« 誰のせいでもないさ | トップページ | もはや監督更迭くらいですむ段階じゃない »

永遠にすたれないもの

年々高校野球が好きになる。

小学校の時に縦じまのユニフォームを着た原辰徳(現ジャイアンツ監督)に憧れた。

高校1年生でありながらチームの主力となってる彼は少年の憧れと足るに十分だった。

『おいらも甲子園に行く』

その決心は中学の時の坊主頭が嫌で潰えた(笑 いろいろあったわけよ

いつの間にか甲子園で活躍する選手たちは憧れのお兄さんではなく、同年代となりやがて年下の彼らとなっていった。

まぶし(うらやまし)すぎたんだね・・・彼らが。

だからか、甲子園の野球からしばらく目をそむけた。

それも年々思い出となっていって、いつしか夏になれば毎度少年だったあの頃を思い出すようになる。

『やっぱり甲子園に行きたい!』

グランドに立つことなど叶わぬが、あの憧れだった縦じまのユニフォームを追いかけるために。

今年その夢が叶った。

春の選抜とはまた違った格別な思い入れのある甲子園。

夏の甲子園となるとね、野球だけじゃなく少年だった頃の夏休みのいろいろまでもが走馬灯のようによみがえるんだよねぇ・・・不思議。

Dsc06927 大阪駅から阪神電車甲子園駅。

ホームから階段を下りればそこに電光掲示板。

今そこで・・・改札を抜ければ甲子園球場・・・熱戦が行われている。

否が応にも気持ちが昂る。

自然と足早になる・・・いやその前に…冷たいものを買っていこう。

そして入場券売り場。

屋根のある内野席も考えたがここはやっぱりアルプス席でしょ~しかも智辯の人文字“C”を見ないといけないから一塁側で(智辯は三塁側)

Dsc06931 甲子園歴代優勝校の優勝旗。

数年前に春の選抜で来た時には記念写真用にと各校のプラカードが用意されていたっけ。

やっぱりこっちの重みがあるね。

Dsc06934 探したのはやはり松坂がいた時の横浜高校のもの。

あの時の横浜は強かった。

そうベイスターズも・・・関係ないか。

準々決勝の延長17回は今でも語り草・・・決勝戦ではノーヒットノーランまでやってのけたんだっけ。

思えばチームにプロ入りする選手が4人もいたんだもんなぁ・・・高校野球のレベルを超えてたわな。

Dsc07025 グランドでは白樺学園が延長戦を制し校歌の斉唱をしている。

球場全体に校歌が・・・いい音だな。

何はともあれまずはかち割り。

これが意外と重宝した・・・冷たさがなかなかにもつ。

夏スタンドの必需品だな。

Dsc06968_2 チームが入れ替わり智辯和歌山がシートノックを始める。

あ、高嶋さんだ!

この方も名物監督・・・元気でいらっしゃる。

あなたを見たいのもあって一塁側に座らせていただいております。

(花咲徳栄高校のみなさんすみません)

Dsc06984 試合開始。

美しい。

両校とも頑張れ!

場内アナウンスもテレビから聴こえてくるいつものあれで感激する。

Dsc06996 甲子園球場。

まあ、勝敗はどちらでもいい。

一生懸命生きてる姿が観れればそれでいい。

Dsc07045 かち割りや冷たいドリンクを売る彼らの姿もとても清々しい。

『汗びっしょりじゃないか。ジュース買ってやるから飲みな』

そんな声までかけちゃう(笑

いいなぁ・・若さ。

他になにもいらんわな・・・この時間を大切に。

さて・・おいらがこの夏の甲子園でいちばん感動したのは・・・

Dsc06989 この見事なまでの智辯応援団。

“C”の字も素敵だったが、その一糸乱れぬ応援。

さすがは常連校のそれ。

地響きのように向こう側からこちらのアルプス席まで響いてくる。

その迫力ったらないよ。

どうぞみなさん。

一度この応援を聴いてみてください。

魂が揺さぶられます。

デジカメの動画で撮ってあってとても良い出来だけどアップのしかたがわからん(笑

それとね、5回終了後にグランド整備があるんだけどその合間、「栄冠は君に輝く」が流れるの。

オーロラビジョンと共にね。

それも動画として残してあるんだけど、いつの間にか自分が歌っちゃっててさ・・・台無し(笑

おいらもいつの間にか高校球児となってたようだ。

さて2011年夏の甲子園もいよいよ大詰め。

横浜高校が敗れ、おいらに感動を与えてくれた智辯和歌山高校も負けてしまった。

おいらの夏も終わりだ。

来年もね・・・必ず行く。

飽きっぽいおいらだがこの気持ちだけは続きそうだ。

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

|

« 誰のせいでもないさ | トップページ | もはや監督更迭くらいですむ段階じゃない »

●スポーツなこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/52498542

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠にすたれないもの:

« 誰のせいでもないさ | トップページ | もはや監督更迭くらいですむ段階じゃない »