いだ。

「じゃあ誰を総理に?」

おいら以前にもブログにしたが実は前原ファン。

同年代でもあるし、あの頑固さにも好感が持てる。

候補者連中が「マニフェストを見直さないと」と国民に媚を売ってるなか、「民主党だったからこそできたことだってある。それは胸を張って国民に言ったっていい」と言える度胸。

後援会に入ろうかなと思ったくらいだ。

しかし。

前原を今総理にするにのもったいなという想いもあるんだなぁ。

もう少し力を存分に発揮できる時期に・・・これはファンの想い。

まあ、前原じゃなければ民主党は生き返らないだろ。

選挙ともなればこの人でなければ民主党は大惨敗する。

あ、これはおいらの勝手な希望的観測ですわ。

現実は。

小沢さんでしょ?

代表選に参加するとなればこぞって党員資格停止中の小沢さん詣で。

みんながさ、小沢さんにお願いしにいくのであれば小沢さんが総理大臣でいいんじゃねえの?

おいら単純にそう思うわ。

やってることが複雑で一般の国民にはわからん。

ここは勘。

野田から海江田を2千円。

海江田から野田に千円。

おさえで海江田から前原を少々買っとくか。

前原が頭できちゃったら・・・その時はあきらめ(笑

追記 上記のようなトトカルチョは現存しておりませんのであしからず。

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外へ

ひとり旅の計画が殊の外楽しい。

へたすりゃご飯食べるのも忘れてしまうほど。

お休みの日には寝てる以外の時間すべてパソコンの前に座っております。

誰かと行く・・となれば、いろいろ妥協しなければならない部分もあり『これでいいか』で済ますところを自由であるなら『もっと上、もっと上』欲望は天井知らず。

おかげで思いがけない拾い物をしとります。

旅が深まる。

しか~し。

せっかくの休み…これでいいのか?

一日(いちんち)家の中に閉じこもって…これでいいんだろうか?

ちょっとはお日さまの光でも浴びんべかとバイクにまたがりR134に向かった。

『そうだよ!そういえばチーズケーキの取材を頼まれてたんだっけ…おっと、その前にランチ』

若者でいっぱいの海の前カフェ。

『ひとりです』堂々と。

パスタなんぞをいただきましてさらに東へ。

Dsc07315 『夏の江の島か』

そういや久しく来てないなぁ。

134の渋滞がイヤで夏は避けてた。

バイクって自由でいいなぁ。

Dsc07304 どれよ…最近の海水浴場ってのはどうなってんのよ?

←にぎわう江の浦海岸海水浴場。

海の家もカラフルでオシャレになっちゃってさ、客とり合戦もすごいわ。

さて、さらに東へ。

Dsc07326 ここは鎌倉。

鎌倉五山第一位に君臨する建長寺。

京都・奈良にひとり旅予定のおいらとしてはその予行演習。

それとね・・・。

Dsc07437 実はこれ。

御朱印です。

今度から参拝のおしるしに、この御朱印をいただいて帰ることにしました。

記念すべき一番手は…京都南禅寺!

思って先日わざわざ京都まで持ってったんですがね、時間切れ。

無駄骨に終わったわけ。

ならば鎌倉の寺社仏閣を代表するこちらに一ページ目を飾っていただこうと思ったわけ。

これがまあ、かっこいいわぁ。

Dsc07340 続いて五山第二位の円覚寺。

そういえばここ、北鎌倉の真裏と言う絶好の位置にありながら寄ったことないんだよなぁ。

三門もなかなか味があるじゃん。

おいら実は三門(山門)マニアでもある。

先日見た南禅寺の三門なぞは身体が震えましたですよ…圧倒されて。

外国人ゲストと共に境内を散策。

そして国宝の大鐘へ向かう階段を上りながら思った。

『あれ?声が、遅れて聴こえてくるぞ…』

じゃなかった。

『あれ?何だかこの果てしない階段…いつだったか上ったような気がする』

よみがえる夏の記憶。

Dsc07378 そしてこの見晴らし茶屋を見た瞬間…すべてを思い出した。

そうだ、鎌倉行こうでここには来てるわ。

何ともいい加減な記憶。

しかしまあ、若き頃の鎌倉や京都への旅ってのは主旨がまた違うものだからなぁ。

このあと第三位の寿福寺、そして鎌倉の寺社の中でも好きな杉本観音と光明寺に向かい御朱印をいただく。

今日はこのへんで勘弁してやんか。

光明寺を最後に帰ろうと思ったところ目の前に広がる材木座海岸。

ここの海水浴場は?

Dsc07414 撮った写真がこれ。

ウインドサーフィンの群れの手前で仲良しのカップル。

おいらだってこんな時代が…あったか?

そしてこの日のベストショットが・・・

Dsc07422 海に向かうパパと娘さん二人。

可愛いでしょ?

これ、平塚の文化祭に出品しようかな。

ただね、洋服を着たおっさんがひとり大きなカメラを持って海岸をウロウロしてると怪しまれるから気をつけてね(笑

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高校の部活のあり方

高校生が帰省で宴会かよ。

まるで単身赴任してるサラリーマンの長期休暇のようだ。

高校生が酒宴。

だけならいい(良くはない)

しかし…これだけ世で騒がれてる飲酒運転までしたとなれば言語道断。

まったく情状酌量の余地はない。

停学…じゃないだろ…退学だろ。

先日終わったばかりの夏の甲子園大会。

おいらも初参加…思い出に残る大会だ。

決勝戦は東北地方悲願の優勝旗奪取がかかる光星学院。

ちょっと福島の聖光学院とダブり気味で紛らわしいが決勝戦まで進んだのは立派。

だってさ…昔は東北地方の高校は冬から春先にかけて雪でグランド練習ができなくてね、いつも一回戦負け。

甲子園の勝率見てもかなり低いはずだよ。

それが紫紺の優勝旗を賭けて戦うとなりゃ東北地方の人間じゃなくても応援したくなる。

マウンドに立つ秋田君(これもなかなか紛らわしい)

キャッチャーが宮城君…ファースト山形君…セカンド福島君…なんてんじゃなくて良かったわなぁ。

そんなことよりこの秋田投手。

なかなかのピッチング。

コントロールも球のキレも素晴らしい。

そして何より東北人っぽい純朴そうな表情…相手打者のバットをそっと拾ってあげたりしてね。

いかにも『がんばって~』と誰からも声を掛けられそう。

それが…実は彼はどこの出身なの??

