« 離婚にかかる費用 | トップページ | 秋元マジック »

逃げるが勝ち

八百長大相撲の話し。

なんだか当たり前のように場所をやり始めたけれど、もう八百長の話は解決済みなわけね?

金とって八百長見せておいて。

勝ち負けのふたつしかない結果を八百長で決めてたくせに。

忘れたふりか。

それとも本当に忘れちゃったのか…頭の中はちゃんと中身が入ってるのか?

見せてみろ。

大相撲なんか大嫌いだ!

日露戦争で日本の誇る連合艦隊に完膚なきまでに叩き潰されたバルチック艦隊の恨みを晴らすべく13日目には早々優勝を決めた大関把瑠都。

来場所は横綱昇進を懸けてだって?

ふん…胸くそわる。

だいたい初優勝ってなんだ?

優勝もしてないのに大関になれるのか。

大関ってなんだ?

3場所ちょっと強かった人の事を言うのか?

優勝もしてないのに大関になれるなんてな…だせぇ。

この把瑠都が新大関の稀勢の里相手に逃げて勝ち星を拾った。

相手の突進を横に動き交わしたわけだ。

なんでそんなことすんわけ?

優勝が懸かった場所だべよ。

恥を知れ。

がっかりだわ…逃げる大関。

これに対し口コミでは交わして何が悪い?という意見が多い。

野球だって敬遠って作戦があるじゃねえか…と。

八百長すんなと言いながらガチで勝負することにまで批判されるのか…と。

違うべよ…ガチで勝負ってさ。

平幕が横綱相手にやるならまだわかる。

力の差を認めて、それでも尚勝つ方法を考えて…ってなことならね。

優勝し来場所には横綱昇進を狙ってるような奴が逃げるんじゃねえよ!

何のためにカラダでっかくしてんだよ。

この一番にガッカリしたあと結びの一番でこれも大関日馬富士が横綱白鵬相手に同じように変わった。

二番続けてこんなの見せられたんだよ。

これが八百長じゃないって証なのか。

笑えるわ。

その前日、この日負けた二人…白鵬と稀勢の里が一敗同士でぶつかった。

とったりからあっという間の押し出されて稀勢の里は負けてしまったけれども、立ち合いから一瞬の前捌き…勝負のあやが見れて面白かった。

さすがは白鵬だった。

そうゆうのを見たいんだよなぁ…力勝負だけじゃない…駆け引きだわな。

注文相撲も駆け引きだって?

あ そっ。

役力士が逃げても褒められるような相撲界だからきれえだって言ってんの!

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

|

« 離婚にかかる費用 | トップページ | 秋元マジック »

●スポーツなこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/53803984

この記事へのトラックバック一覧です: 逃げるが勝ち:

« 離婚にかかる費用 | トップページ | 秋元マジック »