« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

おじいちゃんの分まで。

『あれ、あのおばあちゃんは確か…』

おばあちゃんには無理だろとも思える大きな荷物を持ってバスに乗っている。

そのおばあちゃんがバスを降りようとした時、近くの女子高生が「持ちます」と声をかけその大きな荷物を持って先に降りる。

思い出した。

いつもおじいちゃんと二人でバスに乗っていたあのおばあちゃんだ。

先に降りるおじいちゃんが足の悪いおばあちゃんを下で待ち、おばあちゃんが降りおわると運転士さんに深々と頭を下げていた…そうだ、あのおじいちゃんがいない。

優先席に座るおばさんが「いつもほら、ご主人と一緒だったでしょお。亡くなったのよ、あのご主人・・・」自然と耳に入る。

そうか…おじいちゃん亡くなったのか…。

いつもと変わらず動き始めたバスの横でおばあちゃんが女子高生にちょこんと頭を下げ荷物を受け取り歩き始めた。

なんとまあ、お愛想のないこと。

でもね、

そのおばあちゃんの横で女子高生に深々と頭を下げるおじいちゃんの姿がおいらには見えたような気がした。

人は助け合い支え合い生きていく。

どんな運命が待っていようが人は生きていかねばならない。

お愛想のないおばあちゃん…おじいちゃんの分までね…。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

お散歩の風景

ウォーキングを始めて数か月。

朝だったり夜だったり…仕事の都合で時間はマチマチ。

Dsc04480_3 朝5時に起きて歩きだせばこんな風景に出会えたりします。

自分の住む町も悪くないなってね。

見とれちゃったりして。

まさに自然が創りだす色ってとこだね。

Dsc04494_2 大好きな富士山は?

頭を雲に隠して。

ちょっとお茶目だな。

早起きは三文の得って言いますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

女人高野

ネタがない。

ネタがなければ旅の話題を(笑

おいらはこの夏5日間にわたって京都奈良を旅してきました。

大人の修学旅行はどこもみな印象深く思い出を語りだせば尽きないけれども、いちばん心に残ったお寺のお話など。

そのお寺は室生川のほとりに建つ室生寺

その昔、仏教の聖地である高野山は女を受けいることをしなかった。

けれどいつの時代も仏にすがりたい気持ちってのはあるもので、それはもちろん女だって同じ。

その想いを一身に受け止めたのがこのお寺。

知ってました?

山のふところ奥深く…乗り物もなかった時代に女たちが自らの脚でどんな想いを持ってこの寺を目指したのか。

室生川にかかる太鼓橋の向こうにひっそりと佇む室生寺は、そんなことを考えずにはいられないお寺でした。

あの奥の院にまでかかる階段も現世との縁を断ち切る覚悟を試されてるようだったな。

電車バスが利用できる今の時代でも、室生まで行くのはかなり大変。

それでも奈良を訪れるのであればぜひ足を運んでいただきたい。

特に…日々悩み事の尽きないご婦人には。

Dsc08803 おいらは大事な人たちに室生寺のお守りを買ってまいりました。

どうぞこの人をお守りくださいと…。

(旅の詳しい内容は旅する好奇心にて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どもども。

「楽しみにしてたのに」

「あの遠藤さんでさえブックマークしてんだよ?」

「本当にやめちゃうんですか?」

会社でも声をかけていただきました。

そうですか。

楽しみにしててくれたんですか。

だったなら。

もっと早く言ってくださいよ。

何の励みもなく、眠い目こすってブログを書く気力がもうないですわ。

疲れるんですわ・・・これ。

がんばって頑張ってガンバッテ

一生懸命書いても嫌味なコメントやメールが来たりすりゃあ、あーた。

誰だって嫌になろうってもんでしょうよ。

というわけで・・・。

優しい時間は明日かあさってには封鎖します。

本当によく頑張りました・・・おいら。

さようなら。

言いつつ。

「もし新しいブログを立ち上げるならURL寄こせ」

言う方はメールかコメントに残しておいてください。

でわでわ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

探さないでください

4日間の夏休みをとって旅に出ました。

奥に『探さないでください』と言って。

「わかった・・・」と言って送り出してくれる女房ってのもなかなかいるもんじゃない。

奥はなぜそうも平然としてるのか・・・。

それはね、

あきらめているから(笑

おいらには何を言っても無駄だとわかっているから。

いい、夫婦関係でしょ?

