« 渡したい相手はもう…いなかったのか | トップページ | 負けることがそんなに怖いのか »

愛別離苦

さすがに世話になった叔母で…

遺影を見ながら思い出が走馬灯のようによみがえった。

あまりに突然のことで、何もしてあげることができなかったし

夏休み中、冬休み中、春休み中…実の子供と同じようにめんどうを見てくれた叔母だったのに親孝行らしいことも何もしていない。

子供の頃であれば度々見てた顔も、忙しいふりをして見に行くこともしなかったなぁ。

親不孝であるな。



それにしても。

最近「救命病棟」や「医龍」の観過ぎで人間って死なないんだと思わされてたんで

あまりのあっけなさに驚く。

詳しく聞けば…家族のほとんどが同じ家にいても叔母の様態の急変に気付かなかったそうだ。

ただ寝てるだけ…と。

誰にも迷惑をかけず、ただひっそりと。

美しい往生であった。

今日は最後のお別れ。

なんて言葉をかけようかな。

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

|

« 渡したい相手はもう…いなかったのか | トップページ | 負けることがそんなに怖いのか »

▲ひとりこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/54436561

この記事へのトラックバック一覧です: 愛別離苦:

« 渡したい相手はもう…いなかったのか | トップページ | 負けることがそんなに怖いのか »