いや、彼は本当に青森の子かもしれない…おいらよく知らないで言っている。

しかし新聞などの記事を見ると今回準優勝の青森代表光星学院の選手の半分以上は他県からの越境入学者。

復興に立ち向かう東北の人たちの励ましとなったと言われてるが純粋な青森代表じゃなかったわけね。

なんでこんなプロ野球みたいなことするかな。

横浜高校もそう。

実は静岡出身の子供たちが多いんだよね。

だったら横浜高校自体を静岡に持ってって静岡代表の横浜高校になればいいべ。

高校生のくせに…くせに…だよ。

こんなくだらないことやってるから久しぶりの里帰りでドンチャン騒ぎしてハメを外したりすんだべえよ。

大人のせいだ。

光星学院は向こう30年対外試合も禁止!

学校長と野球部関係者も全員クビにしろ。

そうゆう意味では子供たち犠牲者だなぁ。

教育という商売の道具にされた被害者でもあるだろ。

今回のことは3人の部員の停学くらいで済む問題じゃないとおいらは思う。

どこの県の高校の何部に入るのも自由だが、他県出身の生徒は県代表として公式戦に出場するのは禁止…とかさ…そんなルールもダメなわけ?

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もはや監督更迭くらいですむ段階じゃない

うちのじいちゃんがさ、「菅さんは辞めなくていいけれど、尾花にだけは辞めてもらいたいなぁ」ってさ。

えっとねぇ・・・おいらは何度も言いますがすでに敗北宣言してるんでベイスターズがどんな赤っ恥をかこうが知ったこっちゃない。

村田の気持ちが切れた時点でベイは終わり。

全力疾走をやめた時点で終わり。

あのさぁ・・・村田君。

今シーズンオフはもうチームを出ていきな。

あーたがいるようなチームじゃないよ・・・ベイスターズは。

オールスターの時の躍動感・・・素晴らしかったね・・・楽しそうだったね。

あの笑顔・・・ベイに戻ってきてからは見てないよ。

サッカーの中田ヒデがセリエAでは躍動してたのに、日本代表に呼ばれた時には苦い顔してたっけ。

高いレベルを知ってる人にはレベルの低い人たちとの同じポジションじゃモチベーションが保てないんだよな。

わかるわ。

村田だって仮にも日本代表の4番を張った男だからね。

ベンチで隣に座ってる人を見てガッカリ。

サードを守りながらマウンドを見るとそこには松坂や岩隈じゃない名前も知れない誰かが立ってる。

やんなっちゃうんだろ。

あ、話がそれた。

うちのじいちゃんは大洋ホエールズ時代、秋山土井のバッテリーが活躍してた頃からのオールドファン。

あの三原マジックはすごかったんだとは今でも語り草だ。

しかしこのじいちゃん・・・どんなにベイスターズが負けようがけなすこともしない。

「選手が元気で頑張ってくれればそれでいい」口癖。

負けが続くとテレビに映るベイファンの皆さんに「かわいそうになぁ」と涙する。

スタジアムまで応援に行ってもらってるのに申し訳ないという気持ちであるらしい。

いいファンだと思うよ。

おいら自分自身が悪いファンだからよくわかる。

こうゆう人こそありがたいファンだ。

そんなじいちゃんがなぜか上のセリフ・・・尾花監督に対してだけは厳しいことを言った。

大矢と何が違うのか?

おいらにはわからんけれども、尾花ではダメだと思っているらしいよ。

その尾花・・・9点差を無駄にして・・・「あれで勝てなきゃ、もう勝てない」と毒づいたらしい。

誰に言った?

自分自身にだろ?

正直・・・一昨年のオフ・・・ベイがジャイアンツから尾花を引っこ抜いてきたときには嬉しかった。

これでベイの投手陣も生まれ変わる・・・そう信じた。

信じたおいらが悪いのか。

そっか・・・悪いのか。

そうだよなぁ・・・大矢・田代がやってた頃となんも変わらんし。

まあね、以前から言ってるが最早監督がどうのってレベルじゃないっすよ・・・ぶっちゃけね。

球団の体質。

加地あたりが社長をやってるようじゃいつまでたっても強くなるはずもない。

フロントが腐りきってる。

おいら学生の頃に某新聞社でアルバイトをしていた。

時間があると運動部の社員の方のお供をしてスタジアムにも出かけた。

ちょうどその頃、大洋に新監督古葉竹識という人を迎えたのか迎えようとしてたのか・・・その辺りの記憶が定かじゃないが、弱い大洋も強くなんじゃねえの?と巷の噂となった。

しかし・・・記者の皆さん(他社の方たちも含む)の話を聞いてるとどうやらそうすんなりはいかないだろう・・と。

おそらくは古葉監督ひとりが浮いちゃうだろうな・・・ってさ。

チームがそうゆう厳しい管理をする人を受け入れないってね。

そして結果その通りになったわけ。

名監督の名を欲しいままにしていた古葉さんに傷がついた瞬間であった。

その後も広岡だの長島だのと大洋の監督候補にビッグネームが挙がったが現実となることはなかった。

大洋の監督になれば恥をかくってなこと。

関根潤三さんのようなどうでもいい人が度々監督をされたっけなぁ。

会社の都合のいい人。

都合の悪い人には雇っておきながら冷たくあしらう。

その体質が未だ変わらんのでしょ。

最近の監督でも唯一会社に文句を言った牛島監督も成果を上げだした矢先クビにされちまった。

貢献のあった選手もうるさい人間はみんな追い出す。

能力的には疑問だけど本来であれば平松や松原、高木豊あたりだってユニフォーム着たっておかしくないと思うよ?

