« 今日はクレーマー | トップページ | 『ば~~』 »

あきらめたら終わり

ベイスターズ。

中日に5点差をひっくり返されて負けた。

まあ、ひっくり返して勝つこともある。

敗北宣言もしたおいらだし今さら負けることはかまわない。

ただね、許せないのはそのひっくり返された8回の守備。

昨年の杉村打撃コーチの言葉を思い出した。

おいらこの言葉が大好きで自分の中でも大事にしてる。

『負けても終わらないけど、あきらめたら終わり』

あの8回…あきらめたの?そう感じた。

勝った前日の試合…解説をされてたのはなつかしの声権藤さん。

残念ながら中日寄りのテレビ中継なんで解説もそっちより。

権藤さんといえばベイスターズの人でしょ…思いながら寂しかった。

で、その権藤さんが8回…牛田の登板中「勝ちゲームに投げさせるピッチャーじゃないね」

そう言ってた。

牛田のベイスターズでの立ち位置を知ってての発言なのか、それともただ単純に目の前で投げてる球筋を見て言ったのか。

どっちにしても牛田の投球内容はアップアップでぎりぎりの内容だった。

江尻が疲れからリタイア…牛田も限界なのか?

その牛田が今日の勝ちゲームにまたもや登板してきた。

やっとできあがった勝利の方程式ってんで尾花監督も迷いなく8回牛田、9回山口と考えてのこと…しかし。

気になるのは昨夜の権藤さんの発言…尾花監督の目にはどう映っていたのか。

そしてやはり牛田は打たれた。

あっという間の同点劇だった。

『あきらめたの?』思ったのはここから。

投手は篠原に代わっていた。

解説者が「スクイズもありますよ」

おいらもそう思った…やるなら二球目。

1点取ってさらに二死ながらランナー2塁と追加点のチャンスとなる…落合はやるな。

しかし、横浜バッテリーには何の警戒心もなかった。

ベンチからの支持もなくあえなくスクイズを決められ逆転された。

尚も一死1塁2塁。

谷繁の打球がセンターを襲う。

追いついた金城が捕る…2塁ランナーは飛び出していたが帰塁する。

金城は体制を整える前に内野に山なりのボールを送った。

その送球を見た2塁ランナーは再び3塁に向かった。

1塁、3塁となった。

しかし二死、バッターを打ち取ればそれでもそれ以上の失点はなかった。

が、ここで再びバッテリーエラー…パスボールなのかワイルドピッチなのか知らないが捕手の新沼がワンバウンドをはじき3塁ランナーはホームインした。

金城がきちっとランナーを意識した送球をしていれば3塁にランナーはいなかった…であれば、キャッチャーがはじいても点が入ることはなかった。

かもしれない。

ってなところね。

結局ベイスターズは9回に浅尾を攻めたて1点を奪い尚も同点逆転のチャンスとしたが、パスポールの1点ぶんに届かなかった。

いや別に…届かなかったのはいい…負けてもいい。

でもあきらめた感がそこにあってすっごくイヤだった。

シーズン当初…勝てるか負けるか…やってみなきゃわからないけど全力疾走しようとスタートしたチームだろ?

もうしてないじゃん…すべての面で全力を出してないじゃん。

ランナーとして出たって何もできない下園をいちばんから外せ。

石川をトップバッターに。

塁に出たら必ず盗塁。

ダメでもダメでもチャレンジする。

アウトになって負けたっていい…どうせ負けるんじゃねえか。

そのアシストができる渡辺直人を2番打者…森本でもいいよ。

それをシーズン終盤までやめるな!

石川に盗塁王を獲らせる。

ベイスターズのスタートはそこから。

負けても終わらないけど、あきらめたら終わり。

杉村前打撃コーチの遺言を忘れてはならない。

あ…遺言じゃねえか。

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

|

« 今日はクレーマー | トップページ | 『ば~~』 »

●ベイスターズのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/52413155

この記事へのトラックバック一覧です: あきらめたら終わり:

« 今日はクレーマー | トップページ | 『ば~~』 »