« 出会ってからの20年を想う | トップページ | ふて寝 »

ベイスターズの奇跡を信じる…せめて今は。

ベイスターズが始動した。

言っても今年度入団の若い選手たちであるが。

一度横須賀に観に行っておこうかな。

金の卵たち。

あの時はあんなだったなあといい思い出になるかもしれんし。

さて、まだキャンプも始まる前から今年を占うは早尚な気もするがスタッフも固まって補強も落ち着いたようだから希望的観測っつーのを含めて考えてみようか。

まずは補強。

この2年間笑えるトレードとベテランの存在感ってやつにこだわってきたベイスターズ。

今年の補強は一味違うのか? 積極的なFA補強ってのをしたな。

2人も獲得したのは巨人と横浜だけだ。

おいおい…あんまり派手にやると他球団ファンに恨まれて叩かれんぞ。

どれどれ、巨人がソフトバンクのエースとベイスターズの4番バッターか。

そのベイスターズがジャイアンツの控えの捕手とドラゴンズの控えの外野手か。

まるであれだ…トランプで大富豪と大貧民がカードを2枚ずつ交換した感じがするな。

ただあれだよね~貧民も大貧民が大富豪に勝っちゃうことだってまれにあるし、勝負はやってみなければわからない。

一方の監督だけどさ。

なんだか忙しそうだ。

新生ベイスターズをアピールするにはうってつけな存在だ。

それでもその発言は相変わらずだなあ。

泣けてくる。

スポニチの元旦版では日ハムの新監督栗山と対談してたけど話す内容の違いに現実を受け入れたくないと拒否反応を起こしそうだった。

そこでおいらはこう思うことにした。

中畑監督はひょっとしてバカを演じてるんじゃないか?

現役時代から一貫してそれを演じてきた。

相手を油断させるために。

全てはこの日のために…だ。

きっとそうだ。

本当はとても緻密で頭のきれる人物なんだ。

過去の対戦成績や相性なども頭の中に全てインプットされており、凡人では思いつかないアッと思わせるような作戦と采配を見せるんだ。

どうですか。

始まる前から憂いていてもしょうがない。

今はただ、ベイスターズが起こすであろう奇跡を信じようじゃないか…せめて今は。

  応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

|

« 出会ってからの20年を想う | トップページ | ふて寝 »

●ベイスターズのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/53698967

この記事へのトラックバック一覧です: ベイスターズの奇跡を信じる…せめて今は。:

« 出会ってからの20年を想う | トップページ | ふて寝 »