四半世紀以上も一緒にいるからね・・・おいらのことをよく知ってんだね。

ありがたいわ。

そうそう・・・ホッシーってな奴はそんな奴です。

気まぐれで、きまぐれで。

ここのところいろいろありました。

なんで自分のブログなのに自由に書いちゃいけないの?

6年間(長い・・がんばった)続けてまいりましたこの『優しい時間』ですが、書く気が失せました。

理由は・・頑張ってもランキングが上がらないからです。

うそ。

タイトル通りの優しい時間が、ここでは持てなくなったからです。

『やめればいいんでしょ!』

6年前から読んでくれてる人なんかいるのかな?

ありがとうございました。

今後も書くことは好きなので違う場所でひっそりと・・そうそう、先日お邪魔してきた奈良の女人高野室生寺のように。

ひっそりと。

ブログランキングにも挑戦しないで(笑

せんせいさようなら

みなさんさようなら

お元気で。

さがさないでくださいね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

夏休み

ようやくおいらの夏休み♪

計画に計画を重ねてきたひとり旅。

実行の日。

台風12号の影響で目的地の奈良はかなり深い傷を負ったようで。

ちょっと心配だけれどもここでやめるわけにはいかない。

あっち予約してキャンセルして、こっち予約してキャンセルして・・・結局予約したのはホテルだけ。

自由だから・・・なんせ自由だから。

向こうへ行って決めよっと。

今回はね・・チャンスがあれば県庁の食堂にも行ってみたいんよ。

一日20食限定の親子丼が奈良知事おすすめの美味丼だそうで。

3年前に東大寺の修二会を見るためちょっとだけ訪れた奈良。

あとは修学旅行か。

京都ってのはよく行くんだけども、実は奈良ってなかなか縁遠かったりするんだよね。

しかし・・日本の始まりでもある大和の国。

いろんな角度から見つめなおしたい。

遷都1300年のイベントも終わり静かになったであろう奈良をじっくりと。

今回もかなりディープな予定を立ててんだ。

楽しみ。

ってなわけで夏休み終了までブログはお休み。

思えば8月の京都大阪神戸の旅行記もまだ書いてなかった(笑

その京都にも二日間お邪魔するんで何か面白いものがあればお土産に買ってまいりますよん。

4日間ほど留守にします。

ほんじゃま、行ってまいりやーす!

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だって時計が一緒だったから…

ユニクロってのは土日に行かないと損しちゃうね。

ポケットがいっぱい付いてるパンツを買いに行きました。

『コレとコレどっちがいいかな』悩むおいらに奥が言う「とりあえず穿いてみれば・・・」

余談だけどさ・・・おいら運動し始めて2ヶ月。

ワンサイズ小さくなったようだ♪

足の長さもワンサイズ縮まったようで(んなわけない)裾上げもずいぶん必要なようだ。

どっちにしようかなぁ・・・お兄さんを呼ぶ。

『このパンツの裾上げは紐が付いてるから面倒ですか?』に「裾上げすると紐はなくなってしまいますが?」って。

なるほどね~まあ、いらないけどね。

どっちにしましょうかねぇ・・・お兄さんと悩む。

するとこのお兄さんが「お客様、時計はルミノックスですか?」唐突に聞いてきた。

おいらこう見えても(見えないけど)時計コレクターの端くれ…以前にも何度か書いた

時計の話は何より好き。

ユニクロのお兄さんがそう聞いてきたのには一瞬びっくりしたが『そうなんですよ』

これに「僕もルミノックスなんです」と。

『前にキムタクがドラマの中でしてましたよねぇ』言えば「GOOD LUCKでしたよね」って。

まあ友達じゃないんでその程度の会話だったんだけど、時計に気付いてくれたのが嬉しくって・・・『じゃ、これ2本とも裾上げお願いします』言ってました。

奥が「1本って言ってたのに・・・」言いましたが・・・まあいいじゃん。

買いたくなっちゃったんだからさ。

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引き際が肝心

民主党の新代表…どう?

どんな感じ?

ひじょうに弁が立つね。

うまい!

これなら白を黒と言ったって国民くらいならコロっと○せるだろ。

Main_200 そんでもってその野田さんの側近。

藤村さん?

彼のキャラがまあいいじゃないの。

お昼休み…会社の近くの大衆定食屋さんにひょっこり顔を出す社長と専務みたいな雰囲気。

これね…意外に支持率上がるかもよ。

なんせ自分を「泥くさい」と言い切る大将…日本人はこうゆう人を受け入れる。

支持率70パーセントはいくべ。

どっちにしても前総理があれだけハードル下げちゃってくれてんからね…やりやすいわね。

そうそう…先日予想したトトカルチョ…野田⇒海江田2千円。

的中じゃないの。

野田⇒海江田で1620円ついた。

海江田⇒野田なら700円しかなかったからまさに裏目千両とはこのことだ。

2千円買ったから32400円の払い戻し。

やっぱり海江田⇔前原で売れてたんだな…ラッキー♪

交代劇が良い方に出そうじゃん。

さてさて久々のベイスターズネタ。

こっちはその座を明け渡す気もまるっきりなさそうな尾花監督。

とうとう神奈川新聞のフルマークでも担当の武藤龍大が厳しいコメントを書いた。

ちょっと抜粋・・・

釈然としない

筒香は「勝負したかったけど、左は全然打ててないので仕方ない」と実力不足を口にしたが、クライマックスシリーズ進出の望みがほぼ絶たれた今、若手に経験を積ませた方が得策。

ましてや筒香は同世代でずばぬけた才能を秘める逸材だ。

「一戦必勝」を相も変わらず唱えている横浜首脳陣。低迷する現実から目を背けているだけではないのか。潔く態度を明確にすべきだ。

おっしゃる通り。

二軍と一軍を総とっかえしたっていい(首脳陣ごと)

それでもバカみたいに今日の勝利を信じてる…なんてアホなファンがいる以上そうもいかない。

ベストメンバー(尾花が考える)で戦って死力を尽くさなければいけない…そう考えるだろ…監督なら。

もう事ここに至っては勝ち負けなんかどうでもいいだろうよ。

まだ勝ちてえの?

そこだよ!

そのライトスタンドでユニフォーム着てるあんたに訊いてんの!!

「ベイスターズには今なにが必要なのか」それを明確にすべき(おいら2年前から言ってんけどね)

そんで尾花さんさ。

毎日つらくねえの?

あんたはさ…好きなことやってんからいいだろうけどさ。

家族はつらいと思うよ。

尾花がさ…自分の息子だったら…旦那だったら…父親だったら…考えてみなよ。

おいらだったら「お父さん、もう楽(ラク)になりなよ」言ってあげたいよ。

あなたはソフトバンクでもジャイアンツでも投手コーチとして素晴らしい成果を残してきた。

引き抜かれたジャイアンツ投手陣が崩壊しかかったのも事実だからあなたのチカラは絶大だったんでしょうよ。

でもさ、人間適材適所…すごい才能をお持ちのあなたにも合わない仕事があったってことだ。

勝負師なんだから!

潔く負けを認めるのも男の美学ってものだよ。

2年間おつかれさまでした。

追記 上記のようなトトカルチョは本当に実在しません…あしからず

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »