« アスリート先生の1日ホームルーム | トップページ | NMBってなに? »

悲劇を生んだ安易な思いつき

公営競技(ギャンブル)の運営は大変だ。

ひと昔前は不況に強い公営ギャンブルなんてことも言われたが、それも今は昔。

平塚競輪場の売り上げで言えばどの程度の落ち込みだ?

おいらが小田競持って赤鉛筆を耳にさし震えるカラダを熱いもつ煮を頬張りながら1レースを待ってた頃なんてのは平日でも3億円…日曜日の決勝ともなれば一日7億円ほどの売り上げがあった。

平塚が大いに潤ってる時代であったなあ。

それが今はどうだ?

平日じゃ1億円を切る日もあるらしいじゃんか。

これはね、ひとりひとりの賭け金が減ったってのもあるが何より絶対的なファンの数が減ってんだよ。

競輪場の予想屋のおっさんが『ファンが減ってんのは離れてんじゃないの。死んでんの』と笑いを誘っていたけれども、これはあながち冗談ではない。

競輪場行ったことないでしょ? すんごいんよ…老人ホームみたい。

年寄りがさ、わずかばかりの年金持って駆けつけてきてんの。

だのにさ、競輪を運営する側はルールも買い方まで難しくしちゃってさ。

数少ないOLDファンまでも遠ざけちゃった。

自分たちは頭がいいから早々理解できんのよ。

でもさあ、現場を見てごらんよ…理解できるわけねえじゃん。

運営側は真面目で頭のいい人ばっかり。

だから遊び人側のおいらたちのことなんかこれっぽっちもわかっちゃいない。

最下層のおいらたちだってなあ…やるかやらないか選ぶ権利くらいあんだよ。

博打なら何でも飛びつくと思ってんじゃねーぞ! って…これじゃあ単なる競輪に対する愚痴になっちまう。

今日言いたいのはそうじゃない。

公営ギャンブルのアピールの仕方ってやつだ。

「女でも入れてみたら」発想が安直すぎねえかって言ってんの!

競輪も女子競輪復活…なんてことをするらしいが先日テレビでやってたのがオートレースの女子選手のドキュメント。

最初は昔TBSがやってたプロボクサーだのラーメン屋だのを育てるやらせ番組を想像したが、どうやら本物のプロ選手を育てる過程を放映してたようだ。

ふたりの女子レーサー候補が厳しい訓練の末、見事にプロとなりデビューするところまでを番組にしていた。

ひとりはモトクロス経験もある19歳と若い佐藤摩弥さん。

もうひとりが先日までOLをしていたというバイク経験のない坂井宏未さん。

佐藤さんは同期の男子候補生に付いていけたが、坂井さんには何もかもが壁となって立ちはだかった。

食事ものどを通らなくなり日に日に痩せていった。

それでも教官に怒られ怒られ何とか過程を卒業しプロのオートレーサーとなりデビュー戦を迎える。

トラックにデカデカと顔写真を貼り付け女子レーサーがデビューするのだと派手に宣伝をし観客を集めた。

オートレースはハンデ戦。

ハンデをもらった同期の新人男子選手は見事勝利する。

若い佐藤さんも2着ながらファンの期待に応えた。

そして…いよいよ坂井さんのデビュー戦だ。

両親も見守るなかスタートをきる。 が…コーナーを回るたびに外に膨らみ次々と順位を落としていく。

レースのスピードでコーナーを回れないんだ彼女は。

それはもうプロのそれではなかった。

最下位に敗れた娘をそれでも両親は「よく頑張った」と褒めた。

無事終わって良かったと安堵していた。

おいらはこのレースを見ていて、この子はこれから大変だぞと思った。

そして今日…この話題の中にいた坂井さんが亡くなったと知った。

練習中に転倒し鉄の柵に頭を強打…頭蓋骨骨折だったそうだ。

彼女は本望であっただろうか?

大反対をされてたご両親の胸中は…。

おいらは関係者に問いたい。

彼女は本当にプロレーサーの技量があったのですか?と。

彼女によってオートレースは確かに注目を集めた。

JKAはそれで満足ですか?

遊びじゃねえんだよ。

みんな命張って戦ってんだ。

そんな中に彼女を参加させて本当に良かったのか。

いや…彼女の努力にケチをつける気は毛頭ない。

彼女はよく頑張った。

食事を目の前にしながらも、ずっとうつろな表情で空(くう)を見てた彼女の痩せこけた顔が思い出される。

もし仮に。

テレビ番組に合わせて見切り発車で無理やりデビューさせたのであったならオートレース関係者の罪は地球より重い。

いやしかし、今はただ彼女のご冥福を祈りたい。

おつかれさまでした。

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

|

« アスリート先生の1日ホームルーム | トップページ | NMBってなに? »

●ニュースなこと」カテゴリの記事

コメント

初めまして…

ギャンブラーではありませんが、大のオートレースファンです。

坂井さんについて、昨日からあなたとほぼ同じ事を考えていました。

本当にその通りですよね。可哀想です。

投稿: しらたま | 2012年1月17日 (火) 01:22

しらたまさん

坂井さんのブログを見せてもらいました。
12日まで更新されてたそれは、やる気と希望に満ちてました。
彼女もまたオートレースが大好きだったのでしょう。

かわいそうでたまりませんが、オートレースが彼女の命を奪ったのだと言えば彼女はきっと悲しむでしょうね。

関係者は再びこのような悲劇が起こらないよう今回のことを真摯に受け止めていただきたいです。

投稿: ホッシー | 2012年1月17日 (火) 15:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/53737157

この記事へのトラックバック一覧です: 悲劇を生んだ安易な思いつき:

« アスリート先生の1日ホームルーム | トップページ | NMBってなに? »