だのに着せてもらえるのは斉藤明夫や遠藤のようなおとなしそうな人ばかり。

最近の優勝メンバーだって進藤や川村・波留、尚典といった「はいはい」言ってくれそうなところでしょうよ。

一方の佐々木や谷繁、石井たくちゃんや佐伯といっためんどくさそうなタイプはみんな外におっぽった。

この球団の体質を変えない限り、新しい監督が来たってなんも変わらんと思うよ。

ま、おいらは敗北宣言してるんでなんも言わん(だいぶ言ってもぉたけど 笑)

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

永遠にすたれないもの

年々高校野球が好きになる。

小学校の時に縦じまのユニフォームを着た原辰徳(現ジャイアンツ監督)に憧れた。

高校1年生でありながらチームの主力となってる彼は少年の憧れと足るに十分だった。

『おいらも甲子園に行く』

その決心は中学の時の坊主頭が嫌で潰えた(笑 いろいろあったわけよ

いつの間にか甲子園で活躍する選手たちは憧れのお兄さんではなく、同年代となりやがて年下の彼らとなっていった。

まぶし(うらやまし)すぎたんだね・・・彼らが。

だからか、甲子園の野球からしばらく目をそむけた。

それも年々思い出となっていって、いつしか夏になれば毎度少年だったあの頃を思い出すようになる。

『やっぱり甲子園に行きたい!』

グランドに立つことなど叶わぬが、あの憧れだった縦じまのユニフォームを追いかけるために。

今年その夢が叶った。

春の選抜とはまた違った格別な思い入れのある甲子園。

夏の甲子園となるとね、野球だけじゃなく少年だった頃の夏休みのいろいろまでもが走馬灯のようによみがえるんだよねぇ・・・不思議。

Dsc06927 大阪駅から阪神電車甲子園駅。

ホームから階段を下りればそこに電光掲示板。

今そこで・・・改札を抜ければ甲子園球場・・・熱戦が行われている。

否が応にも気持ちが昂る。

自然と足早になる・・・いやその前に…冷たいものを買っていこう。

そして入場券売り場。

屋根のある内野席も考えたがここはやっぱりアルプス席でしょ~しかも智辯の人文字“C”を見ないといけないから一塁側で(智辯は三塁側)

Dsc06931 甲子園歴代優勝校の優勝旗。

数年前に春の選抜で来た時には記念写真用にと各校のプラカードが用意されていたっけ。

やっぱりこっちの重みがあるね。

Dsc06934 探したのはやはり松坂がいた時の横浜高校のもの。

あの時の横浜は強かった。

そうベイスターズも・・・関係ないか。

準々決勝の延長17回は今でも語り草・・・決勝戦ではノーヒットノーランまでやってのけたんだっけ。

思えばチームにプロ入りする選手が4人もいたんだもんなぁ・・・高校野球のレベルを超えてたわな。

Dsc07025 グランドでは白樺学園が延長戦を制し校歌の斉唱をしている。

球場全体に校歌が・・・いい音だな。

何はともあれまずはかち割り。

これが意外と重宝した・・・冷たさがなかなかにもつ。

夏スタンドの必需品だな。

Dsc06968_2 チームが入れ替わり智辯和歌山がシートノックを始める。

あ、高嶋さんだ!

この方も名物監督・・・元気でいらっしゃる。

あなたを見たいのもあって一塁側に座らせていただいております。

(花咲徳栄高校のみなさんすみません)

Dsc06984 試合開始。

美しい。

両校とも頑張れ!

場内アナウンスもテレビから聴こえてくるいつものあれで感激する。

Dsc06996 甲子園球場。

まあ、勝敗はどちらでもいい。

一生懸命生きてる姿が観れればそれでいい。

Dsc07045 かち割りや冷たいドリンクを売る彼らの姿もとても清々しい。

『汗びっしょりじゃないか。ジュース買ってやるから飲みな』

そんな声までかけちゃう(笑

いいなぁ・・若さ。

他になにもいらんわな・・・この時間を大切に。

さて・・おいらがこの夏の甲子園でいちばん感動したのは・・・

Dsc06989 この見事なまでの智辯応援団。

“C”の字も素敵だったが、その一糸乱れぬ応援。

さすがは常連校のそれ。

地響きのように向こう側からこちらのアルプス席まで響いてくる。

その迫力ったらないよ。

どうぞみなさん。

一度この応援を聴いてみてください。

魂が揺さぶられます。

デジカメの動画で撮ってあってとても良い出来だけどアップのしかたがわからん(笑

それとね、5回終了後にグランド整備があるんだけどその合間、「栄冠は君に輝く」が流れるの。

オーロラビジョンと共にね。

それも動画として残してあるんだけど、いつの間にか自分が歌っちゃっててさ・・・台無し(笑

おいらもいつの間にか高校球児となってたようだ。

さて2011年夏の甲子園もいよいよ大詰め。

横浜高校が敗れ、おいらに感動を与えてくれた智辯和歌山高校も負けてしまった。

おいらの夏も終わりだ。

来年もね・・・必ず行く。

飽きっぽいおいらだがこの気持ちだけは続きそうだ。

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰のせいでもないさ

誰の心の中にも弱虫は存在していてそいつとどう向き合うかにいつもかかってんだ

そうやって痛みや優しさを知って行くんだよ 間違いなんてきっと何一つないんだよ

誰のせいでもないさ 人はみな鏡だから 勇気を出して虹を描こう

越えて越えて越えて 流した涙はいつしか 一筋の光に変わる 【ゆず 】より

テレビで高校野球を観てるおいらに向かって奥がひとこと。

「昨日ピッチャーを変えてなければ横浜は勝ったのかな」

最終回に一挙8点を奪われ逆転負けした横浜高校のことを言ってるようだ。

まあ、誰もが思うことだろうな・・・8回までは1点に抑え勝っていたわけだから。

『あ う~ん』突然聞かれたんで言葉につまる。

でもすぐにね・・・『いや、そんなことないよ。負けるべくして負けたんだよ』

誰が投げてても、誰が守ってても…きっと横浜高校は負けた。

リリーフし敗因をひとりで背負ってしまったような投手の相馬君。

「自分のせいで負けた」と呆然自失だったそうな。

『傲慢だな』

たったひとりのピッチャーごときのせいで天下の横浜高校が負けるわけねえじゃねえか!

「そうだね。10年早いね」奥も続く・・・そんな言葉を吐くのは社会人として責任ある立場になってから言いやがれってとこらしい。

誰のせいでもないさ。

横浜は県予選の時から継投を重ね勝ち上がってきた。

相馬君のチカラはとても大きかった。

9回…柳君が先頭打者に打たれたわけだから相馬君がマウンドに上がるのは当然だ。

そうやって勝ってきたんだから。

そうしないで負ければもっと後悔するとこだわ。

「勝つと思うな 思えば負けよ~」

美空ひばりの歌にそんなのあったな。

もし敗因が必要というならば、あの時あの9回表の守りの時

守備についた横浜高校ナインは「勝ったな」と思っちゃったじゃないか?

気のゆるみ、心の油断がそこにあったのならそれは後悔するわ。

にてしも、終わったものはもうしょうがない。

この悔しさを糧にしてこれからの人生をおくっていけばいいじゃねえか。

越えて 越えて 越えて~

おつかれさん。

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜景

一眼レフカメラ…重いわ。

そしてそのカメラを乗せる三脚…これがさらに重い。

コンパクトデジカメを持って歩いてる時には楽だったのになぁ。

今回もそれ持って歩こうかと思ったけれども、これ持って青春18きっぷ旅は無理だろってことで宅配便で送った。

平塚から神戸まで片道ならば2300円の旅。

だのに荷物の送料が往復2500円ちょっと・・・なんだかなぁ。

せめて三脚がなければもうちょっと身軽になれるのに。

しかし、おいらが一眼レフにしたかった最大の理由は夜景を撮る時に差が出ること。

おいら夜景と雲マニアなんですわ。

その撮ってきた夜景たちをちょっと見てもらっていいですか。

Dsc06863_2

まずは京都。

京都はこの時期『京の七夕』というお祭りをしています。

夏枯れを凌ぐために始めたイベントだそうです。

今回は仙台の七夕とタイアップされてたようですよ。

写真は先斗町近くの鴨川べりです。

風鈴灯を背に夕涼みのカップルが可愛くて思わず撮っちゃいました。

Dsc06871

こちらは同じ鴨川沿いにある川床料理のお店たち。

これも夏の風物詩ですね。

四条の方に行くともう少し賑やかであるけど、あちらはお祭りでごった返しちゃってて…こちらは五条大橋の方・・・静かな鴨川沿いも素敵だった。

Dsc07095

変わってこちらは神戸のホテルの窓から。

近代的なビルに高速道路。

流れるテールランプが美しい。

Dsc07112_2

  神戸の夜景はレンタカーを借りて摩耶山まで行ってきた。

これは三宮方面。

ポートアイランドの灯りが印象的。

写真中央左よりにメリケンパークオリエンタルホテル。

中央やや右よりに観覧車とモザイク。

中央に建ってるのがおいら達の泊まったホテルオークラ。

その横にポートタワーも見える。

Dsc07134

こちらは大阪方面の夜景。

函館山からの夜景に似てたなぁ。

どこまでも続く宝石箱のようだったわ。

お見事!

Dsc07150_2

摩耶山を下ってきてポートアイランドへ。

目の前にしたポートタワー。

鮮やかな色に感動した。

夜11時までのお楽しみ。

節電でどうかと思われた神戸の夜景だったけれども、やはりその名を轟かせるだけのことはある。

美しい。

Dsc03064

最後に昨年12月に撮ってきた香港の夜景。

これは有名な水上レストランJUMBO

手前のお金持ちたちが持つクルーザーがちょっと邪魔。

それでも背景の高層マンション群を引き連れ凄まじい迫力だった。

一見の価値あり。

食事は・・・。

Dsc03017

あまりに有名なビクトリアピークからの夜景。

息を呑むとはこのこと。

ただただ美しく…時間を忘れて見入る。

ただ香港も年々空気がにごってきてるようで、かすんで見えることが多くなったそう。

生でこの夜景を見たい方は早めの方がよかろうかと思いますよ。

以上、おいらの夜景コレクションでした。

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪ふざけ

旅行前に書いて行きたかった東海テレビの悪ふざけ。

岩手県産のお米を視聴者にプレゼントするコーナーで「怪しいお米セシウムさん」「汚染されたお米セシウムさん」だのとテロップを流した。

当初関係者は「リハーサル用につくったもの」と弁解したが、まったく弁解の余地などない。

リハーサルでならば不適切でなかったのか?!と問いたい。

東北のみなさんが丹精込めてつくったもの…彼らには何の罪もない。

だのに今も、そしてこれからもずっと風評被害の犠牲となっていく。

それを少しでも取り払ってあげようと思うのが人情でしょうよ。

敢えて、福島産や茨城産のものを買ってる人だっている。

そんな時に・・・。

悪ふざけもいいとこ。

何度も言うがもちろん本番では使うつもりはなかったってとこ。

リハーサルの時のお遊びだからってとこ。

その程度の人間が番組を作ってるって事実。

テレビの影響をモロに受ける人が多い昨今…少しは自分の頭で考えてね。

そんな奴らが作ってんだよ・・・テレビって。

東海テレビってフジテレビ系列だよな?

FNSって最近いろいろ問題多いな。

震災直後の菅総理の会見時に「あ~笑えてきた」と声が入ってしまった放送事故もフジテレビではスタッフの声と弁解していたが女子アナウンサーであると断言してる各所の見解もある。

なにやってんだかなぁ。

そんなフジテレビが「フジネットワークでは被災地被災者の皆様に義援金をナンタラカンタラ~~」よく言えるわ。

これだけ不祥事が続いてんだからしばらく放送休止した方がいいんじゃねえの?

それにしても東海テレビの上のテロップさ。

時間にして23秒もの長い時間だってさ。

23秒って放送の時間としたら相当な時間だよ。

本当に気づかなかったのかね?

もしや…確信犯なんじゃねえの?

例えばさ・・・先だっての尖閣諸島沖での中国船を映した海上保安庁のビデオ流出事件。

あれだって関係者がわざとやったわけじゃん。

本当はこんなことが起きてるんだと国民に見せたかったわけでしょ?

今回の事もテレビ局の体質に嫌気がさした関係者がわざと・・・ってのは深読みしすぎかな?

いずれにしてもフジネットワークで岩手産のすべてのお米を買い上げ、社食で全社員がそれを食べる必要があるな。

そんなことくらいでおさまる内容じゃないけどさ。

せめてものお詫びに・・ってこと。

東海テレビからのお詫び⇒こちら

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じぇらし~

おいらには以前にも紹介したことのある鹿児島の友達がいる。

女手ひとつで子供二人を立派に育ててるたいしたやつだ。

つらいことも多いだろうに何の愚痴も言わん。

尊敬するわ。

岩下さんと慎太郎と九州に旅行へ行こうとなったとき、『だったらその鹿児島の友達に会いに行っていい?』とした。

○月にみんなで遊びに行くから~伝えると快く「待ってるよ~」と言ってくれた。

楽しみができた。

だのに・・・

岩下さんの都合で中止(延期?)となった。

本当残念だわ。

行けなくなっちゃった旨彼女に伝えれば「しかたないね」と理解してくれた。

一方でこの岩下さん。

実は鹿児島が田舎。

春にその鹿児島で暮らすおばあさまが亡くなられた。

みんなで行くはずだった九州旅行を岩下さんの都合で中止にしておきながら岩下さん自身は葬儀告別式のため鹿児島に向かった。

なんの因果か。

そしてこの夏…新盆を迎えるとのことで再び鹿児島を訪れることとなった岩下さん。

『せっかく鹿児島に行くんだったらミサ(鹿児島の友人)に直接会って謝ってきてよ~』言うおいらに「喜んで謝りに行ってきます」ときた。

1日だけ鹿児島市内のホテルで宿泊する予定でどうしようかと思ってたところだったらしい。

んじゃミサに電話してみっか…『ってことなんだよ~』と本人に伝え岩下さんと電話をかわる。

ふたりで数分話をし、そしたら鹿児島で会いますか…となった。

うちの両親の急な訪問にも上手に応えてくれた友人…如才なさじゃ右に出る者もいない。

ところがね、ここへきてその鹿児島の友人の都合が悪くなった。

岩下さんにもそう伝える。

残念だ…せっかくお土産でも持ってってもらおうかと思ったのに。

が、いっぽうで『良かった』と思う自分もいる。

おいらがいないのに二人で会うなんて!

・・・なんだこの感情は?

嫉妬か?

じぇらし~か?

おいらはミサを好きだったのか?

な~んてね(笑

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ば~~』

うちの会社は親会社100パーセント出資の完全子会社。

当然親会社から出向というカタチで誰かしらが労働に来てたりする。

事務員の××。

わか~い男子。

先日帰宅したばかりのおいらに彼から電話があった。

「ちょっと聞きたいことがあるんですけど、○○って知りません?」

どうやら会社においてこなきゃならないものを家に持って帰ってきてしまった。

おいらのミス。

その旨伝えると「たのむよ~」と返ってきた。

なんだこいつ…馴れ馴れしい。

20も年下のくせに。

親会社がそんなにえれえのか?

「家、遠いの?」

どうやら会社まで届けにこい…と言いたいらしい。

おいらが悪い…それもしょうがない。

届けると伝えると

「そうしてくれる。わるいね」ってさ。

おまえ年上の人間に向かってそんな言い方すんの?!

あったまきたおいらは電話に向かって『わかったよ!バ~~カッ!』

と電話を切った。

それっきり奴とは口をきいていないと言う、びっくりするような中学生ばりの態度をとっているおいら。

大人げないことこのうえない。

それを大好きな柴田さんに愚痴れば「だからさ言ったでしょ。ホッシーさんは短気だからすぐ態度に出ちゃう。どんなに頭にきても『ば~~』までにしときなって」

柴田さんによれば誰に向かっての発言でも「ば~~」までなら許されるらしい。

「ば~か」と言ったのか?お偉いさんに聞かれたら「ばかとは言ってません」と言える。

言ってないじゃん…ば~~までしかってことらしい。

だのに…相手には「ば~か」という想いが十分伝わる…らしい。

素晴らしいな…柴田さんは。

そうか…『か』まで言い切っちゃうおいらはまだ修業が足んないな。

これは京都に出向いて仏さんの顔を見、精神修行につとめてまいらねばならない。

ってなことでおいらは今京都に向かってます。

13時13分着…もうすぐ到着♪

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あきらめたら終わり

ベイスターズ。

中日に5点差をひっくり返されて負けた。

まあ、ひっくり返して勝つこともある。

敗北宣言もしたおいらだし今さら負けることはかまわない。

ただね、許せないのはそのひっくり返された8回の守備。

昨年の杉村打撃コーチの言葉を思い出した。

おいらこの言葉が大好きで自分の中でも大事にしてる。

『負けても終わらないけど、あきらめたら終わり』

あの8回…あきらめたの?そう感じた。

勝った前日の試合…解説をされてたのはなつかしの声権藤さん。

残念ながら中日寄りのテレビ中継なんで解説もそっちより。

権藤さんといえばベイスターズの人でしょ…思いながら寂しかった。

で、その権藤さんが8回…牛田の登板中「勝ちゲームに投げさせるピッチャーじゃないね」

そう言ってた。

牛田のベイスターズでの立ち位置を知ってての発言なのか、それともただ単純に目の前で投げてる球筋を見て言ったのか。

どっちにしても牛田の投球内容はアップアップでぎりぎりの内容だった。

江尻が疲れからリタイア…牛田も限界なのか?

その牛田が今日の勝ちゲームにまたもや登板してきた。

やっとできあがった勝利の方程式ってんで尾花監督も迷いなく8回牛田、9回山口と考えてのこと…しかし。

気になるのは昨夜の権藤さんの発言…尾花監督の目にはどう映っていたのか。

そしてやはり牛田は打たれた。

あっという間の同点劇だった。

『あきらめたの?』思ったのはここから。

投手は篠原に代わっていた。

解説者が「スクイズもありますよ」

おいらもそう思った…やるなら二球目。

1点取ってさらに二死ながらランナー2塁と追加点のチャンスとなる…落合はやるな。

しかし、横浜バッテリーには何の警戒心もなかった。

ベンチからの支持もなくあえなくスクイズを決められ逆転された。

尚も一死1塁2塁。

谷繁の打球がセンターを襲う。

追いついた金城が捕る…2塁ランナーは飛び出していたが帰塁する。

金城は体制を整える前に内野に山なりのボールを送った。

その送球を見た2塁ランナーは再び3塁に向かった。

1塁、3塁となった。

しかし二死、バッターを打ち取ればそれでもそれ以上の失点はなかった。

が、ここで再びバッテリーエラー…パスボールなのかワイルドピッチなのか知らないが捕手の新沼がワンバウンドをはじき3塁ランナーはホームインした。

金城がきちっとランナーを意識した送球をしていれば3塁にランナーはいなかった…であれば、キャッチャーがはじいても点が入ることはなかった。

かもしれない。

ってなところね。

結局ベイスターズは9回に浅尾を攻めたて1点を奪い尚も同点逆転のチャンスとしたが、パスポールの1点ぶんに届かなかった。

いや別に…届かなかったのはいい…負けてもいい。

でもあきらめた感がそこにあってすっごくイヤだった。

シーズン当初…勝てるか負けるか…やってみなきゃわからないけど全力疾走しようとスタートしたチームだろ?

もうしてないじゃん…すべての面で全力を出してないじゃん。

ランナーとして出たって何もできない下園をいちばんから外せ。

石川をトップバッターに。

塁に出たら必ず盗塁。

ダメでもダメでもチャレンジする。

アウトになって負けたっていい…どうせ負けるんじゃねえか。

そのアシストができる渡辺直人を2番打者…森本でもいいよ。

それをシーズン終盤までやめるな!

石川に盗塁王を獲らせる。

ベイスターズのスタートはそこから。

負けても終わらないけど、あきらめたら終わり。

杉村前打撃コーチの遺言を忘れてはならない。

あ…遺言じゃねえか。

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はクレーマー

Dsc04276 ONE PIECEワンピースというマンガが流行ってるらしい。

あのキムタクも夢中なんだとか。

おいらも時代に置いていかれちゃいかんってことで読んでみることにした。

(たいがい置いてかれちゃってんよ?)

とりあえず3冊を大人買い

3冊じゃ大人買いって言わない?

しかも…新品はもったいないので中古で買いました。

頼るは“BOOK OFF”

あんまりいい評判聞かないけどさ、中古本買うならココでしょ。

最初ね、105円コーナーを探したんだけどないんだよね。

ワンピースは高価買取本コーナー…すべて300円。

390円の本が300円か…だったら新刊のがいいかなぁと思ったけども90円安いからとココで。

読んでさ、まあ面白かった。

あんまりマンガ好きじゃないおいらだけどこれならちょっと読んでみようかなっと。

Dsc04280 ところがさぁ…この中古本の状態がひどいのよ。

黄色くなっちゃってんし、あっちこち折れちゃってんし。

それでもいったんは中古だしなぁしょうがないかとあきらめた。

でもさ、BOOK OFFって買い取りですっごく叩くって言うじゃん?

ただ同然で取って商品とする。

なんかちょっと許せなくなっちゃって…お店に行っちゃいました。

Dsc04281 本を持ってレジに行くと、とても感じのいいお兄さんが「お売りいただける本でしょうか?」って。

『いや違うんだ。ちょっとね文句言いに来たんで店長さんを呼んでもらえる?』と言ってみた。

「ただいま」と店長さんを呼びにいってくれた。

また人の良さそうな店長さんよ。

『言いたくないんだけどね、例えばこの本(持ってった本)引き取ってと言ったら引き取ってもらえるの?』

こんなひどい状態のもの取れないだろ…と思ってね。

引き取れないものを300円で売るんですか?と言おうかと思ってたわけさ。

だのに店長「200円で買わせてもらいます」って。

へっ?!一瞬口をつぐんだ。

ワンピースであればどんな状態でも200円で取るんだって…中身も見ないで。

『そうなの?……まあそうなのかもしれないけどさ…』話をどうやってもってこ?

『たとえば店長さんがこの本を買って家で読もうと開いた時にこんな状態だったらどんな気持ちになる?』

「自分だったらイヤですね」

『だよね?だったらこんな本売らなきゃいいのに…こうゆう状態だってわかってて売ってるってことね?』

聞いたら「そうです。とてもしのびないんですけどねぇ」って。

ってかさ、ワンピースってそんなにすごい本なの???

『だったらこうゆう状態に当たっちゃったとあきらめるしかないわけね?(一冊一冊ビニールに入って売られるてる中身を確認できない)』

には、「よければお取替えしますよ」って。

店長さんが自分の目でいちばんいい状態だろうという一冊を選んでくれた。

なんだか戦意喪失で…帰りますとなった。

Dsc06680 ところが店長さん…代わりの本を袋に入れながら「貴重なご意見をありがとうございました」と左の写真の金券をくれた。

『ちょっとぉ。そんなつもりで来たんじゃないんだけど』

「いえ、お納めください」と。

『まあ、店長さんがそれで気が済むってならもらって帰りますがね』

いやらしぃ~たかりじゃん。

堂島ロールのモンシュシュで因縁つけた○藤さんを思い出したわ。

『こんなもん貰う気ないからおまえにやんよ』

BOOK OFFをよく利用する娘に渡す。

「欲しいけどこれクレーマー用でしょ?しかも赤い券って超A級のクレーマー用の奴じゃない?」

そんなんあるんでしょうか?

だから…おいらそんなつもりじゃなかったの!

いっくらなんでもひどいんじゃね?と一言いいたかっただけなんですわぁ・・・。

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダブルヘッダー…そして連敗

ファームとはいえベイスターズのユニフォームを着た者が平塚で試合をするとあれば行ってあげたくなるってのが人情でしょうが。

Dsc06548 実際はこの人を見たかったから。

ベイスターズ未来の大砲筒香。

未来?

近い将来?

Dsc06563_2 守備位置はここ

ホットコーナー三塁。

ってことは…ライバルは現在苦しんじゃってるあの人ですか?

しかし…意外にもライバルは簡単にいなくなるのかも。

だってね…彼(25番)は伝家の宝刀を持ってますから。

まあ、他からのお誘いがあるならばってなところですが(笑 ←笑うとこよ。

Dsc06558 あ、こんなところに奴がいた。

平塚にも奴に憧れる少年ってのがいるんだな。

そんな想いも本人に伝わればいいのに。

平塚球場はお子様300円。

あのさ…どうせ席空いてんだから無料にしちゃえば。

彼らは将来のチームを支えてくれる宝物だよ?

子供だけじゃ来れないんだから親からだけ取ればいいじゃん。

そんでもってさ、スタンドをいっぱいにしてあげれば?

同僚も子供3人連れて来てたけれども「あれ欲しい」といろいろおねだりされてた。

入場料で金取らなくても違ったカタチでお金って落ちるんだぜ…それも人が入っての話だ。

Dsc06552 すこ~し哀愁のただよう応援団。

やっぱり勝敗は二の次のファームでは応援も一軍ほどチカラが入ってないのか、ファンも知らん顔してる人が多かった。

ってか…選手もスター候補ならスタンドもファン候補って感じ。

なるもならないもこれからのチーム次第だな。

Dsc06621 奴がいた…といえば何だこの人。

初めて見たがオリックスのエース寺原の交換相手じゃないか。

そうかぁ…ファームのリリーフやってんの?

暑いのに大変ね。

「がんばって」とも言わないけど。

オリックスに戻って寺原に野球教えてもらえばいいじゃん。

試合はなかなか緊迫した内容で北のツーランホームランが出て最終回楽天イーグルスがクローザーをマウンドに送ってきた。

Dsc06639 その名はサンチェス。

速い!

なかなかファームで見れる数字じゃないスピードボールが観れた。

150キロを軽く超えるストレートのあとのチェンジアップでファームの橋本などはキリキリ舞いしておりました。

Dsc06657 試合終了後ベンチの前で反省会。

ここでなつかしい顔を発見。

波留に川村。

なんだかさぁ・・・すがって泣きたかったわ。

『あの頃は強かったねぇ』ってさ。

Dsc06654 ファームの監督をつとめる白井って人。

なんだか馴染みがねえな。

ただ、試合後のインタビューを終え、一番最初に向かったのがやはりスター候補生の筒香。

上手に育ててくださいな…そっと頭をさげる。

帰ってきて録画しておいた横浜スタジアムの試合を観る。

思えばおいらがハレルヤシートに招待されるはずだった試合。

「1日にはお返事をいたしますので」電話してきたテレビ神奈川の姉さん。

ダメにしても電話であれだけ人のあれこれ訊いたくせに何の連絡もないとは何事だ!

TVKなんか観ない…なるべく。

さて試合の方は、さっき平塚球場で観てきたものと同じような点差で最後は赤いユニフォームを着たサファテってな投手にキリキリ舞い。

なんだよ~兄弟そろって同じような試合しておいらをガッカリさせんじゃねえよ!

ベイスターズの試合は1日1度でたくさんだ。

2試合も観ると脳の血管が切れそうになるわ。

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不倫な言い訳

ここんとこ政界を中心とした不倫報道が多いな。

狙われてんだべ?

誰かさんに言わせると『脇が甘い!』

ワイドショーに出ちゃうような人は気をつけた方がいいよ~

「まあ、やだ」言いながらもその手の話が好きな人、いっぱいいるからねぇ。

自分ができないからね…だからしちゃってる人を許せないんだよ。

したくてもできないからさ。

やっかみ半分なわけ。

おいらだってできるものならしてみたい♪

だけども…お金と器量がないとさ…“相手”…ってものが必要なわけだからねぇ…こればっかりは(笑

さ~て。

既婚者のみなさん。

例えそれがメールだけの相手でも!

奥さんでもなく、

旦那さんでもなく、

ちょっとだけでも好きになっちゃった相手ってのができてしまったらそれは背信行為というもの。

洗濯物を“ぱんぱんぱん”と干しながらも考えるのはメール相手…不倫相手。

それはもう裏切りです。

バレてしまった時の言い訳ってのを考えておきましょう。

社会党の筒井さん。

今は民主党の筒井信隆さんなのね。

農水副大臣までやられてるとか…そのむかし、朝まで生テレビで社会党代表として出てた頃からみればえらい出世をなされた。

そりゃあ…モテるわ。

寄ってくる女がいれば受け入れちゃうのが男ってもんでしょ。

ただまあ今回…バレてその言い訳がいけない。

あんだって???

目が悪いから杖代わりに腕を組んでもらった?

電車の中でも腕を組んでたのは状態をチェックしていたため?

マンションに一緒に泊まってたのも時々だから同棲とは言えない?

マンションから公用車に乗る時にいったん別のホテルに入って出てから乗ったのは運動のため?

『へたくそかっ!(タカトシ風)』

どんだけみっともない言い訳なんだよ。

かっちょわる。

見損なったぜ、筒井さん(最初から何とも思ってないけど)

まあ彼らの場合は公人でマスコミに対する言い訳だから筋の通らないことまで言って逃げおうせようとするけど夫婦間の場合は…

素直に謝っちゃいましょう。

『ごめんなさい』

それですね…いちばんいいのは。

『魔がさしました。ごめんなさい。」

それともうひとつ。

逆に絶対に認めない。

「あんた、女と腕組んで歩いてたでしょ」にも『あれは田舎のおばあちゃんだ』言い張る。

「あんな若いばあちゃんがいるわけないでしょ」にも『若く見えるけどあれでもう90歳なんだ』言い張る。

「へえ、車の中で抱き合ってたじゃない」には『あれは介護だ』言い張る。

「あんたさ、おばあちゃんとラブホテルに行くわけ?」には『あれはおばあちゃんちだ』言い張る。

何が何でも言い張る。

そのうちあきれて勘弁してくれるでしょう。

そこまで言い張れればあなたの勝利ですわ。

男性諸氏…がんばろう!

(何をよ)

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あれがエースと言われる奴だ

広島に2点をリードされたベイスターズ最終回の攻撃。

先頭の下園が相手東出のエラーで出塁…続く石川が渾身のレフト前ヒット。

無死1塁2塁…同点のチャンスだ…いや、村田・スレッジと繋げば逆転サヨナラホームランってな見せ場。

さすがの広島ベンチも動揺する。

マウンド前田健を中心に選手が集まる。

エラーをした東出がいかにも「申し訳ない」といった顔をする。

気にする風もないエースマエケン。

そしてそのエースの前にベイスターズ打線の3番4番5番がことごとく凡退していった。

どうだっ!

これがエースっていうもんだ。

エースと言われる奴だ。

高崎なんかエースじゃねえよ!

おいらのブログにわざわざ来て「高崎はエースですよ」と言ってた連中。

虚しいだろ?

見たろ…格の違いってんだよ…あれが。

所詮は6回2失点男。

勝って5勝…奇跡が重なれば7勝くらいか?

6回あたま…先頭バッターの打球が内野と外野のあいだに落ちた。

あの時の高崎の顔…画面からさ「ちっ」って声が聴こえたわ。

運が悪いんじゃねえよ…ああゆう打球がヒットになるってところがお前の実力なんだよ。

味方野手がすまなそうな顔をして寄ってきた時に「どうってことねえよ」と笑顔で応えたマエケンとあまりの違いに本当がっかりしたわ。

味方が点を取ってくれなきゃ勝てないってか。

相手投手より先に点を取られたのが負けた原因じゃねえのか?

最終回の攻撃だって高崎が9回を0点で抑えてれば方法はあったんだ。

金城にただ打たせてまた何の策も与えなかったと監督を責めるのか?

金城にバントさせて1死2・3塁とさせたところで村田とスレッジが凡退すればまた責めるんだろ。

2点差で主軸がバッターボックスに立つんだ…あれで正解だ。

高崎が2点取られたところで勝負あったんだよ。

高崎ごときをエースと崇めるボンクラがいるからベイスターズは強くならねえんだ。

借金が20となっても監督の更迭話すら出てこない球団ってあんのか?

やる気がないんだよ…会社に。

いい成績残されて給料あげられちゃたまんないんだよ…会社は。

わかるべよ・・・アホファン。

もうスタジアムに行くな。

もうほっとけ。

ほっとけば強くなる。

誰もスタジアムに行かなければ強くなる。

チームなくなっちゃうだろって?

それならそれでいいじゃねえか…毎日嫌な思いしないですむ。

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

暑中お見舞い申し上げ候

Dsc04273 ここんとこ過ごしやすい日々だ。

今年の夏は涼しいな。

そう思っていいのかな?

助かるな。

話変わって・・・

おいらが通勤で使ってるカバンです。

これでもTUMIなんよ。

会社で大川さんがさ「それ、ゴミ捨て場から拾ってきたの?」って。

「僕がこの前捨てたバッグの方がもうちょっときれいだったからあげればよかったね」って。

失敬な!

確かにくたびれてんけど拾い物なわけねえべっ!

ふんっ<`ヘ´>

しかしここんとこ疲れがとれねぇ~~

健康のためとジムに通ってんのも疲れが抜けないんじゃ本末転倒なんじゃねえか?

運動始めて数週間・・・体重どのくらい減ってんかなぁとジムの体重計に乗ってみたら400グラム増えてたわ。

折れそうだ・・・心。

なんだか・・・とりとめのないブログだ。

いよいよ夏も本番な8月ですな。

このブログを読んでる皆さんも若くない人ばっかりだべ。

くれぐれも無理なさらずに。

ご自愛のほどを。

元気に夏を乗り越えましょうぞ。

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »