« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

ちょいと様子伺い

仕事終わって…

吉野家が牛丼祭りをやってるんだってよ~♪

なんと…牛丼並盛が270円だって~♪

めっちゃお得じゃん…いつもは我慢してる味噌汁まで付けちゃおうってんでね。

鉄研会長と米ちゃんと3人で仕事帰りに吉野家へ。

3人で食べてしゃべって1000円ちょっとだってよ…3人でだよ?

いやぁ~ぜいたくしちゃったなぁ。

そんなこんなで家に帰ればオガピーからメールが入っている。

「今、上杉の御湯で食事をいただきました。とても素晴らしい宿で同行した友人にも鼻が高いです」ってな内容。

ふーーーーーーーーーーーーん<`ヘ´>

おいらが教えてやった宿じゃねえか。

米沢牛のステーキが出るコースの夕食だべよ。

お風呂がたっくさんあって楽しいんだよねぇーーーあぁ、楽しいでしょうよ。

あ~ぁ…270円の牛丼ツユダクかぁ…むなしい。

吉本の社長が島田紳助を復帰させたい意向を発表したんだってな。

アホだな。

謹慎じゃねえんだろ?

引退したんだろ?

暴力団とのつながりがバレて…でも引退するからこれ以上ほじくらないでくださいってな事だったんだべ?

そりゃそうだ。

ほじくられちゃえば吉本の芸人なんて知られたくない事実がいっぱい出てくんべ。

それをさせないための引退だったべえよ。

だから武士の情けで触れずにいるんじゃねえか。

それを…舌の根も乾かないうちにもう復帰話かよ。

恥ずかしい会社だね。

社長が言えば社員である芸人たちもこぞって同じようなことを言いだす。

まあ、社長の意向じゃ逆らえないのかもしれんがさ…さんまだけはさすがね。

「復帰なんかせんでええ…俺の仕事量が減る」みたいなことを冗談めかして言ってるけど実は本音なんだよ。

空気読めてんの…復帰は世間が許さないよってさ。

てかさ…吉本の社長も言ってみて世間の様子をうかがってるとこあんだよな。

吉本ってそんな会社。

Dsc03146 以前おいらのブログでも紹介した吉本プレゼンツのお菓子「面白い恋人」

北海道石屋製菓の銘菓「白い恋人」のパクリ。

これがとうとう訴えられちまった。

訴えられるのはわかってたんだよ…でもさ、お話合いで解決できると踏んでんの。

シャレですよ~って。

売ってるスタッフも「あちらからクレームが来たら販売中止となりま~す。今日が最後かもしれませ~ん」って言いながら売ってんだもん。

言ってみる、やってみる、売ってみる…怒られたら「すいませ~ん」ってあやまればすむと思ってんの…この会社は。

島田紳助のことも一応言ってみる…世間の反応を見る…ダメならまた時間を置く。

その程度。

この会社相手にあんまりムキになって怒ってんと損しちゃうよ(笑

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

議員数…とっとと減らせ(とが多いな)

今日も休み…よって体調は良いな。

昨日会社から電話があり「明日出れませんか」言われてちょっくらめまいがしたけれども、きっちりお断りしましてね。

まあ、どこかへ出かけようってな気分にまではなりませんがお昼ご飯と夕飯の支度までしちまいました。

そうそう…フジテレビで大好きなドラマ救命病棟の再放送がなされてます。

松雪泰子さんが出てるやつね。

きれいだわぁ~この人。

これに触発されて録画してとってある松嶋菜々子の出てたやつも二日間にわたって見ちまった。

思えば…東京に巨大地震がきたって設定。

3月の東日本大震災に重なっちゃったな。

消防隊の回の話はボロボロ泣いちまいましたですわ。

助けを求める方も辛いけれど救出する方だって辛いんだって内容。

休出するのはもっと辛い(しつこい?)

さてさて…一昨日から考えてたんだけれどもね。

民主党はさ消費税増税する代わりに議員定数を減らすって算段。

だけどこれは計算された作戦。

議員定数を減らすなんざ他の党の賛成が得られないのは百も承知。

民主党は議員の数を減らすって言ってるのに民主党以外の連中が反対しますよ…国民の皆さんどう思います?

こうゆう印象を与えたいわけ。

選挙対策ね。

ずるいね。

そこで考えました。

民主党はダメだとわかったけれども、ただ反対ばかりの自民党も以前と何も変わっておらん。

特に総裁の谷垣が生理的にイヤ。

国民の皆様のほとんどがそう思ってるわけだ。

だからってみんなの党だとか社民党だとか、ましてや共産党や公明党なんかには間違っても投票できん。

したことないけど棄権ってな選択肢も欲しい。

これをただ選挙に行かないってことで片づけられたんじゃたまったもんじゃない。

そこで…。

比例選挙区の定数180ね。

これを投票率に比例させたらどうかと思うんだよね…比例区だけにね。

投票率100%で定数180。

投票率50%なら定数90。

これ我ながら妙案だと思うんだよなぁ。

どうしてそんな風に考えられないのか…投票率が低いってことに何とも思わない政治家連中に思い知らせてやればいいんだよ。

いい加減にしねえと、おいらが立候補しちまうぞ。

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あっぱれ!小林屋!!

今日は休みなので調子がいい。

ひさびさに薬に頼らなくていい一日だった。

歯医者行って、歯をきれいにしてきて、さてお昼ご飯。

家で年寄と一緒にお蕎麦?

ってこともできたんだけど昨日会社の帰りに見た小林屋さんの看板が気になる。

ラーメン500円に値下げ…餃子も150円!

いまどき味噌ラーメンを500円で食べれるところは少ない。

以前日々是の方で年寄にはちょっときついラーメンと評価しちまったけど、餃子は美味かった。

650円で食べれるなら行ってみよっとバイクを走らせました。

13時半くらい…カウンターには3人。

少しお客さんが減ってるのかな?

券売機で味噌ラーメンと餃子の食券を買って渡す。

店内はあいかわらず昭和の雰囲気。

流れる歌はりりぃの「私は泣いてます」に梓みちよの「二人でお酒を」

郷ひろみの「よろしく哀愁」は泣かせるぜ(笑

味噌ラーメンはあぶらっぽさが減ったなぁ…そして麺も減ったか?

結果おいらにはちょうどいい一杯となってる。

ところが美味しいと感じてた餃子が150円用のそれになってるような。

まずくはないんだけど美味しい!と思わなかったなぁ…150円に文句言っちゃいかんけどさ。

おいらの感想としては500円の味噌ラーメンも150円の餃子もあっぱれ!ってところ。

頑張ってと言いたい。

Dsc00393 帰りに共済病院の前にあるお菓子のアウトレットにも寄ってみた。

左の写真はショートケーキプリンって品名。

未完成ってシール貼ってあんでしょ?

どこが未完成なんだかわからんけど180円が150円で販売されてました。

いいじゃん…150円なら。

ただ縦に長くてちょっと食べづらい…アイス食べるようなプラスチックのスプーンが付いてたけど届かないし(笑

さ~て…スシロー行ってこよっと♪

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

絶不調

40代も後半になるとあっちこち体にガタがきはじめる。

あぁ~いて。

この数週間、調子が悪くて何もする気にならん。

首から右肩にかけて激痛が。

マッサージに行ったり病院に行ったり…。

『先生四十肩って言うんですかね』言えば「もう五十肩だろな」ってさ。

(どう違うって言うのよ 怒)

首肩の痛みに心の痛みも加わるわ。

電気治療なども受けましてね…ようやく治まってきた頃、歯の痛みが日々次第に増していく。

こりゃやばいな…早めに行っとくか。

歯医者さんってのはさ…好きで行く人はいないべ?

行こうって電話する時ってよっぽどだと思うんよ。

『すいません。歯が痛いんで診てもらいたいんですけど』に「○○日(翌々日)の夕方5時はいかがでしょうか」

いいけどさ。

痛いって電話してる人間に対してあさってまで我慢しててねって言う神経がわからん。

我慢するけどさ。

でもって当日治療を受ければ帰ってきて今まで以上の激痛が走る。

痛み止めを飲んで何とかしのぐ。

翌日も翌々日も痛い。

薬がきれるのか朝方痛みで目が覚める。

どうやら麻酔を打ったあとの後遺症のようで…針をさしたあとが膨らむほどの痛み。

なんだよなぁ。

そしてここんとこは…目が痛い…目の痛みからか首肩が痛い…そして頭が痛い。

今も痛い。

3日連続バファリンなどを飲んでおります。

この状態で仕事だけは行っておりますんで…ブログなど更新する気にもなりませぬ。

本当は今日休みのはずなんだよなぁ…なんで仕事よ。

いやぁ~いい愚痴ブログができあがった。

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋元マジック

息子と娘と三人で見てたテレビにAKB48。

ファンと握手をしてるシーンだ。

『AKBと握手してえなぁ…』つい口にしたおいらに「うん…」と息子。

『あれ、おまえAKBファンだった?』と訊けば「いつの間にか」

そうか…おまえもとうとうやられたか。

これを業界用語で“秋元マジック”と言います。

誰が好きとかどの歌が好きとか…そんなんは特にない。

大勢の女の子が歌をうたってる姿がいいわけよ。

厳しい人は歌のレベルが…とかさ、ダンスのレベルが…とかね。

言うわけですよ。

しかしさ…そんなのどうだっていいんだよ。

「これが日本のトップアーティストだと思われたら困る」…ははは、何様だおまえは。

いいじゃねえか…どう思われたって。

いいものはいいんだよ。

何といわれようと彼女たちは日本レコード大賞受賞者だ。

さらに甲子園春選抜の入場行進曲もカチューシャ~~らしいじゃん♪

そしてそれを生んだ秋元康。

この人はやっぱり天才なんだよなぁ。

売り方がどうの言ってもさ、言ってる奴の方が虚しい。

それと…彼女たちがまったく無名の時から応援してる昔からのファンの皆さんもすごいよ。

彼女らの好きな楽曲を選べば半分以上がおいら達“にわかファン“にはわからない歌。

なんだか踏み込んじゃいけない場所においら達が入ってるような気もするが、ちょっとだけ許してね。

いや…AKBは基本秋葉原のアイドルです…それは間違いないです。

が、ちょっとだけ見せてね。

「AKB48 リクエストアワー セットリストベスト100 2012」が発表された。

あいうぉんちゅー あいにぃじゅー あいらぁびゅー♪が1位だって?

なるほどね。

おいら的に言いますと…「会いたかった」が好きですな。

歌詞がいい。

秋元康の若者へのメッセージがシンプルに描かれてていい。

Akb 誰よりも大切だから振られても後悔しない

誰よりも大切だからこの気持ち伝えたかった

好きならば好きだと言おうごまかさず素直になろう

好きならば好きだと言おう胸の内さらけ出そうよ

失敗したっていいじゃねえか…何もしないよりずっといいってさ。

これが…若いうちはわからないんだわな…傷つきたくないもんよ。

まあ…あの時もう少し勇気があれば…そうやって人生は振り返るものなのかもしれないけど(笑

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

逃げるが勝ち

八百長大相撲の話し。

なんだか当たり前のように場所をやり始めたけれど、もう八百長の話は解決済みなわけね?

金とって八百長見せておいて。

勝ち負けのふたつしかない結果を八百長で決めてたくせに。

忘れたふりか。

それとも本当に忘れちゃったのか…頭の中はちゃんと中身が入ってるのか?

見せてみろ。

大相撲なんか大嫌いだ!

日露戦争で日本の誇る連合艦隊に完膚なきまでに叩き潰されたバルチック艦隊の恨みを晴らすべく13日目には早々優勝を決めた大関把瑠都。

来場所は横綱昇進を懸けてだって?

ふん…胸くそわる。

だいたい初優勝ってなんだ?

優勝もしてないのに大関になれるのか。

大関ってなんだ?

3場所ちょっと強かった人の事を言うのか?

優勝もしてないのに大関になれるなんてな…だせぇ。

この把瑠都が新大関の稀勢の里相手に逃げて勝ち星を拾った。

相手の突進を横に動き交わしたわけだ。

なんでそんなことすんわけ?

優勝が懸かった場所だべよ。

恥を知れ。

がっかりだわ…逃げる大関。

これに対し口コミでは交わして何が悪い?という意見が多い。

野球だって敬遠って作戦があるじゃねえか…と。

八百長すんなと言いながらガチで勝負することにまで批判されるのか…と。

違うべよ…ガチで勝負ってさ。

平幕が横綱相手にやるならまだわかる。

力の差を認めて、それでも尚勝つ方法を考えて…ってなことならね。

優勝し来場所には横綱昇進を狙ってるような奴が逃げるんじゃねえよ!

何のためにカラダでっかくしてんだよ。

この一番にガッカリしたあと結びの一番でこれも大関日馬富士が横綱白鵬相手に同じように変わった。

二番続けてこんなの見せられたんだよ。

これが八百長じゃないって証なのか。

笑えるわ。

その前日、この日負けた二人…白鵬と稀勢の里が一敗同士でぶつかった。

とったりからあっという間の押し出されて稀勢の里は負けてしまったけれども、立ち合いから一瞬の前捌き…勝負のあやが見れて面白かった。

さすがは白鵬だった。

そうゆうのを見たいんだよなぁ…力勝負だけじゃない…駆け引きだわな。

注文相撲も駆け引きだって?

あ そっ。

役力士が逃げても褒められるような相撲界だからきれえだって言ってんの!

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

離婚にかかる費用

あのさ、

毎日のように有名人の誰々が誰々とくっついただの離れただの教えてくれるけどさ、

そんなに皆さんはそんなことに興味あんの?

石川遼に彼女ができただのツアーに連れてくの連れてかないのだとか。

あゆが離婚したけど国内上の戸籍上はきれいなままだとか。

ナイナイの岡村の彼女は王理恵さんの元カレの元カノだとか。

小林麻耶が島田紳助と密会してたのしてないのだとか。

そんなん知ってどうなんの?

まあ、おいらも耳に入れちゃってるからここにこうして書いてるわけだけどさ。

正直、どーでもええ。

しかしこれだけ…ひとつだけ。

ついつい真剣に読んじゃったのがダルビッシュの離婚話し。

いや…離婚はさ、すると思ってたからびっくりしたわけじゃないんだけど女房の紗栄子が離婚の条件とした養育費の額。

離婚の原因は自分にあるらしいじゃん…この女。

主婦に徹して欲しかったダルに対し、そこに納まることを拒否した女房って図でしょ?

何億も稼いでくれる旦那なんだからさ、それを支えないでどうすんの。

仕事やめたくなきゃ最初っから専業主婦でいてくれってな男と一緒になんなきゃいい。

慰謝料なんか発生するわけねえべよ。

だのにダル側は1億円の慰謝料を払おうと言ってくれた。

だからさっさと別れてくれ…自由にしてくれと。

それなのにこのゴウツク女。

慰謝料はいらん…その代り二人の子供に養育費月1千万円払ってくれと。

年間1億2千万円…子供が20才になるまで払い続けるとなれば24億円?

なんだこの数字は。

ついついスマホに夢中になっちまったよ。

子育てに24億円寄こせってか。

一ヶ月子供にどうやったら一千万円もかかるって言うんだよ?

今日の報道では妥当なところで落ち着いたらしいけれども、離婚するってのも大変なんだなぁ。

例えば…おいらであれば毎月いくら払えばいいわけ?

あ、

先日下の娘が20才の誕生日を迎えた。

いざってことになってもおいらはもう養育費を払う必要はないのかぁ…。

そうかぁ。

離婚に障害はないかぁ。

それは…まずいなぁ。

う~ん…まずい。

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Vado a bordo, cazzo(船に戻れ、畜生!)」

イタリアで豪華客船が座礁し、日本人を含む多くの観光客が楽しい旅を台無しとされた。

乗客4200人。

中にはあの有名なタイタニックの事故に遭った遺族もいたんだと話題も多い。

そんな話題多き事故の中でもいちばんの話題といえば何たって船長。

話によると先頭をきって船を脱出したとか。

やるなぁ~キャプテンの…ってか…男の風上にもおけん。

それって国民性なのか?

日本人キャプテンであれば考えられないんだけど。

『キャプテンやめてくださいっ!!』

思い出せば羽田沖の日航機墜落事件。

そんなんもありました。

この時の機長が救命ボートで早々と機体を離れ後々問題となった。

この機長と同じ名前だった当時の友人はいつの頃からかニックネームを「キャプテン」とされていたっけ。

話がそれたけれども、船長はその身を船と共にするってのが海の男の習わしでしょ?

戦時中の艦長であれば舵に身をしばりつけたりもしたものだ。

座礁した客船コスタ・コンコルディア号の船長の名はフランチェスコ・助けッティーノ。

この助けッティーノ船長と沿岸警備隊の隊長とのやり取りが今やいちばんの話題となってるようだ。

「どうして船を離れた」 「離れたんじゃなくて海に投げ出されたんです。」

「船に戻れ」 「暗くてわかりません」

「おまえは命を拾ったがそれ以上に多くのものを失った!」ってなところ。

R このやりとりから沿岸警備隊の隊長は母国で英雄扱い。

ついには「船に戻れ畜生野郎!」というTシャツまで販売されたんだとか。

あまりに恥を知らない船長とその対角線上いた沿岸警備隊隊長ってな図式が拍車をかけたんだろうけどね。

しかしあれだ。

おいらもイタリアに行ってみたいなぁと思っているが、こんな腐った男を平気で船長に抜擢するような国だと知ればちょっと引くわ。

たまたまこの男だけなのか?

それとも国民性なのか…おせーて!

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NMBってなに?

会社の同僚の話し。

ひとりは言わずと知れたシンタロー。

おいらのブログの中じゃもはや有名人だ(笑

奥がね…「会社のイトウちゃんをシンタロー君とお見合いさせられないかなぁ」言うからね『シンタローはそんな安くないんだよ!』と本人の意思も確認しないまま、おいらがお断りしときました。

シンタローとは昨年5月と6月に温泉旅行をした。

その時一緒だった3人に『恒例となってる(昨年からだけど)温泉旅行…今年も東北地方でいいですか?』送ってみれば即レスのシンタローは「3月に関西へ行くから夏は東北がいいです」と。

さすがはシンタローだ。

しかしながら残りの二人は「考えさせてください」と「5月に下呂温泉へ行くんで連続は厳しい」とのツレナイ返事。

まあ、おいらの思いつきだ…それもしょうがない。

会社の休憩中そのシンタローにばったり。

ほんの数十分の会話…いつの間にか…「二人だけだったらさ韓国に焼肉食いに行かない?」って話になった。

シンタローも「東北旅行は今すぐ打ち切って韓国行きましょうよ!」ノリノリ。

さすがはシンタローだ。

しかし昼休みちょっとした時間に韓国旅行が決まっちゃうおいら達って…我ながらすげえな。

さてさて…続いては。

KARAってなに?でお馴染みの八田さん。

『3月に大阪行くからNMBのグッズでも買ってきてあげようか?』言えばさ「NMBってなに?」

えぇーーーーまた???

『NMBに切り替えたって言ってたじゃん』には「これからはさ日南響子だよ~」の変わり身の早さ。

誰それ?

Hinami←この人らしいです。

『なにやってる人?』

「えーー知らないの?ペプシのCMに出てたでしょうよ。今やnon-noのトップモデルだよ」

いやぁ~申し訳ないけどわからないよ。

「あのね…響子ってさ、“きょうこ”じゃないの“きょおこ”ってふるの…間違えないでよ」って。

いやぁ~申し訳ないけど正直どっちでもいいよ~

『いくつの子?』

「17歳」

またそんな若い子を…。

「歳の差なんて関係ないよ?なんか問題ある?ふたりの間になんら障害はないよ。あるとすれば 神奈川県青少年保護育成条例くらいだよ」って。

大問題じゃん。

しかし…まあ…さすがは八田さんだ(笑

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悲劇を生んだ安易な思いつき

公営競技(ギャンブル)の運営は大変だ。

ひと昔前は不況に強い公営ギャンブルなんてことも言われたが、それも今は昔。

平塚競輪場の売り上げで言えばどの程度の落ち込みだ?

おいらが小田競持って赤鉛筆を耳にさし震えるカラダを熱いもつ煮を頬張りながら1レースを待ってた頃なんてのは平日でも3億円…日曜日の決勝ともなれば一日7億円ほどの売り上げがあった。

平塚が大いに潤ってる時代であったなあ。

それが今はどうだ?

平日じゃ1億円を切る日もあるらしいじゃんか。

これはね、ひとりひとりの賭け金が減ったってのもあるが何より絶対的なファンの数が減ってんだよ。

競輪場の予想屋のおっさんが『ファンが減ってんのは離れてんじゃないの。死んでんの』と笑いを誘っていたけれども、これはあながち冗談ではない。

競輪場行ったことないでしょ? すんごいんよ…老人ホームみたい。

年寄りがさ、わずかばかりの年金持って駆けつけてきてんの。

だのにさ、競輪を運営する側はルールも買い方まで難しくしちゃってさ。

数少ないOLDファンまでも遠ざけちゃった。

自分たちは頭がいいから早々理解できんのよ。

でもさあ、現場を見てごらんよ…理解できるわけねえじゃん。

運営側は真面目で頭のいい人ばっかり。

だから遊び人側のおいらたちのことなんかこれっぽっちもわかっちゃいない。

最下層のおいらたちだってなあ…やるかやらないか選ぶ権利くらいあんだよ。

博打なら何でも飛びつくと思ってんじゃねーぞ! って…これじゃあ単なる競輪に対する愚痴になっちまう。

今日言いたいのはそうじゃない。

公営ギャンブルのアピールの仕方ってやつだ。

「女でも入れてみたら」発想が安直すぎねえかって言ってんの!

競輪も女子競輪復活…なんてことをするらしいが先日テレビでやってたのがオートレースの女子選手のドキュメント。

最初は昔TBSがやってたプロボクサーだのラーメン屋だのを育てるやらせ番組を想像したが、どうやら本物のプロ選手を育てる過程を放映してたようだ。

ふたりの女子レーサー候補が厳しい訓練の末、見事にプロとなりデビューするところまでを番組にしていた。

ひとりはモトクロス経験もある19歳と若い佐藤摩弥さん。

もうひとりが先日までOLをしていたというバイク経験のない坂井宏未さん。

佐藤さんは同期の男子候補生に付いていけたが、坂井さんには何もかもが壁となって立ちはだかった。

食事ものどを通らなくなり日に日に痩せていった。

それでも教官に怒られ怒られ何とか過程を卒業しプロのオートレーサーとなりデビュー戦を迎える。

トラックにデカデカと顔写真を貼り付け女子レーサーがデビューするのだと派手に宣伝をし観客を集めた。

オートレースはハンデ戦。

ハンデをもらった同期の新人男子選手は見事勝利する。

若い佐藤さんも2着ながらファンの期待に応えた。

そして…いよいよ坂井さんのデビュー戦だ。

両親も見守るなかスタートをきる。 が…コーナーを回るたびに外に膨らみ次々と順位を落としていく。

レースのスピードでコーナーを回れないんだ彼女は。

それはもうプロのそれではなかった。

最下位に敗れた娘をそれでも両親は「よく頑張った」と褒めた。

無事終わって良かったと安堵していた。

おいらはこのレースを見ていて、この子はこれから大変だぞと思った。

そして今日…この話題の中にいた坂井さんが亡くなったと知った。

練習中に転倒し鉄の柵に頭を強打…頭蓋骨骨折だったそうだ。

彼女は本望であっただろうか?

大反対をされてたご両親の胸中は…。

おいらは関係者に問いたい。

彼女は本当にプロレーサーの技量があったのですか?と。

彼女によってオートレースは確かに注目を集めた。

JKAはそれで満足ですか?

遊びじゃねえんだよ。

みんな命張って戦ってんだ。

そんな中に彼女を参加させて本当に良かったのか。

いや…彼女の努力にケチをつける気は毛頭ない。

彼女はよく頑張った。

食事を目の前にしながらも、ずっとうつろな表情で空(くう)を見てた彼女の痩せこけた顔が思い出される。

もし仮に。

テレビ番組に合わせて見切り発車で無理やりデビューさせたのであったならオートレース関係者の罪は地球より重い。

いやしかし、今はただ彼女のご冥福を祈りたい。

おつかれさまでした。

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アスリート先生の1日ホームルーム

鈴木桂治という柔道家がいる。

先日アテネ・北京とオリンピックで連続金メダルを獲った柔道家が逮捕されたが、この鈴木はアテネで金メダルを獲ったものの北京では一回戦負け。

敗者復活に回った一回戦でも一本負けを喫し日本柔道重量級としてはもっともカッコ悪い柔道家だ。

あの時は確か金メダル候補として日本選手団の旗手も勤めたほど期待された選手だったはず。

今日休みでテレビをつけてみたらその鈴木が小学校の先生をしていた。

テーマを「強さ」とし、2日間の授業でいかに子供たちが変わるか…そんな番組であった。

もちろん強さとは柔道が強いとかケンカが強いとかではなく、人として弱い自分から少しずつ強くなっていこうってものだ。

さっそく子供たちを体育館に連れ出し膝立ち柔道というのをやらせてみる。

初めての柔道着に初めての柔道で照れくさそうに組み合う子供たち。

勝負に執着することもなく淡々と試合が流れていく。

教室に戻り鈴木が語る。

どうして負けたのか…それを知ろう。

どうすれば勝てるのか…よりも、どうして負けたのか。

さらに…日常の自分を振り返って自分の弱さをあらためて作文に書かせる。

自分を知ることが自分を変えていく第一歩なんだな。

子供たちは正直に言いづらいことも原稿用紙にしたためる。

それを鈴木がみんなの前で発表させようとしたが選ばれた8人の女子は全員が拒否した。

鈴木は自分がいちばん惨めだった時の映像…つまりは北京オリンピックで一本負けをしたシーンを子供たちに見せた。

2回連続で一本負けをし、涙で立ち上がれなかった自分の姿を。

「恥ずかしくて見せたくないんだよ」と言いながら、それでも何度も見なくてはいけないんだと。

作文を読むことを拒否してた女子8人の中のひとりが発表すると言い出した。

読み上げた。

「よく読んでくれたね」と鈴木は泣いた。

そして2日目に再び行った膝立ち柔道の試合では多くの子供たちが負けてもその悔しさをおもてに表した。

「悔しければそれでいい」と鈴木は言った。

たった二日間の授業だったけれども子供たちは確実に変わっていったな。

それは鈴木が全てをさらけ出して想いを伝えたからだろう。

オリンピックで無様な姿をさらけ出しがっかりさせた鈴木桂治だったが、教壇に立つ彼の姿はかっこよかった。

人は失敗し挫折もする。

そこで立ち止まるのか、乗り越えるのか。

必死で越えようとしてる鈴木桂治の姿においらも心を撃たれた。

ロンドンではもっともっと多くの人の心を彼は揺さぶるかもしれない。

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふて寝

みなさま。

みなさまのなかでいちばん幸せな時間ってのはいつでしょうか?

おいらはですね…休みの前の日です。

休みの前の日であれば大嫌いな仕事も頑張れます。

ましてやそれが連休の前の日となれば自然無口なおいらも饒舌にもなろうかってもんですわ。

その幸せな一日をぶち壊すひとこと。

「ホッシーさん明日出れる?」

なんつーの…うちの会社って不意打ちみたいに言うんだよねぇ。

断る理由も準備できてないうちに。

正直なおいらは『明日用事があります』って出てこないですよ。

出てきた言葉が『イヤなんですけど…』

これに「お願いしますよ~ホッシーさんしかいないんですよ~」

やむなく受けるも『他に出れる人がいたら変わってもらってもいい?』と最後まで受けたくない気持ちまんまん。

「いいじゃん…お金もらえるんだから~」言う同僚にも『金なんかいらねえんだよーーー!(うそ)』

ぐちぐちぐちぐち言うおいらに「あのさ、自分で受けたんだからさごちゃごちゃ言ってないでやればいいの!」厳しいお言葉。

家に帰っても奥にぐちぐち。

「がんばろうよ」と簡単に言う奥に『がんばんのはおいらじゃねえかぁーーー!』って。

やだなぁ。

今日はさバイクで横須賀スタジアムに行ってルーキー達を眺め久里浜に行ってフレンチのランチしてこようと思ってたんだよなぁ…んで夜は山本五十六の映画。

「公出できます?」って簡単に言うけどもさ、おいらはこれだけのことを犠牲にしてんのよ。

これっきりにしていただきたい!!!

あ~ぁ…何もする気も起きずただ寝ましたですよ…明日の仕事のためにね<`ヘ´>フン 

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベイスターズの奇跡を信じる…せめて今は。

ベイスターズが始動した。

言っても今年度入団の若い選手たちであるが。

一度横須賀に観に行っておこうかな。

金の卵たち。

あの時はあんなだったなあといい思い出になるかもしれんし。

さて、まだキャンプも始まる前から今年を占うは早尚な気もするがスタッフも固まって補強も落ち着いたようだから希望的観測っつーのを含めて考えてみようか。

まずは補強。

この2年間笑えるトレードとベテランの存在感ってやつにこだわってきたベイスターズ。

今年の補強は一味違うのか? 積極的なFA補強ってのをしたな。

2人も獲得したのは巨人と横浜だけだ。

おいおい…あんまり派手にやると他球団ファンに恨まれて叩かれんぞ。

どれどれ、巨人がソフトバンクのエースとベイスターズの4番バッターか。

そのベイスターズがジャイアンツの控えの捕手とドラゴンズの控えの外野手か。

まるであれだ…トランプで大富豪と大貧民がカードを2枚ずつ交換した感じがするな。

ただあれだよね~貧民も大貧民が大富豪に勝っちゃうことだってまれにあるし、勝負はやってみなければわからない。

一方の監督だけどさ。

なんだか忙しそうだ。

新生ベイスターズをアピールするにはうってつけな存在だ。

それでもその発言は相変わらずだなあ。

泣けてくる。

スポニチの元旦版では日ハムの新監督栗山と対談してたけど話す内容の違いに現実を受け入れたくないと拒否反応を起こしそうだった。

そこでおいらはこう思うことにした。

中畑監督はひょっとしてバカを演じてるんじゃないか?

現役時代から一貫してそれを演じてきた。

相手を油断させるために。

全てはこの日のために…だ。

きっとそうだ。

本当はとても緻密で頭のきれる人物なんだ。

過去の対戦成績や相性なども頭の中に全てインプットされており、凡人では思いつかないアッと思わせるような作戦と采配を見せるんだ。

どうですか。

始まる前から憂いていてもしょうがない。

今はただ、ベイスターズが起こすであろう奇跡を信じようじゃないか…せめて今は。

  応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出会ってからの20年を想う

6日に20才の誕生日を迎えた娘が成人式に参加する。

早いものだ。

あれから20年の歳月が流れたのか。

そりゃ歳もとるってもんだ。

よそのお父さんじゃたいへんだろ。

何せ一生に一度の大事。

仕事なぞ休んで親戚中を集めたお祝いをする家だってあるだろう。

おいらも…子供を持つまではもっと子供の事が気になってしょうがない親父になるのだろうと思ってたが我ながら意外…関心が薄い。

どうなんでしょうねぇ…世のパパは…女房も自分をも超えて娘をいちばんに考えてるんだろうか。

おいらは…おいら、奥、そして子供の順。

この関心の無さはそれが理由か(笑

今日は仕事で娘の晴れ姿も見れない。

結婚式の時には仕事休むわ…ただし旅行の計画が入ってたらそっちを優先するかも。

さて…。

今でこそ順風満帆に見える我が家も娘の幼少期はとても辛い日々が続いた。

何度も病院のお世話になったし、入院した娘を夜おいてくる時にはその泣き声にこちらも外に出て思いきり泣いた。

「なぜ自分をおいて行くのか」…娘も悲しかっただろうが、そうしなければならない親の方ももっと辛かった。

その辛さが嫌でついつい奥にまかせる。

そうすればなぜ今日行ってあげなかったのか…そうゆう後悔にもさいなまれた。

あの頃は辛かったなぁ…みんなで。

なぜうちだけが…運命を恨んだりもした。

それでもその後、娘は元気に成長し誰よりも強くたくましくなった。

今や自由な女子大生で人生を謳歌している。

良かったじゃねえか。

君はさ、「お父さんは娘に関心なさすぎ」言うけどさ、これでもけっこう気にしてんだぜ。

確かに君よりAKBの方に関心が強いのは事実…それは認める。

君の学校の成績よりもAKBの総選挙の方でどぎまぎしてた事実はあやまらなければならないかもしれん。

でもさ、親は子供に何も望んでないわけよ。

幸せでいてくれればそれだけでいいわけ。

自分の思うように生きてくれればそれでいい。

だから…今の君にかける言葉はないわけ。

この先…もしも人生につまづくようなことがあるのならば…その時はじっくり話を聞こうじゃねえか。

その時まではお父さんは変わらず関心ないふりをし続ける。

おばあちゃんがね、君の小さい頃に「この子のおかげでうちは明るい」言ってた。

その言葉は今でも耳をはなれない。

なぜならお父さん自身がそう思い続けていたから。

君と会っていろんなことを経験し勉強した。

今はただ、君との出会いに感謝。

ちょっと褒めすぎか?

あんまり調子に乗んじゃねえぞ。

ともあれ…成人おめでとう。

おいらもこれにて親の役目終了。

感慨? まったくないね。

ようやく自由になれる! (そこっ!笑うとこじゃないよ)

  応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あやふや

春の旅行は行程までほぼ決まったところで興味が次に移る。

夏だな。

例年1月に米沢に出かけてたが今年は予算の都合がつかず中止。

で、あれば夏はやっぱり東北だな。

思いついて去年初夏のドライブ旅行をしたメンバーに「夏の旅行は東北でいいですか」とメールしてみる。

これにシンタローは「春に関西なので夏は東北がいいです。美味しい食事と良い旅館に行きたい」とすぐに返ってきた。

鉄研会長とも休憩中に面談…山形の新庄辺りで一泊して帰り際鬼怒川辺りの旅館でさらに一泊、東武ワールドスクエアに寄って帰ろうと具体的な話し。

いいなぁ…このふたりは即決で。

気持ちがいい。

これに対し「もうひとりは誰にしましょう」との相談から最初に会った会長お気に入りの同僚に声を掛ける。

しかし彼…おいらも何度か誘っているが一度もご一緒したことがない。

どこへ行くの?

どんな宿?

何食べるの?

いろんなことを聞いてはくるのだが毎度「ちょっとわからないなぁ…保留で」

これ毎度の答え。

そして最後には何かを理由に「今回はやめときます」となる。

最初から断ってあげればいいのに。

どうしようかなぁ的な返事をすれば会長だって一緒に行ってみたい人であるから期待しちゃうじゃん。

どうして行く気もないのに思わせぶりな言い方するのかなぁ。

「時間をください」とかさ「考えさせてください」とかって相手を思いやるふりをしながら自分を守ってんだよなぁ。

おいらははっきり「やだ」と言ってあげるべきと考える。

それが相手への思いやり。

ちょっと考えさせては相手の動きを止めちゃう言葉。

優しさなんかじゃないよ。

  応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

競輪にもの申す!

競輪の話し。

2011年の競輪界を締めくくるレースは平塚競輪場で行われた。

車券こそ購入したものの仕事のため現場に行けないのはもちろんテレビも見れなかったんでレース結果はネットで知った。

そしてその事件事故も翌日新聞で知るところとなった。

Hiratsukabakaグランプリでほとんどの選手がゴール後金網を乗り越えて少年2人がバンクに乱入してきた。

彼らは2着となった武田豊樹のファンで「ヘルメットください」と叫んでいたらしいが当の武田は「刺されるのかと思った」と平塚競輪場の警備のゆるさに激怒してたらしい。

当然だ。

金のかかっている公営競技だ…言ってみれば賭博場だ。

このレースに自分の一生を賭けてる人もいるかもしれんのだ。

このレースで金を手にできなければ自らの人生に幕を引こうと…。

選手もレースに命を懸けてるがファンだってそんな想いの人がいるってこと…結果がダメであれば負けた選手に対し最後の腹いせをしようと思うバカもいる。

そんなことを知ってるからこその武田の発言だったわけだな。

それにしてもだ。

おいらは思う…競輪ファンもおとなしくなったもんだ。

競輪場ってのはね…儲かったファンよりも負けるファンの方が圧倒的に多いんだ。

何とか失った金を取り戻せないものか…潔さに欠けた情けない男はそう考える。

施行者にいちゃもんつけて銭を出させようか…昔はそんなファンがいっぱいいたんだよ。

半暴動を起こし施行者の事務所に押し込んでいった…それを平塚競輪場もアホだからわずかばかりの金を持たせて納得させたという今ではあり得ない結末で済ませた暗い過去をも持ってるのがこの平塚競輪場なんだわ。

今回のレースは2人が落車。

落車棄権となれば9着賞金の80㌫となるところなのでグランプリくらいの賞金の高いレースになると多少痛くても自転車を片手でひっぱり歩いてゴールする。

自転車と自分のカラダの一部がゴール線を越えればゴールは認められるからね。

さすれば賞金は100㌫いただける…ゴールさえしてしまえばそこから敢闘門まではタンカで運ばれたっていいわけだからさ。

落車すれば傷病見舞いも出るし自転車の修理代やタイヤ代もすべて競輪場から負担してもらえる…悪くないでしょ?

話がそれた。

そうそう…ゴール。

落車した選手が自転車を引っ張って歩いてるところにファン2人が乱入したわけよ。

ともなればよ?

これはレース不成立となってもおかしくない。

他の競技は試合中にファンが乱入してきたらどうゆう処置をとるのかな?

よく知らないけど競輪はダメでしょ…お金がかかってるんだから…ファンも野球を観てるだけなのとはわけが違う。

野球やサッカーよりももっと厳粛に行われないといけない。

それなのに4つのコーナー審判が旗をあげる前にファンが乱入してきたわけだから昔であればよ…やられたファンがレースをやり直せとかさ、不成立にして車券購入費を全額返せ!と暴動に発展してもおかしくなかった。

そうゆう意味でね…笑ってすませてたファンたち…ありがたいよなぁ…おとなしくなったもんだ。

それとね…おいらもうひとつ競輪にもの申したいことがある。

5日付の神奈川新聞に載ってた村田裕の記事だ。

この記者アホだな。

競輪の弱い方のクラスが9車立てから7車立てとなったんだとか。

ファンからすれば当てやすくなったってことだ。

選手たちからも自力型は仕掛けやすいと軒並み好評のようだ。

そんななか自力では戦えないベテランの追い込み型の選手のコメントを村田が記事にしている。

「練習していないヤツは走るなという制度だね。動きが激しいから。」だって。

あのさ…制度がどうのとかじゃないでしょ…練習してないプロ競技選手が試合に出ていいわけないべよ。

おいら昔からビリでも1000万円近く稼げる競輪界のシステムが大嫌い。

雨が降れば…ってかやんでいてもバンクが濡れててちょっとでも自転車が濡れれば雨敢闘賞ってなもんを請求する。

今回優勝した山口幸二は1着賞金1億円をもっていった…年間獲得賞金も1億9千万円ほどだ。

それにくらべ…数万円の賞金をとりっこしてる弱い選手たちは約2万円(失念した)の雨敢闘賞にも必死となってるんだ…だっさぁ。

恥を知れと言いたい。

競馬だって5着までしか賞金出ないんだべよ…ゴルフだって予選通らなければ交通費さえもらえない。

競輪は弱くたって…てか、出場しなくても前検日に競輪場に来さえすればグリーン車での電車賃(飛行機代や新幹線代も)と自宅から駅までのタクシー代がもらえる。

その交通費さえ浮かせようと同県の選手がまとまって車で来たりもするんだよ…せこいよねぇ。

競輪が本気で生き残りたいのであればもう少しハングリー精神を選手にもたせなきゃいかんでしょ。

Nagasawa話変わるけど…今回はレース終了後の表彰式にELTの持田香織と競輪イメージキャラクターの長澤まさみが参加してたんだとか。

見たかったなぁ。

仕事じゃなきゃ行けてたのに。

長澤が見れるなら競輪で少々損したってなんてことないでしょうよ。

その長澤まさみも今回のような事件が起きちゃったんじゃ競輪場に再び足を運んじゃくれないだろうな。

平塚競輪場はしばらくのあいだビッグレースを自粛するそうだよ。

実際はどのくらい警備強化すれば今回の事件が起きなかったか…わからんと思うよ。

野球場だって選手が乱入することなんかしょっちゅうだろうよ。

どっちかというとファン側のモラルの問題だ。

立川競輪場であれば絶対なかったとは言えんだろ。

ただ賭博場であるということを考えれば16歳と18歳の少年がその場にいたってことがどうなんだろうかと思える。

あ~ぁ疲れた…語りすぎた。

  応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョコレートは明治

チョッコレイト チョッコレイト チョコレイトはめ~いじ~♪

なつかしいCMソング。

ちょっとこれ ちょっとこれ ちょっとこれはめ~いじ~♪

これは神宮球場で聴ける応援ソング(笑

Dsc00331 最近ハマってるチョコレートたち。

あれ?

ポッキーはグリコか。

これたちがなかなか美味しい。

んでもってなかなか売ってない。

あった時は大人買いですよ~特にmeijiの濃密ボールはまあ見ないね(Corot)

Dsc00328 まぁ~るく固められたホワイトチョコなんですよ。

最近好きになったホワイトチョコ。

これが濃厚で旨い。

高いもんじゃないんで見つけたら食べてみてくだされ。

そうそうホワイトチョコを毛嫌いする人っているよね?

うちの娘はホワイトを食べない(白い恋人は食べるくせに)

先日息子がおみやげで買ってきたディズニーランドのクランチチョコレート。

これが黒と白の二種で構成されている。

これをですね…娘は黒いのを下の方にし、上の方を白でかためる。

他の人には白いのだけを食べさせる作戦らしい(笑

ようするわ(ー_ー)!!

  応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やらせ

商売はたいへん。

たとえば食べ物屋さん。

「美味しい」と万人に認知してもらうまでは多くの時間を要するし、例え99人の客に良い仕事をしてもたったひとりの客に嫌な思いをさせてしまえば、そこから悪い噂が流れる。

インターネットが当たり前の時代だから良い噂も流れりゃ悪い評判がたつのもあっとゆう間だ。

さらに一億総評論家。

ブログを立ち上げ、えっらそうにあーだこーだ言ってる奴も後を絶たない(だれ?)

そのブログよりももっと手っ取り早く店の評価を上げたり下げたりできるもの…それがグルメサイトの点数と口コミだ。

この点数と口コミを「金次第によっちゃお宅の評判上げてやるよ」ってな業者がおったんだそうな。

経営者も集客には必死だからついつい口車に乗ってってな具合らしい。

ん~気持ちはね、わからないでもない。

ひどいこと書かれちゃったりすれば尚のことだ。

しか~し、問題はそこだ。

評判が上がれば確実に人はその店を訪れる…それもかなりハードルを上げてだ。

中には高い電車賃を使ってくる人もいるだろうよ。

それに応えられる実力をお持ちの店はいいよ。

だけれどもその逆の結果となればその怒り倍増…どこにぶつけるか

同じ口コミサイトでしょうよ。

結果…絶賛してる人とこき下ろしてる人が入り混じった変な口コミサイトができあがるわけだ。

さらに問題はこの酷評口コミの存在。

中にはね、業者に自分のところを誉めるよりライバル店の評判を落として欲しいとする注文もあるんだと。

嘘の悪口書かせんの。

こうなると醜いね。

おいらの日々是完食にも男になったり女になったり同じIPアドレスで毎日のようにコメントしてる人もいたなあ。

経営者なのかファンなのか知らんけど、そんなことしたってしょうがないでしょうよ。

真面目に正直に美味しいもの出してれば必ずお客さんはきます。

汚い手は使わず真っ当に勝負しましょうよ。

食べることは生きるミナモト。

美味しいものは人生を豊かにします。

姑息な手段で悲しい思いをさせないでください。

さて、

食べログのやらせ見極め方法ですが…。

聞くところによると口コミに写真が添えてあるものはまあ信用できるそうですわ。

それから今のIDには投稿数がふってあるね。

あとは、気になるお店が見つかったらその名前で検索してその店の記事を書いてあるブログを引っ張り出すことだね。

ブログでやらせはしないだろうなぁ。

複数のブログで裏をとることが重要だな。

いちばん信用できるのは…やっぱり日々是完食だな(笑

  応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅白歌合戦などを語ってみる

今年は絶対紅組が勝つ!

始まる前から決まってたのだ(笑)

なでしこJAPANに代表されるように2011年は女子が頑張った年。

そして何より伝統のレコード大賞を取ったのがAKB48であったこと。

ここ数年は男子のレコード大賞受賞が続いていた。

因果関係は知らんがレコ大を取った方が紅白歌合戦を制す仕組みになってんのよ。

だからこそ…紅組トリはAKBにしろって言ったんだ。

大トリのSMAPがちょっと良くて逆転されたかと心配しちまったよ。

ところで…紅組の何が良かった?

おいら的にはトップバッターの浜崎あゆみがカッコよくて一歩リード。

AKB48…210人の共演で二歩リード。

KARAの可愛さで三歩リード。

途中長渕のカッコ良さで猛追され、大トリのSMAPであわやのところまで追い込まれたがギリギリ逃げきった。

それも司会の井上真央の必死さが心撃ったから。

嵐はとても上手に無難にこなしていたけれど、すっかり慣れちゃってて面白みがない。

出来すぎな子供みたいでちょっと鼻につく。

ま、中居よりはマシだけど。

中居って言えば昨年の日本シリーズ。

なんで奴がゲストなんだかわからんけど…ウザすぎ。

ゲストの立場でありながら仕切りたがっちゃってさ…あれじゃアナウンサーかわいそう。

野村さんへの質問も通ぶって…素人なんだからもっと可愛げのあることを聞いてりゃいいの。

自分の立場をわきまえなきゃ。

話がまるっきりそれた。

なんだっけ?

ともかく紅組が勝って良かったって話し。

2012年はきっと慈愛に満ちたやわらかな世の中になるよ。

  応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山の神

せっかく箱根駅伝の日に休めるのだから。

しかし「行くか」となるのが遅すぎだってば。

選手が来るぎりぎりの時間ともなればあっちこち道路が封鎖され現場まで行きづらいんだから。

裏からまわってスーパーのたまやさんの駐車場まで。

しか~し。

おいら知らなかったがここの前を走るってのは復路だけなんだってね。

往路は海岸線をそのまま行っちゃいますよ~って。

やばい…間に合わない。

去年と同じパターンじゃん。

134号線へ走れば伴走車の大きな声。

これは何チームか行っちゃったなぁ。

それも中継所のところだから人だかりが多くてまったく見れない。

Dsc00095 小田原方面に歩いていきようやく選手が見えるところまで来た時には18位の東農大と19位中央学院大が通りすぎた瞬間でした。

次の帝京大の選手が走り抜けたあとには「全選手が通過しました」とアナウンスしながら広報車。

くっそぉ~こうなりゃ西湘かっとばして小田原中継点まで先回りして山の神柏原竜二を見に行くか。

しかしこれは家族から却下。

テレビでゆっくり応援するべとなった…お腹も空いたしって。

Dsc00103 平塚中継所前の道路の封鎖が解かれる瞬間。

すっげぇ数のバイクと自転車。

まるで今度はこっちがレースとなるようだ。

このあと平塚中継所のひとだかりに。

Dsc00120報道陣に囲まれインタビューを受けようとしてるのは山梨学院大のコスマス選手。

すっごく目がきれいだった。

3区の区間新記録で走り抜けたようだ。

お昼の買い物を済ませて家に戻れば早、山の神はすでに大平台を通過してるじゃんか。

ダメでしょトップでタスキ渡しちゃ。

Dsc00143_2 2位に5分以上の差をつけるぶっちぎりでゴールする山の神。

いかんねぇ~この展開は。

驚いたことに明日のスタートは8位以下13校が繰り上げとなる。

すんごいね…この強さ。

山登りが合ってる…そう言っちゃえば簡単だけどさ。

おいらがすごいと思うのは彼は4年間同じ強さを見せたってこと。

4年もの長い期間…調整の問題もあるだろうしケガだってある。

無事是名馬って言うけれども4年間無事に走りきったところが彼のすごさだと思う。

やっぱり最後見に行けばよかったなぁ。

今度彼はどうするのかな?

強い肉体と精神力を持ち合わせた山の神の今後がとても気になる。

  応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よい正月であった

みなさま、

新年あけましておめでとうございます。

穏やかに和やかな新年をお迎えのことと存じます。

おいらも何年振りか元旦から連休しちゃったりしましてね。

どっぷりと家で家族と一緒にゆらりな時間を過ごしましたです。

あぁ~癒された。

おいらの年越しは…

Dsc_4350_2 大晦日深夜11時に帰宅しまして紅白のクライマックスを観ながら残ったすき焼きをいただきまして「今年は紅の勝ちだなぁ」言いながらさらに年越しそばを追加。

家族みんなであ紅組の勝利を確認し「井上真央ちゃんがよく頑張ってたわ」ってな話をしましてね。

Dsc_4345 いつもは9時頃には寝ちまうじいちゃんも頑張って海老天などを揚げてくれました。

Dsc00295

NHKが華やかな紅白から地味なお寺の画面に切り替えたところで地元の神社にでも行ってみましょうかってね。

今までは名前に惹かれてあっちこち…有名な神社を選んで初詣してたけれども、やっぱり氏神様でしょってことで歩いて。

ごぉ~~~ん…鐘の鳴る中家族で…これもなかなかいいでしょ(笑

着いてみればあらびっくり!

予想外に行列が。

そのにぎやかさが無性に嬉しくってさ、テンションハイになっちゃったよ。

Dsc00306お参りを終えると皆鐘をつかせてもらう。

これがいつも大晦日の夜に鳴ってたのか。

おいらはナルピーとふたりでつこうとするも最後に遠慮して力を抜いたもんでほとんどスカッ。

顔を見合わせて笑っちゃった。

Dsc00309 普段は開いてない神社だから破魔矢やお守りの販売なんかはないんだけど世話人のみなさんがあたたかい飲み物を用意してくれててね。

これをいただきました…御利益ありそうだし。

ふるまって差し上げようって気持ちが嬉しいでしょ。

Dsc00311 これを美味いの不味いの言っちゃいけません。

お気持ちをいただくんですから。

世話人のみなさんにお礼を言って帰り道。

こんな年越しも初めてだなぁ。

明けて元旦は奥が具合わるいと言い出す。

こうゆう時こそ恩返し。

Dsc00315『おじや作ったけど食べる?』

こんなこともするんよ。

言っとかないとな(笑

いただいた年賀状を見て、お笑いの番組を観ながら大笑いして。

『いやぁ~いい正月だわ』

思わず口に出た。

今年もいい年になりそうだ…そんな正月。

  応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »